ポーション

テーマ:
ポーション の語源、英語の "Potion"は、飲み薬あるいは毒の「一服」のことである。 別綴りの "Portion" とは「部分」あるいは「料理の一人前」などのことで、語源は「分け前」、「部分」を意味するラテン語の portio, portionis である。ポーション (薬)日本語では頓服水剤(とんぷくすいざい)と言う。この語源は飲料、水薬、毒を意味するラテン語のpotioやpotionisであり、毒(poison)と二重語(同語源)である。ポーション (喫茶品)コーヒーミルクやガムシロップの1回分に小分けされたパッケージを意味する。ポーション (食材)小分けに冷凍された単一食材をポーションと呼ぶ。ずわい蟹のポーションや豚肉ポーションなど、業務用食材として使われることが多い。ポーション (魔法薬) The Love Potionイーヴリン・ド・モーガン作 1903年伝説上、魔法使いや妖術師、魔女は様々なポーションを調合し、治癒する、魔法をかける、あるいは毒を与えるために用いた。また錬金術においても、不老不死の妙薬を目指してさまざまな種類のポーションが創られていた。かつて一部の国では、病気や痛みなどを治癒するとうそぶいてポーションを売り歩く偽医者も普通に見ることができた。これらのポーションのほとんどは偽薬であったが、中には後に特許を取り、正式に医薬品として認められたものもあるという。ポーションは文学作品において幾度も利用されている。 「ハリー・ポッター」ではポーションを調合する「魔法薬の授業」は主要な学科のひとつである。恋の秘薬は「ラブ・ポーション」といい、philterあるいはphiltre(フィルター)というポーションには、服用者がこの薬を渡した人に対し恋に落ちるようにする力があると言われている。 リヒャルト・ワーグナーの「トリスタンとイゾルデ」で悲劇的に描かれた媚薬はLiebestrank(リーベストランク)である。魔法薬としてのポーションは、ロールプレイングゲームやコンピューターゲームを中心に様々なゲームにも登場する。体力回復をはじめ、何らかの魔法効果を持つ回復アイテムとしての登場が多い。関連項目ポーション (ファイナルファンタジー)エーテル - 架空の薬エリクサー (エリクシール)- 似た効果を持つとされる錬金術上の秘薬 「http://ja.wikip

旭川雪だるま49体壊された!器物損壊で調査(スポーツ報知)
「鬼は大阪市長」 橋下知事、豆まきで宣戦布告(産経新聞)
宮城3人殺傷 美沙さんは今月初旬に暴行されけが (産経新聞)
ホリエモンが小沢氏聴取を分析(スポーツ報知)
<贈呈式>毎日芸術賞、千田是也賞、毎日書評賞の受賞者祝福(毎日新聞)
AD