タロスのこと③(長いです)

テーマ:
どうも、こっさんです!
いつもご訪問ありがとうございます。
 
前回の記事がアメトピに掲載していただけたみたいです。
ありがとうございました!
 
アメトピから来た下さり、読者登録&イイネ、コメントしてくださった皆様ありがとうございました。
前回の記事に優しいご意見、厳しいご意見、どちらもとてもありがたく、また参考になりました!
ただ、あまりにも攻撃的なだけのコメントは
コメントを読んだ人も嫌な気持ちになる可能性があるので
いくつか削除させていただきました。
申し訳ございません。
 
私の表現力が乏しいせいで
色々と誤解をさせてしまったところもあると思います。
大変申し訳ございません。
 
あと、少し時系列が記憶違いによりぐちゃぐちゃになっております。
前回の記事で「2か月しかたっていない」と書いていますが、この時の体育は学年での運動会練習だったので5月半ばの話です。
なので、「2か月も経っていない」が正しいです。
 
よろしくおねがいします。
 
では、前回の続き
 
タロスが体育の授業中ずっと教室へいた話
それを先生に連絡帳で尋ねる&明日先生の都合が悪くさえなければ学校へ聞きに行くことを、仕事から帰ってきた夫に話ました。
 
教室にいたこと、連絡帳に書くことについては
驚きと「うんうん」という感じだった夫ですが
 
学校へわざわざ聞きに行くということについては
 
 

 

「そこまでするん?怒りに?ママモンペやんwww」

 

と言われました。

 

 

私は別に

 

「んもう~!!うちの可愛いタロスちゃんを教室に一人放置ってどういうことなの!?この学校は、先生はどうなってるザマスか!?」

 

と言いに行くつもりではありません。

 

 

タロスが言っていることは本当なのか

そしてもしも、それが本当なら

先生にもお願いや相談をしたいと思ったからです。

 

確かに連絡帳に書いてその日のうちに

先生の返事も待たずに「行きます」というのは

余りにも強引すぎたかなとは今になっては思います。

 

しかしこの先生

実はこの事件が起こる前にも

家庭訪問の時間を完全に忘れられていた。

ということをやらかされていまして

 

「あれー?さすがに1時間も遅いのはおかしいなぁ?」と思い学校へ電話してみると

 

「すみませんすみませんすみません(エンドレス)」をされ

電話での話はまともにできないなと思ったのです。

 

(この話は直接タロスに関係ないので書きませんでしたが、その時点で少し不信感はありました。)

 

そこからあまり日も経たずのことだったので

少し腹が立っていたのは確かです。

 

 

 

というわけで
「もしご都合が悪ければ申し訳ないですが携帯の方へご連絡ください」
という一文も添えて、連絡帳へ書いたのです。
 
連絡帳だけで済む話かもしれませんが
連絡帳の文章のみだと読み取れないものもあると思ったので。
 
 
めっちゃ緊張しました。
人とまじめな話し合いというのは、私自身もすごく苦手なので。
本音をいうと「行きたくない」なのですが
タロスの今後も考えると、こんなことぐらいで
避けてたらいかんなと。。
 
学校に着き、事務室の先生へ
「1年〇組のタロスの母ですが、××先生いらっしゃいますか?」
と呼び出していただき、担任の先生がすぐにやってきました。
 
「お世話になります。すみません突然…」と言っているのを遮るかの如く「すみません」攻撃。
 
 
最近、ほんとにモンペが多いのかな。。
先生ってこんなに低姿勢で謝り倒さなきゃいけないの?という気持ちになりました。
 
「いえいえ、こちらこそホントすみません」ということを伝え
応接室へ通されました。
 
 
そしてさっそく本題へ
 
 
 
「体育の授業中、タロスくんが一人で教室にいたということでしたが」
 
 
 
 
 
「私、全然気づかなくって、連絡帳を今日見てすごく驚きました!」
 
「それでみんなに聞いてみたんですけど、確かにタロス君、一人で教室へ戻っていってたという子がいまして…」
 
 
 
え、え、マジか。
 
 
 
タロスから聞いた話では
 
体操服を忘れたから自分は体育ができないと思った。
なので教室に一人で残った。
授業が終わり先生とみんなが帰ってきたときに
先生に「次は忘れないようにしようね」と言われた。
 
と言っていたので、
てっきり先生は知っていると思っていたので
 
私が連絡帳に書いたものを見るまで知らなかったということに
びっくりしてしまいました。
 
しかし、話を聞いたところによると
 
その日は体育館で学年での運動会練習で
クラスごとに並んで移動するので廊下に整列していた。
その時に一度点呼をとり、タロスの体操服がないことに気づいた。
それで「今度は忘れないようにね」という声かけをして皆で移動。
 
クラスの他の子の証言では
その移動の時にタロスがふらふらーっと教室へ帰っていったらしいです。
 
そして学年での活動で、ダンスを教えるので
先生は前に出て全体に教えていたので
学年全体から見たらひとり足りないなんて
気づくのは難しいでしょうね。
 
やっぱり多少タロスが言ったことと
先生が言っていることは違うみたいです。
 
ううーん、体育館についたあとに
もう一度点呼を取れば気付いた話ではあるのだけど
 
そこまで言うのもどうかなと思いますし
 
やっぱりタロスにももう一度ちゃんと
言うべきだなと思いました。
 
 
今後もし何かまたありまいたら、教えてくださるとありがたいです。
 
と、伝え
 
「今日はお時間を取らせてしまいすみませんでした」
 
と帰ることにしました。
 
 
そこで前々から気になっていたけど
すこし楽観視していたものの
もう少しきちんと考えていかなければなと思いまして
 
教育相談とスクールカウンセラーへ申し込むことにしました。
 
 
 
つづきます。
 
こっさんでした!
 
とりあえず続き物書くときはコメント欄閉じたほうがいいと聞いたので、今日はコメント欄閉じます!
 
 
 
 
 
そして余談。
タロス1年時の担任の先生は、教師2、3年目(くらい)でこの年初担任を受け持つ先生だったらしく、若い女の先生です。
初めての担任できっと不安など色々あったでしょう。
初めて担任を持つ先生に全てを任せっきりにしたり、怒りをぶつけるつもりは全くありません。
書いていないことは沢山あります。
タロスの今のコトを話すにあたって、思い出しながら、気になったところだけをピックアップして書いています。
フォローだってなんだって、できる限りのことは多少足りない部分もあると思いますがやっています。
別日に設けてもらった家庭訪問時にも話しましたし、学校での様子も聞きました。(この時は特に心配な面はないと聞きました)
でも先生も初めての担任、私も初めての小学校でわからないことだらけです。
至らない点はたくさんあるでしょう。
タロスだって、私だって、先生だって人間です。失敗することもあります。反省だってします。
厳しいご意見を頂き、そうかぁそうなのか。と反省しました。
そういう見方もあるのかという視野も広がりました。
ありがとうございました。
 
今後も今のタロスに行くまでしばらくタロスの話が続くと思いますが、見ていて気分がよくないなと思いましたらスルー頂ければ幸いです。
 
よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
AD