埼玉県警は道路標識の支柱の腐食を防ぐため、特殊素材「アラミド繊維」を巻いた支柱の導入を始めた。防弾チョッキや航空機にも使われる強度の高い素材で、標識の補強に使うのは全国初。

 県警が昨年から調べた5万6000本のうち1割弱に倒壊の恐れがあった。湿気の多い地区とともに、散歩中の犬がよくマーキングをする標識も、腐食の進行が速いケースがあるという。

 新支柱になれば半永久的にもつのでコスト削減にもつながる。「おしっこだけでなく財政難にも強い」。担当者は自信たっぷりだが、愛犬家の皆さんも、マーキングをさせる場所にご配慮を。【浅野翔太郎】

元警察官、発砲受け負傷=帰宅時に襲われる-福岡(時事通信)
<点滴事件>裁判員裁判は異例の2週間に 我が子3人死傷(毎日新聞)
ジャンプ葛西の地元・下川町、“五輪皆勤賞”表彰へ(スポーツ報知)
普天間問題 社民・福島党首、2月取りまとめに難色 平野氏は反論(産経新聞)
【著者に聞きたい】伊吹有喜さん『四十九日のレシピ』(産経新聞)
AD