産休に入ります

テーマ:
ここち鳥に来てくださるお客様のあったかさ、優しさをたくさん感じさせてもらった産休前の時間でした。

ここ数ヶ月の時間の中でも、
 
何度か私の施術を受けてくださっている方が、今日はお腹の子と私の2人から癒してもらったような心地よさがあったと伝えてくださったり、

施術だけじゃなくて、ここに来ていろんな話を聴いてもらえるのも私にとっては違うのよねと、私よりも先輩の方に言ってもらったり、

身体も軽くなったけれど、話ができて、チャレンジしていくための構想を練ったり、行動をしていこうって思えたって伝えてくれる方がいたり、

そういうことだったんだと納得したと言われる方がいたり、


ここち鳥での時間を、みなさんがそれぞれに感じて過ごしていただけたことに、感謝いたします。



私自身、みなさんとの時間の中で自分自身を気づかせてもらうことも多く、

時には自分のやり方などを迷うこともあるのですが、

やっぱり、私はお一人おひとりと関わらせてもらう、この空間、時間を大切にしていきたいと思いました。



産休前の最後のあたりは、筋ゆるだけでなく、個性コミュニケーション(個性心理学)やフォーカシングを受けていただくこともあって、

再開後はそちらでもみなさんとの時間が増えていく感じがしています。


心と身体、使いすぎている頭も、ゆったり癒して寛いでいただく場を提供していけるよう、

私自身もまずは自分自身をゆったりと休め、心地よさや優しい気持ちを大切にしながら過ごしていきたいと思います。




そうは言ってもこれから始まる子育ては、ゆったりとは違う時間の流れもあったり、ゆっくり休む時間も取りづらくなるかと思います。

その中で揉まれながら?も、毎日の発見、周りのあったさ、宇宙に守られている感じを、感じながらも過ごしていけたらいいなと思っています。



再開する時には、私はどんなことを感じているのだろう。


楽しみです。




また、みなさんとお会いできる日を、時間を、楽しみにしています。


たくさん、たくさん、ありがとうございます。




では、みなさん、また



{8575CEBD-4A64-4F46-9292-8C0D68C2B79C:01}



AD
夫が書いてくれたボード。可愛い  
{52DF57E8-3366-4067-B7AD-55F6C443045D:01}



先日マタニティフォトを撮りに行った際に、お腹にもイラスト書いてもらいました!  
                                   ↓
{D53A6D98-8FF2-4373-83C3-7B680FFB113A:01}

(うちにあったブラックボード用のポスカで書いてもらったのですが、お腹の油分ではじいて書けないということもなく、終わったら水でさっと消せるし、いい感じです。)


夫の書くイラストが好きで、マタニティフォトの前日に、当日イラスト書いて欲しいなとお願いした時は、下手だし嫌だと断わられたのですが、

ダメもとで、当日スタジオに向かう前にとりあえず下書きだけでも紙に描いてみない?とお願いしたら、
パパッと言葉と絵を描いてくれて、私が喜ぶ様子に本人も気を良くしたのか、ルンルンでスタジオでもお腹やボードにイラストを描いておられました


他からみたら、すごいなぁ、特技だなぁと思うことも、当人にとってはあたりまえのことだったり、もっとすごい人はいるからと認めようとしない所があるのだなぁと。
これはわりと私を含め、たくさんの方がそうなのではと感じます^^;


子どもが喜んでくれる気がしたし、しつこいかなと思いながらも、ダメもとで再度頼んで良かったです



それと、記録として、先日の夫とお腹の子との胎話も載せようかと。


夫: 最近そっちはどう?
子:「あったかくて気持ちがいい。」

夫: いつも(頭が右上側で)同じ場所だけど、枕がそこにあるの?
子: 「ないけど、もうしばらくこの場所でいいと思ってる。」

夫:  その位置だとお腹はる感じがするとお母さん言ってるけど?
子: 「それは関係ないよ。どっち向いたってはるよ。それだけもう大きいもん。」

夫:  早く生まれてきたい?
子: 「ここでゆっくりしてたい。楽だし。」

夫:  〇〇と言う名前、どう思う?
子: 「お父さんがそれにしたいなら、それでいいよ。」

夫:  本当はつけてほしい名前とかあるの?
子: 「ヨーロッパ人のような名前がいい。でも日本だと、それは変だから、別にいいや。」




2人でお腹の子をそれぞれ感じながら、こんな感じが伝わってきたよーと話したりする時間が愛おしいです。

それがあってるとか、ほんとうにそうなのかとか、そんなこと関係なしで、

自分たち家族でこれからも、意識を向けて感じる時間を楽しんでいきたいです

AD
出産が近づいてきたからか、今は落ち着いたのですが、ここ1ヶ月くらい、やけにナーバスになっておりました。

気持ちが下がるだけではなく、ありがたさや嬉しさを感じも感じながらの気持ちの変動がものすごくて。

涙どれだけ流しているの??といった感じでして。


でも泣くことだったり、気持ちをそのまま吐き出して、夫に話を聴いてもらったりしたことで、同じ内容でずっと悩むことはなく、一晩経てば落ち着くには落ち着くのですが。。


振り返ってみると、悩むことはこれまでも自分自身が悩んできたことばかり。


これがカルマが出てきているというやつでしょうか。

でも、出てくること自体は悪いことじゃないなと自分でも感じていて、

まだまだ自分の中にこんな風に思うところがあるんだねと自分を知れたといいますか、

夫とも話をたくさんできたことで、夫の考えや感じていることも知れて、

結果として、よかったなと思っています。


ただ、ここまで感情が揺れ動くと、自分大丈夫か?と不安にもなったのですが、

そこでまた、自分自身を知るきっかけが。


これまで、感情豊かだと人に言われたり、私は蟹座なのですが、感情が激しいとか豊かと書いてあるのを読んだりすると、

なんか嫌だって思っていたんですよね。

先日Aちゃんと電話でそのことを聴いてもらったら、
「嫌だと思うような思い出が過去にあるの?」

と聞かれて、思い出しました。

母に、自分が感情的になった時に、「あんたはおじいちゃんに似ているからね」と言われことを。

祖父は癇癪を起こすと、大声や手や足が祖母などに出る人だったので、その部分について怖い思いをしてきたから、似ていると言われてショックだったし、ダメなやつと言われてる感じがしたんですよね。


でも、Aちゃんに、「じゃあ、一緒に暮らしている旦那さんはあなたの感情の部分をどう言っているの?」と聞かれて、

「感情がはっきりしてて分かりやすくていい。落ち込むばかりじゃなくて、嬉しい時は飛びきり嬉しそうなのが伝わってくるし。」

とこの前言われたと伝えたら、どうして今そばにいる人の言葉を信じないかね〜と言われました


ほんとその通りだと。

今まで感情がはっきりしている自分に、どこか✖️をつけようとしたり、無理やり、◯にしようとしていたのだなぁと。


これからは、そのまんまなわたしに◯をつけたいなと思います。
 

Aちゃん、ありがとう❤︎



そして、最近のわたしが感じることは、

 
自分のこころの声を感じた時や、お腹の子の声を感じた時の、安心感がとてつもないということ。


感じた時に、全身が喜んでいるような、はたまた浄化のような、なんとも表現できない涙がぶわ〜っと溢れます。


自分自身、サロンで、こころの声を聴くフォーカシングを提案しておきながら、ついつい頭で考えて、〜しなければと焦ってみたりしているのですが、

やっぱり、ゆっくり「どうしたいのか」自分に聴いてみる時間が大切だなぁと感じます。


胎話について、数ヶ月前から始めたのですが、 


どこかで、自分が思ってることを感じたと思っているんじゃないの?と、

自分自身でも疑心暗鬼になることもありましたが、

そうだろうがなんだろうが、お腹の子に意識を向ける時間を大切にいきたいし、例え、それが自分が心の奥に思っていることだとして何が悪いんじゃいって、今は思っていまして、

そう感じる自分を信じる。ただそれだけでいいのだと。


なにより安心できるんですから。



誰かの言葉もいいけど、

自分のこころや子宮、我が子の言葉を信じなくてどうするの?

ってあらためて自分自身に言いたい今日この頃。


そして、安心感を感じて、ほっこりする中のご飯やお茶はおいしいなぁと感じております。



先日、夫と紅葉を見に行った時の写真↓
{7DB46BA7-19B2-44C6-B5DF-66FF6B0C232F:01}
自然の色や質感にこれまた、ほっこりしました(*^_^*)。



それと、フォーカシングを学んだ時にも私自身が思ったことなのですが、

こころの声を聴くというと、何かスピリチャル的な力が必要なのでは?、そんな力?を持っていない私が聴けるのかな??って。

実際そこで、聴くというのは身体の五感から「感じる」ということであって、誰でも練習していけばできようになると聞き、

最初は相手の人に手伝ってもらいながら、少しずつ練習をしていき、聴くということをしていって、「今は自分1人でもゆったりした時間をとって、「感じる」ということをしているのですが、


子宮の声や、胎児の声を聴くと聞いて、またもや「何かどこからか言葉が聞こえるようになるのか?」と思った私。


子宮委員長はるちゃんに、たまたま直接質問させていただく機会があったのですが、

「声(サウンドとして)なんて一生聞こえないよ。間違えないで。感じるものだから。」

と返答いただき、それでいいんだと。


「声」「聴く」という “言葉” に私はまだまだ自分を縛っているなと感じましたし、

みんなつながっているんだなぁ〜、共通しているな〜と思った次第です。

フォーカシングはフォーカシング、それらはまた別物なのかなってどこかで思っていたので。


「考える」がダメじゃないけど、どうしたいのか奥にある声を聴いた上で、考えるということもしていきたいなと思います。

それも、毎回聴かなきゃ!確認しなきゃ!じゃなくて、聴いてみたいと思った時にね



胎話についてはこちらのブログで知りました❤︎

子宮の声についてはこちらのブログに❤︎


AD