素敵な恋愛をする為の欧米式プチレッスン

国際結婚の中で生まれ育ち、幸せな国際結婚をし、企業のトップから起業家になり、グローバル的に活躍されている数多くの独身男女やカップルの恋愛やキャリアについて幅広いコーチングを行って来た経験やノウハウを綴っております。

♡「幸せの根源に愛があり、愛の根源に幸せがあると信じています」♡
グローバルな視野を持っている方、国際恋愛・国際結婚をしている方やこれからしたいと思っている方、そして愛、幸せ、セクシーやセンシュアルについて、キャリアと恋愛のバランス、人間関係力向上や、効果的なコミュニケーション方法にご興味のある方向けに愛を込めて書いています。このブログがあなたにとって何かの気づきになるきっかけとなり、より愛を感じ、幸せになる為のお役にたてればと願っております。

2020年までに100万人に愛を贈る目標に向かって毎日活動をしてますので、よろしければ読者登録で応援して頂ければとっても励みになり、嬉しいです~♬
読者登録してね

ブログ村の恋愛コーチとデートのランキングに参加しております。
ポチッとお願い出来れば嬉しいです! 感謝します~!
にほんブログ村 経営ブログ コーチへにほんブログ村

ポチッとお願いします~♫ 感謝します~!
にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(アメリカ・カナダ人)へにほんブログ村

テーマ:

こんにちは、アイリーンです


ズバリ、今日の記事は
あなたは外国人の彼に
尽くしすぎていないかを
チェックして頂く為に
心を込めて書いています


日本では尽くすという言葉は
素敵な響きがあるのですが
この素敵な言葉に「過ぎる」
というのが付いてくると、
とんでもない事になります


実は、尽くしすぎる女性は
男性をダメにしてしまいます


逆もそうですね


女性に尽くしすぎる男性は
女性をダメにしてしまいます


人間の心理って
興味深いものです


彼に好かれているかいないかが
分からない時はとても気になり
どのように彼を魅了したらいいか
その事ばっかり考えてしまいます


でも彼があまりにも良くしてくれて
大事にしてくれるとそれが当たり前
になってしまう可能性があります


そうすると興味を失います


勿論ケースバイケースもありますが
こういう事って良くある事なのです


人間は安心が欲しい反面
バラエティーが欲しいのです


要するに、


安定した関係が欲しい反面
ドキドキする様な関係も
欲しい欲望があるのです


とにかく


尽くし過ぎてしまう女性は
母性本能がくすぐられるのか
過保護になる傾向があります


欧米人男性は自分の彼女に
お母さんになって欲しいと
思っている訳ではありません


勿論マザコンもいるのですが
普通の男性の事をここで言ってます


男性は自分のお母さんと
寝たいと思わないのです


なので尽くしすぎる女性になって
彼との関係を崩壊しない様に
気をつけて頂きたいと思います


ではどのような行動が尽くし過ぎる
という行動になるのでしょうか?


彼女としてこう言う事をしていると
尽くしすぎているかも知れません:


彼の為にいつもお料理を作ったり
掃除や洗濯をしてあげている


セックスをしている時に
別に気持ちもよくないのに
感じている様に演じてしまう


彼が何か変な事をしたら
周囲に彼の為に言い訳をする


彼に嫌われるのが怖いので
自分の考えている事と違っても
彼の言っている事に同感したり
自分の意見を言わなかったりする


彼が毎日楽でいられる様に、
心地よくいられる様にしてる


彼がなにか悪い事をした場合
彼に何も言わないで我慢をする


上記の事をしているのであれば
あなたは尽くしすぎています


え?


日本人女性の素晴しい所は
男性に良く尽くすという事なので
その何が行けないのですか?
と思われる方もいると思います


尽くす事が悪い事ではありません


相手をハッピーにするのは
とても素晴しい事だと思います


尽くしすぎるという事が 
問題になるのです


相手のことを思いやったり
何かをしてあげるという事は
とても素敵な事なのですが
程々にしないと行けません


尽くしすぎるのは良くないですが
あなたの力で男を更に男にする
という事は最高に素晴しい事です


尽くしすぎるのと相手を作るのと
違いをお分かりになりますか?


それでは宿題です


尽くすのと相手を作るのと
どう違うのでしょうか?


考えてみて下さい~


この違いが分かれば 
あなたはこれから 
とっても素敵な恋愛が
出来ると思いますよ!


男性を更にいい男にして
素敵な恋愛をしましょう


love and happiness
comes from within


愛を込めて、
アイリーン
いいね!した人  |  コメント(3)