こちるの独り言ち

私が書きたい時に書きたい事を書きたいだけ書いて書いて書き捲るプログ


テーマ:
+--見た人はすぐやるバトン--+
START!!!    

→ルール
見た人は全員やる。

って書いてあったからやります♪

☆今、どこに居る?

アメリカ、L.A.、コリアタウン、ノルマンディーホテル、部屋~♪


☆今、一番近くに誰が居る?

誰もいね~よ♪


☆今、どんな服装?
 
ユニクロのインナーパンツ♪ブルーのタンク◎


☆今、何食べたい?

トムヤムクン☆今晩飯抜きだった。ホントは何でも良い。


☆今、何飲みたい?

ボバ。


☆今、真後ろには何がある?

なんての?アレ。ベッドの頭の所にある壁みたいなヤツ。


☆今、まわりを見渡して、いちばん目についたものは?
 
テレビのアンテナ…、割と存在感あるんだな…。

 
☆今、誰に会いたい?
     
ヒロちゃんとか直ちゃんとか彩ちゃんとかマサユキとか胸毛?…言い出したらキリない!!!!


☆その人に今伝えたいことは?
 
愛してるchu━━━(☆´3`(★´3`(☆´3`(★´3`(☆´3`)━━━!!!
(ヒロちゃんからの受け売りで…)

☆今の体調は?

絶好調…とは胃炎。

☆いまの気持ちは?

I miss you…♪

おやすみぃぃぃ~♪★おやChu(●´ε`●)uuh!みぃ★
AD
 |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今週一週間学校は春休みだす。
ここんとこメッサ忙しかったので昨日は一日中ブッ通しで寝てた。
起きたんはほとんど飯の時間だけ。
今週もいろんな人と会うんだけど、学校が無い分まだ気が楽。
丁度良いつっちゃ丁度良い時期に休みになったなぁと思っとります。

今日は朝からずっと雨。(つっても日本は今真夜中だよね)
最近のL.A.は日本みたいによく雨が降る。
L.A.じゃこの時期が雨期にあたるんだって。
L.A.は日本と比べると気温が10度は温かいし、雨が降るっていっても全然気持ち悪くない。
空気も乾燥してるから雨が返って気持ち良く感じることさえある。
私は未だに自分の傘持ってないしね。

今日は天気良くないし外へ出たくないんだけどサンタモニカの近くまで行かなきゃいけない。
ぐぁんばりますぅ~!!!p|  ̄∀ ̄ |q ファイトッ!!
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
最近はですね、何かと平和にやっとるとです。
アメリカじゃ、昨日(3月17日)は『Saint PATRICK's Day』と言うお祭りの日でした。
文法の先生のMattewがその歴史について先日教えてくれたんだけど、聖パトリックってのはアイルランドの守護聖人なんだそう。
1849年に "Irish Potato Famine" と呼ばれる飢饉がアイルランドを襲いましてね。
その飢饉でポテトが不作でどうにもならんかったらしいです。
それでポテトが主食のアイルランド人は餓死を逃れるためにアメリカに渡って来たとです。
すぐお隣のイギリスとはその頃ものすご~く仲が悪かったらしい。
そいでアメリカに渡って来たんだけど、最初は差別やなんやで大変。
移民して来た新参者はいつの時代も良い歓迎はされんもんだす。
それでもアイルランド人はその頃すごく有力者だった警官になって自分たちのコミュニティーを守っていったりして今の地位を確立した。
そんなタフな歴史を記念して祝う日がこの『Saint PATRICK's Day』らしい。
一年に一度のこの日にはみんなアイルランド人の象徴である緑色を身にまとう。
そうしないと誰にでもツネってもいい決まりになってるんだって。
私も緑色のタンクとピアスを身につけて学校へ行った。
元々アイルランド人の血を引いているMatthewが珍しくグリーンの服を着て来てた。
Matthewはいっつも黒色の服以外は着ない人なんで皆が驚いてたよ。
Matthewが今夜はどこのアイリッシュパブでもアイルランド人が飲んで歌って踊ってケンカして(アイルランド人は血の気が多くケンカが大好きらしい)仲直りしたりしてスンゴい楽しいから是非体験してみてくれ、って言ってた。
私はまだ決めかねてて聞くだけにとどめておいたけど、スンゴい楽しそうなんで結局アイリッシュパブへ行って来た。
アイリッシュの顔立ちとか元々大好きだしね。
友達はみんな都合が悪かったんで一人で夜9時くらいからバスでFairfax Ave(ビバリーヒルズのちょいと東だね)の『Molly Malone's Irish Pub』ってトコへ行った。
店の前は行列ができてるし、ニュースで放送するのかテレビ局まで来てた。
アイリッシュの行列の中に東洋人で黒髪の女一人。
グリーン着てるから仲間に入れてくれや。
ってんで、チャージ$10払って(えっ、何で???)、IDをセキュリティーのオッサンに見せて入店。
床はビールのせいでベタベタして歩く度に「バリバリッ」って床から靴底が剥がれる音が聞こえてきそうな勢い。
取り敢えず人込みをかき分けてカウンターでギネス(アイリッシュの真っ黒なハイカロリーのビール)を頼んで更に奥へ奥へ。
奥でがたいの大きいセキュリティの黒人女性(お察しはつくかと…)がもっと奥へ誘導してたんで、「奥に何があるの?」って聞いたら、「バンドのライブがあるし、飲めるしタバコも吸えるから行っておいで。」って教えられて「サンキュー。」ってまた更に奥へ。
あ、そか、さっきチャージ払ったのはバンドの演奏があるからなんだね。
そこはイギリスに迷い込んだようなレンガ造りのライブハウスになってた。
アイリッシュがひしめき合っててすんごいエキサイティングな空間が出来上がってる。
上手く人込みをかき分けてる内になんか最前列に出ちゃって。
バンドは『i-94』って言って私好みのRockをやってくれました。
いやぁ~、熱かった!
CDも買っちゃった。
↓この彼等のHPで試聴できるよ!!

http://i94music.com/media.aspx

結局すぐに帰るつもりが最後までライブを見ちゃって部屋に帰ったら夜中の2時やった。
ホテルに帰ってフロントにいたコージー(ペルー人)に早速話をしたら緑色の飲み物を飲まなかったか聞かれて、飲んでないよって言ったら「来年試してみなっ。」だって。
よっしゃっ、ほなまた来年のこの日もアイリッシュパブへ行こうっと!!!
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:
私の大親友のヒロちゃんがとうとう日本に帰ってしまいました。
今朝ね。
昨夜は夜中までみんなでお別れパーティー。
あんなに帰りを惜しまれる人も珍しいと思う。
それぐらい良い子。
ホント良い子。
Hiro-6

どっかのお店のスタッフとヒロちゃ♪ん

歳はひと回り以上も違うし、出会って間もないのにすぐに意気投合してね。
親友を見つけるのに場所も期間も歳も何も関係はないんだなと思いっきり思い知らされました。
彼女は紛れも無くノルマンディーホテルのアイドルですた。
たまたま同じ日にL.Aへ来て、二日後の朝食時に食堂でバッタリ会って話しかけたのが切っ掛け。
それからはどこへ行くのも二人一緒で。
ヒロちゃんは人一倍寂しがり屋だし、よく私の部屋へ来ては泊まって寝てた。
Hiro-3

初めは207号室にいて、ヒロちゃんがなんか変な物音がするって私の部屋へ夜中に電話をかけてきて。
心配になって、「すぐ行くから待ってな。」って言って彼女の部屋へ行って。
次の日には私の部屋の隣へ引っ越して来て、それでも怖いって私の部屋にずっと居て。
でもなんか彼女がずっと私の部屋へ居ても空気みたいに自然で。
クローゼットに洗濯物を干す時も怖いから側に居てほしいって彼女の部屋へ呼ばれて。
彼女がクローゼットで物干ししてる間、後ろでずっと話し相手になってて。
あぁ、ダメだぁ、やっぱ泣けてくる。
早くもヒロsickだよ。
さっきまではいつも通りに、「シゲさんお腹空きましたぁ。マクドに付いて来て下さいよ。」って笑顔でヒョコッて帰って来そうな気がしてたんだけど。
Hiro-4

やっぱり彼女はもうここには居ない。
ホテルの皆もそれぞれ違った孤独を今感じてると思う。
Hiro-5

★☆★大の仲良しのダンサーgirls★☆★

左から、Hitomi★彡、ヒロちゃ♪ん、・。・motomi・。・

それくらい特別な存在だった。
もう涙が止まらない。
マジで後から後から溢れてくる。
でも嬉しいよ。
こんな涙が流せて。
私もこんな風に泣くことができたんだな…。
ヒロちゃん、ありがとう。
日本でも頑張ってネ。
何かがあればいつでも私の名前を呼んで。
何があっても駆けつけて行くから。
また逢える日を夢見てる。
その日まで。


Hiro-1

Takaとヒロちゃ♪ん
 |  リブログ(0)

テーマ:
今日はとうとうプリンターを買おうと思ってお昼にロビーへ降りるとKeita君が居た。
Keita君はホテルのフロントで働いてる青年で、とっても物知りだし英語ペラペラだし親切だしとぉっても頼りにしてる。
「ボクこれから車で出かけようかと思ってるんだけど来る?」って言われて二つ返事でYes。
プリンター買いたいって言ったらThe Groveへ行こうか?って、やっぱ親切だぁ~。
ウズベキスタンから来たノーズって言う青年も一緒に同行。
私は一体一日に何カ国の人々と会ってるんだろう?Ψ( ̄(エ) ̄)Ψ
The Groveってファーマーズマーケットに隣接して2002年3月にできたL.A.のモール。'30~'40年代のL.A.の町並みがきれに再現され、おしゃれな街頭や噴水などノスタルジックな雰囲気が印象的。映画を観て食事や買い物を楽しむ地元の人々でいつも賑わっている、らしい。(by 『地球の歩き方』)
でも今日はThe Groveの中にあるMAC StoreでEPSONのプリンター複合機を$99で買って(安っ!)すぐに帰りました。
途中BESTBUYへ寄った。
電化製品のたぐいはここへ行けば大抵揃ってるのです。
そこでプリンター用の用紙を買った。
ホントは山の麓までドライブするはずだったんだけど、私が引っ張り回したせいか行ってるヒマが無くなってホテルへ引き返した。
あんなに綺麗な麓が目と鼻の先まで見えてると言うのにぃ。
ゴメンネ、Keita氏。。。(。-人-。)しかもBOBAまで御馳走になっちゃって。。。
ノーズもプリンターを部屋まで運んでくれて、とってもジェントルマンですた!!
こっちでは男性がとっても優しくってドアは開けて待っててくれるし、重い荷物を持ってくれたりと私には勿体ないくらいに紳士的♡

さてさて、部屋へ戻ってプリンターを設定。
と思いきやMicrosoft Office 2001で作成してた文章がコピーできない???
Office 2001は一昔前のソフトだからMACではいつもOSXじゃなくてClassic使ってんだよね。
そしたら新しいプリンターがOS9を推奨してなくて。
結局使いもんにならんじゃないかぁ!(`(エ)´)ノ_彡☆ブーブー!!
明日Office 2004を買いに行くズラ。
なんか出費多いなぁ。
頑張って元取ろう。
 |  リブログ(0)

テーマ:
前回の「雪だからこそ仕事へ行きます」を受けての説明を補足して彼へメールを送った。
また会ってくれるかなぁ。八(^□^*) タノム!!


拝啓(はい,けい)
お元気ですか?
私は元気です。
日曜日は私と会って下さって本当に有り難うございました。
アカデミー賞(しょう)を一目(ひと,め)見たかったのですが、待(ま)ち合(あ)わせ場所(ば,しょ)にハリウッド・ハイランドを選(えら)んだのは私の間違(ま,ちが)いでした。
寒(さむ)い中をかなり歩(ある)いたりして大変(たい,へん)でしたね。
ごめんなさい。
「だからこそ~」の意味(い,み)と使(つか)い方(かた)を貴方(あ,なた)に理解(り,かい)して頂(いただ)きたかったのですが、説明(せつ,めい)が不十分(ふ,じゅう,ぶん)だったように感(かん)じるので下記(か,き)に補足(ほ,そく)しておきます。

敬具(けい,ぐ)

co-buddhaより
******************************************************************************************
◆[だからこそ]=[だから]+[こそ]

「だからこそ~」は前にある「だから」を「こそ」で更(さら)に強調(きょう,ちょう)している意味。
ある事実(じ,じつ)を一度(いち,ど)認(みと)めておいて、「だからこそ」の後に、対立的(たい,りつ,てき)、あるいは、否定的(ひ,てい,てき)な意志(い,し)を述(の)べることによって、逆境(ぎゃっ,きょう)にも関(かか)わらず意志を貫(つらぬ)きたいという決意(けつ,い)を表(あらわ)す時に用(もち)いる。

①逆境「雪(ゆき)」
      
②だからこそ「だからこそ」
                            
③決意「仕事(し,ごと)へ行かなければならない」
                            
◎正(ただ)しい文「雪だからこそ仕事へ行かなければならない」

×間違(ま,ちが)った文「雪だからこそ仕事へ行きます」
《なぜなら「仕事へ行きます」という文は「私は仕事へ行く」という情報(じょう,ほう)であり決意(けつ,い)ではないので、「だからこそ」という言葉(こと,ば)を使(つか)う意味がない》
******************************************************************************************

貴方(あ,なた)のために説明文(せつ,めい,ぶん)を作(つく)ってみましたが、理解(り,かい)して頂(いただ)けましたでしょうか?
もしよろしければ、「だからこそ」を使(つか)って文を作(つく)ってみてください。
お返事(へん,じ)を楽(たの)しみにしています。

I appreciate thank you very much for reading.

co-buddha,
 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日は13時にハリウッドハイランドのコダックシアター(アカデミー賞授賞式会場)へ行く予定でホテルを跡にしたのですが、なんとハリウッドハイランド付近の交通機関はすべて閉鎖。
メトロのハリウッドハイランド駅の一個手前でヴァイン駅っつーところから、Takayuki君と今朝L.Aに到着したばかりだというNori君と三人で一緒に行きました。
車道は歩行者天国かと思いきやリムジン専用の通り道になってて、セキュリティやらスワットまで出動してますた。
生ガンとか生ライフルとか見た。
一体どっから持ってきたの?ってくらいの分厚く重たそうなコンクリートのフェンスが車道にガコンッガコンッって設置されてて、戦車でも通るのが難しい通りになってた。
明らかにテロリストを警戒している模様。
しばらく歩くと人も次第に多くなってきて歩道も歩くのが困難になってきた。
やっとハリウッドハイランドの四つ角へ出た時に今日会う約束になってたアメリカ人の男性から電話が入った。
近くまで来ているらしいが、なんせこっちは身動きが出来ない。
なんとかこの人込みを脱出してから再度連絡すると言って電話を切り、Takayuki君Nori君と別れた。
ちょうど角へ差し掛かった時に足下にクォーターダラー銀貨(¢25)が落ちていた。
拾いたかったけど早く彼を見つけなければならなかったので、先を急ごうとしたら痴漢に遭遇した。
頭には急がなければならないのと¢25とMovie Starsを見たいのと痴漢に遭ってるのでゴチャゴチャ。
なんか最近この系の問題が多いなと思いながらヤツの手を必死に押し払ってなんとか人込みを抜けた。
よく見える位置へ行くと肝心のコダックシアターは高い垂れ幕で完全に道路の向こうが見えないようになってて、リムジンが通る度に垂れ幕が開いては閉じられた。
どっちみちこれじゃ少しも赤絨毯の中が見れたもんじゃない。
人込みを抜けたとこでクラスメートの中国人ハリーとラリーに会った。
とにかく彼を早く見つけなければならなかったので軽く挨拶を交わしただけで早々にバイバイして、彼に電話しながら手を振って合図してやっと気付いてもらった。
とにかくこれでもうMovie Starsは見れないけど彼を見つけることが出来たのでホッとした。
目の前を長~いリムジンが何台か通り過ぎて、「あ~、きっとこの車の中にハリウッド俳優たちが乗ってるんだろうな~。」と横目で見ながら。
あんま良い写真も撮れんかったとです…。。。_| ̄|○

アカデミー1

ニュースの中継?


アカデミー3

★☆★友達が写した写真★☆★


アカデミー2

リム待ちしてる人等


ホンマ、ごめん皆。(;´Д`)

近くのお店はほとんど閉店してたので見つけるのに苦労したけど、なんとかカフェを見つけてそこで日本語のレッスンをした。
彼は既に外国人向けの日本語検定で三級を取得しているので説明はすべて日本語で行なった。
「興味深い」の意味と使い方。
「~のせいか」と「~のせいで」との違い。
特に興味深かったのは「だからこそ~」の意味を問われた時だ。
試験や教科書でよく登場する言葉だけれでも未だに理解できていないと言う。
説明を根気強く続けていく度に「だからこそ~」の意味を理解してもらうのは大変難しいことが分かってきた。
どんなに説明しても「雪だからこそ仕事へ行きます。」などという不自然で不可解な答えが返ってくる。
「だからこそ~」を噛み砕いて説明すると「だからこそ~」は前に来る「だから」を「こそ」で更に強調している意味と、ある事柄を一応認めておいて、それに対立的、あるいは、否定的な事柄を続ける意味とがあると思われる。
だけどそれを日本語学習者へ説明しても、結果、「雪だからこそ仕事へ行きます。」になるのだ。
どのように上手く日本語学習者に伝えることが出来るだろう。
何か良いアイディアがあれば教えてほすぃ。(-ω-;)ウーン
 |  リブログ(0)

テーマ:
今日はね、朝から一人でダウンタウンの中にあるリトル・トーキョーへ行ってまいりましたぁ。
あんまり興味は無かったんだけど、ランゲージ・エクスチェンジャーズの為に日本語の教授法を私也に勉強せねば申し訳ないなと以前から思ってて、リトル・トーキョーの中に紀伊国屋があるって聞いてね。
私ね、本を選ぶ時はメチャクチャ時間がかかるの。
特に今回は定価では買えないので余計に神経を使った。
「初級日本語文法と教え方のポイント」、定価2,000円。
ドル価格で28ドル、プラス税金約8.24%。
高っっっっっ!!!
合計30.30ドル、今日の為替レートが1ドル116.42円(ロイター・ジャパン)だったから日本円で3,527円。
他にも2冊買ったんで、合計3冊で66.19ドル。
日本で買うと定価合計4,230円。
あー、これ以上考えないようにしよ。
あとね、友達に「なめ茸」を買った。
お土産屋さんはインチキ臭い品物が多かった。
こりじゃ日本の本当の良さが伝わらんじゃないかぁ。
ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆ムキー!
お昼はオロチョンラーメンってトコで醤油ラーメンを食べた。
興味本位で入ったけど、私は元々ラーメン好きではないのでまた再び訪れることはないだろう。
味はメチャメチャ旨いワケでもなく不味いワケでもなく " SOSO " ですた。
その後、いつも電化製品ではお世話になっとるBESTBUYへ行ってUSBケーブルを買った。
これまた35ドルくらいかかって…、イタタタ。。。_| ̄|○
なんでこう何でもかんでも高いのかしら。
んで、やっと帰って不味いホテルの飯食って部屋へ帰った。

明日はねー、Hollywoodでアカデミー賞があるの。
こっからメトロで30分くらいかなぁ。
5時かららしくって、ハリウッド俳優を見るために沢山の人達が早くから集まるらしいから一応行く予定にしてるけど俳優を見れるかどうかは分からん。
初顔合わせのアメリカ人と会う約束をしてるんだけど、彼は「芸能人」には興味が無さそう。
いいんです、いいんです。( ̄ω ̄=)ノ” ⌒*
ミーハーとでも何とでも呼んでくらはい。
ハリウッドじゃ一年に一度のイベントかも知れませんが、私にとっては一生に一度有るか無いかのチャンスですから。
 |  リブログ(0)

テーマ:
昨日の夜、誰かがドアをノックしたのでまた友達だろうと思ってドアを開けると知らない男性が立ってた。
そばに明らかに韓国人と思われる女性もいて、なんかの間違いだろうと言おうと思ったら。
韓国語で「アンニョハセヨ。」って言われた。
「I'm a Japanese.」って肩をすくめると彼は自分の頬を平手でたたいて日本語で「ボクはバカです。」と言った。
そして別の部屋でパーティを開いてるからもしよければ来ないかと言う。
体よく断ろうとしたら日本のどこから来たのかと尋ねられて、兵庫だとかなんとか答えてると「ちょっと部屋に入っても良いか。」って聞かれた。

彼が言った事、
アメリカンでオレンジカウンティからやって来た。
最近はL.Aに居てしばらくここに留まるらしい。
今は英語を先生をしているらしい。
でも生徒がまだいないらしい。
彼はアメリカに飽きているらしい。
アメリカ人の女性はワガママだから嫌いだと言っていた。
金髪の女性に8万ドルの車を貢いだらしい。
それでもその女性は「有り難う」の一言も言わなかったと、彼女の事を日本語で「バカ」と繰り返していた。
彼は5つか6つのTATOOをしていたが『ヤクザ』では無いと弁解していた。
その内の一つはアメリカのギャングの印だけど、そのギャングとも関わりがないと言っていた。
そしてそれらはほとんどが眠っている間に弟が悪戯で彫ったものだとも。
彼は空手はできないが、カンフーが出来ると言っていた。
彼は4年間東京で暮らしていたらしい。
そこで『マサミ』って女性と結婚をして、彼女は子供を身籠ったけれどもハリウッドの自宅で口論になって、彼が仕事へ行っている間に彼女は家を出て行ったらしい。
彼女のために買った家はハリウッドに置いたままで戻れない。
そこに居ると一人っきりで自殺しそうになる。
彼はピアノが弾けると言っていた。
コンピューターのプロフェッショナルだとも言っていた。

彼は何かの拍子によく自分の頬を引っ叩く癖があるので、「You souldn't do that. It looks so ugly.」と言った。
人がやたら自分の馬鹿さ加減を露骨に表現すると、それは返って私の不快感を誘う。
これらを喋っている間、勝手に冷蔵庫を開けて何本もビールは飲むわ(最初は私が出したけど)、次第に近づいてきて歌いだすわ、手は触るわ、首筋に触れとか頬にキスしろみたいな素振りを見せるわ、私が嫌がると「レズなのか?」って聞くわ、「子供時代に問題があったんだろう。」とか、もう、とにかく無茶苦茶で。
「OK!! That's enough!!! Don't touch me!! Don't close to me!!」って怒った。
それでも帰る素振りが無いんで友達に電話を掛けなければいけないと言って電話を掛けて日本語で女友達に、ワケは後で話すからとにかく15分後に電話を鳴らしてそれから部屋に来てくれって頼んだ。
その待ってる間の15分がやたら長くて、私にとっては1時間くらいに感じられた。
私はさっき私の部屋に男友達がやって来た時に、心が助けを呼んでいるのに自分自身気付かなくって、助けを求めることが出来なかった事を悔やんだ。
女友達に電話を掛けて初めて、「あ~、もうマジで嫌」って思うようになって。

女友達が来て彼女を紹介した後に彼が一緒に飲まないかみたいな態度をしたので、すかさず、「彼女が私に相談あるみたいだから悪いけど帰ってくれる?」って言うと、「20分後に戻って来ていいか?」って聞く。
「明日は学校だからもう寝ないといけない。」って答えると、「何時に学校が終わるんだ。」って言う。
「さっきも言ったでしょ?私は明日予定があって帰るのは遅くなるよ。」って言うと、彼の顔から笑みが消えて何も言わず目も会わさず部屋を出ていった。
一応、嫌な人だけど口論にならないように彼が傷つかないように気を使ったつもりだったけど、彼にとっては意味の無い行為だったよう。
女友達が帰った後、夜中にノックと電話があったけどもう無視した。

あれからなんで彼を部屋に入れてしまったんだろうって悔やまれて仕方なかった。
あ~、明日から顔を合わせるのも疎ましい。
朝になって学校へ行こうと階段を下りていると知合いに呼び止められて、「昨日、泥棒が入って#○○○(room number)の部屋の人が600か700ドルくらい盗まれたらしいよ。」って教えられた。
あ、昨日の男が来て欲しいって言ってた部屋だ。
話を聞いても、どうやら私の部屋に入って来た男らしい。
彼はここの住人でも何でもなくって、その#○○○の住人が連れてきた人らしい。
その住人が二三日付き合っただけでその男をすっかり信用してホテル内へ連れ込んだと言うのだ。
その住人は騙された上に大金を盗まれちゃったワケ。
幸いかな私は何も盗まれなかった。
それにその男はどっかに逃げてホテルから出て行ったらしいから、私としては無駄な心配の種が消えてホッとした。
しかし悪いヤツを目の当たりにしてビックリ。

その男と話をしている間、私は彼に「君は幸せそうに見えないね。これは私が知っている哲学者から聞いた話だけど、信用は人を弱くするんだって。だからそう人をすぐに信用しない方がいいよ。」って言った。
彼はその言葉にすごく憤慨して、汚い言葉で私の知人を罵って「君はそんな言葉を信用しちゃダメだ!」って言った。
私がそのワケを問うと彼は、「Fu○kin' philosophy!!」とか、「I don't care about fu○kin' degree!!」とかばっか言ってて。
彼は彼なりの主張があったみたいだけど、なんと皮肉かな、結果的に彼は彼自身の行為によって彼自身の主張を否定した。

なんて、なんて奇妙な経験だったんだろう。
 |  リブログ(0)

テーマ:
日曜日、久し振りにKellyに会ってパサデナへ行ってまいりやした。
Kellyはとぉってもキュートな26歳のランゲージ・エクスチェンジャーで、ブロンドがかった髪と説明しづらい瞳の色をしてる。
ベジタリアン、映画撮影カメラマンの卵。

この間は彼女のアパートへ招待されて、彼女の彼氏と三人でディナーを食べた。
全部ベジタリアンだったけど、あんな美味しい食事は初めて!!
サラダとレッドビーン煮に私の大好きなcilantro(日本語で何て言うか知らん)が入ってた。
ピーマンの肉詰めの代わりに豆とチーズがたくさん詰まったヤツも滅茶旨かった!!
私はバドを一箱とキリンの一番搾りを半ダース持ってった。
あ、Kellyの彼氏はEricっていう名前で、響き通りスリムで背が高くて男前。
彼もプロのカメラマン。

日曜日はL.Aにしては珍しく雨が降った。
私がここへ来て、もう一ヶ月半は経つのに雨が降ったのはこれでたったの三度目。
ほとんど雨が降らないせいかL.Aでは傘をさす人の方が少ない。
車でパサデナまで移動している間も、ずぶ濡れで歩いている人を数人見かけた。
パサデナはダウンタウンの東北にあってアウトサイド・モール?がいっぱい。
アジアンも少ないから気分的にとても過ごしやすい。
私はKellyに案内されてアンティーク・モールへ行った。
フードをかぶって「Are you ready? GO!!」って走って移動。
アンティーク・モールはアメリカの骨董品がいっぱいあったから、思いっきりアメリカの歴史の一部に触れまくった。
その後、入浴剤の専門店へ行ってイロイロ説明してもらった。
すごく良い香りがした。
ケーキみたいにデコレーションされてて食べられそうなくらいに可愛い石鹸みたいなヤツは、お風呂に入れると一気に泡を作ってバブルバスになるんだって。
あと楽譜屋さんを見た。
Kellyはチェロが弾けるのです。
その後、二人ですんごくアメリカンなバーへ行って日本語をKellyに教えた。
もれなくビールをピッチャーで頼んでからね。
バーにはいっぱいテレビがあって、スポーツやらニュースやら映画を放映してて、ジュークボックスにポップコーンマシーン。
カウンター、ネオン、プールテーブル。
おー、アメリカン、アメリカン。
いい気分になったトコで更にビールを一杯ずつ飲んでから店を跡にした。
車までダッシュ。
車に着いてからKellyがいつも車に鍵をかけない人だと言う事に気付いた。
まぁ、いいや。

それからラス・フェリズへ行った。
メキシカン・レストランではKellyの友達のJimが待っていた。
Jimはとてもnice guyでgood lookingですた。
料理も美味しかったし、フローズンのマルガリータも最高ですた。
帰りもKellyにホテルまで送ってもらったんだけど、雨のせいでとうとうシートがビチョビチョ。
Kellyの車は私側の窓が10cmほど開いたまま開閉できない。
ホテルに着いた頃は片尻が完全に濡れてた。
 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。