広島市が20年に招致を検討しているヒロシマ五輪について、広島市議会は26日の本会議で、関連の10年度予算案約2600万円を全額削除する修正案を賛成多数で可決した。前日の予算特別委員会でも可決されていた。「市民の十分な理解がなく、財政面でも困難」との理由で、市は招致活動の方針転換を迫られる。

 予算案は、外部業者に委託する基本計画策定費約2300万円と、長崎市などとつくる招致検討委員会の運営費約90万円など。保守系2会派が提出した削除の修正案を、25日の予算特別委員会で可決していた。

 市側は予算特別委員会前日の24日から、各市議への接触を始めた。複数の市議によると、秋葉忠利広島市長が、議員やその後援者に電話をして説得。さらに市幹部は「広島で五輪ができなくても、マラソンを持ってこられるかもしれないから」と市議を説得したという。東京都が主会場となり、広島で1競技を行うことを想定しているとみられ、市議の1人は「東京が五輪に手を挙げるとも決まっていないのに」と批判した。【矢追健介】

【関連ニュース】
マータイさん:原爆慰霊碑に献花、高校生らと植樹も
20年夏季五輪:「国民は招致希望」 市民グループ、署名7485件提出 /広島
旧広島市民球場:解体中止、新たに1721件署名 広島市に提出 /広島
20年夏季五輪:招致、財政面に疑問の声 広島市議会で議論 /広島
原爆症認定:交付申請「適切な運用要望」 来日要件撤廃受け広島市長 /広島

「氷山の一角、全容解明を」=肩代わり「密約」経緯そらんじ-西山氏(時事通信)
カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
<地方分権委>志半ばの「退場」 31日で活動終了(毎日新聞)
沖縄ひき逃げ、女性米兵が県警に出頭へ(読売新聞)
空港事業認定は適法=「公益上の必要あった」-静岡地裁(時事通信)
AD