ヨーロッパ、女一人旅 ~パリが恋しくて

2007年フランス・パリに留学。2012年フランス・ロワールの古城で挙式。カメラ女子&フランス愛好家co malicoの旅ブログです。ヨーロッパ、アフリカ、海外リゾート旅行記、地域別にテーマをわけたフランス国内旅行記、パリのレストラン情報、フランス土産…いろいろと。


テーマ:


ギャルリ・ヴェロ=ドダ GALERIE VERO-DODAT

ジャン=ジャック・ルソー通りとブロワ通りの間にギャルリ・ヴェロ=ドダが開通したのは1826年のことでした。


このパサージュ名の由来は、ブノワ・ヴェロとドダという親の代までシャルキュトリーを営んでいたという人物の名前だというのです。

フランス革命の後の大混乱時代に、投機によってブルジョワジーの仲間入りを果たしたヴェロとドダ。
1819年にブロワ街とジャン=ジャック・ルソー通りに面する細長い土地を手に入れると、当時パリで大流行していたパサージュを作ることを計画し、実行しました。

パサージュ・ブームの火付け役となったパサージュ・パノラマが建設されたのは1799年のこと。パレ・ロワイヤルと並ぶ人気の盛り場となりました。

 コチラパリで現存する最古のパサージュ、パサージュ・デ・パノラマ 

 コチラパレ・ロワイヤル~かつてのパリの中心、宮殿の中庭に設置された商店街-前編-

 コチラパレ・ロワイヤル~かつてのパリの中心、宮殿の中庭に設置された商店街-後編-



パサージュを造るにあたって、ヴェロとドダには新しい盛り場となる勝算がありました。
ジャン=ジャック・ルソー通りには、郵便馬車の発着場、
ブロワ通りには、大型乗合馬車の発着場があること、
そして、パリで一番の盛り場だったパレ・ロワイヤルからすぐそばにあるという立地条件のもと、
必ず自分たちのパサージュは人が集まると考えました。

集客と話題のために、惜しみなくお金を使ったヴェロとドダ。

店舗のファサードには透明ガラスを多く使い、壁は鏡で覆い、床には黒と白のタイルを敷き詰め、天井のガラス以外の部分には、寓意的な天上画で飾り、ネオ・クラシック調の豪華でシックな雰囲気がでるような造りにしました。

8月のバカンスシーズンだったので、お店は全て開いていませんでした。
しかし、そのお蔭で通行人が少なかったので天井画をゆっくりと眺めつつ、どんなお店が入居しているのかを眺めつつ“抜け道”を通り抜けられました。


当時は、ガス灯でライトアップされていたパサージュ。現在は電灯にかわりましたが、ロマンティックな雰囲気は残されています。

細かな装飾も美しい当時のまま残されています。

“パサージュよりも高級なパサージュ”という意味で「ギャルリ Galerie」という新名称をつけたギャルリ・ヴェロ=ドダ。
豊かさを追求する時代の好みにマッチして大盛況となります。
流行業種の店がテナントにはいったり、有名人もこのパサージュに入居したため、開通から10数年間は華の時代を迎えました。

1階部分は店舗、2階以上にはアパルトマンが同居したパサージュ。


1840年代になると、グラン・ブルヴァールにパサージュ・ヴェルドーやパサージュ・ジョフロワといった天井にガラスと鉄をふんだんに使った新しいタイプのパサージュが建設され、ギャルリ・ヴェロ=ドダは「薄暗い」だことの「換気が悪い」だことで非難されるようになりました。

建設当時は天上の骨組みに木を使っていたため、開口部を多く取れなかったのです。

現在は、鉄にフレームがかわったので、当時よりもずっと明るくなりました。

ギャルリ・ヴェロ=ドダに陰りが見え始めると、一気に時代はギャルリ・ヴェロ=ドダを忘れていくことになります。
19世紀半ばになると、パレ・ロワイヤルが賭博禁止令と娼婦追放政策によって衰退し始めました。
また、産業革命によって、鉄道は開通し、長距離乗合馬車も不要となり、ブロワ通りに合った大型乗合馬車の発着場メサジュリ・ジェネラル・ド・フランスは1880年頃廃業しました。

ギャルリ・ヴェロ=ドダ周辺から、人が完全に消えてしまったのです。

盛り場でなければ商売にならない業種のテナントは全て撤退し、骨董屋や古本屋といった店舗のみが残り、破壊されることもなければ手を加えられることもなく“保存”されてきました。

現在は、ブティックが入ったり、テナントが入っていない店舗にはアート作品が飾られたりして、通行人を楽しませてくれています。

入居している店舗の名称は、統一され趣を感じる「看板」によってファサードにつけられています。


お店の中に入れなくとも、外から覗き見するのが楽しいパサージュ巡りです。


ブロワ通り側に出ました。

出入り口の上に2体の彫刻。
ヴェロとドダかしら?なんて勘ぐってしまいますが、

左の像はヘルメスの像、右の像はサテュロスの像。なんとギリシャ神話に登場する神と精霊です。


最後までお付き合いいただきありがとうございます。

最後のお願いです。↓にもクリッククリックお願いします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

co malicoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。