『Co-Co Life☆女子部』ブログ

『Co-Co Life☆女子部』 スタッフが交代で担当します(^-^)


テーマ:

ご無沙汰しております。
Co-Co Life女子部 大阪スタッフの森田かずよです。

 

 

さて、みなさん「ホスピス」という言葉にどんな印象をお持ちですか?

「終末期」
「最期の時間を過ごす場所」

そんなイメージかと思います。
私もそうでした。

 

私は今回、4月1日に正式にオープンとなった
大阪にある「TSURUMIこどもホスピス」を取材させていただきました。


普段ホスピスというと病院が運営している事が多いのですが
ここは民間としての初めてのコミュニティー型こどもホスピスとなります。

対象とする子どもは小児ガンだけでなく、心疾患や神経筋疾患、代謝性異常、脳性麻痺などの18歳までの重度障害児も対象となります。

 

普段医療ケアなどを必要とする子供達は、病院と自宅だけの限られた空間になってしまったり、お母さんひとりにその介護の負担がいきがちです。
ここには保育士や看護師、教師、理学療法士らが連携して対応していて、本人だけでなく、きょうだい、家族にとっても、リフレッシュ出来る場となります。
いわゆる今までの「ホスピス」という言葉のイメージ、終末期などの「看取り」のためだけではなく、家のような空間で、楽しみ、安らぎ、学ぶ場所です。

 

たとえば「バーベキューがやりたい!」
「友達をたくさん呼んで誕生日会がしたい!」

病気の子供達にとって、そんなちょっとした願いも
病院ではなかなか叶えることができません。
それが、このホスピスでは実現することができます。


TSURUMIこどもホスピスの運営は寄付金で行われ、
使用料は全て無料になります。

 

さて、TSURUMIこどもホスピスの中ですが
建物全体が木であたたかい雰囲気です。


各お部屋には名前があります。
そして入り口にはこんな吹き出しが付いています。

触るとふわふわしていました。

 

 

キッチン、リビングも付いた大きなお部屋です。
まるで家のような空間です。

 

ここは♪のマークが付いています。

何のお部屋でしょう?

楽器がいっぱい。
音楽を楽しむお部屋です。

 

ウォーターベットがあり、照明もちょっと色が付いていて、
気持ちいい音楽も流れています。


リラクゼーションのお部屋のようです。

 

 

お風呂。
シャワーも低い位置に設置されています。

 

この日オープニングセレモニーが開催されました。

 

ホスピタルクラウンさんも登場!


病院は医療を受ける場です。
そして家庭だけでは補いきれない問題もあります。
きょうだいがいる場合はどうでしょう?
病気、障害のある子供達が、家の中だけで孤立してしまうこともあります。

福祉的なショートステイでも、それぞれ規則も多く、限界があります。

TSURUMIこどもホスピスは、地域の中で一緒に暮らす

医療の場でもない、福祉や療育とも違う、
全く新しい空間だと思いました。

 

そして、この日、理事である小児がん専門のお医者さんが仰った
「子供たちが最後まで成長できる場所」を作るという言葉が印象に残りました。


この空間でこれからたくさんの笑顔が見られるといいですね。
取材させていただき、ありがとうございました♪

 

一般社団法人こどものホスピスプロジェクト・・http://www.childrenshospice.jp/
TSURUMIこどもホスピス・・http://kodomohospice.jp/

AD
いいね!(16)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。