子供や旦那へのイライラとの付き合い方

社会から隔離され、子供や旦那に八つ当たりをしてしまう自分へのイライラ募る女性へ 
イライラの原因がわかればイライラから解放される!

こんばんは。

若林かおりです。

 

中島みゆきのうたで、

2隻(そう)の船

という歌があります。

 

夫婦というか、パートナー関係に当てはめて聴いていると

本当に素敵な歌。

 

人間関係の本質が描かれているような。

 

私の語彙では、

到底この歌の素晴らしさを表現できないのが残念です。

 

さて、なぜこの歌を?

と言うと、夫婦関係って、同じ海に浮かぶ一つ一つの船のようだと私も共感するから。。

一つ一つなんだけど、あくまで個々。

でも、一緒に寄り添っている。

 

だから、一つの船が沈みかけそうになると、

もう一つの船も沈みかける。

 

もちろん逆もあり。

 

さて、本題。
人生には転機がつきもの。
もうだめだー!
という事件があって、片方の船が沈みかけても、
時に、自分の船に乗せてあげたり、
互いの人生の海を渡るため協力しながら個々の船を漕いでいく…

そういう関係でありたい

と、言うのは理想で、
実際、その転機・イベント・事件の重さによっては、
感情に振り回されて、
お互いの船を壊してしまうこともありますよね…。

その転機は、お互いの絆を深めるものにもなるのだけど。

そんな《事件》が起きたときのイライラ、
「旦那さんの転職」について記事にしてみました。

30代から40代、この先のキャリアについて考える時期。
支えてあげたいけど…イライラしてしまう…
ついつい焦らせて、せめてしまう…
なんて相談もよくあります。

記事はこちら
→ 旦那が転職?!応援したいけどイライラしてしまう…そんなイライラ解消法

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは

若林かおりです。

 

ずっと楽しみにしている、24日公開の映画「ラ・ラ・ランド」

 

スケジュール調整をして、見に行く気満々でいたのですが、

 

「誰かと一緒に見たい映画!」

 

なんて書いてあったのを読んで、

ひとりで行くのを躊躇している私(笑)

 

ランチも、ひとり映画も苦じゃなく楽しむタイプだけど

ここ最近、一人行動を多く、気楽さと自由を満喫しながら、

ふとたまに思うのは、

 

おいしい食べ物も

楽しかった映画も

 

「おいしかったね」「楽しかったね」と言える相手がいるといないのとでは違う。

 

自由もいいけど…

同じ時間を共有してくれる人がいるって、

それもまた、すごく幸せを感じる瞬間だな~と思う。

 

ハグ

私は、ひとりが好き

なものだから、

「そういう人」と思われますが、

人も好きです。

 

ただし、自分自身が自分らしくいられる相手と一緒なら。

ということに最近気が付きました。

 

私は、人と一緒にいても、

自分自身が[自由]であることが何より大切にしたいことのようです。

 

それは、私主体で、

私のわがままで人をコントロールするという意味ではなく、

素直にモノを言えたり、

居心地が良かったりすること。

お互い尊重しながらね。

 

そうじゃないと、

もともと人に気を遣うタイプではあるから、

勝手に疲れてしまう(苦笑)

 

私が私でいられるために必要な要素は、[自由]なのですねー。

 

ちなみに、何がその人らしくいるために必要なものは、人によって違い、

それぞれ強弱があります。

 

[人とつながること]

[安定していること]

[楽しみがあること]

などなど。

 

*******

この話は、こちらの記事にもちょっと触れています。

欲求タイプ別!なかなか起きない旦那さんへのイライラ

*******

 

どんな時間が好きで、

何が自分を満たしてくれているのか?

 

また、それは、人それぞれ違う

ということがわかると、

「なんで束縛するの?!」

「なんで一緒にいてくれないの!」

などというイライラも、相手視点に立てたりします。

 

この内容は、

メール講座「おおらかなワタシ回復!メール講座」でも扱っています。

12月に募集してご好評いただいた このメール講座、

また、3月頃に受付をする予定です。

 

さて、誰かと一緒に見たい映画。

夫を誘っているのですが、

お仕事が忙しいらしく、振られております(笑)

 

明日から公開。

ひとりで行こうかな♪

 

☆おすすめ無料メール講座☆

「イライラとの付き合い方 3ステップ」


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

若林かおりです


先ほどまで、私のコーチが主催してくださっている

オンラインクラス(セミナー)に参加していました。


いろんな方の、

困難乗り越えストーリー

成功ストーリー

を聞かせていただく時間だったのですが、


その内容が、昨日書いた記事ととってもリンク。


どの方も共通したのは、

失敗したとき、

うまくいかなかったとき、


どう乗り越えてきたかのポイントは、

やっぱり…

《自分を責める》ことをやめたとき。

《自分の中の会話》を、変えたとき。


(このことを、よく、セルフトークを変えると言います)


そして、その先に…


うまくいかなかったことができた!

いい結果が出た!


というものを手に入れているのです。


結局ね、

自分の内側で起きることを変えていくことなんですよね。


よつば


その意味は、自分の性格を変える、

自分そのものを変えなくてはいけないという意味ではないことに注意ね。


私自身、

子供にイライラして、

夫にイライラして、

そんな私だダメなんだ。

何とか変わりたいのに、今日もまた。という時期…。


どうしようもなくて、しまいには

環境を変えるしかない

とか

何も望まない、諦める

という極端な考えになって、


自分を抑えようとするんだけど、


でも、自分の人生を諦めるなんて、

思うように生きられないなんて、

「やっぱりやだー!」という自分が出てきて、

(↑この思いのが健全ですね)


葛藤。


好ましくない状況を変えたり、

欲しいものを手にするとき、


自分自身を変えるか

環境や、他人を変えるか


選べるものは、その2つではありません。


私は私のままで、

他人も幸せにできるし、自分も幸せになれる


これは、「こうあるべき」

「こうでなくてはいけない」となっている方には、

伝え続けていきたいことだな~。と常々思う。


でも、まずは、極端にいきがちな

「何がいけない?」

「何が悪い?」

という考え方に気付いて、修正することかな。


そこから抜け出すと、

生き方、考え方、付き合い方の選択肢が増え、

自分の自由度が増えますよ♪


 


☆☆☆

☆おすすめ無料メール講座☆

イライラとの付き合い方 3ステップ


ご登録はこちら↓↓


メールセミナー


 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)