ちょっと変な話

元彼氏、家族との日常の変な会話、よく考えると変な話。

といいつつ、最近はドラマレビューがほとんどだったり(笑


テーマ:
のだめカンタービレ (2)/二ノ宮 知子
¥410
Amazon.co.jp

のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)/
¥4,800
Amazon.co.jp

のだめカンタービレ VOL.2 (初回限定生産)
¥3,701
Amazon.co.jp


今回は原作のレッスン11の後半から12まで描かれてました。これで2巻は終了デス☆



それでは箇条書き感想(原作との比較)(`・ω・´)ゞ


シュトレーゼマンを偽者ではと疑う生徒たち
「実はショトレーゼマンとか?」
(このセリフはアニメオリジナル。ショトレーゼマンて、、(^^ゞ)


「なんかヘタクソそうな奴ばっか集まってるし」
(「みんな自分だけは上手いと思っているらしい」の書き文字は原作では枠外にあった書き文字!う~ん、こんなところまで忠実に再現(^ε^)♪)


のだめ「千秋先輩やりましたね。作戦はまだ半ばですよ」
(これはアニメオリジナルのセリフ。黒のだめ発動?(笑)


ドラマ版でもお馴染み、ベト7を千秋が指揮することに
(あぁ、既に懐かしいベト7、、、やっぱドラマ版より音が分かりやすい)


ミルヒ「おまたしました皆さん。本物の主役の登場デース」
(おまたしました、、、このセリフも原作通り、、、細かいところだけどスゴイ、、\(゜□゜)/)


ミルヒ「ヴィオラの泣き虫ちゃん。また合コンで楽しい対決しましょうね」
(原作では「暴れるのはお酒の席だけにしてね」だったセリフ。アニメ版での泣き虫・静香ちゃんはミルヒーとお酒飲む対決していたんですね~)


のだめ「「千秋の言ってたとおり」ですか?」
千秋「いや……」

あの人はきっと 音楽を人を尊敬してて 一つ一つの音 一人ひとりの演奏家を 大切に慈しんで愛おしんで それが自分に返ってくる はるか遠く 本物の巨匠なんだ

(一つ一つ~から、愛おしんで~までがアニメオリジナルのモノローグ。アニメ版はより分かりやすくなってマス)


という訳でこの回も原作に忠実な流れで進んでました。(≧▽≦)
次回は「妖怪コントラバス」桜ちゃん登場デス♪

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

翠さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。