2012-11-01 09:27:53

イデオン、エヴァンゲリオン、Y・ヘタレ

テーマ:ブログ
最近業務上の大きなミスを犯しまして、ツイッターもブログもフェイスブックも数日間自粛してましたCMJKです。とにかくみなさん、パスポートや免許証や保険証は有効期限中に更新しましょう!!!まわりに多大な迷惑を掛けることになっちゃいます!!!この件に関しては一切のご質問お断りさせていただきますm(_ _)m

さて、お知らせばっかり書いててもいやらしい業務用告知ブログでしかないので、たまにはコラム的なことも書こうかと。イデオンとエヴァンゲリオンと僕のケライのY・ヘタレを結びつけます。

ここ数年企業では新人採用時の面接の時に、技術知識、自主性、企画力や行動力、協調性等を押しのけて、最も重視する項目があるんだそうです。なんだと思います?

「共感力」

です。

これが無い人は、絶対成功しないらしいんです。

思えば後輩ミュージシャンやエンジニアとかでも、どんなに技術知識経験があっても、現場でちょっともめたりトラブルがあった時に、まわりの空気よりも自分の正当性を主張するようなやつらをこれまで何人も何人もいっぱい見てきました。
そういうやつらってやっぱりなんとなくうまくいってないかもなあと。こういうのは僕の知ってる音楽の現場に限らず、どんな仕事でも一緒なのだろうと思う。


Y・ヘタレは共感力がゼロなので、当然モテないし、全然高クオリティーの楽曲を鬼のように量産しているにも関わらずもうひとつ人の心に届かず、作曲のコンペももうひとつうまくいっていない。


例えばある人が


いやー、○○ちゃんが実家に帰るのに、片道何時間何キロかけて○○県まで運転したよー・・・

と言ったとします。


この人は「まいったまいった」的な体で言ってるんですが、そのちょっとはにかんだ表情から、それがまんざらでもない、いやむしろ頼られて嬉しい、というのろけ的な本質を見抜かなくてはならない場面です。

この場合正解リアクション的には「ひゅーひゅー」といった感じで呆れながら冷やかすだけでよいのです。

ところがY・ヘタレは「マジですか!?ひどいですねー!」と真顔で言ってしまう・・・

そして先日そんなY・ヘタレは、「女って自分の話ばっかりしますよね!!」とちょっとキレ気味に言っていた。
あたりまえだろう?そういう生き物なんだよ!かわいいなあ好きだなあと思ったらいつまでもどこまでも聞いてやらなきゃダメなんだよ!だからお前はモテないし曲も通らないんだ!!と先輩二人で説教。

「共感力」・・・なんだかものすごくたいしたことない話のようですが、「共感力」をエネルギーに変えて巨大ロボット(滅んでしまったある人類全体の意識の集合体である遺跡)を動かし、異なる文明を持った二つの人類を結びつけ「共感」させようとするも、両人類ともまだそこまでの「進化」に至ってなかったため両人類を滅ぼしてしまう!というお話が昔ありました。「伝説巨神イデオン」です。


僕はアニメは積極的には観ませんが小学校高学年の頃からハヤカワ文庫等のハードSFが大好きで、その流れで初期ガンダムや前出イデオン、ここ10年くらいだったらエヴァンゲリオン等には夢中になりました。

エヴァンゲリオンとイデオンてアーサー・C・クラーク「幼年期の終わり」とかグレッグ・ベア「ブラッドミュージック」的な古典的なまじめなテーマで、似てるような気がするなあ・・・とぼんやり考えてなんとなくネットでにわか勉強してみたら、そこの類似性と違いを徹底的に研究しているサイトがいくつもあって、あっ、やっぱりそうだったか!と。

人類が正しく成長/進化した状態でやっと手に入れられる能力、それが「共感力」なんだなあと。
それが低いと利己的になり、究極的にはいじめが起きたり憎みあったり騙し合ったり殺し合ったりするんだなあと。

「共感力」はそれをテーマに、全人類が進化するか滅ぶか、というくらい壮大なテーマなんです。




いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース