内閣府は5日、沖縄県伊江村のさとうきび加工施設整備など、同県北部市町村から要望のあった3事業に対し、約19億円を新たに配分すると発表した。2000年度から実施している沖縄北部振興事業の一環で、09年度の配分額は計約95億円となる。
 北部振興事業は、自民党政権下で米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設を名護市が受け入れたことを背景に始まった。これまでの配分額は総額789億円。内閣府は「基地の受け入れと切り離して、北部地域の振興に資する事業を選んだ」としている。 

【関連ニュース】
米有力議員が訪日へ=普天間問題
沖縄知事、外相発言を批判
民主党訪米団の派遣要請=小沢氏に米国務次官補
公務員の裏金づくりに罰則=与野党で法案化検討を
「普天間」に影響、事態注視=ようやく対話も先行き不透明

<普天間移設>総辞職覚悟で選定を 民主・海江田氏(毎日新聞)
新成人を子供扱い? 選挙啓発DVDがネットで話題に(産経新聞)
首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)
都内でも積雪か 関東甲信で昼過ぎから2日未明に雪(産経新聞)
<太陽熱発電>30年ぶり復活へ 東工大技術で低コスト実現(毎日新聞)
AD