コーチング1グループ発達障害ブログ

LD、ADHD、自閉症スペクトラムなどの発達障害に関するブログです。


テーマ:
こんばんは、発達障害コーチの山本です♪

現在発達障害のある方が取得できる可能性のある障害者手帳は療育手帳または
精神障害者保健福祉手帳の2種類です。
多くの場合はどちらか1種類ですが、2種類お持ちの方もいらっしゃいます。
障害者手帳を取得すると様々なメリットがある一方でご本人や周囲の捉え方によっては
デメリットが生じる可能性があることも事実です。
手帳保有のメリット・デメリットをあらかじめ検討された後、
申請されることをお勧めします。

☆対象者
 〇療育手帳・・・IQ値が70~75以下の方。知的機能の障害が発達期にあらわれ、
          日常生活に支障が生じているため、
          何らかの特別な援助を必要とする状態にある方。
          ※一部自治体では、境界知能域(知能指数91以下)でも、
          自閉症の診断を受けると療育手帳(B2)が交付される。

 〇精神障害者保健福祉手帳・・・精神障害や発達障害があるために日常生活・
                     社会生活への制約がある人

☆申請方法
 〇療育手帳・・・1.本人(保護者)が、自治体の福祉事務所または障害福祉担当窓口へ
          申請する。
          2.児童相談所(18歳以上の場合は知的障害者更生相談所)で、
          心理判定員・医師による判定を受ける。

 〇精神障害者保健福祉手帳・・・1.本人(保護者)が、福祉事務所または障害福祉担当窓口で
                     申請書を受け取る
                     2.医師の診断を受け、診断書をもらう
                     3.申請書・診断書・写真を担当窓口に提出する

☆再判定
 〇療育手帳・・・原則2年毎の更新だが、実情は自治体によって大きく異なる。以下は東京都の場合。
           ・18歳未満 3歳・6歳・12歳に再度判定
           ・18歳に達した場合 18歳で更新判定

 〇精神障害者保健福祉手帳・・・原則として2年ごと

☆区分・等級
 〇療育手帳・・・自治体によって異なる
           例1)2区分
           <A>IQが概ね35以下の人。又はIQが概ね50以下で、
           肢体不自由などの身体障害を重複する人。
           <B>IQが概ね35~50の人。

           例2)4区分
           <A1>最重度の知的障害(IQ19以下)
           <A2>重度の知的障害(IQ20~34)
           <B1>中度の知的障害(IQ35~49)
           <B2>軽度の知的障害 (IQ50~75)

 〇精神障害者保健福祉手帳・・・1~3級までの等級がある
           <1級> 自立しての生活が困難な方。他の人の手を借りながらでなければ
           日常生活が送れない方。
           <2級>  常に人の手を借りなければならないほどではないが、
           日常生活が困難な状態の方。
           <3級>  障害は軽度だが、日常生活や社会生活で何らかの制限を受けている方。

☆サービス
 〇共に・・・税金の優遇措置。医療費の助成。公共料金や電話料金などの割引。
       公共交通機関、公共施設や映画館などの無料化若しくは割引。
       生活保護の障がい者加算(サービスの内容は障害区分・
       自治体によって異なる部分があります)。

☆メリット
 〇療育手帳・・・特別支援学校高等部に進む場合は療育手帳の取得が条件になっている場合がある。
          大人になった後、障害者雇用枠での就職もできる。(一般枠でも可)。
          上記、行政サービスや優遇を受けられる。

 〇精神障害者保健福祉手帳・・・大人になった後、障害者雇用枠での就職もできる。(一般枠でも可)
                    上記、行政サービスや優遇を受けられる。

☆デメリット
 〇共に・・・家族を含め周囲からの理解が得られない場合がある。
        「障害者」と認定されることへの抵抗感から、
        ご本人の心的ストレスが増える可能性がある。
        障害者雇用の場合、昇進や待遇面で一般のルートから外れる可能性がある。
 
☆その他

 〇精神障害者保健福祉手帳・・・療育手帳と併せて取得することも可能だが、
                     受けられるサービスとしては療育手帳の方が手厚い。


>>>お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで<<<
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、発達障害コーチの山本です♪

発達障害が広く知られるようになってきましたが、
子供が持つ障害というイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし、大人になり社会に出てから発達障害の診断を受ける人が増えています。
発達障害は昔からあった障害です。
しかし、認知されるようになったのは、
最近のことであり、障害に気付かずに大人になった人も多いはずです。
大人になって発達障害の診断を受け、今まで自分が苦手だと感じていたことの原因が障害だとわかり、
ほっとする人もいれば、障害を受け入れられない人もいる
ようです。

発達障害は先天的な障害であり、成人になって発症することはありません。
大人の発達障害とは、大人になるまで発達障害に気付かず、
大人になってから診断を受けたり、自覚したりするケース
を言います。

青年期・成人期になって発達障害が見つかるケースは、最近とても増えています。
学生時代は発達障害を個性や苦手なこととして捉え、
困難なことも自分なりの方法で乗り越えてきたけれど、
社会に出て発達障害によるトラブルに戸惑ったり、悩んだりして、
発達障害を自覚する人や、抑うつ症状などがきっかけで発達障害が発見される人などが増えているのです。

◎大人の発達障害の特徴
大人の発達障害も子供の発達障害と同様、
社会性・コミュニケーション・創造性・体の感覚などに特徴があります。
発達障害によって日常生活に支障がある場合には、
診断を受け、適切なサポートを受ける必要があります。
大人の発達障害には以下のような状態がよく見られます。

①場の雰囲気を読むのが困難
その場の雰囲気がつかめなくて、その場では不適切な事を言ってしまったり、
全く関係のないことを言ってしまったりする。(周囲の反応がそのように感じることがある)
「空気が読めない」「宇宙人」などと言われることがある。

②話が伝わりにくい
「話が長い」と言われることがよくある。
うまく要約できずに、長く話をするが、相手にはうまく伝わっていない。
自分でも何を話しているのかわからなくなることがある。
学童期・思春期は、学校の文章問題を理解するのが困難だった。

③集中しすぎてしまう
興味のあることに関しては、過剰なほどに集中してしまう。
その集中は、他の人に声をかけられても耳に入らず、一晩中でも集中を続けられるほどである。
子供の頃から、興味のある分野に関しての知識は大人顔負けのものだった。

④あいまいな表現が理解できない
一つ一つ説明してもらわないと理解ができず、
「ちゃんとやりなさい」「適当でいいよ」などのあいまいな表現の場合に、
どのようにしたら良いのかわからない。
幼児期から「あそこ」「それ」などの抽象的な表現が理解できなかった。

⑤初めての場所・行動にとても緊張する
場所が変わっただけで緊張してしまい、ふだんしていることも出来なくなってしまう。
慣れるのにとても時間がかかる。
急に予定が変更したりすると、どうして良いのかわからなくなってしまう。

⑤優先順位をつけるのが苦手
一度にいくつかのことができず、混乱してしまう。
何かをしているときに、他の事を頼まれたりしても、何を言われたのか覚えていないことがある。

⑥思ったことをすぐに口にしてしまう
「正直すぎる」と言われることがある。相手が不快に思うことも口にしてしまう。
また、言葉の裏が読めずに、言葉をそのまま受け入れるので、冗談や遠まわしな言い方が理解できない。

⑦感覚が敏感である
五感に敏感であり、肌触り(触覚)にこだわりがあって特定の衣服しか着なかったり、
他の人が聞こえない音にも気付いてしまったりする(聴覚)。
気になる臭いがあったり(臭覚)、食べ物の好き嫌いが激しかったりする(味覚)。

よかったら参考にしてみて下さい。



>>>お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで<<<
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは、発達障害コーチの山本です♪

今週末は、今季の最強寒波で場所によっては大雪となる恐れもあるようですので、
外出の際は暖かい恰好で、気を付けて下さいね。

今回は、人から何か聞かれたり、授業中に先生から質問をされても、
上手く答えることが出来ないなど、発達障害を持つ子には、
聞かれた質問に対して上手く答えられない子がいます。
また、話を聞いていても内容が理解できなかったり、
質問が長くなると最初に言ったことを忘れる子もいます。
今回は、発達障害を持つ子が上手く質問に受け答えができるような
改善方法の例をご紹介します。

〇家庭の日常会話で質問を練習する
家族間での日常会話の中で、子供に質問をして聞かれたことに答える練習をしましょう。
例えば、一緒にテレビを見ながら、テレビ番組の内容について質問する。
学校のことについて質問したり、明日の予定について質問する。
子供が簡単に答えられる範囲で質問をして、聞かれたことに答える、
受け答えを繰り返し練習しましょう。

〇聞けないのか?話せないのか?
聞かれたことに上手く答えられない原因を、正しく確認しましょう。
聞けないのか?話せないのか?それとも聞く話すの両方できないのか?聞く気がないのか?
話す気がないのか? 子供が聞かれたことに上手く答えられない原因は何かを正しく確認して、
その原因にあった訓練をしていきましょう。

してはいけない例
〇「早く!」と答えを急かす
家庭でも学校の授業でも、「早く答えて!」と答えを急かすのはやめましょう。
急かしても、答えられるようにはなりません。
急かすのではなく、答えられるように上手く誘導してあげましょう。
時間が限られた学校の授業では、時間をかけるとクラスの授業の進行が遅れて迷惑になります。
答えを急かさず、すぐにヒントをだしたり、隣の子と相談させて、
答えを誘導してあげましょう。

〇答えられない事を叱る
答えられない事を叱ったり、罰を与える等の行為はやめましょう。
わざと答えないわけではありません。頑張っても答えられず本人が一番苦しんでいるのです。
叱ったり罰を与えるのではなく、子供が持つ悩みを理解し答えられるような改善策を
試しましょう。

よかったら参考にしてみて下さい。


>>>お子さんの発達障害でお悩みの方はこちらまで<<<
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。