6月1日(木)10-15時in渋谷キャスト

起業ママ・講師業ママ限定イベントを開催しますよ!

http://tomoe.life/11357

***********************

 

5月だというのに30度を超える真夏日。

企業研修、マナー研修などを手掛ける会社さん主催の、「店舗調査説明会」に参加しました。

店舗調査は年間1万店舗超。

全国の主婦の皆さんと一緒に頑張っています!

 

店舗調査はお子様連れでできる仕事、出来る時に、出来る範囲でできる仕事で、主婦目線が活かされる仕事です。

 

1店舗あたり1時間(実地調査、レポート作成)以上かかることもあり、決して簡単なお仕事ではありません。

私たちの調査をもとに、研修会社がレポートをまとめ、店舗の接客改善のための指導を行います。

 

日ごろお買い物をするショッピングセンター(SC)やお店屋さんの接客が良くなれば、そこで生活する人たちの笑顔が増えますよね。

接客がよくなれば売り上げもきっと上がって店舗にとっても良い効果が期待できます。

 

やりがいを感じながら店舗調査のお仕事をさせていただいていますが・・・

店舗やSCにとって役に立つレポートを作るのはとても大変です。

 

調査を担当してくれる全国の主婦のみなさんも頑張ってくれていますが、調査を担当した方のレポートを店舗やSCに提出できるレベルの内容に、尚且つ1000店舗を超えるSCもあるので、統一性を持たせた表記にするためには、「校正」のチカラは欠かせません。

 

・てにおはチェック

・誤字脱字チェック

 

はもちろん

 

店舗(店長さん)、ショッピングセンターの方、コンサルタント(研修会社の方)が知りたい情報を効率よく的確にお伝えすることが求められます。

 

そして、多い時は1日に数十件のレポートを校正する必要もあり・・「校正」担当のスタッフはとても大変です。

 

コッコトでは、在宅スタッフが校正業務を担ってくれています。

ほんとに「火事場の馬鹿力」を、しょっちゅう発揮してもらっていて・・感謝、感謝です。

 

品川で開催された「店舗調査説明会」に2人の校正担当スタッフと、進行管理を担当する人材会社の社員さんと私で参加しました。

 

普段会う事のない4人が、(戦友?!)顔を合わせ、嬉しいやら、感謝の気持ちを伝えなきゃだは・・会話が止まりません^^v

 

1つのお仕事でも、たくさんの工程があり、工程ごとに担当者が真剣に取り組んでくれることでお客様に納めることができます。

 

店舗説明会の前に、ランチしました^^!

 

 

 

AD

2017年3月11日。
東日本大震災からまる6年が経ちました。

犠牲となった方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

いまなお行方不明の方、家族を探している方、悲しみの深いところで苦しんでいる方、原発で故郷失い喪失感につつまれながら生活している方が、心穏やかに生活できる日が来ることをお祈りします。

 

*****

日々の忙しさの中で、東日本大震災と福島原発事故で今なお苦しんでおられる方々を想う気持ちが薄れていました。

 

当事者だったら決して薄れることのない悲しみ。

 

私は、とにかく仕事を、プロジェクトを継続させるために必死・・

でも必死で、忙しく、当事者の事を忘れてしまう・・

 

自戒の念。

今日はあらためてプロジェクトの意味や今後の事、自分の生き方、家族の事を考える日にしたいと思います。

 

PowerWomenプロジェクトは、悲しみにくれる人の気持ちを前に向かせて、1歩でも2歩でも、時間がかかっても前進してほしいと、「子育てしながら働きつづけること」の大切さを伝え、「働き方の開拓と推進」のために立ち上がったプロジェクトです。

 

◆まもなくパワーウーマンプロジェクト発足から6年◆

私たちは、どんな災害、事故、環境にも負けずに、「働き続けられる」強さとしなやかさを女性に持ってもらいたいと願っています。

「働くこと」は「生きること」

震災後「自ら命を絶った人」がたくさんいます。
その「命」を守る事ができたのは「誰でもどんな環境でも働きつづけられる社会」だと考えています。

 

◆ママのフェスタ 働き方見本市in恵比寿ガーデンホール開催◆

発足から6年が経ち、社会情勢、育児スタイルも変化し、ママを取り巻く環境も変わってきたように思います。
そこで、原点である「ママの働き方の多様性を考える」にもう一度立ち返り、女性の生き方、働き方をもう一度考える機会を提案するため「ママのフェスタ 働き方見本市」を開催することになりました。

 

---------------------------------------
日時:2017年11月15日(水)10:00-15:30
会場:恵比寿ガーデンホール
---------------------------------------

 

詳細は、こちらをご覧ください。
【ママのフェスタ 働き方見本市開催のお知らせ】

 

【笑顔で働きたいママのフェスタ(公式)FBサイト】
東京◇ https://www.facebook.com/tokyofesta/
神奈川◇ https://www.facebook.com/kanagawamama/
埼玉◇ https://www.facebook.com/saitamafesta/
千葉◇ https://www.facebook.com/egao.festa/


◆笑顔で働きたいママのフェスタin大阪・仙台◆

大阪出展説明会
大阪フェスタFaceBookページ:https://www.facebook.com/mamafes.osaka/

 

仙台出展説明会
仙台フェスタFaceBookページ:https://www.facebook.com/emafes.sendai/


◆各地でママのためのイベントやセミナー、勉強会を開催◆

数名規模から多数のイベントやセミナー、勉強会を各地で開催しています。
主催は各地の「わたしらしく働く女性」PowerWomenです。

イベント情報:
http://tomoe.life/category/event

 

・3月13日(月)西宮、赤羽【マネーセミナー・交流会】
・3月14日(火)大阪【マネーセミナー・起業助成金勉強会】
・3月22日(水)【ママのためのタブレット家庭学習勉強会】


・満員御礼【こども想いのくつえらび勉強会】http://tomoe.life/shoes-study

などなど、PowerWomenプロジェクトは全国を駆け巡っています。


------------------------------
今日から1年を大切に過ごしていきたいと思います。

 

PowerWomenプロジェクト代表 宮本直美


 

AD
ちょっとだけ起業とかフリーランスという働き方に興味がある。
でも何からはじめていいのか、どうすればいいかわからない・・。
赤ちゃんを抱っこしながら、悶々。
そんなママはとっても多い。
 
勉強して分かるものでもなく、実際に「自分らしい働き方」を実現している人を見る、話す、感じることがイチバンではないかと思います。
だから・・Powerwomenプロジェクトは「お子様連れ歓迎」でちゃんとした講師をお招きして、素敵な起業ママが参加しているPowerWomen交流会を全国で開催しています。
 
・赤ちゃん、お子様連れ歓迎
・無料セミナー
・交流会付
 
私が企画するイベントはできるだけママ想い。
 
そして、何をするにもまず考えて欲しい「お金の事」
信頼できるファイナンシャルプランナーの講師をお招きしてお金の話をしていただきます。
 
今回はPowerWomen的お金の増やし方。
 
働く=お金が増える ではありません。
 
少し収入が増えても、多くの人がそれ以上に使ってしまい残念な結果に。
 
働く=自分の(笑顔の)ため
お金を増やす=プロと一緒に対策を打つ
 
お子さんが大きくなるころには、時間もお金も自由になる。
 
そんな子育て期(10-20年)を過ごしませんか?
 
----------------------------------
2017年は、私ももう1度全国行脚して、可愛い赤ちゃんとママたちに会いに行きます。
ちょっとだけ背中を押して、勇気を出してもらうのが私のお仕事。
 
ママが何かに夢中になる姿は、子どもたちもきっと喜んでくれる。
恐れないで、やりたいことを見つけ、1歩踏み出してほしい。
 
そんな気持ちを込めて企画しているセミナー

【PowerWomen交流会in表参道】マネーセミナー&プロフィール写真撮影付

 

宝石赤イベント概要宝石赤

日時

2017年1月30日(月)

10:30-13:00 (受付開始10:15)

会場

レンタルスペースhanami 表参道

東京都渋谷区神宮前5-3-8

AF Lohas St. Bldg 2F

料金

PowerWomen登録者:無料

 一般:1,000円(当日払い)

 
 
この人に撮ってもらえばきっと私らしい素敵なプロフィール写真が!
 
交流タイムは思い切り笑って、しゃべる!
アウトプットして、言霊に!
 
そう、いつもおしゃべり止まらないので、最後は一本締め(笑)
 
【PowerWomen交流会in表参道】マネーセミナー&プロフィール写真撮影付
 
お申込みはこちら:https://ws.formzu.net/fgen/S43076803/
 
 

 

宝石赤イベント・お仕事情報はこちらから宝石赤

働くママをもっと笑顔に。Webメディア【ともえ】

 

 

AD

「家庭学習」の習慣を。

小学校4年生になった息子が小学校からもらってくるプリントに、毎月書かれているキーワード。

「宿題は」、「勉強は」、「明日の準備は」、「片付けなさい」

この4つの言葉が私の口癖。

 

そしてこの言葉にアレルギーをもつ息子。

 

「家庭学習」の習慣なんて、、遠い。夢。

 

妹は、来年小学校にあがる年長さん^^!

こちらはママの言う事をきちんときく、要領のよい子。

それは家庭学習のシーンでもよくわかります。

 

-----------------

スマイルゼミ

-----------------

息子のためを思って契約したスマイルゼミ。

せっかくなので一緒に契約した娘のスマイルゼミ。

 

頑張っているのは圧倒的に娘。

 

 

スマイルゼミは満点を取ると★がもらえて、★を集めると親に(オンラインで)報告して「ゲーム」をやらせてもらいます。

がんばったご褒美がすぐもらえるので、やる気がでるようです。

他にも、「カードがもらえる」のが兄妹ともにとっても嬉しいようです。

 

息子。。。娘が貯めた★で、、ゲームをやっていました。

娘、、、「★たまったよ」と兄にゲームをやらせてあげていました。

 

。。。

 

呆れます。

 

。。。

 

学習の習慣は勉強が難しくなる前(小2くらい?)までにつけないといけないのかもしれません。(後悔の念・・)

 

娘は年長さんですが、スマイルゼミは問題を読み上げてくれたり、パットにタッチペンで書いた数字や平仮名をきちんを判別してくれるので、親がつきっきりで教えなくても、学習を進められるところがミラクル!

 

タブレットはアンドロイド、タッチペンは・・特性のタッチペンで、消しゴム機能付きで間違っても、やり直すのがラクラク。

 

スマイルゼミについてはまたレポートしようと思いますので、今日はこの辺で。

 

うちもスマイルゼミにチャレンジしたい!という方はこちらのURLからお申し込みくださいね。

 

宮本直美からの紹介

 

紹介者のメールアドレス(n-miyamoto★coccoto.jp ★を@に変えてね^^!)を入力するとお申込者に1000円の商品券が贈呈されまーす☆

 

------------------------

学研ゼミ

------------------------

学研ゼミも息子にお勧めしてみました。

学研ゼミのよいところは手持ちのPCやタブレットPCでドリルやり放題!

 

とにかく問題をくりかえし、くりかえし解いて、反復練習していく感じです。

ドリルが小学校全学年(?)解き放題。

月間500円の利用料というコスパが素晴らしい。

 

 

ただ、、うちの息子の場合・・目を離すと・・ゲームをやっている・・論外。

 

習い事の送り迎えのちょっとした隙間時間にチャッと問題を解いてみる・・という使い方をしたり。

 

あの手この手で勉強に向き合う時間をつくろうとしていますが、手遅れなんでしょうか。

 

息子よ、勉強は楽しいんだよー。

考える力は、楽しい人生を切り開くんだよー。

 

息子の耳にママの声が届くことを祈ります。。。

 

娘の家庭学習の習慣ははなまる!

息子は・・様子見です!

 

宝石赤イベント・お仕事情報はこちらから宝石赤

働くママをもっと笑顔に。Webメディア【ともえ】

 

 

みなさんこんにちは^^

2017年の第1週目が終わっちゃうー☆

やるべきこと終わっているかな・・汗。

 

来週からは本格的にPowerWomenプロジェクトの2017年イベントがスタートします。

今年は700回を超えるイベントが行われるから、やり切れるか、もちろん不安はあります。

 

でも、私がイベント、特に起業ママの交流会(PowerWomen交流会)を開催するのには、理由やきっかけがあるのです。

 

だから、それを思い出しては、「がんばろー」と気持ちを整えています。

 

------------2017年1月のPowerWomen交流会-----------

PowerWomen交流会☆1月は5開催(池袋/船橋/梅田/三宮/大宮/表参道) プロフィール写真撮影付やランチ会付も多いので探していってみて下さいね^^ただしー、特典付きの会は「お金の勉強」もしっかりしていただきますー☆「PowerWomen的お金の増やし方」を人気ファイナンシャルプランナーをお招きして講演いただきますので!しっかり気持ちを引きしめる1月にいたしましょう〜☆2017年はじまってるよー!with気合
-------------------------------------------

 

私も10年前はそうでした。

子育てや家庭の運営を頑張ろう!と思って会社を辞め、毎日おうちで「やるべき事」をやるとあっという間に日が暮れる。

 

なんだか忙しいのだけど、家事や育児にはゴールが無い^^;

やってもやっても、もっともっと「やるべき事」がでてくる。

 

仕事は楽しかったなー、頑張れば成果が出て、評価されて。

また頑張ろう、と思えるタイミングがあって頑張れた。

 

・・・また働きたい・・・

 

そう願っても、赤ちゃんやましてや小さな子どもが2人以上いたら、なかなな会社勤めは難しい。

どんどん環境や制度は整っているけれど、家庭の現場はけっこう厳しい。

 

・・・そんな時、楽天家の私はこう考えました・・・

 

そうだ、主婦という立場を活用して、何かにチャレンジしよう!

仕事は自宅でやりたい!

おうちで働ければ、家庭の事も出来て、私の願いがかなう。

 

何か私にできる仕事は無いかなー。

 

・・・無い^^;・・・

 

な、無い!

けっこう無いな・・。

 

とはいえ、何かやりたかったので

会社員時代経理職だった私は、自宅で「記帳代行」というお仕事をスタートさせました。

 

そして、スタートさせても仕事は・・・

なかなかありませんでした・・・

 

 

・・・そこから9年、社員や事業に共感してくれる人たちの支えで・・・

 

全国規模のプロジェクトを運営できています。

「ママが自然体で働ける環境をつくりたい」の想いではじめ、1歩1歩前に進むことが出来ています。

 

・・・何が私を支えてくれたのか・・・

 

それは1歩踏み出す前、踏み出したばかり時の「ママ友」の存在。

「直美さんの考えに共感する」「頑張ってほしい!応援する」

 

お仕事も手伝ってくれました。

 

今はみんなそれぞれの人生を歩いているけど、当時は一生懸命がんばってくれた。

 

・・・事業をスタートして2-3年すると・・・

 

いろいろな種を撒いて、少しずつ収穫する時になり、忙しくなる。

成果が見えるとそこからは頑張れる!

 

収穫ができるまでは、心が折れそうになることが多かった。

「何やってんだろー・・」と。

 

この最初の「1歩踏み出す」前後を応援してくれる人の存在って本当に大切。

 

・・・だから、起業前と起業後の女性が交流できる会を開きます・・・

 

PowerWomen交流会

1月は6開催、2月以降も各地で開催するよ!

 

働くママをもっと笑顔に。Webメディア【ともえ】PowerWomen交流会

 

 

 

・・・ママ起業、おうち起業の先輩の体験は目からウロコ・・・

 

おうちサロンの先輩2人のお話を聞いた時のPowerWomen交流会のレポート

 

【PowerWomen交流会レポ】サロン主宰者のバイブル!先輩たちの経験談

 

 

 

宝石赤イベント・お仕事情報はこちらから宝石赤

働くママをもっと笑顔に。Webメディア【ともえ】

 

 

PowerWomenプロジェクト代表の宮本直美です^^

子どもが小さくて、ママのそばにいてくれる時間は限りがあります。

そう頭では分かっていても、毎日毎日生活を共にしていると、子どもたちとの時間が窮屈に思えることも。

 

そんな時、「ちょっとだけ働く」と何故かスッキリします。

PowerWomenプロジェクトを運営する株式会社コッコトでは在宅でできるお仕事の紹介をしています。

 

お仕事情報

 

登録しているスタッフからは

・子どもたちとの時間がより大切に感じられるようになった

・子どもたちと積極的に遊び、仕事の時間を生み出すようしていて、生活にメリハリがうまれた

など、子育てに前向きな感想をいただいています。

 

1日1時間だけ、とか、1ヶ月に2-3日、といった具合に自分が「働くぞ!」と思った時だけ働くのです。

 

ワーク・ライフバランスという言葉が定着していて、社会が大きく変わっているここ数年。

働き方がスマートになれば、男女ともに家庭で過ごす時間が増え、幸福度があがりますよね。

そういう日本になっていくことを嬉しく思います。

 

ただ、私がコッコトやPowerWomenプロジェクトを通じて広げたい働き方は「プライベートがメイン」の働き方です。

 

お仕事はいろいろありますが、「店舗調査」は在宅ワーク初心者にとっていいお仕事かもしれません。

 

 

飲食店の調査の場合、一番安いメニュー1人分だけが「購入費」として精算できますが、私は子供連れで行きます。

 

1人で調査する時には気づかないような事も、子どもと行くと気が付きます。

 

それと、子どもと一緒だと時間がかかるので、その時間で定員さんと必然的にコミュニケーションが生まれ、調査がしやすかったり。

 

ただ、難点は・・・

調査でいただく収入より、出費が増える可能性があること。

 

それを取り返す(ぜったいにプラスにしたいですもんね)子どもたちが学校や保育園に行っている時間帯に、1人で調査にいって店舗数をこなししっかり報酬をいただきます。

 

 

調査票に報告を入力する時間がかかり、簡単な仕事ではありませんが子どもとの時間を楽しみつつ、子ども連れの客への対応を報告したいという想いがあります。特にショッピングモールなら、ファミリー、シニア層に優しいお店づくりを心掛けていただきたいのです。

 

どんな仕事にも・・

仕事に自分なりの「想い」や「意義」をもつ

 

これが仕事を継続できるコツかな、と思っています。

 

子どもたちとの生活と仕事が一体化できる働き方をたくさん紹介していきたいと、これからも頑張っていきます。

 

 

 

宝石赤イベント・お仕事情報はこちらから宝石赤

働くママをもっと笑顔に。Webメディア【ともえ】

年末から朝・昼・夜のお茶碗(お鍋も全部)洗ってくれる子ども達。

(お駄賃やお年玉効果もありますが・・)

とーってもおりこうさんおねがい

 

こんなにおりこうさんになったのは、年末。

ママはお疲れ気味でイライライ・ライライラしてましたので。

 

9歳息子に・・「もー、ママは、命の母 イージョーザイ 買いなよ!」と言われるしまつ(汗)

6歳娘・・「ママ、母の命、買ってあげようかー」(コワイ)

ママ・・「もう、くったくただから、しばらく静かにして!片付けでもしてて!(怒)」

 

ゴロゴローっとしていましたら、兄妹でキッチンをキレイにしてくれました。

・夜は、子どもたちと手作りスゴロクをつくって、遊ぶ。

 「スクワット50回もしくは腹筋20回」・・とかいう目がやたら多い。

・週末は公園で野球とかスケボーとか・・走り回る系の遊び。

 

もうすぐ41歳だし・・疲れていいですよね。

 

私、子どもとちゃんと遊びすぎて疲れちゃっているのかも(汗)と、反省しつつ・・・

キッチンがとってもキレイになって感激お願い

 

つい、お駄賃100円(兄妹で100円)あげましたところ・・

お駄賃をためてパパに(あ、夫婦は離婚していますが・・パパと子どもたちは愛し合っております)誕生日プレゼントを買ってあげる!と張り切って、それから毎日続いています。

 

さてさて・・・

内閣府が発表した「男女共同参画社会に関する世論調査」によると

「出産後も働きたい」という女性が初めて5割を超えたという一方で、「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」という考えに「賛成」が40.6%。これでも前回調査より4ポイント下がりました。

 

こういう考えの人が、まだまだこんなにいるんだなー、と。

ちょっとびっくり。

働きたい人が働いて、子どもは多くの人の手で育てるのも良いと思うんですけどね。

 

人それぞれでいいんじゃないの・・・、と。

窮屈ーっ。くるしー。

日本人のこの感覚が、窮屈な生き方に繋がっているように感じてなりません。

 

は外で働き、が家庭を守るべきだ」なんて言われたら私、猛反発しちゃいます。

家庭を守るために外で働くんだー、両方やりたいー、と。

 

「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と言われて、男性は正直どう思ってるのでしょう^^;

 

私の周りは専業主婦家庭が多く、みんな家庭の中や地域でいろいろありながらも、一生懸命健康な家庭を運営しているなー、と心から感心しているので、専業主婦家庭もとっても良いと思っています。

 

ただ・・私は会社員時代から感じているのですが、男性会社員の半分くらいは、もっと妻とコミュニケーションをとり、もっと家庭にいる時間を増やしたいと願っているんじゃないかと。

 

家庭(日々の生活、子育て、介護・・)には、人を元気にする力があるし、家庭をちゃんと考えていない人が、商品やサービスを考えたっていいものできっこないし。

 

もっとみんなが家庭を真ん中に考えて、やれる人がやれることを精一杯やって、仕事も家庭も回していくという考えで良いんじゃないかな・・。

 

とはいえ、ガンガンに働いて日本を、世界を変えていくっ、「家庭の運営は任せたー!仕事に集中したい!」という人がいないと困っちゃいますね。でもそういう人が男性である必要はなく、女性でもガンガン働いて「家庭は夫に任せますー」という人が普通にいて良いな、と。

 

とにかく、働き方は100人100色あっていい、家庭のカタチも100世帯100色あっていいんじゃないでしょうか。

 

なんて、時間があると・・いろいろ考えちゃいますね。

 

明日は子どもたちと、どこ行こうー。

楽しみー。

 

お正月休みも残りわずか・・・

いいスタートになりますように。

 

宝石赤イベント・お仕事情報はこちらから宝石赤

働くママをもっと笑顔に。Webメディア【ともえ】

 

2017年がスタートしました!

今年は全国で700を超えるイベントを企画しています。

全国津々浦々、できるだけ私も足を運んでママたちに会いに行きたいと思います❤

 

可愛いママや赤ちゃん、子どもたちとお話する事が楽しみです。

何が楽しみって・・

「参加して良かった!」「勇気出ました!」「私もやりたい事を今日からはじめてみます!」と言ってもらうこと。

 

そして久しぶりに会ったママから、「あの日から人生が変わりました!」と言ってもらい、「だれだっけ?」と言っちゃいそうになるほど、別人のようなキラッキラッした目を見せてもらうこと。

 

 

天職をいただいていることに感謝。

神様も、ご先祖様もありがとう!

 

  • 全国の登録スタッフのみなさん
  • 全国のPowerWomenさん
  • コッコト並びにPowerwomenプロジェクトを応援いただいている取引先のみなさま
  • おうちオフィスに通ってくれている優しくて思いやりのあるスタッフたち

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

Powerwomenプロジェクト代表宮本直美

(株式会社コッコト代表取締役)

2017年元旦

 

宝石赤イベント・お仕事情報はこちらから宝石赤

働くママをもっと笑顔に。Webメディア【ともえ】

 

2016年の総括

テーマ:

今年ものこり10時間あまり。

今年もみなさまに支えられた1年、感謝の気持ちでいっぱいです。

 

1年を総括します。

私を表す2016年の漢字は・・と考えました。

 

 

自分を戒めを込めて、この漢字を選びました。

 

自分の間違いを認め、リセットするべく一度すべてを「捨」る。

その覚悟をもったおかげで、PowerWomenプロジェクト代表として、コッコト代表取締役として、ママとして何とか年末を迎えることが出来ました。

 

たくさんの方にご迷惑をおかけし、また助けていただいた1年でした。

2016年を振り返ると・・

2月

・【笑顔で働きたいママのフェスタ】プロデューサー会議

 2016年10開催スタート

3月

・ママ起業家大学さんと一緒に、起業ママイベント【MIRAI】を開催

 動画共同制作 「やっちゃえ、私。」女性起業家100人、5年後の自分へのコミット

・スタッフの利用が無くなり、6年つづけた事業所内保育室【コッコト保育室】閉園

・北与野オフィス閉鎖

4月

・自治会区長・班長当番終了、小学校PTA役員終了(笑)

・組織変更、希望退職者の募集

5月

・大宮オフィス全面貸し会議室化

・執務場所を東大成オフィスへ移転

8月

・営業第8期決算(少しですが経常利益を計上)

9月

・営業第9期スタート

11月

・月間売上、利益過去最高計上

・交流会、セミナー2016年100開催達成

12月

・【笑顔で働きたいママのフェスタ】年間10開催を盛会のうちに終了

仙台|船橋|浦和|さいたま新都心|青山|飯田橋|あざみ野|名古屋|大阪|兵庫

 

特に5月、コッコトを一生懸命支えてくれていた社員・パート社員8名に退職してもらったことは、断腸の思いで、本当に申し訳のないことでした。私にとっても「ママが働きやすい会社」のモデルをつくりたいと頑張った8年間を全て失ったような気持ちでした。

 

しかしながら、私は「ママが自然体で働ける社会を、仕組みをつくる」という原点に立ち返り、そこに集中すると決めました。

 

・赤ちゃんを育てながら自宅で少しだけ働ける仕組み

・起業、フリーランスで活動している女性が活動をつづけやすい環境をつくる

 

そして、私もコッコトをはじめた時のように「おうち」オフィスに戻ります。

でも当時と大きく違うのは、ありがたいことに、何人かのスタッフがいてくれること。

期待してくれている企業やお仕事がたくさんあること!

そのお仕事は、今までコッコトやPowerwomenプロジェクトにかかわってくれた全ての人たちのおかげ。心から、深く深く感謝。

 

そして子どもたちは少し成長して、親の手を必要としない時間が増えています。

 

2017年はもうすぐ。

全国のパートナーのみなさんと、PowerWomenさんと、在宅ワーカー(登録スタッフ)さんと一緒に、力をお借りしながら、しっかりと仕事をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

みなさまにとりましてより良い年になりますようにお祈り申し上げます。

 

 

----------------------------------------------

〒331-0814 埼玉県さいたま市北区東大成町2-176-1

株式会社コッコト

TEL:070-6517-8053

FAX:050-3737-0370

Mail:info@coccoto.jp

HP:http://coccoto.jp/

働くママをもっと笑顔に。Webメディア「ともえ」:http://tomoe.life/

前向きに人生をenjoyしている女性のサイト:http://powerwomen.jp/