2週間に一度、たけしの『TVタックル』は「喫煙コーナー」で締めくくられる。それはまるで日本タバコ(JT)の覆面CMのようだ。

watch tv


takeshi3


 アメリカやヨーロッパからは大幅に遅れて、ようやく日本の法律もテレビでタバコCMを流すことを禁止した。以来、テレビCMは、“喫煙マナー”と非喫煙者の権利の尊重を訴えている。

 だが、たけしの「喫煙コーナー」はCMを規制する法律よりもずっと寛大だ。かつてのマルボロのCM顔負けのモンタージュを駆使し、番組の中でタバコのいい所を実地に披露しているのだから。それは以下のような点で顕著だ。

takeshi2takeshi1



1) 「喫煙コーナー」という看板が出ている。
2) 火のついたタバコが終始たけしの頭上に見える。
3) たとえたけし自身はタバコを吸わないにせよ、彼の相方“タレント”はしっかりタバコを吸いながらの登場である。タバコを片手のおしゃべりが生み出す快楽の例証にほかならない(これこそは、タバコ礼賛に使われる古くからのテーマで、フランスでは既に17世紀の劇作家モリエールの代表作『ドン・ジュアン』に登場している)。

DonJuan



 これがCMなら今の日本では禁止されるに違いない。私の脳裏にはあの古い諺が浮かんでくる。「火のない所に、煙はたたない…」

 細かいことだが、番組スポンサーにはミドリ安全が名を連ねている。この会社は、まさしく喫煙コーナーには不可欠な分煙機の製造会社であり、JTと手を携えてタバコの販売に努めている。

midoribunen1midoribunen2


Midori-Anzen: sell the table or promote the tobacco?

 どうやら、この「喫煙コーナー」は、やや地味ながらとても明白な “商品配置(product placement)”であるのは間違いないようだ。


version francaise

AD

Jean Paul Sartre



 今、パリ国立図書館で開催中の「ジャン=ポール・サルトル生誕100周年記念展」で、ちょっとしたスキャンダルが巻き起こっている。
 実存主義の哲学者サルトルのチェーンスモーカーぶりは有名で、彼の写真には必ずといっていいくらいタバコが写っていた。だが今回公開されたポスター用写真からは、あるはずのタバコが意図的に消されてしまったのだ。1946年にリピンスキー氏が撮影した時は、確かにその指の間には"ボヤール"のタバコが挟まっていたのに!
 これはタバコ広告全面禁止という法律を遵守するための行き過ぎた「ポリティカル・コレクト」であり、歴史的事実を尊重すべきではないかということで、ちょっとした論争に直面している。

Jean Paul Sartre



version francaise

AD