フィアット500 可愛さ至上主義 (Fiat500)

イタリアのお洒落でかわいい車、フィアット500のインプレッション、アクセサリー、整備に関するブログ。 誰にでも分かりやすい表現で、オリジナルな情報発信を心がけています。
その他、エスプレッソ、カフェ、イタリア全般に関わることも気が向いた時に・・・

可愛さ至上主義
リストランテ 500メニュー

ボンジョルノ、いらっしゃいませ! いつもありがとうございます。 かわいいデザインに惚れてお洒落なフィアット500(Fiat Cinquecento 2011年式1.2 POP)を中古で購入した私が、壊れやすく、修理費が高いというイメージがあるイタリア車に関するとりとめのない雑感を書いているブログです。 Fiat 500はイタリアのトリノにある自動車会社フィアット社が作っている小型自動車です(通称チンクエチェント)。 これまで同じモデル名を踏襲しつつ、幾度もモデルチェンジを繰り返して来ています。 かつて映画「ローマの休日」やアニメ「ルパン三世」にも登場しています。

その他、エスプレッソやカフェ、飲食業やイタリア全般に関することも気が向いたときに書いています。 時々文中に登場するセガフレード・ザネッティとは、イタリアのボローニャにあるコーヒー焙煎会社で、世界中にバール(伊式カフェ)をチェーン展開しています。

こちらには比較的よくご注文を頂くお料理をリストアップ致しました。 これら以外にもいろいろございますので、ご質問・ご希望がございましたらカメリエーレ (ウェイター) のサチにお申し付け下さいませ。 それでは拙い内容で甚だ恐縮ですが、ごゆるりとお寛ぎくださいませ。


fiat500 Antipasto (前菜)
  フィアット500 可愛さ至上主義


  超絶かわいいフィアット500!
  アバルトやBMWミニと比較してみる fiat500
  可愛いクルマを選ぶ人ってどんな人?
  日産マーチに似ている?
  ルパン三世の愛車は?



fiat500 Primo Piatto(パスタ/スープ類)
  フィアット500 あれこれ


  デュアロジックとは何なのか? fiat500fiat500fiat500
  デュアロジックの運転のコツ? fiat500fiat500
  フィアット500の安全性
  燃費について
  高速道路を走る!
  フィアット500の製造国は?



fiat500 Secondo Piatto(メイン料理)
  パーツ・オプション・アクセサリー


  スマホの音楽を車内で聴く (XCarLink) fiat500fiat500fiat500
  可愛いアルミホイールはどれ? fiat500
  ナンバープレートの枠
  キー・カバー (鍵) 着せ替え



fiat500 Dolce (デザート)
  整備・洗車


  ワイパーを交換する (ボッシュ製)
  タイヤを交換する (ピレリ製 P1) fiat500
  ドライブベルト/タイミングベルトの交換
  純正バッテリを交換する
  白いステアリングを綺麗にする
  汚れたホイールを洗う

  故障修理

  サーモスタット交換
  エンブレム交換
  給油口カギ破損


ここに記載されているのは一部ですが、各ページ最下部には関連記事へのリンクがございます。 もしご興味がございましたら、気になるリンクを辿ってみてくださいませ。 また本ページ右側の検索機能を使って、ブログ内の記事をキーワード検索して頂くこともできます。 (サチ)
NEW !
テーマ:
「どうでしょう?」
「いや、お勧めできませんねぇ」


整備課長殿が珍しく首を縦に振ってくれません。 うーん、良いアイディアだと思ったんだけどなぁ。 ・・・サチが思いついたのは、スペアタイヤを捨ててラゲッジルーム容積を一気に拡張するというものでした。 考えてみれば、スペアタイヤなんて使ったことがありません。 事実、昨年パンクした時にも使用しませんでした。 この先も使うことなんて無いと思ったのであります。 使わないタイヤなんて捨ててしまって、空いたスペースを 「床下収納」 として活用すれば 幸せが待っているのではないでしょうか?

写真下: フィアット500 (1.2 POP) のスペアタイヤ
「テンパータイヤ(テンポラリータイヤ)」 と呼ばれる、幅の狭い応急用タイヤです。
スペアタイヤ=フィアット500=ラゲッジルーム

写真下: スペアタイヤを外すと大きな空間がっ!
実際に見てみると、本当に大きな空間なのであります。 これだけ 「ボーナス・スペース」 が確保できれば、ここに乾パンや水などの防災用品なども保管できるかもー!? 荷室が小さいフィアット500オーナーには福音ですニャ!
スペアタイヤ=フィアット500=可愛さ至上主義

ネットで少し調べてみたら、「スペアタイヤがなくても車検は通る」 みたいなことが書かれているブログ等があちこちにありました。 情報の出所としては不確かなものですから確証はありませんが、最近はスペアタイヤを積んでいない車種も実際にあります。 そうした車両は、スペアタイヤの代わりにエア・コンプレッサーやパンク修理剤などが入った 「応急修理キット」 なるものを積んでいるようです。 また一部の高額車には 「ランフラット・タイヤ」 というものも採用されているらしいのですが、これは応急修理キットすら不要なのだそうです。 えらいこっちゃ! (ちなみに 「ノーパンク・タイヤ」 というと自転車用タイヤのことを指す場合が多いようです。)

そんなことを考えますと、スペアタイヤというもの自体が今や 「絶滅危惧種」 なのです。 実際に使用されない、過去の遺物なのかもしれません。 サチも、この先 パンクしても自分で応急修理をしたり、スペアタイヤに交換したりはしないと思います。 だってサチはJAF に加入しているし、任意保険 の 「おまけ」 のロード・サポートもなかなか充実している様子です。 だから外出先でパンクしても 「他力本願」 で大丈夫なんじゃないかと思ったのでした。 自分の聡明さに感動し、得意になって その着想をフィアット正規ディーラーの整備課長殿に披露したところ、どういうわけか賛同を得られないのです。

「あまりお勧めできません。 私個人の経験なのですが、行楽地でパンクしたお客様が以前いらっしゃいました。 スペアタイヤを積んでいらっしゃならなかったのですが、タイヤのサイドウォールが裂けてしまっていたので応急修理セットではどうにもならなかったのです。 そこで最寄の正規ディーラーということで私共にレスキュー要請が入ったのが昼過ぎでした。 でも・・・ 行楽客で渋滞しているなか 抜け道もなく、レッカー車がパンクした車両と共に戻ってきたのは夜 8時頃だったのです。 その時にはお客様も疲れ切ったご様子で、お気の毒でした。」

ほえー、なるほどぉ。 そういう可能性は考えなかったなぁ・・・。 

「到着が 8時過ぎだったのに加えて、たまたま在庫のないタイヤだったのです。 タイヤは 『生もの』 ですから、あまり余計な在庫は持たないようにしているものなのです。 ですからお客様には事情をご説明して、その日はお車を置いて電車で帰って頂きました。 あの時は本当にお気の毒でしたけれど、もしスペアタイヤを積んでいたら随分違う展開になっていたのではないかと思います。 またタイヤ関連のトラブルは専門業者でないと解決できないものも結構ありますから、安易にスペアタイヤを下ろしてしまうことはお止めになった方がよいと思いますよ?」

うーん、そうなんだ。 良いアイディアだと思ったんだけどなぁ。 なるほどなぁ。 ほんの短い間、自分の 「天才的なひらめき」 に感動したんだけど・・・ やっぱり 「サチは実は頭が良かった」 というのは妄想だったのか。 それにつけても さすがは整備課長殿、やっぱりプロですニャ。 こんなわけで スペアタイヤを捨てることはあきらめましたが、今回はいろいろ勉強になり、スペアタイヤの価値を見直すことになりました。

写真下: カメの飼育も可能? (合成写真)
サチの野望は夢と消えましたが、猫なら 5匹、イヌなら柴犬くらいまで快適に収まりそうです。
フィアット500ブログ=可愛さ至上主義


外部リンク(JAF):
  テンパータイヤ(テンポラリータイヤ)
  ランフラット・タイヤ

関連記事:
  任意保険のはなし
  スペアタイヤ空気圧
  タイヤがパンクしました
  タイヤは 『生もの』
  ラゲッジルームの箱

コメント大歓迎です: Ameba会員でなくてもコメントできます。 (サチ)
AD
コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。