むしとの日々

タイトルの意味は子供時代への郷愁と自分の次の世代がまったく虫に興味を持たないことの悲しみ。
子供孫の時代になって昭和は遠くになりけり。
それでも嫌いさらに反発を覚えるのが左翼的いや利権的自然保護です。
自然保護など語るべきでない。


テーマ:

 中国では極悪凶悪中国インフルエンザで騒ぎ、日本ではたかが風疹(三日麻疹)で騒ぐ。


シナでは情報隠しゴマカシありで病気に関しては注意が必要だろうが貧乏人が重点的に被害を受ける河川の汚染や空気汚染に比べると笑い飛ばしていいのかもね。


不特定多数の人間に被害が及ぶ可能性で騒ぐのはブルジョア的だと左翼はナゼ言わぬ。

不特定多数の人間に病気の可能性で神は公平なりとキリスト者はナゼ言わぬ


日本では風疹なども予防接種が必要と知ったかぶりの報道合戦。

予防接種などいりません。(妊婦さんには心配だとしても)

子供のうちに気づかぬまま感染してしまうのが健全なのだ。


 自分では幼少期から小学低学年まで病弱で慢性的な頭痛めまい腹痛下痢が日常でした。

ずっと前になるが三十代になって風疹に罹ったときはマッタク判らなかった。

背中にブツブツで熱がでたかな?もちろん会社など休み近くの医院に行ったが医者(院長不在で応援の若手医師だったが)に診断が付かず((*^▽^*))大笑いだ。

病院には一回行ったきり。

発病したのは自分だけだったが当然に家族にも感染して免疫ができただろう。


数日休んで当然有給休暇としたのだが、後日風疹の流行で別枠の特別休暇になると聞いたが別に特別休暇に切り替えもせず。


凶悪国家と極悪インフルエンザがお似合い?と言っちゃ悪いのか?被害が自分自身に飛び火する可能性?などありゃしません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

桜散り春は過ぎ行く・

 何鳥か解らない囀りで外を見る。

   狭い庭?いや隣との空地いや隙間にガビチョウのペアを見る。

  ガビチョウ本来の喧しい囀りでなくおとなしい鳴きだ。

 地面をつつき虫を探すか?

寒い時期はシロハラとシジュウカラが無視探し。

スズメはセキセイインコの吹きこぼしエサを目当てにほぼ一年中くる。


百舌の巣に気づいたのは4月1日、ムベの葉陰で上手く隠れている。

気づいたのはペアで鳴き交わし巣を離れるとき。


巣にいるときは身を沈めて抱卵しているからわからないのだが時々頭を持ち上げている時にかすかに見える。

2年前にも同じ場所に巣を作ったがこの時は孵化せず、3週間以上抱卵していた、今年はどうなるか?


百舌に気づいているのは自分だけ、家族などマッタク気づいてないだろうと言うか興味なしだ。


 子供ならば代表的なトンボ・セミなど全て知ってアタリマエと思っていたのだが、セミの鳴き声は解ってもセミの種類を知らないことに愕然とする。


時代は流れ、場所も変わり子供たちも一人ひとり個性があり知識も異なるにしても身近な生き物を知らない子供がほとんどだ。


かつてはガビチョウ・ソウシチョウなど決して野外にはいなかったのに今では時々見かける外来生物。

自分が子供のときはカワセミやミソサザイですら身近な鳥だった、獲るとか飼うとか大人でもやっていなかったが、特異な姿かたちで名前くらいは知っていた。

ツバメですら少なくなっている、雀はどこに巣をつくり繁殖しているのだろう。

家の軒先で雀の巣を見ることはない。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。