ニューヨークのココマスダです。

 

前回のブログで、

日本から来た若い知り合いの男性が、

ブルックリンのブッシュウィックの

airbnb =民宿に泊まる、

ということを書きました。

 

滞在は30代の初めの男性ふたり。

 

どんな感じだったのか、

とても興味があったので聞き、

写真もシェアしてもらいました。

 

これからニューヨークに旅する方々の

ためにもなると思いますし、

私自身の経験も添えて報告いたします。

 

私が初めてairbnb に泊まったのは、女性3人で。

マイアミのアートフェアに参加するための仕事でした。

その部屋があるマンションビルのロビーで部屋のオーナーと会い、

彼が部屋に案内してくれて、色々説明してくれました。

それは3ベッドルームのモダンなマンション* ユニットで

リビングルームも広々としていて

非常に満足でした。

 

2回目は、娘のワシントンDCでの バレーボールの遠征の付き添い。

娘のチームが泊まっているホテルのすぐそばの、

閑静な住宅地にあるタウンハウスの地下のアパートでした。

小綺麗なインテリアであったとはいえ、

地下って事はリスティングからはわからず、

ちょっと騙された気分でした。

 

私が泊まっている間、若いオーナーカップルもいる、

って事はわかっていたんですが、

あとふたりルームメートもいて、リビングルームを陣取っていました。

う〜ん、、、。

私が泊まった寝室は、普段はオーナーカップルが使っているらしく、

私が泊まった二晩は、彼らはなんと、

リビングルームのソファーベッドで寝てました!

 

なので、リビングルームとダイニングルームも使える、

って事だったのですが、使えるような状況ではなかったです。

 

とっても感じがいいカップルだったし、

真面目に一生懸命生きている、って感じを受けたので

レビューで文句は書きませんでした。

若い旅行者だったら、現地の人たちと交流ができる、

って事でプラスかもしれませんね。

 

三つ目の airbnb は、メイン州の避暑地のコテッジ。

母屋が別荘のオーナー夫婦は、

親しい友人兼、私のファイナンシャルプランナーで、

娘と一緒に招待されて行ったので

レンタル料は払いませんでした。

この時のホスピタリティーはもちろん完璧。

 

今回友人が泊まった airbnbでは、

なんとオーナーと会う事はなく、

エントランスに、以下の写真に写っている鍵ボックスがあって、

勝手に入っていかれたそうです。

 

 

4桁のダイヤルでパカって開いて中に鍵が入っていたそうです。

 

私がハワイ島のコンドミニアムを

バケーションレンタルとして貸していた時も、

こんなのを使ってました。

 

以下の写真はアパート玄関。

 

 

 

この投稿の一番上にある写真及び、以下はリビングルームとキッチン。

 

 

若い男性にはぴったり!ですね。

 

一つ、使わないで下さい、と言われていた部屋があって、

開けてみると、アーティストのアトリエになっていたそう。

プライバシーを考慮して、写真は公開しません。

普段はここに住んでいて、

部屋がレンタルされる時だけ他に泊まっているのだと思います。

 

「パンツとかが普通に置いてあるんですよ!」って

泊まったひとりが言ってました。笑

 

アーティストの生活が楽ではない事、

よくわかります!

 

ブッシュウィックは、

そこら中に落書きがあって

(ストリート・アートって呼んで下さい、

って若い人たちの声が聞こえてきそうな、、、笑)

皆普通に刺青してて、

(タトゥーですよ、タトゥー! はい、はい)

雰囲気がとても良かったそうです。

東京みたいなマンハッタンより

ずっと面白かった、と。

そういう意見は、

最近若い人たちからはよく聞きます〜。

 

気になるお値段は、一泊17,000円。

一泊 2 - 300ドルが当たり前のマンハッタンのホテルに

比べるともちろん安いですが、

ブッシュウィックだったら高いんじゃないの?

と思って、airbnb サイトで

Bushwick, Brooklyn を入力してみると、

やっぱり高い!!

一晩1万円以上は他に見当たりません。

 

私は英語で、ドルで見ていたので、

もしかしたら日本語で円にしたら高くなるとか?

と思って、サイトの環境を変えて見ましたが、

そんな事はありませんでした。

 

彼ら、オプションの中では最高級のユニットを

借りたんですね。

 

でも、私の経験から言うと、

だいたいは

"You get waht you pay for." 

(支払った分だけのものが手に入る)です。

 

ワシントンDCでの airbnb は1万円ちょっと。

DCでは安めのレンタルだったので、

経験もイマイチ、だったのです。

値段の安さで選ぶのであれば、

それなりの待遇を覚悟していかなければならないかも、

ですね。

 

他の地区と比べてどうなんだろう、

は興味ありますね。

ニューヨークの airbnb に泊まったことがある方、

コメントを寄せてくださると嬉しいです。

 

*知っている方は多いと思うのですが、

「マンション」という言葉は、完全に日本語英語です!

日本語では、アパートよりも大型の、または高級な集合住宅を表すのに使われていますが、語源である英語の "Mansion" は 一戸建ての「大邸宅」「豪邸」を意味します。Wikipediaによると、この呼び名が一般的になったきっかけは、日本のデベロッパーが、昭和30年代初めより一部の限られた階層を対象に、公団住宅などとは一線を画した高級路線の集合住宅を、高級感をイメージするために「マンション」と銘打って売り出したことに由来するそうです。そんな事だと思いましたよ。苦笑

AD

 

ニューヨークのココマスダです。

 

最近東京で知り合った20代の若い男性が、
明日からニューヨークに一週間来る、

と連絡して来ました。

到着するのは、国際線が到着するJFK空港ではなく、
ダラスで乗り継ぎの便で来るので、
国内線が多く発着するラガーディア空港(LaGuardia)だそう。

ニューヨークへの窓口空港としては、

お隣りニュージャージー州の、ニューワーク(Newark) 空港もあります。
ユナイテッド航空などはこちらで発着します。

私は40代ぐらいから、

 

ニューヨークと東京の往復では、

多少高くても、直行便にしか乗らない、

それもJALかANAにしか乗らない、


と決めました。
乗り継ぎは疲れるのと、
荷物が無くなりやすいのが困るのです。
仕事で年に5回も帰国していた一昨年前、

カナディアン航空のトロント経由を試したのですが、
帰って来た時にやはりスーツケースが届くのが数日遅れ、
やっぱり直行便にしよう、と思いました。

 

日本の航空会社しか使わないようになったのは、

やはりサービスがダントツに良いこと。


私も若い頃は乗り継ぎ便を使ってましたし、

この彼もまだ若いから、コストカットのほうが大事でしょう。

 

滞在はどこに、と聞くと
ブルックリンのairbnb - 民宿 - だそうです。
初めてのニューヨークで、いきなりブルックリンの民宿、
というのも若さですね!

私も、今後ヨーロッパなどに旅行するなら
airbnbを選択に入れるかも、ですが。
ホテルに泊まるより生の経験ができますからね。

ちょっと心配なので、と住所を送って来ました。
検索すると、ブルックリンでも私が行ったことがないブッシュウィック地区。
お洒落なウィリアムズバーグよりさらに奥まった地区です。
ニューヨークタイムズの記事で、カラフルでエクレクティック、
と紹介されています。

到着が昼間なのでいいですが、
民宿の大家には一応気をつけてほしいです。
日本人は何かと騙されやすいので。

老婆心で、airbnbのリンクを送って、
と書きそうになりましたが、やめておきました。
性格的に世話好きな私ですが、何しろ忙しいんだし、
お節介にならないように気をつけないと! 笑

ラガーディア空港からタクシーで行かれる距離でしょうか、
と聞かれましたが、

ラガーディア空港があるクイーンズからブルックリンへは、

橋もトンネルも通らなくてもいいので、

比較的安く、30ドルちょっと+チップで行かれるはずです。

チップは料金の約20%でOKです。

 

空港からマンハッタンへ行くには、

日本でいうリムジンバスやバンも利用できますが、

ブルックリンの個人宅へ、でしたらやっぱりタクシーですね。

 

JFK空港からマンハッタンの場合

一応以下のように料金が決まっています。

52ドル+橋やトンネルを使った場合の料金(橋によっては無料です)

+80セント特別料金

に加え、交通渋滞のあるラッシュアワーの間

さらに4ドル50セント。

祭日ではない平日の16:00~20:00

プラス、チップです。

 

JFK空港からマンハッタン以外の場所へ行く場合

そして、ラガーディア空港からは

目的地がどこでもメーター料金です。

 

空港からタクシーに乗る際に気をつける事は以下の点です。

  • 公式のニューヨークのタクシーは、Yellow cabと呼ばれるように黄色です。そして、ブルックリンやクイーンズなど、Yellow cabの管轄以外の場所を走るBoro Cab は黄緑色です。どちらかに乗るようにして、客引きをする個人の車に乗るのは絶対にやめてください。
  • 乗車する前に、"I'm going to Brooklyn." など、目的の地区をドライバーに告げましょう。
  • 目的地は、英語の発音に自信があるのでなければ、事前に紙に書いて、"Please take me here. (目的地はここです)" と言って渡すのが賢明でしょう。ニューヨークの場合、ドライバーの方が移民で英語が片言、という場合もあるので。住所さえわかれば、ドライバーが知らない場所でもGPSで行かれます。
  • 口頭で伝える場合、thirty (30) と thirteen (13)、fifty (50)と fifteen (15) など、発音で間違えやすい数字は語尾をはっきりと発音してください。聞き返される場合もよくあります。
  • 走り出したら、メーターがついていることを確認すること。わざとつけないで、後で膨大な料金を請求される場合があるからです。
      これがBoro Cabです。

 

英語が多少できて、

多少のコストカットよりも安心感を、という方は、

日本でいうハイヤー、カーサービスも利用できます。

知らない土地でタクシーに乗ると、

どこを走っているのか、

回り道をされて(値段をあげて)いるのではないか、

気になりますよね。

 

若い頃にJFK空港からタクシーに乗った時は、

このまま僻地に連れて行かれて殺されるのではないか、

なんて想像して怖かったものです。

 

でも、カーサービスなら値段が決まっているし、

会社の方に記録が言っているので

その心配は(ほぼ:笑)ありません。

 

最近は、スマホのグーグルマップさえ見ていれば

現在位置は掴めるので安心ですね!

 

カーサービスで

私がいつも使っているのは Dial 7 です。

電話番号は、1(212) 777-7777 なので、この名前。

もう一つ有名なのは、Carmel というサービスで、

こちらの電話番号は、 1(212) 666-6666 なのです。

事前に予約してドア・ツー・ドア。

ニューヨーク在住だったら

どちらかを使ったことがある人が多いですし、

サービスと値段はどちらも同じようなものです。

どちらもスマホ用アプリもあります。

 

マンハッタンのダウンタウンの自宅からJFKまでで、

無料の橋を渡ってもらい、

チップも込みで約70ドルです。

去年から、空港から自宅へは、

リムジンバスとタクシーを使った帰り方で

コストカットをしているのですが、

それに付いてはまた後日!

 

以前からあるカーサービスに加え、

最近はUberがポピュラーにした、

アプリで呼べるカーサービス、という選択も

加わりましたね。

これについても後日お知らせします。

 

ついでに、ニューヨークのタクシーの恐いお話

読んでください。

 

ニューヨークへ来る方々、

安全で快適な旅をお祈りします。

 

AD

 

 

ニューヨークのココマスダです。

 

私と娘がニューヨークでお世話になってきた

日本人のスポーツカイロプラクターの

仲野広倫(ひろみち)先生の著書、

「究極の疲れないカラダ」が日本で出版され、

ベストセラーになっています。

自分の事のように嬉しいです。

 

東京の本屋さんではこんな風に売られていました。

すごいですね!

 

 

帯に、坂本龍一さんの

「仲野さんにはぼくも

ニューヨークで

何度も救われました。」

という推薦文が載ってますが、

それは私たち親子も同じ。

仲野先生に出会えて本当に良かった、

そうでなかったら、

今頃私は空手を諦めていたかも、

と思います。

 

私が初めて仲野先生の医院、

體(たい)ニューヨークへ足を運んだのは6年前、

右の股関節から足全体への痛みで、

空手の練習が難しくなって来た時。

当時、道場に通っていた年下の先輩、

今はK-1のプロになっている平岡琴さんが、

「前に道場に来ていた、いいカイロプラクターの

先生を知っていますけど」

と紹介してくれたのです。

 

それまでカイロプラクターとか整体とかは

う〜ん、なんだか怪しい、行きたくない、

と思っていた私ですが、

極真空手を知っていて、琴さんが勧める先生なら

私の問題も理解できるかも、

と思って試してみることにしたんです。

 

あの時の仲野先生はまだ20代だったでしょうか、

著書の文章のスタイルと同じく、自信に満ち溢れていました。

今の體ニューヨークのウェブサイトでは無くなっていますが、

その頃のウェブサイトには、

日本のご実家、三重県四日市市の仲野整體の歴史が詳しく載っていて、

代々続いている医院出身の先生なら信用できるだろう、

とも思いました。

 

先ず、当時受付をなさっていた、

今は先生の奥様であり母親にもなられた

秀佳(ひでか)さんが、素敵で感じがよかったこと!

お店でもサービスでも、従業員を見ればオーナーの性格がわかる、

と私は思っています。

(現在の受付の方もとても感じがいいです。)

 

そして、先生の

「ずっと通ってもらおうとは思いませんよ。

多くとも4回通っていただければ治療できると思います。」

というお言葉が大変気に入りました。

 

実際、その時に通ったのは2回だけだったかしら。

痛みはすっかり治り、私は先生の信者になっちゃったんです。笑

 

あれから、逆さまの股関節が痛くなったり、

テニス肘になったりするたびに通院し、

だいたい2回も行けば治ってます。

アスリートの娘が故障する度にも

お世話になっています。

 

本当は私も娘も定期的に通って

カラダに異常が起こる前に予防をすれば更にいいのですが、

先生の医院では残念ながら私たちの保険を受け付けず、

毎回全額を払いますからその余裕はありません。

 

日本と違ってアメリカでは国民保険がないので、

それぞれ選んだ民間の健康保険を持っていて、

病院や個人医院も受け付ける保険が違うのです。

 

友人や知り合いのカラダに故障が起きたと聞くと、

いつも仲野先生をお薦めしています。

騙されたと思って行ってみて下さい!と。

 

前置きが非常に長くなりましたが、

この著書、

「究極の疲れないカラダ」もお薦めします!

 

2ページ目からいきなり

「運動前のストレッチはパフォーマンスを上げません。」

という、日本人の今までの常識を覆すお言葉!

 

「姿勢の良し悪しと痛みは関係ありません。」とも!

 

ずっと娘にアドバイスして来たことが間違っていたとは!

 

実際に、彼女のバレーボールチームは

練習や試合の前に床でのストレッチはしてません。

娘は両方の膝の靭帯を切っちゃいましたけど、

それもストレッチの有無とは関係ないようです。

 

「水泳は骨密度を減らす可能性がある」も驚き!

 

個人的には、

「日焼け止めをつけているとビタミンDが作られない」

という事実は目から鱗!でした。

私はビタミンDが足りないと検診で言われ、

サプリメントで取り始めたのですが、

シミを防ぐか、健康を第一にするか、

を考えたら、日焼けをしないほどにお日様を浴びよう!

と思いました。

 

この本を売っているアマゾンのページを見ると、

この本に対しての賛否両論のコメントが書かれています。

 

先ず、タイトルの

「究極の疲れないカラダ」に対する批判。

これは最もかもしれないな、とは思いました。

多分出版社が、本を売るために押したタイトルではないかな、

と思うんです。

最近初めて著書を出版した友人の仕事をお手伝いをして、

その辺の厳しい事情を知りました。

 

「機能運動性を高める正しい知識」

では本は売れませんからね。苦笑

 

この本を売るために、出版社はかなりの投資をしてますし!

東京の電車ではこの本が大々的に宣伝されていて驚きました。

 

 

 

私はニューヨーク在住ですし、

仲野先生を知っていますが、

先生を知らない日本の方がこの本を買ったら

感じることはずいぶん違うかもしれません。

 

それでも読んでみてもらいたい、

きっとためになることが学べる本、です。

 

 

AD

 

ニューヨークのココマスダです。

 

二週間の実家滞在を終えて、

ニューヨークに戻りました。

 

今日は円から米ドルへの両替の話。

 

海外旅行をする方は、

どこで円を外貨に変えたらいいのか知りたいと思います。

在米の日本人の友人からも、

どこで両替をしたらいいですか?

と聞かれる事もあるので、

私が知る限りの情報をシェアいたします。

 

これは、真剣に外為証拠金取引(FX, 又はForex)をしたり、

日本で外国為替の口座をお持ちになって

さらにお得に両替をする方々への情報ではなく、

単に現金を両替する情報ですのであしからず。

 

米ドルの場合だけでなく、

他の外貨への両替の場合も参考になると思います。

 

実は私は長年、

円を米ドルに変えるのであれば、

アメリカで変えた方がいいと、

間違った思い込みをしていたんです。

 

なので、数年前に、

ニューヨークで両替をするならどこが一番お得か、

を調べて、ミッドタウンにある、

AFEXという会社を使ってきました。

 

が、去年、AFEXを日本から来た友人に勧めて同行し、

「このレートは酷い!

ココが勧めるから円で持って来たのに、

これなら成田で変えてくるべきだったわ。」

と怒られてしまったんです。

 

すみませ〜ん!! えーん

 

彼女が言うには、

「円はアメリカで需要が少ない外貨だから

レートが悪いのよ。

それに比べて米ドルは日本でも需要が多いから、

レートが高いんだと思うわ。」

 

なるほど、、、!

こんな事は知っている人も多いんだろうなぁ〜。

 

この友人は裕福な方なので、

日本で米ドル口座もお持ちになって、

手数料などもできるだけ避ける、

賢い金融操作をなさっています。

 

その後、

成田空港で両替をしてみて、

円から米ドルならば、

日本で両替をした方が本当にお得だ!

という事を学びました。

 

今回の帰国にはJALを使ったので、

成田空港では第2ターミナル。

銀行毎にどれぐらい違いがあるのだろうか、と

第2ターミナルを回ってレートを調べました。

 

(鉄道連絡階にある、両替屋さんの

レートまでは調べませんでした。すみませ〜ん。)

 

出発階ロビー3階の国際線出発口の両側にあるのは、

みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、京葉銀行の3銀行。

そのどれかを使うのが一番便利ですが、

その3銀行だけでもレートは違うんです。

 

各銀行の前にはこのような掲示板があって、

レートを表示していますので参考にしてください。

 

 

 

ちなみに、

円貨から外貨への両替は、SELLING 
外貨から円貨への両替は、BUYING

ですが、外国での両替の場合は逆さまですのでご注意を。

 

調査の結果、

 

2階にある千葉銀行のレートが一番でした!

 

以下が、2017年9月11日付けの調査結果です。

 

三菱東京UFJ銀行 $1 = ¥111.24   

みずほ銀行 $1 = ¥111.15

りそな銀行 $1 = ¥110.95

京葉銀行 $1 = ¥110.78

千葉銀行 $1 = ¥110.68

 

チェックインをして身軽になった後、

2階の千葉銀行まで行って両替するのが一番お得ですが、

それは面倒!という方も、

出発口の周りの銀行のレートを比べてみてください。

 

為替レートは毎日変わるし

お得レートの順位も多少上下しますが、

場所的に不利で知名度の低い銀行は

やはり頑張っているのではないかな、

というのが私の見解です。

 

私が東京で送金屋をやっていた時も、(こちら

競合のレートと比べながら、

手数料もできるだけ下げて四苦八苦したものです。

 

蛇足になりますが、私と同年代か年上の方は、

1ドル=360円の時代もあったのを覚えていると思います。

嘘みたいですね!!

 

最後に、

もう外国にいて、

手持ちの円を両替しなくてはならないんだけど、という方へ。

日本の銀行の各レートには手数料(Fee)が

レートに含まれていましたが、

外国の場合はそうとは限らないので必ず確認してください。

 

グランドセントラル駅前の両替屋のレートは最低で、

その上非常に高い手数料を取るので、

英語もおぼつかないツーリストをカモにする詐欺に近いです。

(聞けば)両替をする前に情報をくれるので、

変える方が悪い、といったところでしょうか。

あちらも、一等地で高い家賃を払って商売をしているので

必死でしょう。

 

では皆さん、次回までごきげんよう。

 

 

 

 

ニューヨークのココマスダです。

 

実は一週間前から一時帰国して、

二週間の予定で

大田区の実家におります。

 

が、終わっていない仕事を引きずってきたのと、

帰国する数日前から、

断れない仕事が数点入ってきまして、

場所が移っただけ、という感じで

仕事がらみの外出以外はほとんど仕事してます。

 

が、帰国の第一の目的は、

一人暮らしの母と過ごすことなので、

その目的は達成されています。

 

実家には、小さいながらも私の仕事部屋があるのですが、

なぜかWifiの電波が弱く、

無線LANルーターのあるリビングルーム

=母がほとんどを過ごす部屋

のダイニングテーブルで仕事してます。

 

なので、母のおしゃべりに対応しながら、

「ごめん、聞いているからね」と言って

仕事をしているのです。

 

父が他界してからかれこれ4年以上経ち、

帰国すると(=実家に帰ると)

こんな感じで仕事をしているので慣れています。

 

普通の人だったら集中できないかもしれませんが、

「本当の介護」をなさっている方に比べれば

こんなのは序の口だと思っています。

 

同年代の友人たちが集まると

介護の話で花が咲きます。

 

私の母は有りがたや、週に3回!

カーブスという女性用ジムに通ってくれています。

後はほとんど何もしていない母です。

私は、4年前に父が他界した後、

カーブスが母を救ったと思っています。

ここ数年で、

歩くスピードは驚くほど遅くなったとは言え、

カーブスのお陰でまだまだ元気なのです。

 

私もせっかくの帰国、

美味しいものだけは食べ、毎日晩酌をしています。

外食をしたり、私が料理したり、、、。

空手の道場には行けてないので

お腹周りが、、、汗。

 

早朝と晩は仕事してますが、

実家からは出やすく、

母も好きな銀座には2回行きました。

GSIXにも行きました。

 

あと5日の滞在。

展覧会ぐらいは行きたいなぁ〜、

と思っていますが、

今晩からイラストのスケッチを始めなければなりません。

 

頑張ります。