AmericanLife

・・・


テーマ:
仮面@KIDSトレーナークラス


仮面心理学@KIDSクラスを

伝えることができるようになる。



昨日は大阪クラスの2日目。

どうして、

トレーナーになろうと思ったのか。

受講に来てくれた方に

こんなことを、聞かせてもらいました。

+---+---+


仮面心理学を受講したとき、

実は、目の幅のパーツ内容

受け入れられなかったの、、と。彼女。



パーツの持つ特性の

真逆の自分だと信じていたし

その自分になろうとしてたし

その自分でなければ、と思っていた。


目の幅が狭い人の脳の特性


感情の反応速度が速いので

何にでもすぐに対応し、

迅速に行動できるの

それが、自分だと。



彼女は、お母さんにいつもこう、

言われていたのだそう。


【早くしなさい、

 早くしなさい、

  はやくっ!!!】

だから、いつも早くしなければならない、

早くしなければ嫌われる

早くしない子は、いい子でいれない。


そして、努力して、努力して

自分はできる!なんでも早くできる!

と、思い込んで生きてきたそう。


上司に言われたら、

お客様に言われたら

即座に行動して、対応する。

早くできるワタシ、を

キャッチにしてたくらい

自分の反応は素早いのだと

思っていたのだそうです。

やがて母になった彼女は

子どもののんびりな行動に

いつもいつも、

イライラするようになってた。


仮面心理学で、

感情反応の速度の差を知った時

あることに気づいた。


それは、自分の子どももまた

同じように反応速度がゆっくり目。


自分は、早くできるように努力してきた。

それなのに、

その特性のままで過ごす子どもを見て

【頑張ればできるのに、がんばってない!】

と、思う

子どもに対する感情があったのだ。と。




自分は、速度の差に苛立ってるのでなく

頑張らない子どもに、腹を立ててたんだ!


と、怒りの根源がわかったら、

肩の力が、ふっと抜けていったそうな。



そんなことに、

イライラしなくていいじゃん。

わたし、本当は

早くするのが得意じゃないのに

よく頑張ってるよね。



そして、ちゃんと

時間通りにできたときには

えらいね、わたし!と

自分を褒められるようになったとき

母の呪縛から、するりと抜けた。

と、心底感じられるようになったんですよ。

と、話してくれたのです。


+----+----+


仮面心理学に登場する様々なパーツ。


その、どれにも

いいとか、悪いとか、はないんです。

そのような脳の特性の傾向がある、


という事実。


それを【知る】ことが、何よりも大切。

自分の特性を【知る】ことで


自分が何にイライラしたり

何に、怖がっていたり

何を不安に思いすぎるのか。


人と違うのはなぜ?

あの人のようになりたい!


を、追い求めるのでなく

自分の特性は、どうすれば

心地よく付き合うことができるのか。


この特性をもって、何かをするとき


どんな活かし方をすれば


より、


コミュニケーションが円滑に進むのか。


違う脳の特性をシェアしながら


知って、体感して、覚えていく。


そんな時間なんです、入門クラスって。


脳の特性は変わらないんです。

だから、人は変わらない。


でも、活かし方を


変えることはできるのです。


変わらないけど、変えれる。



東京で、中村眞子が開催するのは、


年内最後の土日クラスになります。


よかったら、一緒にあなたの特性と

その活かし方、シェアしにいらっしゃいませんか。


・東京クラス 7月19日(日)20日(祝月)
≫場所:神田  時間:10時~17時
  ☆お申し込みはこちら

・大阪クラス 8月9日(日)16日(日)
≫ 場所:大阪・南森町 時間:10時半~17時半
  ☆お申し込みはこちら

・沖縄クラス 9月12日(土)13日(日)
≫ 場所:宜野湾市 時間10時~17時
  ☆お申し込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

中村眞子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります