リタッチ Retouches

テーマ:

→version française


今年のブログは,ヌードの女性で読者の皆さんを惹き付けることからスタート。
フランスの週刊誌『ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』は新年号の表紙で,1952年に撮影された作家シモーヌ・ド・ボーヴォワールのプライベートな未公開写真を使用して騒ぎを巻き起こした。
ブット元首相暗殺(写真上部右)を表紙にすることも出来ただろうけれど,あなたはもう何度となく見てきた炎上した車や血の海を話題にしたブログを読んだり,雑誌を買ったりするだろうか?
この写真の撮影から半世紀経っているが,シモーヌ・ド・ボーヴォワールのお尻や,ハイヒールを履いて身繕いしている姿を一度も見たことがなかったので,私はパリから日本へ帰る空港の売店で,道徳的ためらい(隙のない服を着,髪の毛をスカーフできっちり隠し,いつも人前に姿を見せていた誰かのヌード写真を,死後マスコミで公開する権利があるだろうか?)に,やっぱり好奇心が勝って雑誌を購入し,機内で読んだ。



中の記事にも小さな驚きが待っていた。
表紙の写真は手直しが入っていて,中の写真はオリジナルだったのだ。1952年のボーヴォワールはすでに44歳。お尻が表紙よりもたっぷりしていて滑らかでない。より現実に近く,光のコントラストがはっきりしている。ボーヴォワールは美しいけれど年相応で,それほど「グラマー」ではない。この写真を使ったら雑誌の売上にはあまり貢献しないだろう。



要するに,より「セクシー」に見せるために,表紙の写真は修整されたのだった。
政治的には「左」でどちらかといえば「インテリ」の有名情報誌『ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール』が,自社「製品」をより多く売るために広告の法則を取り入れたというわけだ。

同様に,去年は週刊誌『パリ・マッチ』が,バカンスでカヌーをしているサルコジ大統領の横腹のたるみ(フランス語では「愛の取っ手」と言う)を消し去った(ついでにもっと感じ良くするために日焼けも施した)。



「フォトダイエット」の時代に生きる私たち。私も2008年CMフェスティバルのチケット販売アップのために写真を修整しよう。
第一段階,髪の毛の白さと減少を隠す!






AD
明けましておめでとうございます!
Bonne Année 2008!


年の始めの一大決心。最低でも週に一度はブログを書こう!
Grande décision du premier jour de l'année: écrire au moins un blog par semaine!
AD