セラピールームでは、


ココロの深いところにあるものに


意識を向けていただく必要があるセラピーに入る前には


お受けいただく皆さんにケータイの電源を切っていただくように


いつもお願いしております。


なぜならば、


ご相談者自身がココロの深いところに意識を向けつつあったのに、


セラピーの最中にケータイが鳴ることによって


突如ケータイの音に意識が方向転換してしまい、


ココロと向き合うことを妨げてしまうことがあるからです。


心理セラピスト 早見 慎のブログ


ご存知の通りケータイの負の影響については、


すでに様々なことが言われていますが、


そのなかでも小生がココロにとって最も悪影響であると


考えていることのひとつに、


ケータイが意識の中に突如として入り込んでくる


まさに“侵入者”であることが挙げられます。


セラピーに限らず、


私たちの仕事や生活のあらゆる場面で、


ケータイのスイッチが入った状態であれば、


いつでもどこでもいとも簡単に侵入することが可能です。


そのため、人と話をしていたり、何かに集中していても、


突然鳴るケータイの着信音によって遮られることはよくあります。


しかも自分のケータイに限らず、


他者のケータイによっても遮られます。


そしてもっと厄介なのは、ケータイのメールです。


「即レスしないと・・・」


「返信が遅いけど・・・」など


四六時中メールのことが気になってしまい、


イライラや不安を募らせてしまいます。


    心理セラピスト 早見 慎のブログ


そしてこの状態が常態化すると、


抑うつ気分や不安が強くなり、


やがてココロのバランスを崩すことにもなりかねません。


ケータイ依存症という言葉をたまに耳にすることがあります。


アルコール依存症など医学的に研究が進んでいる


他の依存症と比較すると、


その影響に関してはまだ未知数でありますが、


アルコールや薬物への依存と異なって


身体への目に見える影響もほとんどないことから、


どうも軽視されているような気がします。


これから研究が進み、


ココロへの影響が明らかになるにつれて


ケータイの使用方の指針のようなものが


将来的に出ることがあるかもしれませんが・・・。


小生自身もケータイのユーザーであり、


今ではその便利さゆえに手放せなくなりつつありますが、


ケータイによってココロが不安定になったり


不必要に脅かされることがないように、


自分なりにうまく付き合っていくことが大切だと


最近改めて思っています('-^*)/


ポチポチポチっとクリックのほど、是非ともご協力お願いしますm(_ _)m   

      にほんブログ村 健康ブログ ヒプノセラピーへ      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ

ヒプノセラピー催眠療法前世療法 )&心理カウンセリング   
         「COCO×KARA」

   http://www.cocokara-happy.com/




  http://www.cocokara-happy.com/