カヴァーボーイ2009

テーマ:
今年の私は雑誌「ワールドジョイントクラブ」の「カヴァーボーイ」から
スタートした。
Mon petit blog en francais

「無料とはブーヴィエにぴったり」の声が聞こえてくるようだ。
このカヴァーボーイ,「1円にもならない男」,
それとも「値がつかないほどイイ男」?


素敵な写真を撮ってくれたのは八戸さん
セーターとソックスはKapital福岡店
柔らかい味わいの芋焼酎「福金山」は岡山の石田さんから
ポッキーのアイデアも八戸さん
キャノンのカメラは私のではありません
ヘアメイクさんはいませんでした


AD

パリにて映画『ちんどん』

テーマ:
12月10日,パリで
Mon petit blog en francais
の映画プレミア上映会が行なわれた。
私の役どころは,世界中を旅して歩く詩人で小説家のピエール・リヴィエール。語りも担当した。

Mon petit blog en francais

福岡から駆けつけてくれた,今回の映画に出演しているアダチ宣伝社のちんどんのおかげで,上映会はとてもいい雰囲気だった。

動画はこちらへ


Mon petit blog en francais

私の母(90歳,写真ーアダチ宣伝社のふたりと)はこの映画を賞賛していた。
母はプロデューサーに言った。「息子がこんな格好をしているのを,今まで生きて来て初めて見ました。50年間,お葬式の時でさえネクタイは嫌だといって締めなかったのに!あなたの映画で,あの子がこうして蝶ネクタイをつけているのを見ると,まるで本当の大学の先生みたいだわ!」
※私はもと大学教師です。
Mon petit blog en francaisMon petit blog en francais

ところで映画の評判だが,上映時間が少なくとも3分の1ほど長過ぎだというのが大方の意見だった。かなりのシーンはー母の盲目的な愛情のこもった意見は別にしてもーとてもうまくいっていただけに,残念なことだ。
監督に短縮版を制作することを承知していただけるのなら,『ちんどん』の成功のために喜んで宣伝させてもらいます。「ちん」は鐘の音,「どん」は太鼓の音,『ちんどん」をヨロシク!

Mon petit blog en francais
AD

フランス語婦人会

テーマ:
5月15日は東京の「フランス語婦人会」で講演。タイトルは「広告にみる日本社会」。

「フランス語婦人会」はフランス語圏の女性や日本人女性が集まって,フランス語を使った文化的・社会的活動を30年以上前から行っている。彼女達は「裕福で,教養と知性があって,ほぼ全員結婚している」のだそうだ!私の中に眠る5%のドン・ファン的なものにとってはチャレンジ精神をかき立てられるが,残り95%を占めているスガナレル(モリエールの喜劇の主人公。寝取られ男)的なものにとっては,何とも尻込みしたくなる状況。このすがすがしい朝,私は早起きかつ手ごわい女性たちを前に覚悟を決めた。だが結局,感じがよく,私の話をじっくりと熱心に聞いてくれる人たちだった。2008年の最もいい思い出のひとつ。

true
東京日仏学院のブラッスリーで,事務局のメンバーの皆さんと

この時紹介したCMの中でいちばん反響が大きかったのは,定年退職の日に,夫が30年連れ添った妻にDVDを贈るパナソニックのCM。
注目していただきたいのは,2人の子供を育て上げるだけでなく,親の介護も献身的に行った妻が模範的な妻とされているところ。



女性たちは,どちらかといえば不審そうで,冷ややかな笑いを漏らしていた。
そしてすぐさまこういう結論に至った。30年間の沈黙のあとで「大きなありがとう」をもらうより,フランス式に,毎日「小さなメルシー」とともに皿洗いを手伝ってもらったほうが断然良いのに...。









洗剤9キロ,想像してみてください!
Juste pour vous donner une idée: neuf kilos de lessive!
Just try to figure: 9 kilos of washing powder!

今年の重大ニュース,それはエコロジー問題がもはや単なる流行ではなく現実のものになったことだ。地球温暖化は季節を追うごとに現実味を帯びていった。もしもエコロジストの元米副大統領アル・ゴアがノーベル平和賞を受賞したら,それは汚染や浪費と闘ったことを讃えるためだ。私はというと,不要な生物学的廃棄物を9kg減らすことで地球環境に貢献した。

9kg,それは少なくて多い量だ。イランのウラニウム9kgで世界を滅ぼすことができ,9kgの金塊で私はカリフォルニアに引退でき,ジャガイモ9kgで友達みんなにフライドポテトを振舞うことができる。9kgマイナスしたことによって,体が,そして頭の中がすっきりした気分になった。

これは2007年の私の重大ニュース。何のことかというと,実は84kgから75kgへ減量に成功したのだ!夏の水泳,秋の自転車,冬のスケート,そして日常的なウォーキングのたまもの。もちろん食べる量も減らしたが,本物の食餌ダイエットではない。だって焼酎一杯すら呑めない人生なんて,そんなの人生じゃない!

あとは7~8kg痩せるだけ。そうすればブラット・ピットかヨン様に似てくるだろう。このミッションは不可能ではないように思う。がっかりしたのは,東京から帰ってきた娘の一言。スリムになった私を見てこう叫んだのだ。
「パパ縮んだっちゃない!?」

→version francaise