共産党の志位和夫委員長は17日、東京・内幸町の日本記者クラブで講演し、今夏の参院選で民主、自民両党などが積極的に進めている有名人の擁立について「候補者は政治的な識見、能力がふさわしい方を立てるべきだろう。人気を当て込むと、本人にとっても不幸な結果になると危惧(きぐ)している」と述べ、人気投票色が強まることに警戒感を示した。

<災害情報>公式ツイッターで発信 消防庁(毎日新聞)
<中部国際空港>プラグインハイブリッド車を国内空港で初導入(毎日新聞)
<名古屋市>全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長(毎日新聞)
<着服>愛知高速交通の元主幹を懲戒解雇(毎日新聞)
1歳長女重体、床にたたき付けた母親逮捕(読売新聞)
AD