やっと観に行った。
『殿、利息でござる!』
娘は都合付かなくて結局私だけ(ToT)

どうせ二人で行けないなら、娘の実習終わるの待たないでもっと早く行けばよかった。
なぜなら「行くべき、行くべき!」と他の人に騒げたから。

ネタばれありです。
OKな方だけお読みください。





はっきりいって、こんなにいいとは思わなかった。
原作よりも良かった。
登場人物のキャラが立っていて、人情の機微が丁寧に描かれていた。
それぞれ、ドラマがあって、特に瑛太と妻夫木聡、味があったな~。
瑛太は笑わせてくれたし、妻夫木は泣かせてくれた。

まじ泣きした。
何回もウッとなったんですが、
「褒められたくてやるのではない。名を残したくてやるのではない。」
と親父様=山崎努が言うところ。
は~もうね…。

なんか、私なんか自分のことしか考えてないから、すごい人がいたんだな~、って。
しかも、その行いを吹聴することを戒める「つつしみの掟」を自分たちで取り決めていたから埋もれてしまうところをー、
掘り起こして教えてくれてありがとう、原作の磯田道史さん、映画にしてくれた中村義洋監督。

唐突に、羽生くんの登場シーンだったのですが、
やっぱり私は、どこで登場するのか知らずに、観たかったな~と思いました。
役者さんと一緒に、驚きたかったな。
(宣伝、見ないようにしてたのに見えちゃったんだもん…残念。)

羽生くん、せっかちで負けず嫌いな殿様の雰囲気がすごく出てた(笑)
「店をつぶすことまかりならん。」いいですね~。
浅野屋の蔵人たちの酒造り唄が聞こえなくて、「とうにつぶれております。」
それなのに、町のためにお金を出し、先代からの悲願を成し遂げることが叶い、ホッとして微笑む妻夫木、おふくろ様、わずかに残った使用人…。
つぶれなくてすんで、私も救われたよ~。
そして、去りながら「馬も駕籠もいらん。城まで歩いて帰るぞ!」
笑いました。
似合っていたと思います。
冷血漢の松田龍平が、どんなふうに重村に説明したか、しのばれました。
重村批判に直結するため、おとがめなしに処すには度量が必要でしょう。松田にも、重村にも。
羽生くんのシーンはあっという間でしたが、若殿の薫風が巻き起こった感じで、それもまた良かったです。

とにかく、すごく良かったので、とりあえずリア友で映画ファンの I さんにはおすすめしようと思います。
でも、もう終わりが近いのだけど(^^;)

娘にも機会があったらぜひ、観てもらいたいと思いました。





フィギュアスケートランキングへ
AD

いろいろ幸せ、ありがとう

テーマ:
こづと大島アナが結婚披露宴をあげました。
おめでとうございます。

私「あ~行きたかったな~こづの披露宴。」

娘「なんの関係もないのに。」

私「あなたがトヨタに就職して…こづの後輩ということで。後輩の母ということで。」

娘「ありえないし、よばれません。時系列もおかしいでしょ。」

私「こづ、入場してパッと見たら、久美子先生がうるうるしてて、それ見て始まりの挨拶文全部とんでったんだって。」

娘「ええ話やな~(:_;)」

小塚崇彦さん インスタグラム

私「あっこちゃんも婚約したし、織田くん(の奥様)もおめでただし、幸せ続きだな~。」

娘「鈴木さん婚約したの?誰と?」

私「小学校の同級生だって。」

娘「その人、世界の鈴木明子を嫁にする自覚ある?大丈夫?その人。うちの明子をさらっていって。」

私「優しい人みたいだよ。でも長久保コーチも『どんな人かも知らないし、顔も見たことがない。本当に結婚するつもりなら、紹介してください!』って。『嫌になったらすぐオレのもとに戻って来い!』って。」

娘「いいね~、わかる。父だね、父。」

私「織田くんも、ますます幸せな父だよ。」

娘「いいよね~似合う。最高の父&最強プロフィギュアスケーター&なんでもこなせるテレビの人。すごいね、織田くん。」

私「ほんとだよ~。」


スケーターさんの幸せなニュース、私も幸せになれる。
ありがとうございます。
心から、おめでとうございます。








フィギュアスケートランキングへ


AD

振袖

テーマ:
今日は晴れて気持ちが良い風が入ってくるので、
出していた振袖をたたんだ。
娘二人の好みが分かれてなかなか決まらなかったのが
この着物を見たとたん二人とも一目ぼれで即決した。

私自身は成人式に行かなかったので振袖はもっていない。
学生さんを大事にしてくれる京都で学生時代を過ごした。
寮に入るために住民票を移したから、京都市から成人式の案内が届き、
友達も行かないしいいかな~と思って参加しなかった。
同じ部屋の子は弓道をやっていたので、
「憧れなの~。」と三十三間堂の新成人の通し矢を申し込んでいてそちらに行っていた。

私は地元で成人式に参加するにしても特に振袖を着たいと思わなかったので、
娘が二人とも着たいと言った時、そんなもんかと意外な気がした。
でも、成人式の日、写真屋さんから直行で会場行ったら、
いろとりどりの振袖、スーツ女子はいない。
そうか、そうなんだ。
でも、着物はいいな。
来ているお母さん方と久々に会って話して、
晴れやかな着物姿の子どもたちを写真に撮った。

この着物姿は、親にとっての御褒美かも。
中には、母親の娘時代の振袖を着ている子も。
皆嬉しそうで華やいでいたっけ。

娘1のクラスはタイムカプセルをやっていて、
成人式の日、小6のとき自分が預けたものを引き取った。
娘は全然見ないんだけど(親が成人した子にあてて書いた手紙もあるのに)

私は娘の「8年後のお母さんへ」の手紙、勝手にもらったよ。12年後に(笑)
他の家族あてのもあったけど、いまだに渡す気もない娘。

それぞれの家族に、本から抜粋した言葉を送ってくれている。
私のは

・あなたがあなたのバラの花をとても大切に思ってるのは、そのバラの花のために時間を使ったからだよ。(『星の王子さま』 サン=テグジュペリ)
・時間の花は、その繊維組織のひとすじひとすじに至るまで全力をふりしぼって自分の持ち主の人間のところに帰ろうとするのだ。(『モモ』 ミヒャエル・エンデ)
・澄んだ心で偽りと真実を見分けるのだ。(『ネシャン・サーガ』 ラルフ・イーザウ)


12歳の娘が一生懸命選んでくれたんだなあ…。
感慨深いけど、でも、手紙に書いてくれたあなたの言葉が、一番嬉しいよ。

いろいろあったけど

皆、良い方向へ向かいますように。

願いを込めて振袖をたたみました。













フィギュアスケートランキングへ


AD

教育実習終了

テーマ:
娘の教育実習終わりました。
花束とアルバムもらって嬉しそうな娘。
生徒さんの、中二病などどこ吹く風の、娘への優しいメッセージがたくさん。

体育祭後の先生方の飲み会にまで、参加するそうで…。
本当にありがとうございました。

親も感動しております(ノ_-。)


娘曰く、「今までの学生生活で、最も貴重で最も充実した毎日だった。」(オイオイ)








さあ!やっと映画行けるかな!(遅いよ)



フィギュアスケートランキングへ

アイスジュエルズvol.3 とフィギュアスケートLife Vol.6、2誌の中にあるオーサーとハビの中立のインタビュー、
これについて複雑な気持ちがするという声が上がっているようです。


私は少し違っていて、
オーサーもハビも中立の立場をとるのは、羽生くんのためにもなるんじゃないかな、と思っています。
きっとオーサーは、羽生くんに良くなるように動いてくれていると思うからです。

そして、KAZINFORM の記事に、
Japanese Federation did their best to make Hanyu be sorry for what he had done.
『日本連盟は、ハニュウが、やってしまったことをすまないと思うようにするために、ベストを尽くした』と書かれているから、
フィギュアスケート界にこの認識が広まっているとすると、

チームブライアンもその立場を取らなくてはならない。


羽生くんが今どんな気持ちでいるかわからなくて心配だけど、


オーサーとハビは、羽生くんに精一杯の援護射撃をしてくれているのかもしれない、と私は思っています。








フィギュアスケートランキングへ