\Mr.Childrenニューシングル「四次元 Four Dimensions」のリリースが決定!!

日清カップヌードル「NO BORDER」のCMソング「and I love you」、
大塚製薬ポカリスエットのCMソング「未来」、
映画「フライ,ダディ,フライ」主題歌「ランニングハイ」などが収録された、超豪華シングル。

さらに「and I love you」のミュージック・ビデオも収録されているなど、
ファンにはたまらないシングルになりそう♪

シングルとしてのリリースは、約13ヶ月ぶりとなる彼ら。
今回の「四次元 Four Dimensions」は、価格が1,500円(税込)、発売日は6/29(水)です。

AD
あけましておめでとうございます。
本年もCMニュースblogをよろしくお願いいたします♪

私事ですが12/31~1/2までお正月休みをいただきまして、
大阪へ帰省していました。

年末年始を実家で過ごすと、本当にやることがなくて困ってしまうものです。そこで、毎日見ていたのがテレビ。というかテレビCM。
(職業病なのか何なのか、CMメインなんですよね)

関西でしか放映されていないCMを連続で見てると、
結構面白いなぁと思ったことがあります。
ローカルだけに、広告費はそんなにかけられない。
だからCMの作りは、非常にラフなんですね。
でも、すごくインパクトがあるCMも存在します。
企画力とか演出力が非常に求められるわけです。

例えば「551の蓬莱(主に豚まんを販売している会社)」のCMなんて、別に有名人が出ているわけでもないけど、印象に残ってしまう。

「551の蓬莱が、ある日~」
(一家団欒、すごい楽しそう。照明も明るい!)

「ない日~」
(場面は一転。真っ暗になって、塞ぎこむ家族)

「蓬莱の肉まんが、家庭にある日とない日の差」。
同じような内容が何度か続くのですが、
大げさなほどのギャップが楽しく、インパクトも残ります。


そして滋賀県にある会社「オウミ住宅」のCM。
(最近は流れてるのかどうかは…)

「♪オウミ住宅黒沢さん。一緒に歌を~歌いましょう~」
という歌にのせて、パンチみつおさんというお笑い芸人さんと、
俳優の黒沢年雄さんが一緒に踊るというCM。
歌と踊りが、妙に目と耳に残ります。
神奈川県生まれの黒沢さんが、なぜ…という疑問も生まれたり。


CMって、お金をかければ良いかといえばそうでもない。
音楽なり、演出なり、出演者なり、どこか強烈な
インパクトのあるものでないと見てもらえないんですよね。
シャネルのCMみたいに莫大な予算があれば、映画的なカッコヨイCMが作れるんだろうけど、普通そこまでお金はかけられない。

限られた予算、タレントの制約などを考えて
作らなければならないから、色々な苦労を考えると
「わたしゃ一つでも多くのCMを見るよ!」という気になるわけで…。

今年も、そんなこんなでCMを見続けるのでしょう。

今年は、このブログを見てくれている皆様と、一度でいいからチャットとかでCM座談会やってみたいですね。とか言ってみたり。


おまけ
そのほかの関西ローカルCMご紹介♪

「ヒロシです。」でお馴染みの、ヒロシさんが出演しているCM。
出演者ありきの作品ですね~。

ディースタージョブ

「ヒロシです…」って相変わらずの呟きが面白い。


お次は大阪ガスのCM。
ビートたけし出演。音楽を担当したのは、川村結花さん(夜空ノムコウの作曲で一躍有名になった人)。

コチラで見れます
↑の「エネルギーPR」というところをクリックすると閲覧できます。ちなみに新作は未だUPされてないようです。
AD
さて私K子、女性タレントにはあまり興味がないのですが、
今回はあえて女性をピックアップしてみました。
石原さとみさんです

最近、NHK大河ドラマのヒロインに抜擢されたり、
ポッキーのCMで大物タレントさんと共演したりと、
トップへの階段をサクサク登り始めている彼女。

実際に記者会見などでお会いするまで、
彼女の声は絶対カワイイ系ヴォイスだと勝手に想像していました。
ところが、違ったんです。

結構ハスキーじゃないですか!!(嬉)
取材に行ってよかった~(≧▽≦)と、声を聞いた瞬間に思いました。

ボーカリストの杏子とかの、
ちょっとしゃがれたハスキーボイスが大好きな私。
個人的に、石原さとみさんの生声かなりツボでした。

石原さとみさんのCMで声が聞けます。
グリコ アイスの実

グリコ パナップ

第一生命

でも、実は生声とテレビから聞こえてくる声とは違うんですよね。
(「実は」ってホドでもないか)

どう違うかって、人の話し声は、空気振動で伝わってくる「音」。
だから家の中でブラウン管から出てくる音を聞くのと、
外に出かけて聞いた生声とは、感じ方が違うわけなのです。

彼女が歌手デビューすることが万が一あったとしたら、
絶対生声を聞きに行きます。
ポッキーのCMでは軽く歌っているし可能性は、なきにしもあらず!!
(あなたも私もポッキン~♪って歌ってますよね。
間違えがちだけど、ポッキーではなくポッキンなんです)

アイドル系の歌だったら、かなりガックリですが・・・
何にせよ夢は膨らむばかりです♪
石原さとみさんの声マニア1号 K子のつぶやきでした。

AD
滝沢秀明主演、上戸彩も出演する作品NHK大河ドラマ「義経」。
それを前宣伝!?するかのように、オロナミンCの新CMでも、上戸彩さんと滝沢秀明さんの共演が実現。

CMの舞台は平安時代。五条大橋の上で、上戸彩扮する平安貴族が、牛若丸(滝沢秀明)に出会う…そして
上戸「元気ハツラツぅ?」
滝沢「オフコースなり!!」

…「なり!!」って。
カワイイじゃないですか。
タッキーのファンの方々、見たいだろうなぁ…。かくいう私も見たい。
と、私的な話は置いといて…。

今回はタッキーに関連して、彼が女の子と共演して話題になったCMをご紹介。
'01年日本と韓国でオンエアされた資生堂「マシェリ」のCM。共演のお相手は、韓国の人気女優ハン・チェヨンでした。

CM中、女性の髪を触って香りを嗅ぐシーンがあったのですが…想像しただけでもドキドキします。

ちなみに、当時は日韓共催のサッカーW杯開幕を控えていました。
そして日本の映画や音楽などが、徐々に解禁されていた時期。

というわけで、このCMは日本だけでなく韓国でもオンエアされていたのです。(日本語での放送は規制されていたので、タッキーの声は吹き替えだった)

(・_・?)でも…
覚えている人はいるのでしょうか。

実は、私もうろ覚えです。
なんにせよ、今回もタッキースマイル全開なCMなのでしょうね。
ヨン様に負けるな!!!
グリコのポッキーのCMが、かなり反響を呼んでいる。
そういえば「ポッキー4姉妹物語」という映画が
’95年に制作されていたのを思い出した。

出演していたのは、清水美砂牧瀬里穂中江有里今村雅美

CMが、あまりにも人気だったので映画化されたのだ。
今から約9年前の話。

今、彼女たちはどこで何をしているんだろうか?調べてみた。

清水美砂は’02年11月のNHK「はんなり菊太郎」第三話でゲストとして登場して以来、めっきり見かけなくなった。

牧瀬里穂は、今も舞台やドラマで活躍している。

中江有里はNHK大河ドラマ「義経」に出演が決定。
石原さとみとの共演は実現するのだろうか。

そして平成3年の第5回国民的美少女コンテスト、グランプリの今村雅美
’04年 5月CX系ドラマ「永遠の君へ」第36話からレギュラー出演していた。
が、以降は何をしているのか??

こうやってみると、女優として長くいき続けることが
如何に難しいことなのかが分かる。

現役ポッキー美女4人、
10年後になって「あの人は今」などに取り上げられないよう、
末永く頑張って欲しいものである。


===ついでに暇つぶし===

出演者4人は、最低でも5パターンの食べ方にトライしたそう。
ちなみに…
ポッキーの食べ方は、「生活様式学入門」(扶桑社)という本に
8種類ほど報告されています。

アホらしくも面白いので、以下簡単にご紹介!!

1.正常位
普通」の食べ方。

2. 後背位
上下逆に、チョコ部分を持って。

3. ポッキリ
手でポキポキ折りながら。

4.齧歯類(げっしるい)
前歯で小刻みに削り食う。

5. 三本の矢
三本まとめて頬張る。

6. ヌーディー
先にチョコ部分を全て舐め尽くす。

7.側位
横向きのまま丸ごと口に入れてしまう。

8.顆粒
叩き潰し顆粒状にして摂取する。

(扶桑社「生活様式入門」より)

ちなみに、出演者である彼女たちがこの本を読んだかどうかは不明デス。

もしも、今のポッキー美女4人CMが、
「ポッキー四姉妹物語」として映画化したら…?
ということで物語を作ってみよう♪

まずはキャストを紹介ってことで。
コメントが10個以上付けば連載開始!!!

(こっそり書いてるから気付く人いないかもね・・・)

というか、これを読んでるアナタにお願い。
他のキャスティングを提案してくださいな・・・(他力本願)。

例えば「お兄ちゃん役には福山がイイ!!」とか書いてくれたら
どっかに登場させてみます。
どうなるかなぁ・・・

【キャスト】

さとみ(石原さとみ)

亜矢と同じ学校に通う4女。一番シッカリもので勉強もソツなくこなす。亜矢のことが嫌い。

亜弥(松浦亜弥)
恋多き高校生。3女。勉強はあまり得意ではないよう。
運動神経は抜群。天真爛漫。告白してはフラれる。

由紀恵(仲間由紀恵)
シッカリしてるけど天然。次女。実は、漫画オタクとの噂も。

コウ(柴咲コウ)
遊び好き長女。趣味は合コン、カラオケ、ドライブ。
亜弥のことが気にかかる。

弟(三宅健)
ゆきえと亜弥の間に入る。
さとみ・亜弥とは仲が良いが、上二人には頭が上がらない様子。

父・母は未設定

【あらすじ】
4姉妹の織り成す恋愛絡めたストーリー。
(と、一言で終わるところが、企画倒れの予感)

さてさて、どーなる!?
ポッキー4姉妹 勝手に物語妄想篇!!

Boys<Girls!?

先日、CMランキングの集計作業を行っていた編集部員が、ぼそっとつぶやきました。
「女の子多いなぁ」

どれくらい多いのだろう?と思い、データをこっそり覗いてみると
女性:男性=2:1という割合!!圧倒的に女性が多い!!

そういえば、CMに出演する女性をピックアップした雑誌はあるけれど、男性は無いですよね…。
週刊誌やワイドショーでは扱われているケド、なぜ雑誌がないのか!?
ずっと疑問に思ってたけど、ランキング集計の時に分かりました。
圧倒的に出演数が少ないからなのでしょうね。
それにしても、約100対50っていう数の差には驚きました。
自称手フェチです。
どうでもいいトリビアですね…。
まぁ、それは置いといて。

そんな私が「これはっ!!」と思ったのが、
サントリーのウイスキー北杜のCM「モルト入門」篇に出演している岡田准一

コレまで、そんなにキョーミ無かったんですけど…。
CMで、手がアップで映るシーンがあるんですね。そこがツボ。
ちょっとゴツゴツしてるけど細い「手」がヨイ。たまらんですよ。
手フェチの人は要チェック!!
ためしにYahoo!で「手フェチ」と検索してみたら、6,630件もありました。
さらに、検索結果の上から5番目に「岡田准一手フェチ同盟」なるHPが!!

いやー、同じ事を考える人がいるもんですね。ちょっと嬉しいですね。
'02年にCM/TV音楽を集めたアルバム「CM/TV」をリリースした教授。

I.E4.0のサウンドロゴ、高橋幸宏のドラムがかっこ良いと評判のEDWINなど、合計50曲を収録していて、フリークの間では「コレクターアイテム」として重宝されていた。
が、統一感がナイ、15秒しか聞けないなど、一般の人には不向きだと囁かれていたことも事実。

しかし11/24リリースの新アルバムは、サントリー「山崎」、花王「アジエンス」や「戦場のメリークリスマス」など、比較的知られた曲も収録される予定。
が、「教授?普通です」と言う人間に聞いた所、「別にどうでもイイ」「買います」と、意見は分裂。とにかく全部の収録曲を早く知りたいものです。

【収録予定曲】
・サントリー「山崎」CM楽曲
・花王「Asience」CM楽曲
・演劇「浪人街」テーマ曲
・戦場のメリークリスマス(録り下ろし)
・シェリタリング・スカイ(録り下ろし)
・Undercoold(ピアノ・ヴァージョン)
「+33」ルイ・ヴィトン150周年記念作品、他
CMによく使われるミュージシャンは?
と思い、探してみたところスティービィー・ワンダーが結構使われていることが発覚。
早速、まとめて紹介しちゃいます☆

◆'99年/'00年
キリンビバレッジ「Fire」
使用曲「To Feel The Fire」('99年制作)

◆'01年
TOYOTA「NOAH」
使用曲「Sir Duke」('76年制作)

◆'99年オンワード樫山「23区」
使用曲「Overjoyed」('85年制作)

◆'97年HONDA「ロゴ」使用曲「Isn't She Love」('76年制作)

また、以下はスティービーの曲を、他のアーティストがカバーしているパターンです。

◆'04年
日本郵政公社「簡易保険ながいきくん」
使用曲「A Place In The Sun」('66年制作)
カサンドラ・ウィルソンがカバー
◆'04年ソニー「DVDハンディカム」
使用曲「Happy Birthday」('81年制作)
CHARAがカバー

いかがでしょうか。
これまでベスト含めて30枚以上アルバムをリリースしてきた彼。
名曲と言われる楽曲は、山のように存在します。
今後もきっと何かのCMで使われることになるんでしょうね。
そのうち「スティービー・ワンダーCM曲集」なるアルバムが作られたりして!?