weather permitting 2

JPOP・三谷幸喜・合唱・算数好きのおっさんの日常。
元バンドマンだったりもします。


テーマ:
うちの出身高校の福島県立磐城高等学校の全日本合唱コンクールでの自由曲をまとめてみました。
僕は邦人作品の方が好きなんで、邦人作品を歌っている年で分かる範囲の調査です。

1993年 阿波よりたたら
1994年 レクイエムより第三楽章
1995年 合唱のためのコンポジションⅢより引き念佛
1996年 川よとわに美しくより川よとわに美しく
1997年 太陽と枯木の歌より枯木はひとりで歌う
1998年 御踊より御踊
1999年 遊星ひとつよりバトンタッチのうた
2000年 真夜中より愉快なシネカメラ
2001年 ティオの夜の旅よりティオの夜の旅

ここまでしか分からんかった。
2001年からは男子校から共学になっちゃったから、過渡期だったのかな。
混声になってからはよく分からんです。

僕がいた福島県は女声、男声が割とメインな感じだったから混声には興味を持つことができなかったな。
大学でグリークラブに入ったけどすぐやめたのは、混声で活動するのも他大学に比べて多かったからだしな。

ちなみに僕は1994年~1996年に在籍しています。
栗原潔先生は1998年までで、1999年からは根本直人先生が指揮を勤めています。
根本先生の割と最近の作曲家の選曲はたまらんですね。
遊星ひとつとかティオとか憧れです。

僕が高校1年だった1994年から安積女子高校が、それまでの三善晃作品から離れ、鈴木輝昭作品に移りました。
県大会で森への2nd sceneを聞いたときはすげえと、女声合唱にもぐいぐい引き込まれましたね。
高校3年だった1996年からは委嘱作品の「女に」の演奏が始まり、これからどんな作品になっていくかワクワクしましたね。

女に第1集くらいまでは追い続けていたんですが、それからは、バンド活動にはまり出して、合唱からは縁遠くなってしまったんで、最近改めて第2集を聞いています。

大学の先輩に第1集の楽譜貸したら借りパクされて、今になって買い直そうと思ったら、5部以上でしか注文受け付けてくれなくなってて、借りパクされたのが悔やまれます。

第1集、第2集含めて、自分が好きなのは、「誕生-未生」、「こぶし」、「なめる」、「血-腕」、「会う-手紙-川」ですね。最近、「谺-日々」と「死-後生」の良さがわかりつつあります。合唱は聞けば聞くほど良くなって行くところがはまる由縁なのでしょうか。まさに詩を堪能していく感覚でしょうね。

合唱のネタ書いてるのが超楽しいですw
これからも合唱のネタちょくちょく書いていきます。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
8月12日(日)新しいカバーシングルの発売を記念してのレコ発ライブ「3√s」が、新中野弁天にて行われました。

おいでくださったみなさま、本当に感謝しております。

1人体制になってから、いろいろと不安もありましたが、
サポートミュージシャンにも恵まれ、支えていただいたおかげで、
乗り越えることができました。

また今回のライブイベントの趣旨に賛同していただき、参加してくれた
あらっちさんや佐藤剛志さんにも本当に感謝しています。
彼らは、元々友達ではあっても、このような舞台の上でも共演ができるなんて、
より絆が強まった気がしています。

たくさんの人より、感想のお言葉やメールをいただきましたが、
最後の3人でやったアンコールが一番印象深かったと言われたのがなにより嬉しいです。

その中から、1通メールをご紹介いたします。

「最後に歌い手3人で歌ってたじゃん?あれ、すごく良かったよ。3人とも「歌うことが大好き!」ってすごくいい表情してた。ゾクゾクするくらい素敵なフジファブリックだった。
これからもずっとああやって楽しそうに歌ってて欲しいなー。」


1人でやろうと決めたときから、これからは色んな方の支えが必要となります。
それを大変だと思うよりも、さまざまな出会いが増えると楽しみな気持ちでおります。

早速、TUBEやT-BOLANのPVの制作を勤めた鈴木芳秋氏の力を借りて、
今回発売のカバーシングルよりスピッツの「愛のことば」のPVを制作することができました。
そのPVより30秒スポットが出来上がったので、是非、みなさんにも見ていただきたいです。



今まで以上にみなさんにお願いすることも多くなるかもしれませんが、
なにとぞ、ご声援よろしくお願いいたします!

<8/12セットリスト>
1.言葉にできない(小田和正)
2.マフユノハナビ(石嶺聡子)
3.本能(椎名林檎)
4.すき(Dreams Come True)
5.愛のことば(スピッツ)
6.そして僕は途方に暮れる(大沢誉志幸)
7.時には昔の話を(加藤登紀子)
encore 若者のすべて(フジファブリック)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
僕のルーツを考えたときに加藤登紀子さんの「時には昔の話を」は欠かすことのできない曲です。

初めての出会いは中学校のとき。所属していた合唱部のクリスマスコンサートで歌ったのがきっかけです。

顧問の田中先生は中学生が中学生らしい歌を歌うというよりも、中学生が大人びた世界を表現してこそ一流だと思っているふしがありました。
「紅の豚」の挿入歌であるこの曲はその世界観から分かる通り、大人びた歌です。中学生というのは子供と大人の間で揺れ動く時期です。
それを中学生ながら歌うことに、満足感を得ていました。

しかも女声合唱の中に男は僕と後輩のふたり。クリスマスコンサートでは、僕が豚役に抜擢されました(笑)赤い飛行機の張りぼての前で、本を顔に伏せて、デッキチェアーに寝転んで、「時には昔の話を」の前奏が始まると起き出してワイングラスに入った葡萄ジュースを飲んでひな壇に加わるという演出でした。

中2という異常な精神状態において、大人の男として扱ってくれた田中先生の粋な計らいに胸沸き躍る体験でした。

そして、高校に行くと、そのコンサートを見てくれていた瀬沼という同級生がいました。僕たちは選択授業の音楽の最初の自己紹介で、2人でこの「時には昔の話を」を歌ったのです。顔を合わせて1ヶ月も経たないふたりが、セッションできるというのは、音楽の醍醐味だと、今思えば感じます。

一昨年、地元のいわきにライブに行ったときに、高校時代の友人が見に来てくれました。そのときに、「最初の授業で『時には昔の話を』を歌われたときには度肝を抜かれた」と僕が忘れていた記憶を呼び覚ましてくれました。

ライブとはそうでなくてはいけない。僕が忘れていたステージが誰かの心には残っている。それを知る機会というのはなかなか得られるもんではありません。

それを知れたことは、僕がミュージシャンである礎を気付かされたとともに、未来に繋がる経験でした。

また、これから僕は誰かの心に残る音楽を奏でていきたいという思いを込めて、この楽曲をCDに収録しました。

是非その思いをみなさんにも伝わればいいなと思っています。

CD発売までいよいよ2週間を切りました。
みなさんと共になにか新しい思いが共有できればと思います。
よろしくお願いします!

「√s(ルーツ)」2012.8.12発売 ¥1200
1.愛のことば(オリジナル スピッツ) 作詞・作曲:草野正宗
2.マフユノハナビ(オリジナル 石嶺聡子) 作詞・作曲:広田圭美
3.時には昔の話を(オリジナル 加藤登紀子) 作詞・作曲:加藤登紀子


■リリース記念ライブ
2012年8月12日(日)「3√s(サンルーツ)」
新中野 Live Cafe 弁天
http://www.benten55.com/top.htm
Open16:30/Start17:00
charge ¥2000(+1drink ¥500)
cast カノープス/佐藤剛志/あらっち


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
車なんて随分乗ってないけど、夏に車の中で聞きたいプレイリストを学生時代ぶりに作ってみたくなりました。

今はiPodで作れるけど、気分はテープとかMDな感じ(笑)

世代が出ちゃうプレイリストになっちゃうな。
てか、学生時代に作ったのと何も変わらないかも(笑)

青い車/スピッツ
白いカイト/My Little Lover
サマージャム'95/スチャダラパー
楽園ベイベー/RIP SLYME
あの夏の花火/DREAMS COME TRUE
若者のすべて/フジファブリック
夏祭り/ジッタリンジン
夏の前日/たま
夏の終わり/森山直太朗
水中メガネ/Chappie
サマーヌード/真心ブラザーズ
風待ち/GRAPEVINE
夏の大三角形/Nico Touches the Wall
Sunny day Sunday/センチメンタルバス
Going to the Moon/トライセラトップス
ミュージックアワー/ポルノグラフィティ
Hello my friend/松任谷由実
Jamaica Song/ハナレグミ
渚にまつわるエトセトラ/Puffy

あーなんかおなかいっぱい(笑)
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
カバーCDの選曲をする上で、プロデューサーDr.HB氏がカノープスに合う曲として挙げてくれたのが石嶺聡子さんの「マフユノハナビ」という曲でした。

石嶺聡子さんは♪泣きな~さ~いで有名な「花」をカバーして紅白に出たこともある歌手です。
「マフユノハナビ」を聞くのは初めてでしたが、音がふんわり軽やかで、Bメロで自然と転調している、僕には作れない曲です。その曲をカノープスに合うと提案されたのはとても光栄なことでした。

ミュージシャンというのは、中身をできるだけ晒して、自己表現をする生き物であるとともに、聞き手がイメージや感じ方で、存在を位置付けるものです。

第三者の目線は常に必要で、いい意見も、悪い意見も、イメージも、処理する力が必要だと思っています。

その中で、無意識に人に与えている印象というのは、自分の吸収してきた経験の混合だと思うわけです。

他者によって気づかされる自分の「根源」。
それが今回「マフユノハナビ」を収録した意味合いです。

歌詞の内容については、幸せなる回顧です。
不幸な回顧は得意ですが(笑)このアプローチは僕の詞にはないものです。

「もしふたりの上に悲しみの雨が落ちそうになったら
この河原に来よう あの時のふたりがいるはずだから」

と、最後のサビで不安も見えかくれしますが、ふたりが出会った頃の幸せの風景、場所、季節がふたりのお守りになっているわけです。

ふたりが出会った幸せの冬を回顧することで、温度が下がり、悲しみの雨は、雪となってまたふたりを優しくなでるのでしょう。



過去を振り返るというのは、僕が、美しい、心地よいと感じる瞬間のひとつです。それとともにその過去を大事にできなかったことを悔やむ瞬間でもあります。


ただ、その過去を否定したくはない。
過去の連続で現在があるのだから、そうしないと現在を否定することになる。

「あの日のすべてが虚しいものだとそれは誰にも言えない」

3曲目に選んだ「時には昔の話を」の一節です。
僕ひとりになったカノープスの集大成とも言える曲です。

つづく
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。