いつもは取材をする側。ケド今回はされる側になっちまいました。
載っとりまする。 気になる人気?ブロガー13人っていう
週刊アスキー』さまの特集記事。

was

企画立案者である羽後(早稲田大学広告研究会・前々幹事長)
及びダメ三浦は写真に写っていませんが、
現在、ブログにかかわっている野郎4名がのっとりまする。


で、まだまだ、編集部員募集中
っていうか、リスペクトしているサイトの方をナンパする予定でする

【掲載された気になる人気ブロガー様一覧】

ABC(アメリカン・バカコメディ)振興会
野田社長の巨乳ビジネス概論
知識の泉Haru's トリビア
uwasa.tv~芸能界の噂話~
しょこたん☆ぶろぐ
まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。
アキバBlog(秋葉原ブログ)
今日のSOLA模様
巨乳アイドル研究
ネコは「ぱるぷんて」をとなえた!

やまけんの出張食い倒れ日記
大阪・日本橋でんでんタウン 電気街日誌(日本橋Blog)

皆様のブログを拝読させて頂き、勉強させて頂きます♪
トラックバックさせて頂きましたです☆

で、以下、200字程度の記事の前原稿だったりしまする。
編集者希望の方。学んでみてはどうでしょうかぁ?
コチラ でど~ぞ


*ダメ三浦のひとこと*
ブログって凄いかもぉ♪って思ってマス。
今回はチト真面目モードで答えてみました♪

(言いだしっぺのダメ三浦は、基本的にずーとブログと

CMのことを考えて、生活している。。。ヤバイです(笑)。
たぶん、中毒かも。でもネ、もうすぐ隠居予定デスが。)


そうそう、巨乳ビジネスの野田社長のブログと同じページに
掲載(P115)が実は何より嬉しかったり、、、
それにしても、リスペクトするblogさんばっかだし。
今後とも、どうぞ宜しくです☆

AD

質問事項
●誌面に掲載できる範囲で、お仕事や現在のお立場などの
プロフィールについて教えてください

A)
『CMニュース編集部』
CM好きのメンバー10代~30代で構成。通算で10名以上いますが、
飲み会のみ出席などの幽霊編集部員も数多く在籍。

広告研究会のメンバーやCM好きの学生が活動の中心で、
CMが好きという理由でメンバーを募ったところ、大学生の他に、
広告制作会社勤務の人間、ベンチャー企業代表取締役、
WEBサイト運営者、実際のCMプランナーなどの寄せ集め集団。


●ブログ、もしくは前身となる日記やHPを始めた
キッカケを教えてください

A)
宮沢りえさん、広末涼子さん、ダンディ坂野さん、チワワの くぅ~ちゃん
などCMがきっかけでブレイクした著名人が数多くいて、
「 CM女王やCMクイーン」(⇒関連記事 )という言葉もあるのに、
一般人が選ぶCMの出演者に向けての賞がないのはおかしい

という意見を、早稲田大学広告研究会の元幹事長であった羽後航と
広告制作会社勤務のダメ三浦が酒の席での話をしておりました。

そして、存在しないから創ってしまおうと考え、2004/4/12(月)、
CMフレッシャーズアウォード2003-04」というイベントを企画し実現。
早稲田の広告研究会の方々によって開催し、
樹木希林さんや加藤ローサさんなどに出演して頂き、
多くの方に取材して頂きました。

翌年も開催したかったのですが、就職活動やスポンサー確保が
できなかった為、開催は見送られることになり、
それでblogという媒体で同じようなイベントができないかと考え、
CMニュース編集部』を設立し、秋になってblogを開設した次第です。


●ブログを始めた当初の手ごたえ、もしくは注目度がアップし始めた
ころの印象について教えてください

A)
年末にblogによる『2004年CM大賞』という企画をやったのですが、
その時数多くの投票を頂いたときですね。
後は、編集部員を募集した時に応募があり、リアルにCMが
好きという人たちと知り合うきっかけができたこととか、

そして何より今回の取材がきたことですかね(笑)。

●ブログを書き続けるモチベーションの
元になっているものを教えてください

A)
読者や周りの人々からの応援です。これが全てですネ。

実際に会う会わないは別として、CMという共通項を元に
コミュニケーションをとることが好きだし、んぅーん
やはりただ単にCMが好きだからではないでしょうかネぇ。

まぁ、使用させて頂いているblogサービスがたまたま順位を
つけるというシステムがあるので、少なからずアクセスなども
気にしていましたが、記録より記憶に残るBlogを目指してるので、
『CMを通じて流行・経済・芸能・スポーツがわかる?!』
という切り口で、オリジナリティーを貫くことが、
いったいどれほど意味があるのか正直わかりませんが、
ブログの記事を「面白いです」と言ってくれる
読者がいるから続けていけるのでしょうネ。


また、個人ではなく、皆で協力しあって
複数人で更新しているから辛くないのもありますネ。
(>編集部員の皆様 こう言っちゃったんで、ヨロ~♪)

●ブログを続けるのにかかる労力はどれくらいでしょうか?
※毎日1時間くらいとか、取材を含めると常にブログのことを
意識している、など

A)
CMニュースblog』の基本は、
生活の中で「新しいCMを見つけたよ」というエントリー記事と
「このCM好き!」という意見をただ毎日更新しているのですが、
これを労力と思うかどうかは編集部の各人それぞれなので、
正直よくわかりません。
だいたい暇な時に30分ぐらいCMについて考えるという
労力を個々の基本としているのではないでしょうか。

自分たちの手でオリジナリティーを持ってしっかりと、
そして面白く書くという編集部内での競い合いみたいなものが
あるので、休日を丸々使っている人間もいるようですし、
電話取材だけでなく、実際に広報や宣伝担当の方へ
インタビューなどをする機会も増えていますネ。

後は、複数人で運営しているので、エントリー記事のトーンや
ルールなどを共通化するために、実際に新聞などにコラムを書いている
メンバーであるライターのつてで、新聞社さんに出向き、教わり
勉強会を開いたりしました。


●ブログに対するコメントや周囲からの感想などのなかで、
予想外だったことや意外だったものがあったら教えてください

A)
予想など全くせずにはじめたので、想定範囲外だった感想は・・・
やはり特にありません。強いてあげると、、、
とても多くの方がCMに関して興味を持っていることが驚きで、
それがとても楽しくて、嬉しかったりもします。

テレビと共に育った自分たちの世代は、もはやCMという広告は
生活の一部というよりは、コミュニケーションにおける共通の言語まで
発展しているのではと、ちょっと深く考えるようになりました。


●ブログを続けている上で、面白いエピソードがあったら教えてください
※仕事に役立った、危ない目に遭った、実は親に読まれていた、など

A)
以前の彼女にチトだけストーカーされた人間がいるそうです(笑)。

ブログをはじめたことによって、今までとはテレビの見方が
変わったとの意見も編集部には多いです。
あと、広告という意味で街を歩いていてもポスターや看板、
チラシまで意識してしまうようになったようです。

ただ単に好きという気持ちで続けていくことは、
一過性になってしまうと最近では考えていまして、
ならば事業化にして仕事にできればと本気で検討中です。

CM好きが集まり、団体として運営をし、それを続けるために、
事業化について懸案事項は多々あるのですが、
ブログは様々な可能性を秘めた新メディアであることを
再認識させられる今日この頃です。

以上。お疲れ様でしたぁ~。

AD

【CMニュース編集部って何?】
ただただ、毎日CMについて追っかけて、調べ、
「面白い」「つまんない」と言っている人たちの集まり。

活動開始:2004年4月~

フジサンケイ ビジネスアイ「親指族へCM案内」
2004年7月~2007年12月まで執筆


そいやぁ、連載は最初は金曜日。その後は日曜日に。
3年以上も続きました。


【編集部方針】
モットー:『CMをもっとみんなの近くに』

最近、あんまCM(というかテレビ)を見ない方が増えてます。
CMがなくなると、あのドラマもあのバラエティーも無くなっちゃう。
そんな一大危機を回避しようと、微力ながら、

このブログ「CMニュースblog」をはじめました。。

基本的には「日刊」更新で行ってます。
過去のエントリー記事に関しても随時
(結構頻繁に)追加や修正を行ってまする。

たまには、CMの情報をみて、実際にCMもみて頂き、
一緒に「日本経済」or「ミーハー道」を考えてみましょう

【編集部構成】
只今、編集部員を募集中☆
われこそはという方はメールを下さいませ。
宜しくお願い致します。

Iダメ三浦:若づくりする30代。
(好きなCM)80年代風☆せくしぃー系も、スキっす。はい。
楽しくないとダメ。片付けがダメ。ダメダメ界の住人。
宴会担当で、「エンタメは私を救う」とテキトーに考えている。

IT部長 You:20代で、風格があるが、実はとても若い。
実父に「蓼食う虫も好き好きだから」と言われる何でも屋さん。
(好きなCM)三菱自動車 あぁお詫びCMではもちろんないそうです。
WOWOWでやってる1分枠の長いCMだそうデス。
あと映画はCMでチェックして、よく見に行くとのこと。

*************************

AD

【CMの定義】
デジタル化が進み、フイルム以外でCMを撮ることも増え、
業界人らしくCF(コマーシャル・フィルム)と言って
差別化するのもなんか変かなぁと思い、
CM=テレビCMという意味で「CMニュースblog」で使わせて頂いてます。

つまり、CM(コマーシャル・メッセージ)
「直接、間接に広告主の名称、商品、商品名、サービス名、
商標、標語等を提示して、注意を引こうとするもの」
という大枠の中でテレビ放送で流れているものに限定して
CMという言葉を使用しており、これは
勝手に一般社会の認識に近い定義であるって思ってるからデス。

だから、CFという表現は使っておりませんが、同義語っつうコトです。

【画像の取り扱い】
肖像権は全てCM出演者さんもしくは所属事務所様にあります。
「CMニュースblog」ではCMという広告の性質上、基本的には
画像掲載期限を約6ヶ月と定め、順次削除する方針で運営しております。

【著作権について】
「CMニュースblog」がインターネット上などで提供している全ての記事、テキスト、写真、データ、グラフィックス、資料等のコンテンツ(以下、本サービスと称する)は基本的に著作権法上の著作物に当り編集著作物として保護された著作物にあたります。
これらの著作権(編集著作権)は「CMニュースblog」または外部の情報提供者に帰属しており、著作権者の許諾を得ずに、各ページやそのコンテンツの全部または一部を複製、翻訳、翻案、引用、公衆送信、放送、蓄積、頒布、販売などをすることは禁止されております。
著作権法は、「私的利用のための複製」および「引用」のみを認めています。
ただし、その場合の私的利用とは、家庭内に準ずる限られた範囲内を指し、企業その他の団体で業務上利用するために著作物を複製することはできません。
引用も、報道、批評、研究などの正当な目的のために、正当な範囲内で行うことが求められており、引用する必然性に加え、質的にも引用先が「主」、引用部分が「従」でなければならないなど、いくつかの諸条件を満たす必要があります。これらの範囲を超える複製、引用は著作権者(「CMニュースblog」以外の著作権者がいる場合は、その著作権者)の許諾が必要です。
「CMニュースblog」の許諾を受けることなく、本サービスの複写、複製、翻訳、翻案、改変、頒布、公表、表示、送信などを行ったり、新聞、雑誌などの印刷媒体のほか、WEBサイト、多数を対象に電子メールで送信すること、イントラネット、パソコン通信などへ無断で掲載することは著作権の侵害にあたります。
これは非営利目的のものであっても、個人が行うものであっても例外ではありません。
また、掲載情報の著作権は各々の企業等に帰属します。

「CMニュースblog」は、既存の報道に関して感想や補充を目的としたWEBサイトではなく、

基本的に自らの取材に基づいた1次的な報道であるべく、運営していきたいと考えております。

ACC CM情報センター の指導方針にのっとり、
著作権・肖像権を考慮し、
全国広告関連労働組合協議会 の活動を応援し、邁進する所存です。
皆様のご指導を宜しくお願い申し上げます。

CMニュース編集部 三浦 【2005/5/25(水)現在】

【編集部ポリシー】
「CMは文化である」
我々は、CMをリスペクトしております。
常に生活の中にCMがあり、CMを通して学び、CMについて友と語り、
CMを楽しんで育ってきた世代でもあり、
そのCM文化がより一層の発展に貢献するべく精進する所存です。

ご承知の通り、デジタル放送がはじまり、今後のCMに関して、
DVD録画再生機を使ってCMスキップ機能の問題、
HDDレコーダ蓄積型放送に対応するホームサーバーの普及
(全番組全録画時代の到来)と、放送とWEBの融合が進む中、
その住み分けがより注目となってきております。

近年、CMが危ないだの無くなるなど様々なことが言われております。
しかし、どんな社会であれ、映像による広告は決してなくならないと
我々は考えます。

また、購買につながるきっかけとしては、放送のCMより
WEBの方が強いと言われている昨今、否定は決して出来ないですが、
我々の生活においてCMは依然大きな影響力があり、
今後もその役割を担うものであるに違いないと考えます。

また、世の中で最も高価な映像であるCMには、時代背景はもちろん、
文化資産としての価値が非常に高いと強く思っております。
しかし、CMを創ったクリエイターの方々の血と汗と涙は
さほど多くは語られていません。

編集方針として、内容的にはエンターテイメントに特化しておりますが、
我々はクライアントの思いを具現化したクリエイター達の労力や
気持ちを少しでも言葉にできれば、またCMに関わった人々の労力を
少しでも伝えることができればと思い、日々行動しております。


【編集部員募集】
CMニュースblogに記事を書いてみませんか?
読者参加型のインターネット新聞を「CMニュースblog」は目指してます。
既存に全くなかった、CMを通じて流行・経済・芸能・スポーツがわかる、
そんなメディアを一緒に創ってみたいという、
責任感溢れる方を募集させて頂いてます。

望まれるポテンシャルは
・ミーハーである方
・CMに興味のある方
・広告の未来をムチャ真面目に考えている方
・CM保存の為に、日本国の法律を変えてやろうと思っている方
・明るめの方
・ついついCM曲を歌っちゃう方
そんなもんかなぁ。

ご興味ある方は、コメントにどうぞ♪
ヨロシクです。 

メールはdame★hear.to(★を@に変えてくださいませ)
お仕事のご依頼・媒体掲載関連のお問い合わせも、
こちらまで宜しくお願い申し上げます。