涙の理由 Ⅱ

セラピーを通じて、



過去の体験や感情がココロの泉から



フツフツと再び湧いてくることがあります。



そしてクライエントさんが再びそれらに触ると、



「もうあの出来事は克服したと思っていました」



「もうすっかり忘れていた気持ちでした」



と語られる方が少なくありません。



当時抑えていた、あるいは抑えられていたことで、



ココロの深いところに長い間仕舞われていた



苦しかった気持ちや悲しみが



改めて感じられたのだと思います。



私自身セラピストとして



その瞬間に居合わせていつも感じることは、



クライエントさんご自身が自らのセラピストとして、



当時の自分の気持ちに



優しく寄り添っている姿です。



そしてその後に溢れ出てくる涙は、



決してその当時の悲しみを感じただけの涙ではなく、



「やっと分かってもらえた」



という癒しの涙でもあるようです。



そばに寄り添っている私には、



そんなクライエントさんの涙に接すると、



どこか美しく感じずにはいられず、



また涙がとても深いものであることを



改めて教えられる気がするのです。



多くの皆さまに癒しの輪が広がりますよう、ポチポチっとクリックのほど

            ご協力お願いしますm(_ _)m   


    にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ



  ヒプノセラピー催眠療法前世療法 )&心理カウンセリング

         「COCO×KARA」

  http://www.cocokara-happy.com/