チューリッヒのCMを見ていて、いつも思ってしまうのですが、

「なんて頼りないお父さん!!!」

私が気になっているCMは、娘のピアノの発表会に行く途中で事故にあってしまった家族の話です。

お父さんが、チューリッヒに電話すると、オペレーターの女性が、親切に対応してくれるわけなのですが、

現場に係の人がすぐに行くとのこと。

すると、お父さんは 「ぼくは・・どうすれぱ・・」

となんとも頼りない質問。

それに、「奥様とお嬢様は先に会場に行かれてはどうですか?」

と、オペレーターが指示し、妻子を先に会場に行かせたお父さんは、後から会場入りし、

娘の出番にはなんとか間に合うんです。

「それぐらい、自分で判断してよ!!」

と、いつも思ってしまうのは私だけでしょうか。

そんな頼りないお父さんでも、チューリッヒに電話すれば大丈夫、というアピールなのかな。

AD

運動会の思い出は

テーマ:
$現役CMプランナーの辛口!広告

子育てって、自分の子供時代を疑似体験するようなところがありますよね。

様々な幼いころの記憶がよみがえってくるのです。

運動会もそのようなもののひとつ。

私は運動会、あまり好きじゃありませんでした。

今でもそうなのですが、人前に出るのがひどく苦手て、みんなの前で走るなんて、とんでもないです。

スタートの瞬間のあの緊張感も大嫌い。

汗と埃と日差しの強さで、目が回りそうなくらくらしたような思いでしかありません。

でも、我が子の運動会を見るのは悪くないんですよね。

見てるだけで気楽っていうのもあるし、子供たちの成長した姿をしっかり見れる、というのもいいですよね。

そんなわけで、今年も、小学校と幼稚園の運動会、無事終わりました。
AD

ダイワぴょん

テーマ:
$現役CMプランナーの辛口!広告
画像のにゃんこはダイワにゃんじゃありませんが、ダイワハウスのCMって面白いですよね。
役所広司が真剣にくやしがっているの様子にハマります。
はじめはダイワマン・・・でしたっけ、あのかぶり物を着るのに躊躇した彼が、唐沢寿明に持って行かれるところから始まったのですよね。
あれから、「黒木メイサとか、黒木メイサとか、黒木メイサとか」で黒木メイサを連呼し、彼女が登場。
結婚した関係からか黒木メイサが出なくなってからは、ダイワにゃん、ダイワワン、と続いて、今はダイワぴょん。
あのオーバーリアクションがたまりません。
ウサギを連れて登場した唐沢寿明に、その呼び名を尋ねられ、「ダイワぴょん」を思いつかなかったことをくやしがるんですよね。
本気でくやしがっているかのようなあの表情、何度見ても笑えます。
あのシリーズ、どんどんエスカレートしていってほしいものです。


AD