コーチング1グループ発達障害ブログ

LD、ADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関するブログです。

NEW !
テーマ:
こんばんは、発達障がいコーチの山本です♪

PECSとは「Picture Exchange Communication System」の頭文字を取り、
PECS(ペクス:絵カード交換式コミュニケーションシステム)と言います。

自閉症スペクトラムの人やその他の様々な事情でコミュニケーションを苦手とする人が
言葉に代わり、絵カードを使って自分の思いや考えを自発的に相手に伝えてもらうことを
トレーニングする学習方法です。
1985年アメリカのデラウェア州で開発され、現在では世界約10ヶ国以上で認知され、
使用されております。
TEACCHと同じくPECSは絵カードで、自閉症スペクトラムの人の特徴である視覚的な効果を活用しています。

PECSの概略について
フェーズ①
生徒が興味のあるアイテムに対して1枚の絵カードを交換することからスタートし、
コミュニケーションを自発することを生徒に教えます。

フェーズ②
自分から絵カードを探したり、離れた場所にいる人に絵カードを渡すことで、
相手に持続的に働きかけることを教えます。

フェーズ③
複数の絵カードから興味のあるアイテムと同じ絵カードを選ぶように教えます。

フェーズ④
「私がほしいのは〇〇」という文を作り、文章で要求する事を教えます。
色、形や大きさと言った属性を使用する事を教えます。

フェーズ⑤
「何がほしいの?」という質問に答える事を教えます。

フェーズ⑥
質問に答えたり、周りにある出来事などについて自発的にコメントすることを教えます。

このように、絵カード同士を交換し、言葉を発することを繰り返すことで、
欲しい物を相手に伝えるコミュニケーション能力を高めます。
絵カード交換の時に、大人が言葉を発することで、生徒にも言葉や会話による
コミュニケーションを促していきます。

>>>お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで<<<
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、発達障がいコーチの山本です♪



WISC-Ⅳ検査のPSIについてお話ししたいと思います。

PSIの検査は視覚運動能力が必要なことから、この検査から
「見て処理する」力がわかります。
また、鉛筆で書く課題があるため、書く力がわかります。


PSIの数値が高いとテキパキと数多くの情報を処理することが
得意になります。


では、逆にPSIに弱さがある場合はどうなるでしょうか。

・読み書きが苦手になる(特に書くこと)
・同時に複数のことが出来ない
・書き写すことが苦手(板書が苦手になる)
・時間制限のあるテストなどは焦り、本来の力が発揮できない
・作業に時間がかかる

などがあげられます。

上記のことから、どうしても勉強が苦手になってしまうかもしれません。

対策としましては、「勉強の時間は極力特性によるストレスを失くし
頭に定着させる」ことです。

例えば、私たちもお腹が痛いときに勉強しても、お腹が痛いことに
気がとられて思考に集中できませんよね。
同じように書くことが苦痛なのに漢字をひたすら書いても、
ただ手を動かしているだけで頭に定着はしません。
この場合は書くことは必要最低限にし、徹底的に言葉で意味づけをして頭に
定着させるなど(「話は言うに千の口」など)して、自身が持っている強みで
サポートするのが一番よいかと思います。

また「時間制限のあるテストなどは焦り、本来の力が発揮できない」は
お子さま自身にとっても辛くて苦しいことだと思います。

特性を出来るだけなくし日々の勉強の中、集中して思考することにより、
頭への定着度合いが高まり、テストの際早く答えを導き出すことが出来るようになります。
そうすると時間の余裕を得ることが出来、テストでも落ち着いて取り組むことができるかと
思います。



>>>お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで<<<
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、発達障がいコーチの山本です♪

 ADHDの子には、プリントを失くしてしまったり宿題を忘れてしまったりする子がいます。
幼い時から先生に怒られたり、友達に馬鹿にされたりすることで
自尊心や自己肯定感が低くなってしまうADHDのお子さんは沢山います。


◎筆記用具のように日常的に使うものと、ときどき使うものとで忘れることに差があるか観察

◎興味のあるもの、大事にしているものについては忘れないのか観察


推測できるつまずきの要因
●注意の選択に偏りがある
●刺激の影響を受けやすい
●注意を持続する時間が短い


★アセスメントのポイント
A.メモを必ず取るように指導。
B. メモを入れるランドセルのポケットを決め、必ずそのポケットに入れることを徹底 。
C. メモされているか、所定の場所にメモが入っているか家庭で確認。
D.うまくいったら大げさなくらい明確にほめる。



メモをとることは、どのご家庭、学校でも指導されていたと思われますが、
効果はあまりありません。そのメモ用紙をなくしてしまうのがADHDなのです
メモ用紙を一定の場所におくことができるようになることが大切です。
したがってB、Cのような作業が重要であり、学校と家庭の両方で徹底することが大事です。
 
例えば、電車で忘れものをしないようにするには、
I)持ち物は複数にせず一個にする。
II)網棚を使わない。

ごくありふれた方法ですが、実際の場面では、徹底されていない場合があります。
保護者と一緒の場合には網棚を使ってしまったり、
空いている場合には、隣の席に置いてしまったりしていませんか?
これでは本人に身に付かないことになります。
どんな場合でも例外をつくらず、
膝の上に荷物を置くということを徹底
しなければなりません。
 
そのほか、小さなものに大きなアクセサリーをつけることや、
重くして存在感を大きくして意識させることなどが考えられます。 

また、いつも使うもの・必ず使うものと重ねておくという方法も有効です。
靴の上にランドセルを置いておくというような大胆なことも考えねばなりません。 
さらにできた後のフォローも重要です。大げさすぎるくらいほめてあげましょう。



よかったら試してみてください♪


>>>お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで<<<

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。