のだめカンタービレ(1)/二ノ宮 知子
¥410
Amazon.co.jp

のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)
¥4,800
Amazon.co.jp

のだめカンタービレ (CCCD)




今回は原作のレッスン3までの話で、ほぼ原作通りの展開。構図も原作にかなり忠実。
絵は最近の原作っぽいけど、のだめの目がちとデカい…( ̄ー ̄;
喋り方もドラマ版の印象が強いせいか、なんか普通に聴こえる(笑
のだめの奇声はもっと大げさでもいいくらい。


ここからは気になったことを箇条書きで、、


プリごろ太の歌がレッスン室から聴こえてきた

(サービスデスカ?(笑)


のだめ初登場のネコのフンの歌

(ドラマでもあったか覚えてない(^^ゞ


おなら体操も健在

(ドラマ版と一緒!)


つ~ん、汁、アリ等の書き文字

(原作通り)


即興の「ピアノ・ソナタ・清掃」からベートーヴェンの「悲愴」に変わってる。

(さすがに即興まで作れない?)


千秋がのだめを特訓する場面

(ハリセンに叩かれる千秋のフラッシュバックを入れてくれないと心情が伝わりにくい)


のだめのシャンプーをした後の場面

(ヴィエラ先生に似てる…ってモノローグも入れないと!)


「2台のピアノのためのソナタ」の連弾

(聴き応えアリ。アニメ版ならではの演出もGJ!)


…とまぁ色々書きましたが、全体的にはまぁまぁ?
曲は寧ろドラマ版よりは聴きやすいし、のだめの間違いが分かりやすかった。
千秋様やのだめの声に慣れるまで時間がかかりそうだけど(汗
ドラマから入った人はどう感じるのか…

AD

コメント(16)