トマトの冒険【新潟 トマト行政書士事務所】

新潟市の女性行政書士(兼デザイナー?)菊地です。
2014年4月に「トマト行政書士事務所」を開業しました。
仕事を通じて・仕事以外からも、勉強したことや日々のことを、丁寧に書いていきたいと思います。


テーマ:

ブログ移転のお知らせです。

このブログ「トマトの冒険」は、試験勉強から開業に至るまでを書いてきたわけですが、そろそろ仕事が立て込んできまして、「ブログぐらいは冒険しないでゆるく書きたい」などと思い始めました。

業務内容については、各専門サイトに移管して、さて残りはどうしようかなー…と思ったときに、残りものは一個ブログを立ち上げたほうがいいんじゃないか、と。
行政書士のブログと銘打っているこの「トマトの冒険」はキーワードが「行政書士」でいらっしゃる人もおられるので、業務以外ばっかり書いている現状はイカンのじゃないかと。

そんなわけでお引越しです。トマトのそとがわ



【相談会のご案内】
保健師さんがいらっしゃるので、お子様連れ歓迎無料相談会

相談内容:相続、遺言、離婚
日時:2016年2月29日 月曜日 13時~15時
場所:NPO法人はっぴぃmama応援団(新潟市西区赤塚17番地)

詳細はこちら!トマトのWEBサイト内 無料相談会ページ
※相談料は無料ですが、施設利用料として1組500円(会員様は300円)をお願いいたします。


【主な業務のご案内】
・補助金申請、助成金申請、融資支援
・株式会社、NPO法人、一般社団法人設立
・相続手続き、遺言書作成についてのご相談
・契約書作成
・離婚協議書作成
・ビザ、帰化、在留資格についてのご相談


トマト行政書士事務所
〒950-0951 新潟県新潟市中央区鳥屋野2-4-16 フロンティア2-B
TEL 025-278-8680(平日9~17時)
E-mail info@tomato-office.net
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、とあるご相談をいただいた。
とある女性からの相談で、子どもが複数いらっしゃる。

もちろん、ご相談の内容はここには書かない。

ただ、自己否定が多いのが非常に気になった。
家事が中途半端でダメだとか。
その他いろいろ。
なんだか、子育てについて、どうもあれこれおっしゃる方がいるようだ。

…と、こう書くと、「あ、私のことかな」と思う人が、たぶんけっこうたくさんいらっしゃると思う。
実は、私のところへ来る相談は、相談に付随して子育ての悩みというか愚痴をこぼされるかたがけっこう大勢いらっしゃって、自己否定が多い人がとっても多い。
だから、今日書く話は「あなた」の話ではなくて、たくさん寄せられるご相談から思ったことを書いているだけなのでご安心を。

さて。

その中途半端らしい家事の内容を聞くと、
「あなたが中途半端なら、私は全然やっていないに等しいんですけど…」
っていうぐらい、少なくとも私よりは、しっかり家事をしているように思える。

では、私は自分の家事をどう評価しているかというと、
「かなりマメ」
「ヨシヨシ、けっこうしっかりやってる」
「仕事も家事もここまでできるなんて、もしかして私って天才かもしれない」
っていうぐらいに思っている。
口には出さないけど、内心、そんな具合に思っていたりする。

いや、たまに口にも出している。

たまに家事せず家庭内環境が崩壊しているときは、「まぁしょうがないよねー、仕事忙しいし!」と考えていて、決して「私はダメだなぁ」とは思わない(たまに思うべきかもしれない)。
モノが積みあがっていて荷崩れすると下敷きになって死ぬ!っていう環境であれば別だろうけど、多少、掃除が滞っても、なんとかなるさ。



なぜ自己評価を低くするのか?
恐らく…みんな「いい子」に育ったからじゃないのか、と思う。
親や周りの言うことをよく聞く良い子だからじゃないのか?

そのまんま親になって、子育てしているからじゃないのか。

正解が無くて、自分にもそれなりに経験がある事を、ヒトは何かとアドバイスしたがるように思う。
1+1の結果についてアドバイスしたがるヒトはあまり居ない。
誰もが1+1という計算をしたことがあっても、正解が目に見えるから、そんなに興味を持ってもらえないのだ。
(本当は、1+1が2になったり10になったりするんだけれど、そこらへんを詳しくアドバイスしたがるのはちょっと変なヒトだ。)

でも、たとえば病気のこと。
人によって、細かい病状の差異があるにも関わらず、私も経験した!と言いたがる人は多いし、それが強化されて「私はこう治療して治ったからあなたも同じようにするべき」とアドバイスする人がいる。
ちゃんと病院へ行っているといっても、「ちょっとそこの先生、変なんじゃない?私が行った病院は××だから、そこへ行けば?」

あるいは、子育て。
私はこういうふうにした、ああいうふうにしたらうまくいった、アレコレ…。
それが世の大多数なのか、たまたまうまくいった例に過ぎないのかかなりの確率でうまくいく方法なのか、子どもの性格やら環境やらの差異も気にせず、何も検証しないままで、強烈にアドバイスしてしまうのだ。



なぜそんなに、意見される側は自信が無いんだろう。
どうしてアドバイスされたことで悩んでしまうんだろう。
きっとそういう人は、子どもの頃からよい子だったんじゃないのかと思うのだ。
相手の言うことを聞かないとダメ、みたいに刷り込まれているんじゃないか。

たとえば、自然分娩と帝王切開って、よくあるテーマだけど、私は心の底からどっちでもいいと思う。
帝王切開って私は経験していないけど、「お腹切るなんて大変そうだな」と思うけど、でもなんだっていいのだ、子どもが元気に生まれてくることがまず第一に大切なことなのだ。
出産方法と子どもへの愛情云々、そんなもんが関係あるわけがないじゃないか。
関係があるというのなら、根拠を示すべきではないだろうか。



そういえば…私が出産したときのこと。
出産後、産院の中で、母乳クラス(だったかな?名前忘れた)というのがあって、特にはじめての出産の人は出席しないといけないとされていた。
生まれたばかりの赤ちゃんはおっぱいの吸い方なんか分からないし、お母さんだって飲ませ方が分からないので、そこで練習するのだ。
講師はそこの助産師。
最初に挙手を求められる。
いわく「母乳だけで育児する予定の人」「ミルクと混合の予定の人」「ミルクだけの人」
手を挙げるのは、ほぼ全員が「母乳だけで育児する人」で、お薬や治療の予定がある場合は「ミルクだけの人」
なんと、「ミルクと混合の予定の人」に手を挙げたのは、私だけだった。
堂々と手を挙げる私、ざわつくクラス内。
「どうして混合予定なの?」と助産師が私に聞く。
「産休の後で、職場に復帰予定なので」
「最近の保育園は、母乳を届けることもできるでしょう?赤ちゃんのために届けたら?」
私はきっぱりと「あぁ、そういうことはしません」と答えて、あとで周りのおかーさんたちからスゲェーって笑われたなぁ…あとでこそこそと「私も実は混合にしたいんだけど、そういうこと言い出せる雰囲気じゃなくて」って言って来たおかーさんも、居たなぁ……

産院からしてこういう雰囲気なので、母乳こそ正義という雰囲気のこの世の中は分かる。
分かるんだけど、雰囲気に染まる・染まらないは自分の判断。
だって、どうでもいいじゃないの、ミルクだろうと母乳だろうと。
目的は、赤ちゃんが元気に健康に育つことであって、決して「赤ちゃんに母乳をあげること」ではない。
母乳を搾乳して、保育園に届けるおかーさんは、きっと赤ちゃんの健康をよく考えているえらい人だ。
でも私は、母乳を搾乳したり清潔に保存したりするのって手間がかかるし、職場復帰となれない育児の中でそこまでやったら急がしすぎて余裕が無くなるからやめよう、赤ちゃんが家に居るときだけ母乳にしておけばいいでしょと考えて実行した。
100%母乳にするより私が笑顔でいるほうが赤ちゃんにとってはいいことだと考えたわけだ。
私は私で、それなりに偉いおかーさんなんじゃないかと思う。

おかーさんが母乳にこだわり過ぎてストレスを抱えて悩んでいる状態は、赤ちゃんにとってもよくないと思うのだ。
元気で健やかな赤ちゃんは、元気で健やかなおかーちゃんのもとで育つのである。



何も考えないでイイカゲンな育児していて周りから注意されるのであればともかくとして、自分なりにあれこれ考えながら出した結論を批判されたって、気にしなくていいじゃないか。
もう大人であり、親なんだから、そろそろ周りの声をさらっと聞き流してもいいじゃないか。
しつこい相手は
「しめしめ、私にいじめられに来たな」
ぐらいに楽しく考えて、おっしゃるご意見の根拠をしつこく聞いてみればいいと思う。
(そういう私は、子どもの頃から先生や親のお説教の根拠をしつこく聞いて反論する悪い子だったんだけど……)



【相談会のご案内】
保健師さんがいらっしゃるので、お子様連れ歓迎無料相談会

相談内容:相続、遺言、離婚
日時:2016年2月29日 月曜日 13時~15時
場所:NPO法人はっぴぃmama応援団(新潟市西区赤塚17番地)

詳細はこちら!トマトのWEBサイト内 無料相談会ページ
※相談料は無料ですが、施設利用料として1組500円(会員様は300円)をお願いいたします。


【主な業務のご案内】
・補助金申請、助成金申請、融資支援
・株式会社、NPO法人、一般社団法人設立
・相続手続き、遺言書作成についてのご相談
・契約書作成
・離婚協議書作成
・ビザ、帰化、在留資格についてのご相談


トマト行政書士事務所
〒950-0951 新潟県新潟市中央区鳥屋野2-4-16 フロンティア2-B
TEL 025-278-8680(平日9~17時)
E-mail info@tomato-office.net
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私が定期的に無料相談会を開催している、はっぴぃmamaはうす。
NPO法人はっぴぃmama応援団の活動拠点です。

このはっぴぃmamaはうす、今までは新潟市西区赤塚にありましたが、この春から新潟市中央区へ移転します。
それと同時に、食事と送迎つきになります。

ご支援ください!「ママの笑顔が増えて、安心して子育てできる新潟にしたい!」プロジェクト

新潟市民はよくご存知だと思いますが、新潟市は、車社会です。公共交通機関が発達していませんし、また、一家に複数台の自動車を持っている家もあるぐらいなので、交通機関を発達させたところで、利用者が少なく赤字になってしまう…という場所です。
でも、当然ながら、全部の家に自動車があるわけじゃありません。
また、普通は一家に1台しか車が無くて、その車は通勤のために使うので昼間は自動車がありません。

冬は雪が降ったり吹雪いたりしますから、そんな中で、本数の少ない交通機関を頼りに、赤ちゃんや小さな子を連れて(あるいは妊娠して体調がいつもどおりではない状態で)外出するのは、非常に大変なことです。

送迎してもらえる育児相談の場所、妊娠している人や育児中の皆様の居場所、小さな子どもの居場所が新潟市には必要です。
孤立した中での育児は、それはそれは大変です…。

こちらに書いたことに共感していただける方は、どうぞ、上のリンクを押して、まずはページをお読みいただければと思います。よろしくお願いいたします。


※ご質問いただいたので念のため申し上げますが、このプロジェクトにご支援いただいても、私の金銭収入にはなりませんので、どうぞご安心(?)ください。



【相談会のご案内】
保健師さんがいらっしゃるので、お子様連れ歓迎無料相談会

相談内容:相続、遺言、離婚
日時:2015年1月18日 月曜日 13時~15時
場所:NPO法人はっぴぃmama応援団(新潟市西区赤塚17番地)

詳細はこちら!トマトのWEBサイト内 無料相談会ページ
※相談料は無料ですが、施設利用料として1組500円(会員様は300円)をお願いいたします。


【主な業務のご案内】
・補助金申請、助成金申請、融資支援
・株式会社、NPO法人、一般社団法人設立
・相続手続き、遺言書作成についてのご相談
・契約書作成
・離婚協議書作成
・ビザ、帰化、在留資格についてのご相談


トマト行政書士事務所
〒950-0951 新潟県新潟市中央区鳥屋野2-4-16 フロンティア2-B
TEL 025-278-8680(平日9~17時)
E-mail info@tomato-office.net
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【相談会のご案内】
保健師さんがいらっしゃるので、お子様連れ歓迎無料相談会

相談内容:相続、遺言、離婚
日時:2015年1月18日 月曜日 13時~15時
場所:NPO法人はっぴぃmama応援団(新潟市西区赤塚17番地)

詳細はこちら!トマトのWEBサイト内 無料相談会ページ
※相談料は無料ですが、施設利用料として1組500円(会員様は300円)をお願いいたします。



今年の抱負の一つが、入管業務に力を入れること。
その第一として、専門サイトをしっかり作成しようと思っていたが、現在着々と…たまに滞りつつ…進行中。

もう一つ、離婚業務も、個別のサイトを作成したい。
これは夏までに完成しよう。



以前よりも、サイト作成の速度が落ちているのは、私のキーボードを叩く速度が鈍ったわけではなく、昔よりも仕事が多いのがその理由。
特に会計業務をいくつか抱えているし、個人事業主が多いこともあって、確定申告期は忙しいのだ…自分の確定申告はさすがに、リアルタイムで処理していくので、余裕なんだけど。
お客様のなかには、スベリコミセーフ的領収書持参をしてくる方もいらっしゃるので、注意が必要。

それともう一つ。
以前より、「残業」もしにくくなった。
特にこの春からは、大学生になるかもしれない。

相続や離婚のご相談の際、強く必要性を感じるのが、心理学の知識。
特に、私にご相談をいただく場合、「女性だから優しい人だと思った」という、実際の人物像とは真逆(笑)の対応を求められることが多い。
私の実際をご存知の方はよーくご存知だろうけど、ある程度は慎重で、ノリはいいし冗談も好きだし楽しい人間ではあるけれど、感情が希薄で共感性が薄いので、悲しいときに話し相手に選んではいけない人物だ。
起業したり、計画立ててガツガツ進んだりするときのパートナーに選んでいただくのはすごく良いと思うんだけど。
さすがに仕事のときは気をつけて対応しているけれど、「気をつける」ではなくて、更に上を目指そうというわけだ。

なかなかこの年になると、反省して性格を変えるわけにもいかないので、せめてしっかりと心理学を勉強して、きちんと相談にのれるようになりたいなぁ、カウンセリング等もできるようになりたいなぁと思う。

大学には入るけど、必要な智識を得たいだけだから、卒業するかどうかは分からない。
とはいえ、まずは勉強する。
目指せ認定心理士。

そういえば、朝、スムーズに目を覚ますための一番の方法は、「わくわくすること」であるらしい。
春からは朝、スムーズに目を覚ませるかな。
もう、早朝に、跳ね起きるぐらいに。
だといいなぁ…


【主な業務のご案内】
・補助金申請、助成金申請、融資支援
・株式会社、NPO法人、一般社団法人設立
・相続手続き、遺言書作成についてのご相談
・契約書作成
・離婚協議書作成
・ビザ、帰化、在留資格についてのご相談


トマト行政書士事務所
〒950-0951 新潟県新潟市中央区鳥屋野2-4-16 フロンティア2-B
TEL 025-278-8680(平日9~17時)
E-mail info@tomato-office.net
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【相談会のご案内】
保健師さんがいらっしゃるので、お子様連れ歓迎無料相談会

相談内容:相続、遺言、離婚
日時:2016年1月18日 月曜日 13時~15時
場所:NPO法人はっぴぃmama応援団(新潟市西区赤塚17番地)

詳細はこちら!トマトのWEBサイト内 無料相談会ページ
※相談料は無料ですが、施設利用料として1組500円(会員様は300円)をお願いいたします。



新年あけましておめでとうございます。
昨年中は何かとお世話になり、ありがとうございました。
いろいろな方と出会い、親切な方からたくさん助けていただき、幸運にも恵まれた良い一年でした。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。


事務所としての新年のご挨拶はこちらで、事務所の運営に関する抱負はこちらで、それから昨年中の振り返りはこちらで、それぞれ書いているのでそちらをごらんいただくとして。
このブログでは個人的な話をメインに書くことにしているので、抱負も個人的なものを書こうと思う。



子どもの頃は(20代になっても)、新年だからといってわざわざ節目をつけ、抱負を考えるということの大切さがよく分からなかった。
時間は相変わらず、普段と変わらずに流れているのに、それにわざわざ「正月」「元旦」と名前をつけて騒ぎ、やりもしない(!)目標を立てる。
寒い中掃除をし、わざわざ神社へ行く。
食べたり呑んだりするために、もっともらしい口実を作る。
馬鹿じゃないかと思っていたのだ。

今振り返ってみても…こんな小学生、かわいくない。
お年玉をもらっても、お礼は言うが大して喜ばず、全部預金口座に入れていた。
うちのおちびがこんな子にならないことを願いたい。

今は少し、考えが違ってきている。
もしかしたら年齢のせいかもしれない。
節目に名前をつけないと、ただ惰性で時間を過ごすことになる。
忙しい忙しいと言いつつそのまま時間を過ごしていっても、何も変わらない。
そういう意味では、子どもは特に節目を作らなくてもいいのだろうと思う。
きっかけを作らなくたって、勝手に身長が伸び、できることが増える。
それにつれて考え方も成長せざるを得ない。
大人はその点、節目をしっかり作らないといけない。
だらだらと過ごしていては、老化して、できることが減っていくだけになる。

節目として、寒くて大して何もできない時期を選ぶのも、合理的だろうと思う。
節目には、準備も含めて時間がかかり、本業の進行が停滞しがちになる。
本業で忙しい時期に、節目を持ってくるのは効率が悪い。
寒い時期にわざわざ掃除をするのは、掃除そのものの効率を考えるとムダだと思うけれども、節目というのは気分が大きく作用するから、掃除をしてすっきりとした節目にしたいという気持ちも分かる。
(でもうちは掃除そのものの効率を重視して、お天気の良い季節に掃除するけど。)

さらに成長するために節目を作り、また、昨年を振り返って感謝する。
こうして年齢を重ねると、自分の努力で何とかできる部分なんてごく一部に過ぎず、人生の大半は運が左右するし、周りから助けてもらうことがすごく大きいということも分かる。
よしよし。
少なくとも小学生の頃の私よりは、今の私のほうが成長しているようだ。



さて、今年の抱負。
事務所の抱負とは違って、やりたいことをずらずら並べるだけ。

・健康
うちのおちびが30歳を過ぎるまでは健康でなければならない(義務!)。
そのためには、以下の3点を今年はやっていこうと思う。
適度な運動、1日7時間の睡眠、適度な糖質制限食。

・勉強
今年新たに挑戦したいことは以下の3点。
カメラ、英語、心理学。

・自分
2日連続7cmヒールで外出しても疲れない足になる!
今年こそは前髪を伸ばす(毎年途中で挫折)!
「なんとなく」やらない!

あと、もう少し今年は本をたくさん読みたいなぁと思う。
時間があるんだろうか。
今年も良い年になりますように。


【主な業務のご案内】
・補助金申請、助成金申請、融資支援
・株式会社、NPO法人、一般社団法人設立
・相続手続き、遺言書作成についてのご相談
・契約書作成
・離婚協議書作成
・ビザ、帰化、在留資格についてのご相談


トマト行政書士事務所
〒950-0951 新潟県新潟市中央区鳥屋野2-4-16 フロンティア2-B
TEL 025-278-8680(平日9~17時)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。