帝国データバンクの調べによると、病院や診療所、歯科医院など医療機関の昨年度の倒産は、前年度比5件増の45件で、過去最悪となった。負債総額は295億1300万円。

 月別の倒産件数は、4月9件、5月4件、6月6件、7月5件、8月2件、9月4件、10月2件、11月3件、12月3件、1月3件、2月4件、3月ゼロだった。
 負債総額は、2008年度の213億9500万円より81億1800万円多かったが、07年度の307億7500万円と比べて12億6200万円少なかった。

 現在の集計方法となった05年度以降、これまで倒産件数が最も多かったのは07、08年度の40件。一方、昨年度の倒産件数は1月までで既に41件で、過去最悪を更新していた。


【関連記事】
病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ
医療機関の倒産、2月は4件―帝国データ
今年度の医療機関の倒産件数、過去最悪を更新
医療機関の倒産が過去最高を記録
医療機関の倒産、過去最悪と同水準-帝国データ

首相訪米を正式発表 核安全保障サミット(産経新聞)
デフレ克服に増税必要=財源確保で菅財務相(時事通信)
トヨタへの訴訟併合=米加州で審理へ(時事通信)
健保組合、過去最悪の6600億円赤字に(医療介護CBニュース)
「仕分け人」に働き掛けないで=行政刷新相(時事通信)
AD