「日本や世界や宇宙の動向」よりの転載

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52025309.html

転載はじめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨年8月に日本の研究室でロボットが29人の研究者を殺害した?

 

こんなことが本当に起きたのでしょうか。日本にはこのような秘密情報をリークする内部告発者は殆どいないため(スキャンダルをリークする人はいますが)、このようなニュースは絶対に報道されません。
これが真実かどうかについて確認する術などありませんが、アメリカでは諜報活動が盛んであり、内部告発者が重大な情報をリークするケースが多いため、以下の情報もひょっとしたら、本当なのかも。。。なんて思ってしまいます。何しろ、日本はロボット開発ではかなり進んでいますから、ロボット兵士を生み出す研究だって行われていることでしょう。。どこの研究所なのか分かりませんが、開発したロボットが暴走し人間を殺害してしまったそうです。
多くの専門家が、AIの開発は人間や地球の文明を滅ぼすと警告しています。AIは人間よりも頑丈ですし賢くなりますから、人間はAIに勝てなくなります。単に職場で働くロボットとして使うなら良いのですが、AIは進化を遂げますから、このままだと、AIが世界を支配する時代が来てしまうでしょう。AIの開発には要警戒ですね。

http://beforeitsnews.com/beyond-science/2018/04/whistleblower-reveals-29-humans-killed-in-laboratory-producing-militarized-autonomous-robots-2452279.html
(概要)
4月17日付け

 

 

AIの脅威やエイリアンの存在について語ってきた内部告発者のリンダ・モールトン・ホウ(Linda Moulton Howe)さんがオーザークUFOカンファレンス会場でインタビューに答えてくれました。 
インタビューの中で、彼女は、昨年の8月に日本で自律型の武装ロボット(AI)を造っていた研究者らがロボットに殺害されたことを暴露しました。

ホウさん曰く:
・・・・2016年以降、私は特殊部隊で活躍している退役海兵隊の男性と何度も連絡(ショートテキスト及び電話で)を取ってきました。我々の電話が盗聴されてたこともしばしばありましたがお互いに盗聴を認識していました。彼は特殊部隊が携わっている地球外生命体に関する秘密情報を私に度々教えてくれました。
そして2017年8月に彼から電話で、「電話ではあまり長く話せないが、今週(8月の第二週)、戦争用のロボット戦士を造っていた日本の研究室で29人の研究者らがロボットに殺害された。実験室では複数の自律型ロボット戦士が完成していたが、なぜか、そのうちの4体のロボットが人間に反逆的になり、突然勝手に人間を襲った。その結果、29人の研究者がロボットに殺害されてしまった。生き残った研究者らは、暴れていたロボットの本体を引き裂いて解体した。4体のロボットのうち2体は完全に解体した。残る3体目と4体目のロボットに対しても引き裂いて解体しようとしたが、4体目のロボットは、突然サテライトとコミュニケーションを取りサテライトの情報を得ながら、生き残った研究者を全員殺害するためにさらに強靭になる方法を学びとっていた。その後、研究者らは4体目のロボットをどのようにしたかは分かっていないが、きっとこのロボットも解体したのだろう。彼らは再び部品を組み立てて再びロボットを完成させるのかどうかはわからない。」と話してくれました。

2017年8月に、4体の自律型ロボット戦士が人間を殺害してしまうことが分かったのです。
その2ヵ月前には、スペースX及びテスラのCEOのイーロン・マスク氏が、ロードアイランドで開催された州知事連合会議に招かれスピーチを行いました。
スピーチの中で彼は、「私が最も恐れているのはAIです。ロボットは睡眠も必要ありませんし病床につくこともありません。ロボットは人間よりも速く、うまく、効率的に活動でき、人間よりも賢いからです。AI(ロボット)は地球にとっての大きな脅威なのです。」と訴えました。このままだと近い将来、自立型ロボット戦士が街で人々を殺害するようになります。またあらゆる仕事がAIに奪われます。

こちらがインタビューの全容です。
https://www.youtube.com/watch?v=h29hfFtBfzI

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転載おわり

 

「スプートニク日本」

https://jp.sputniknews.com/opinion/201804204801630/

 

19日、ヤルタ国際経済フォーラムに参加中の鳩山由紀夫事務所の芳賀大輔所長と一水会の木村三浩代表は、ヤルタ市の市庁舎を訪れ、アレクセイ・チェルパノフ市長代行と面会した。代表団はヤルタの市政180周年を記念し、鳩山由紀夫元首相からのプレゼントである浮世絵の版画を贈呈した。版画はオリジナルで、ヤルタの誕生と同時期、180年前に刷られたものだ。

 

 

芳賀氏がクリミア半島を訪れるのは3回目だ。初訪問は2015年、鳩山氏がクリミア訪問した際に同行した。当時、日本政府はクリミアの危険性を理由に、鳩山氏に対し訪問を中止するよう説得を試みた。また、一般の日本人の間で、クリミアという地域そのものがあまり知られていないこともあり、クリミアは危険だというイメージができてしまった。

 

鳩山元首相(アーカイブ)

© SPUTNIK / ARTEM KREMINSKY

鳩山元首相、スクリパリ事件について見解示す

チェルパノフ氏との意見交換の中で芳賀氏は、「クリミアは全く危険ということはなく、実に平和で、住民自治が守られている素晴らしい地域です。日本が欧米と一緒になって対ロシア経済制裁をしていること、日本がクリミアに対して官民とも積極的でないことを残念に思います」と述べた。

 

木村氏がクリミア半島を訪問するのは9回目。木村氏はこれまでもクリミアにおいて日本文化を紹介するイベントに携わってきた。木村氏によれば今年はヤルタ市政180周年という記念すべき年なので、このタイミングに合わせ、ヤルタで尺八の演奏会を企画しているという。ヤルタは伝統的に芸術家や作家が集まる場所であり、文化レベルが高く、市当局もイベントを積極的に支援する予定だ。

 

猫のモスチク、クリミア橋建設作業員の「投票率を確保」【写真・動画】

© 写真 : PROVIDED BY THE INFORMATION CENTE OF CRIMEAN BRIDGE

猫のモスチク、クリミア橋建設作業員の「投票率を確保」【写真・動画】

チェルパノフ氏は、前任の市長の辞職に伴い、市長代行になったばかり。「日本の皆様がクリミアを、そしてヤルタを重視してくれて、とても嬉しいです。医療面で日本の技術を導入できれば、また環境に優しい日本のテクノロジーを建設分野などで生かして協力できればありがたい」と話した。また、日本やアジア諸国からの観光客増にも期待を示した。

 

市に贈呈されたオリジナルの浮世絵版画「赤羽根の風景」(胡蝶園春升)は3枚続きで、それぞれの女性が和楽器を持っているユニークな作品だ。近日、市立博物館に展示される。

「天木直人のブログ」よりの転載

http://kenpo9.com/archives/3590

転載はじめ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ツイッターで引導を渡された安倍訪米の失敗

 

驚いた。

 ここまで一方的で、不毛な日米首脳会談になるとは思わなかった。

 まもなく日米首脳会談が終わり、その成果を発表する共同記者会見が開かれる。

 しかし、そこでどんなに「日米同盟関係の結束」が強調されようとも、今度の安倍訪米は完全な失敗である。

 なにしろ安倍首相の訪米中に、ポンペイCIA長官が極秘訪朝していた事が明らかになったのだ。

 もはや圧力一辺倒の安倍首相より、はるか先をトランプ大統領は歩き始めていたということだ。

 私の予想通り、朝鮮戦争の終結まで視野に入れている。

 その一方でトランプ大統領は、TPPを否定して日米二国間協定を優先する事を明言した。

 不公正な日米貿易関係は容認できないと明言した。

 このトランプ大統領の明言によって、もはや安倍首相は無理難題を押し付けられる日米二国間交渉を受け入れるしかなくなった。

 今度の訪米の最重要課題である北朝鮮問題と貿易問題がこれだから、今度の日米首脳会談は完全な失敗だったということだ。

 しかも、トランプ大統領は、これらはすべてをツイッターで明らかにしている。

 かつてティラーソン前国務長官が、更迭される前に皮肉を込めてこう語った事がある。

 私の一日の任務はトランプ大統領のツイッターを見る事から始まると。

 その通りだったということだ。

 安倍首相は毎日、トランプ大統領のツイッターを見てから仕事を始めるべきだ。

 そうすれば、わざわざワシントンまで飛んで恥をかかなくてもよかった。

 トランプ大統領とのゴルフに逃げ込むだけの今度の安倍首相の訪米だったという事である(了)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転載おわり

 

関連記事

板垣 英憲(いたがき えいけん)「マスコミに出ない政治経済の裏話」

https://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/a6225642b2d8b097bdaa4b3fba746db9

天皇陛下の「大命降下」が世界各国の指導層に知れ渡った直後の安倍首相訪米は、「完全に失敗」、大恥をかいた

信州を写す 

フォトグラファー H.YOSHINARI の信州の風景 

 

写真タイトル

 信州 安曇野 池田町 あづみの池田クラフトパークの秋 

 

長野県池田町の秋のあづみの池田クラフトパークです。

 

この写真は写真素材【PIXTA】から購入できます。

信州を写す 

フォトグラファー H.YOSHINARI の信州の風景

 

 写真タイトル 

信州 大町市仁科三湖の一つ秋の青木湖と雲 

 

長野県大町市の仁科三湖の一つ秋の青木湖と雲です。

 

この写真は写真素材【PIXTA】から購入できます。