国際恋愛・国際結婚で愛し愛され幸せを倍増する秘訣

国際結婚の中で生まれ育ち、幸せな国際結婚をし、企業のトップから起業家になり、グローバル的に活躍されている数多くの独身男女やカップルの恋愛やキャリアについて幅広いコーチングを行って来た経験やノウハウを綴っております。

♡ "Let Love Touch You" & ”Everything Counts”
「愛に触れながら、経験すること全てに意味がある」♡

は私の生きるモットーです。

私の生きがいは、一人でも多くの女性が自分らしくありながら、自信を持って愛ある人生を歩み、本当に欲しいものを勇気を持って、遠慮なく掴み取ることができるようサポートしていくことです。

このブログでは、少しでもあなたの学びや気づきのきっかけとなるように、私が今までアップダウンを通して成功や失敗をして学んできた経験やノウハウを綴っています。

あなたが世界中のどこにいても、私の愛が届けばいいなぁ~と願っています。


*個別コーチングをご希望の方はまず無料のディスカバリーコールをご予約ください。

ディスカバリーコールではあなたの現在のお悩みやニーズを把握し、全てのご質問などにお答えします。

お申し込みはこちら:コーチング詳細・ディスカバリーコール申込フォーム


2020年までに世界中にいる100万人の日本人女性に愛を贈る目標に向かって毎日活動をしています。よろしければ読者登録で応援して頂ければとっても励みになり、嬉しいです~♬
NEW !
テーマ:

こんにちは、アイリーンです

 

 

先週の土曜日は義理の娘と

X-FactorというTV番組の

LIVEを見に行きました

 

 

高いチケットだなぁ〜と

思いながらも買ったのですが

会場に行ったらなんと!

ステージに一番近い席でした

 

 

満足〜

 

 

私は義理の娘のエミリーと

子供みたいにはしゃぎました

 

 

隣に座っていた二人の女性も

はしゃぎまくってましたので

4人でとっても楽しかったです

 

 

年齢なんていいのです

 

 

 

エミリーと電車の中で

 

 

02会場について

 

 

 

最前席に座ってチーズ

 

 

 

 

スターもこんなに近くて

思わず握手しちゃいました

 

 

私ってミーハーか〜

(え?古い言葉?)

 

 

 

 

沢山ビデオも撮ったので

家に帰って主人に見せながら

また思い出して喜びました

 

 

単純です

 

 

私にとって「家族」という

価値観を生きるということは

大事だと思っていることに

時間と心の投資をすること

 

 

若い頃は家族が大事

なんて言いながらも

忙しくしていたので

会う時間を作りませんでした

 

 

大事だと言っているのに

思っているのにも関わらず

行動に移しませんでした

 

 

表現をしていませんでした

 

 

それから私は自分の

価値観を見直して

それを生きることに

フォーカスをしました

 

 

そうすると人生

楽しくなるものです

 

 

大事に思っていることを

実際に大事にすること

 

 

あなたはどうですか?

 

 

大事だと思っていることに

時間と心の投資をしてますか?

 

 

I hope you live your values.

It is what makes live meaningful.

 

 

愛を込めて、

アイリーン

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、アイリーンです

 

 

今日は義理の娘とデート

 

 

英国で見ていたXFactor

という番組のライブイベント

 

 

 

 

とっても楽しみです〜

 

 

娘も張り切ってます

 

 

こういうコンサートは

初めての経験ですので

ワクワク・ドキドキ

 

 

行く前に娘と一緒食事をして

ワインを飲んで楽しみます!

 

 

主人は彼の大好きな

サッカーチームの試合に

友人と観戦しに行きます

 

 

夫婦が別々のことをして

お互いに喜び合えるのは

本当にありがたいことです

 

 

写真が撮れるか分かりませんが

パパラッチになってきます(笑)

 

 

あなたは今週末

どうお過ごしですか?

 

 

楽しい週末になりますように!

 

 

愛を込めて、

アイリーンより

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、アイリーンです

 

 

2013年の2月24日に

書いた記事ですが

今も大事な内容なので

リブログをしました

 

 

コメント・フィードバック

お待ちしております

 

 

あなたはどちらの苦しみを

味わうのでしょうか

 

 

コメントお待ちしております

 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは、アイリーンです

 
 
今日の記事のテーマは
「子供が欲しいのは
ファンタジーですか?
リアルですか?」です
 
 
独身の女性に伺いますが、
あなたはどうですか?
 
 
子供が欲しいと思いますか?
それとも欲しくないですか?
 
 
欲しい理由はなんですか?
欲しくない理由はなんですか?
 
 
理由は明確ですか?
 
 
子供が欲しいと思うのは
ファンタジーですか?
それともリアルですか?
 
 
結婚をしている女性なら
リアルであるケースが
多いかも知れません
 
 
また深刻な問題に
なっているかも知れません
 
 
愛をいっぱい送ります
 
 
今の時代独身女性の場合、
結婚しないで子供を持ちたい、
又は結婚してから子供を持ちたい
女性に分かれるかも知れません
 
 
そもそも欲しいか欲しくないかは
個人の意見になるはずなのに
周りがうるさい時がありますね
 
 
このブログもうるさいかしら!?
 
 
でも真剣に考えて欲しいので
課題にして記事を書きました
 
 
こう考えなさいとは言いません
 
 
でもじっくり考えてみるように
刺激を与えられたらと思います
 
 
ちなみに、婚活をしている女性に
「なぜ相手を探していますか?」
と質問をする場合があります
 
 
返ってくる答えは様々です:
*幸せになりたいから
*幸せが倍増するから
*一人で寂しいから
*一人よりは楽しいから
*もう一人で頑張りたくないから
*もっと楽がしたいから
*結婚がしたいから
*子供が欲しいから
 
 
そして子供が欲しい理由を聞くと
はてな?という顔が返ってきます
 
 
そんなこと考えたこともないと
真っ白になる人もいます
 
 
子供が欲しい理由も様々です
*そういう歳だから欲しいです
*とにかく産んでみたいから
*親に子供を見せたいから
*子供は可愛いから
*ハーフの子供が欲しいから
*家族を持ちたいから
*自分の分身を作りたいから
 
 
じっくり質問をしていくと
その人がリアルに子供が
欲しいと思っているのか、
ファンタジーなのかが
分かる場合があります
 
 
本人も気がつきます
 
 
良い、悪い、正しい、間違い
ということでは全くなく
自分がどのように思っているのかに
気づくことが重要なことです
 
 
気づけばそれなりの
行動が起こせます
 
 
自分軸ができます
 
 
子供は確かに可愛いし
一度は産んでみたいと
思う女性も少なくありません
 
 
でもみんながみんな子供が
欲しいということはありません
 
 
子供ができるとも限りません
 
 
以前DINKSという言葉が
流行ってた時もあります
 
 
子供がいなくても
いい関係を築いている
夫婦も多くなってます
 
 
でも子供が欲しいと思うのは
人間として自然なことなので
おかしな願望ではありません
 
 
しかし本当に親になりたくて
子供がほしいのか、または
周りの声に刺激されて、
欲しいと思っているのか
全然重みが違ってきます
 
 
赤ちゃんは確かに可愛いです
 
 
でも可愛くない時も
実際にあるのです
 
 
笑ってる時は
可愛いですよ
 
 
何時間でも一緒に遊べます
 
 
でもずっと泣き叫んでいる間
ずっと可愛いと思えますか?
 
 
我が子なら違うと
言う人もいます
 
 
でも一般的に赤ちゃんが
泣き叫んで止まない場合
親は凄く辛い思いをします
 
 
周りも白い目で見ます
 
 
何をしても泣き止まないと
親も人間ですから次第に
イライラしてくるものです
 
 
なぜ泣き止まないの?
 
 
ほっとくわけにもいかない
 
 
簡単なことではありません
 
 
私の主人は子供達を
2歳と3歳の時に10年間
父子家庭で育てました
 
 
主人は素晴らしいDaddyで
子供達はそういうダディが大好きで
主人に似てとても優しい子供達です
 
 
その主人でもこう言います:
勿論子供達を愛してるし
何かがあったら絶対に
命をかけて守るけれど
赤ちゃんだった時は
気が狂うんじゃないかと
思った時もあったよ、と
 
 
息子のウィリアムが赤ちゃんの頃
Infantile colic (夜泣き) で
ずっと泣き止まなかったらしく
半年間大変だったらしいです
 
 
泣いたら止まらない
何をしても止まらない
 
 
親としては苦しいものです
 
 
そして半年間経ったら嘘のように
ピタッと止まったらしいのですが
その間本当に大変だったらしいです
 
 
勿論我が子は可愛いし
無償の愛を与えますが
泣きじゃくる子供の姿も
覚悟するということは
子供を持つ責任を考えたり
リアルに考えるたりすることです
 
 
ではリアルなのか、
ファンタジーなのかを
チェックする方法は?
と聞かれたらどうでしょうか
 
 
色々方法はあるのでしょうかJga
次のようなことはどうでしょうか
 
 
赤ちゃんを抱いてみる
 
 
赤ちゃんと何時間か接して
どう思うかを感じてみる
 
 
子供のお守りをしてみる
 
 
本当に子供が好きかどうか
それではっきり分かります
 
 
オムツを替えてみる
 
 
泣き叫んでいる時に
なだめようとする
 
 
5〜6歳の子供と遊んでみる
 
 
子供の機嫌が悪い時に
お守りをしてみる
 
 
14歳〜17歳の思春期の
ティーネイジャーの
面倒を見てみる
 
 
ぎょえ〜
 
 
親を尊敬する気持ちが
溢れてきますよ、ほんと
 
 
自分の反抗期の時を思うと
親って本当に大変だったなと
感謝の気持ちが溢れ出ます
 
 
子供が欲しいと言う言葉に
どのぐらい深みがあるかは
本人にしか分かりません
 
 
子供のことをリアルに考えて
結婚してから子供が欲しいと
考えている独身女性であれば
私が一番に願うことは
あなたとその子供を幸せにする
素敵な男性を見つけることです
 
 
愛し愛される関係が築ける男性と
一緒になって欲しいと思います
 
 
いつか子供は親の元を離れます
 
 
その時にあなたのご主人と
二人っきりでいることが
楽しいと思えるかどうかです
 
 
なので婚活している女性には
ベストマッチを見極めることを
じっくりコーチングしています
 
 
お腹を痛めて子供を産むのであれば
自分のベストマッチと愛し合って
子供を作った方が良いと思います
 
 
そして子供が成人した後に
また2回目のハネムーンが
楽しめるようになるのです
 
 
とにかく子供が欲しいのが
リアルかファンタジーなのかを
チェックして見て下さい
 
 
そしてそれなりの行動を
起こしているのかを確認して
改善するところはして下さい
 
 
欲しいものを手に入れるまで
決してあきらめないで下さい
 
 
この記事を読んで
色々意見があると思います
 
 
コメント&フィードバックを
お聞かせ下さいね
 
 
It's one thing to live in fantasy
and another thing to live in reality.
 
 
You can dream and imagine
a great life ahead of you
but it won't mean a thing
if you just leave it a fantasy.
 
 
My wish for you is to
make your dreams a reality.
 
 
But first....
Let love touch you.
 
 
愛を込めて、
アイリーン
 
 
PS
国際恋愛・国際結婚について
じっくりディスカッションできる
グループコーチングを企画しました
その詳細についてはこちら:
↓↓↓
 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

国際恋愛・国際結婚コーチアイリーン

 

こんにちは、アイリーンです

 
 
今日の記事のテーマは
「結婚するリスク vs 
独身でいるリスク」です
 
 
あなたは結婚するリスクと
独身でいるリスクと
どちらを選んでますか?
 
 
私は主人と結婚をする
リスクを取りました
 
 
今年で13年目ですが
結婚して幸せです
 
 
でも最初何も保証は
ありませんでした
 
 
リスクを取るのが怖かったですが
リスクを取らないで後悔するほうが
私にとってはもっと怖かったです
 
 
勿論自分のことを良く理解して
自分のベストマッチを見極めて
幸せになる確率を上げました
 
 
でも実際に幸せになれるかは
結婚する前は100%分かりません
 
 
幸せになりたいという
思いと希望を持っていて
期待をして結婚をしました
 
 
私は怖くても
リスクを取りました
 
 
何故なら私は一人でいるより
主人といた方が楽しいし成長するし
彼を幸せにしたいと思ったので
結婚という選択をしました
 
 
主人の前にもプロポーズを
以前もらった時がありましたが
その時は結婚というリスクをとる
心の準備が出来てませんでした
 
 
彼も当時の私の
ベストマッチでした
 
 
彼とはベストマッチでも
タイミングが合いませんでした
 
 
私が結婚をしたいと
思わなかったのです
 
 
もっと遊びたかった
自由でいたかったのです
 
 
結婚する相手がいるのに
結婚をしていないのは
結婚というリスクを
取っていないから
 
 
独身でいるリスクのほうを
選択しているからです
 
 
彼がまだプロポーズしないのは
彼はリスクを取りたくないから
 
 
まだ取りたくないのか
あなたと取りたくないのか
どちらかしかありません
 
 
ハッキリ言って
ごめんなさい
 
 
傷つけるつもりはありません
 
 
でも大事なことです
 
 
結婚も独身でいるのも
リスクがある選択です
 
 
結婚のリスクは色々あります
 
 
束縛されること
自由を奪われること
心が離れてしまうこと
夫婦関係が悪化すること
浮気をされること
暴力暴言をふるわれること
別居するか離婚すること
シングルマザーになること
などのリスクがあります
 
 
それが怖くて結婚しない人も
そう少なくありません
 
 
独身でいるリスクも色々あります
 
 
寂しい思いをすること
一人で全てやらないといけないこと
自分のことしか考えないようになること
周りのプレッシャーを浴びること
周りや社会の意見を気にすること
子供を作らない・作れないこと
独身でいることに引け目を感じること
幸せや悲しみを一人で抱えること
などのリスクがあります
 
 
でも結婚も独身でいることも
悪いリスクだけではありません
 
 
良いことだってあります
 
 
結婚をしたらいくつかの
メリットが考えられます:
悲しみを共有したり出来ます
幸せを倍増することが出来ます
柔軟性の出て人間的にも成長します
甘える・頼る人がいて安心します
金銭的経済的にも支えになります
 
 
独身でいるといくつかの
メリットも考えられます:
好きなことを自由に出来ます
自分のことだけ心配出来ます
金銭的経済的にも自分を守れます
何人とでも付き合えることが出来ます
いつでも行きたい時に旅行が出来ます
 
 
結婚や独身でいるリスクの
どっちを選ぶかは人それぞれ
どういう人生を送りたいかで
決めていくものだと思います
 
 
結婚しててもしてなくても
幸せな人生が送れます
 
 
結婚していないから
既婚者より劣ってるとか
 
 
独身だから既婚者より
優ってるとか
 
 
そんなことは一つの
意見でしかありません
 
 
事実にするかしないかは
私たちの思考の持ち方です
 
 
あなたはどう思いますか?
 
 
今あなたの持ってるその思考は
あなたの役に立っていますか?
 
 
それとも役に立ってないですか?
 
 
役に立ってない思考を
持ち続けることは
ずっと不幸せな気持ちを
持ち続けることです
 
 
賢くリスクを取れません
 
 
自分で自分の首を
締めているようなもの
 
 
結婚するのも独身でいるのも
両方リスクがある訳なので
どっちを選ぶかは自分次第
 
 
独身でいるのも自分次第
結婚するのも自分次第
 
 
相手を選ばないのであれば
いつでも誰でも結婚は出来ます
 
 
今後結婚がしたいと言うのなら
結婚するリスクを取りましょう
 
 
それでも結婚していないのなら
行動か目標が間違っています
 
 
誰とでも結婚がしたい
と言う訳でなければ
結婚がしたいと言う
目標が間違ってます
 
 
だから目標を達成
できていないのです
 
 
相手を選びたいのならまず
「素敵な人と恋愛がしたい」
と言う目標にしましょう
 
 
どっちが先かですよね
 
 
素敵な人だから
結婚がしたいでしょう
 
 
優先順位を決めた方が
賢くリスクが選べます
 
 
結婚も独身でいるのも
両方リスクがあるので
賢くリスクを取りましょう
 
 
Life is too short to
worry too much
about taking risks.
 
 
You either take it or not. 
 
 
You just have to be smart about it
and take calculated risks. 
 
 
The choice is yours. 
 
 
Don't ever forget that. 
 
 
The choice IS YOURS. 
 
 
 
愛を込めて、
アイリーンより
 
 
PS
 
じっくり恋愛や結婚のことを
一緒に語り合いませんか?
通常人には聞けないことも
聞けるチャンスです!
 
 
第1弾2017年3月18日(土)
「国際恋愛・国際結婚成功術と
美人に変身できる眉毛術」の
お申し込みはこちらです
(残り後3席です)
↓↓↓
 
 
第2弾2017年3月19日(日)
「国際恋愛・国際結婚成功術と
素敵な欧米人男性を魅了する
美人に変身できる服装術」の
お申し込みはこちら
(残り後2席です)
↓↓↓
 
 
 
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)