劇団「FLAP TRIP」は、今年4月に始まったばかりの児童劇団です。


劇団「FLAP TRIP」は、本気で「ものづくり」をする集団を目指しています。



能力や才能。もちろん関係あると思います。


練習なんて何もしなくても簡単に上手にできてしまう子もいる。


上手にできないから、皆の何倍も努力している子もいる。

でも、努力できることだって、りっぱな能力や才能です。


だから、そういう力のある子どもたちと、本気の「ものづくり」をしていきます。



そして、演劇づくりを通して、


自主的に


自分で決断をし


自立をしていく



そんな大人になってもらいたい。


3ヶ月 6回の稽古が終わり、

演劇や音楽、ダンスをすることが楽しいのかどうか?

自分でもわからなくなってきた子もいると思います。

はっきりと、苦手だ!嫌いだ!と思っても、もちろんいいんです。


外でサッカーをしているほうが楽しい子もいれば、

家でお絵かきをしているのが好きな子もいます。

人とおしゃべりをするのが得意な子もいる。



自主 自決 自立 するのは、

芸術活動を通して、演劇活動を通してでなければいけないわけじゃない。


もしかしたら、親御さんが

「この子は自己表現が苦手だから、劇団にでも入れれば変わるんじゃないかしら?」

と、お子さんの興味の有無にかかわらず、

半ば強引に入れてしまわれたかもしれない。


私たちも子育てしてきたから、親の気持ちもわかります。


それでも、子どもたちには、「自決」してもらいたい。


演劇には興味がないんだ。と思うならば、

別のことで力を発揮すればいい。


好きだけど、人より努力してまでやりたくないなら、

もっと自分の得意を見つけてもいい。



「本当はどうしたいのか?」


6/18の稽古では、

このことを、子どもたちに問いかけなくてはならない場面がありました。



自主的に

自分で決定して

自立していく



続ける決断、やめる決断。

どちらが良くて、どちらが悪い悪いわけじゃない。


人は現状維持を望む生き物だから、

続ける決断のほうがラクかもしれません。


どちらを選択したとしても、

悩んで自分で決めることができたという経験が、

次の一歩になると信じます。


カクテルホイップ

AD
舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”
Training based on“SUZUKI TRAINING METHOD” 詳細です。

◆講師の奥野氏をご紹介します。


奥野晃士(おくのあきひと)氏(SPACー静岡県芸術センター)
1994 年より大阪で劇団を主宰し、作・演出を手がける。
2000 年よりSPAC -静岡県舞台芸術センターで活動開始。

主な出演作品に、鈴木忠志演出『イワーノフ』(イワーノフ役)、...
城聰演出『夜叉ヶ池』(山沢学円役)など。

またNoism 金森穣演出振付の劇的舞踊『カルメン』(旅の学者・メリメ役)や、
Noism 0(ゼロ)への参加で、舞踊と演劇のジャンルを超えた新たな取り組みへの出演で

も注目を集める。

さらに「リーディング・カフェ」
「ふじのくに歴史演談」
「動読(どうどく)」
「舞語り」など、
自ら立案した新企画も好評。

2014 年よりスイスに移住し、舞台演出、出演の他、
公立大学の演劇講師としても高く評価される。

2015 年より
「街援隊(がいえんたい)アート・ムーブ」の活動を始動。
街と演劇の結びつきについて新たな境地を目指している。

◆スズキ・トレーニング・メソッドって?
モスクワ芸術座やニューヨークのジュリアード音楽院など
世界各国の劇団や学校で学ばれている演劇訓練法。

鈴木忠志氏が、戯曲のせりふや演劇的シチュエーションを
身体感覚で裏付けることの重要性を説き編み出した。

独自の俳優訓練法から創られるその舞台は
世界の多くの演劇人に影響を与えている。

************************

表現者が舞台に立った時の存在感に大きくか関わる、身体のエネルギー
舞台に立つパフォーマー、また表現者でなくても、人前に立つ方は、
必ず身につけたい技術だと思います。

奥野氏は、スイスの有名演劇大学で、
日本を代表する演出家鈴木忠志によって考案された『スズキ・トレーニング・メソッド』をベースにしたワークショップを行い、日本の武道の心身統一法と、インプロビゼーションの実戦的ゲームを用いて表現者の技能の向上に役立てて来られました。

お集まりいただいた参加者の皆様にあわせながら、これに準じた内容になるでしょう。
お申し込みも、早速いただいています。
どうぞ、お早目にお申し込みください。
申し込みフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S22227295/

カクテルホイップ


AD
舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”
Training based on“SUZUKI TRAINING METHOD”


奥野晃士氏による

舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”~Training based onSUZUKI TRAINING METHOD"~

を開催します。


俳優やパフォーマーの間では、

とても有名なメソッドですが、

関西では、なかなか体験することができません。

ご縁があり、大阪で開催させていただくことになりました。



表現者が舞台に立つ時の“存在感”を増す為に重要な、身体のエネルギーを高めることを第一の目的としています。



無駄のない的確な身体情報を発信することで、

よりリアルなメッセージを観客に届けるスキルの習得を目指します。



俳優やクラウン、パントマイマー、大道芸、アクロバット、ダンサーなどパフォーマーの皆様に、

ぜひ御体験いただきたいワークショップです。



舞台俳優に学ぶ“存在感のある身体”
Training based on“SUZUKI TRAINING METHOD” 詳細

【日時】2016年7月10日(日)

①入門A 9:45~12:45

②入門B 13:45~16:45

※入門Bは、参加者に応じて、ステップアップした内容となります。



【会場】弁天町ORC200生涯学習センタ- スタジオ

大阪市港区弁天1-2-2-700(オーク200ビル内2番街7階)
JR・地下鉄中央線「弁天町」下車


【参加費】1コマ5,000円 2コマ9,000円



【講師】 奥野晃士(おくのあきひと)氏
(SPACー静岡県芸術センター)

【持ち物】 動きやすい服装 半ズボン(またはスパッツ) 足袋(たび)



【申し込み】

https://ws.formzu.net/fgen/S22227295/



初心者からパフォーマーの方まで、

参加者に応じてステップアップしていただきます。



次回は、9月25日(日)

ぜひ、継続してご参加ください。

詳細をこちらに載せています。







http://ameblo.jp/cocktail-whip/entry-12169820131.html






AD

8月21日(日)に、若江岩田駅前にある複合施設で開催される
「希来里まつり」に出演することになりました。


演劇だけでなく、歌やダンス、パフォーマンスでイベント出演の場を持ち、

人前で表現することについて体験で学んでもらいます。


昨年、読み聞かせ講座でお世話になった男女共同参画センターイコーラムさんに、
無理を承知でお願いしてみたところ、調整をしてくださり出演できることとなりました。


希来里まつりでは約20人で、

歌を歌わせていただくことになると思います。


ちなみに、しつこく、フラトリHPの宣伝を挟んでみました。

児童劇団「FLAP TRIP」のホームページ


さて、稽古は【第5回】

少しずつ、日ごろの過ごし方での差が見え始めてきた気がします。


毎回、家で覚えることがあるし、

習ったことの復習もしなきゃいけないし、

ノートも書かなくっちゃ!


忙しい中で、しっかり取り組んでくれている子もいます。

うれしいですね。


今回は、歌唱指導のペコ先生が、ご自身のオペラの舞台の関係でお休みされました。

なので、発声練習は、しんどい腹筋しながらの声出しだけをやってもらいました。


インプロでも、ドキドキしながら、仲間と繋がれるようになってきた…かな?


ダンスでは、初めてターンの練習。


そして、ジャグリングの練習も始めました。

10月の本番では、全員に3つボールのカスケードをやってもらう予定です。


なんで、ジャグリング?って思われるかもしれませんが、

こんなにメンタルに直結した出し物はないって思います。


あんなに練習して、完璧だと思っていても、

お客さんの視線を感じた瞬間、全然冷静でいられなくなって

ぼろぼろに落とし失敗してしまったりします。


私たちも、一度失敗したら舞い上がってしまい、

そのまま最後まで立ち直れず!なんてことも。


どの練習も色んな効果や狙いがありますが、
まぁ、それは、おいおいと。


ボールを借りて帰った子どもたちは、

家で練習してるかなぁ?


カクテルホイップ

7月第1火曜日に開催

カクテルホイップの定期ワークショップ


「インプロにおいでよ!@芸創」


場所:大阪芸術創造館
http://www.artcomplex.net/art-space/map.html


昼15:00~18:00

夜19:00~22:00


料金:1コマ¥3000 同日2コマ¥5000


講師:伽羅(キャラ)即興演劇集団フリーフライツ!!座長


テレビやラジオに多く出演しながら各地の市民芸術祭における作品づくり、
演出、客演のほか、小中学校での国語授業での言語表現の実演も行う。

また、地域や大学でのインプロワークショップ講師を数多くつとめるなど、

日本を代表するインプロバイザー


お申し込み
https://ws.formzu.net/dist/S79772022/

(申し込みフォームが新しくなりました)


6月7日(第一火曜日に変更)


ご参加をお待ちしています。


カクテルホイップ