こんにちは。


前回は実験室(ある掃除会社のホームページ)検索エンジン(Google)に登録しました。



その結果ですが、

アクセス数は登録前とあまり変わっていません(^^;ゞ (悲しいぃー)



そんなに期待していませんでしたが、すこ~しくらいは効果があるかなぁと思っていたのがあまかったですね。。。



さて約1週間様子を見ても変化が見られないので、また新たなことを試して見たいと思います。


それは「一発太郎」 です。

http://ippatsu.net/TARO/



このサービスの内容を簡単に説明すると前回登録したGoogleも含めて国内のいろいろなサーチエンジン一発登録をしてくれるのです。


いろいろなサーチエンジンに登録するため入力項目は若干多くなりますが、それぞれのサイトに登録する手間を考えたらはるかにいいでしょう!


あとは、もちろん「無料」で使用できることが何より大きいですね。


それが「一発太郎」 です。



ここはあくまでも実験室なので最終的には爆発的な効果を目指していますが、そう簡単には行かないものです。


だから基本スタンスとしては、少しずつ改善していき、効果のあるもの、その内容を皆さんに紹介していくことを目的としています。


だからちょっとした失敗も気にしない、気にしない、、、ふぅ~。。。



あとサーチエンジンに登録するときは、検索キーワードを登録することがあるのですが、その検索回数が確認できる「キーワードアドバイスツール」 についてもご紹介したいと思います。


詳しくは次回に!


それでは、また次回をお楽しみに。


ではでわ!



****************************************************************************

実験室(ある掃除会社のホームページ) はこちらです。


もしあなたが見たら、ひとことでいいのでホームページを見た率直な感想を聞かせてくださいね。


感想はコメントかこちらのフォームからお願いします m(_ _)m
(↑このフォームは以前に紹介した無料サービスで作ってあります。よかったらどうぞ! →FC2フォームレンタル


****************************************************************************

AD

こんにちは。


前回はついに実験室(ある掃除会社のホームページ) をこのブログに載せました。


まだまだ内容が貧弱なのでこれから充実させていかないといけないですね (^^;



内容の充実はもちろん必要ですが、それと同時にやらなければいけないこととしてアクセス数を増やすことです。


以前からお話していますが、このブログでは「数字をあげる」ことが目的ですから \(^o^)



今回は検索エンジンに登録したいと思います。


検索エンジンとは皆さんも使ったことがあると思いますが、Yahoo!やGoogleで検索したい文字を入力して「検索」ボタンを押すとインターネット上にあるホームページから検索文字が含まれたページが一覧形式で表示されるアレです。そうアレ


あの一覧に表示するために検索エンジンに登録するのです。



今回は無料で登録できるGoogle で登録したいと思います。


Googleでの登録する画面はこちら です。


Google登録ページ



説明をざっと読んでみたところ登録は思ったより簡単みたいですよ。


やることはこれだけです。


1.URLの入力
  検索エンジンに登録したいホームページのURLを「http://」から登録


2.備考の入力
  ページのコンテンツを説明するコメントやキーワードも追加できるみたい。。。


3.オプションの入力
  何かの処理に使用するようで、画像表示されている文字をそのまま入力


4.願いを込めて「URLの追加」ボタンを押す

  ボタンを押すときに「少しでも多くの人がホームページを見てくれますように!」って願いを込めて押しましょう。夢のように一日で倍増するのは難しいでしょうがこの願いを胸にホームページを作っていく事が大切だと思いますから。


登録は、これで終了!


登録されるタイミングなどについてGoogleによると
「申請いただいたURLの全てがGoogle のインデックスに登録されるわけではなく、特定のURLがGoogleで表示されるかどうか、またそのタイミングついての予測や保証はできませんので、ご了承ください。」

ということです。


だから登録者としては待つしかないみたいです。。。


ま、今回は検索エンジンに無料で登録することが目的ですからとりあえずこれでOKとしましょう。



実験室(ある掃除会社のホームページ) はこちらです。

もしあなたが見たら、ひとことでいいのでホームページを見た率直な感想を聞かせてくださいね。


感想はコメントかこちらのフォームからお願いします m(_ _)m
(↑このフォームは以前に紹介した無料サービスで作ってあります。よかったらどうぞ! →FC2フォームレンタル


それでは、また次回をお楽しみに。

AD

こんにちは。


みなさん、連休を楽しく過ごしていますか?


広い範囲で雨になってしまいましたね。



さてさて、このブログでは以前から実験室(ある掃除会社のホームページ)準備のお話をしていましたが、ついにできました (^ ^)v


まだまだ内容は薄いのですが、何とか形になったので思い切って公開します

パンパカパーン


↓どうぞごらんください↓

実験室(ある掃除会社のホームページ)



まだあまり内容がありませんが、もしよろしければホームページを見た率直な感想を聞かせてくださ~い。

作っている私達は何かと思い込みに捕らえられてしまっているかもしれませんし、客観的な意見を聞かせていただきたいと思いますので。


そしてその意見をもとにいろいろと改善を加えていきたいと思います。

感想はコメントか こちらのフォームからお願いします  m(_ _)m


※お願い&ご注意
くれぐれもホームページの感想はホームページ内のメールアドレスやお問い合わせフォームからは連絡しないでください
このブログで公開することに了承を得ていますけど、仕事の内容以外はブログ内でお願いしますね。



さて簡単に実験室の説明をすると、今は「とりあえずホームページを無料で作ってたちあげる」ということだけ考えています。


費用を一切かけなければ、万が一上手くいかないときには痛手を負わずに撤退できることができます。
(ちょっとずるいかも知れませんがこれって結構重要なことだと思っています (^_^;


でもそんなすぐにあきめませんよ!


これからアクセス数を増やすことに注力したいと思います。


このブログでは「数字をあげる」ことが目的ですからね。



今はアクセス数は1日数えるほどしかありません。
それを少しでも増やすためにいろいろな方法を探して、試してみたいと思います。


まず最初は検索サイトに登録することからやろうと思います。


実験室(ある掃除会社のホームページ) を見たら、ぜひホームページを見た率直な感想を聞かせてくださいね。

感想はコメントか こちらのフォームからお願いします  m(_ _)m


では、続きは次回に書きますね!


それでは!

AD

あなたは街角でチラシや広告の入ったティッシュをもらったことありませんか?


今日は最近の人間観察で気付いたことについて書いてみたいと思います。
毎朝わたしは電車で移動し、駅から歩いて職場まで通勤しているのですが、いつも駅前で多くの人がチラシやらティッシュを配っています。


その人たちを少し見ていると明らかに受け取ってもらえる人(ヤリテさん)と全く受け取ってもらえない人(もひとつくん)に分かれていることに気付きました。


それに気付いてから毎朝通り過ぎるときに観察をしていて気付いたことがあります。


それは受け取ってもらえる人(ヤリテさん)と受け取ってもらえない人(もひとつくん)では大きな違いがひとつだけあるのです。


それは「声の掛け方が違う」と言う事です。



まず受け取ってもらえない人(もひとつくん)は、黙ってたままか、もしくは「宜しくお願いします」と差し出すかどちらかです。


一方、受け取ってもらえる人(ヤリテさん)は、「~~のお知らせです」や「お得な~~クーポンです」と言って渡す



この違いは小さいように思えますが、渡される立場に立つと圧倒的な違いがわかります
それはあなたも体験したことがあると思いますが、ちょっと思い出してみましょう。
()内は心の声です


普通に歩いている
(ぼんやり考えことなどをしていることも)



目の前に突然知らない人が現れる
(何だこの人、こっちを見ている)


何かを差し出している
(差し出されているけど何かわからない。得なものならほしいけど。。。)


説明されるか or 説明されないか


もらう or もしくはもらわない
(あっそれなら得だからもらおう、もしくは何かわからないからもらわないでおこう)

とこんな感じですね。



チラシを配っている人はどんなチラシを配っているかわかっているので何も考えずに渡すかもしれませんが、
渡されている側は何が書いてあるか目の前に差し出された一瞬では読めませんし、得体のしれないゴミをもらってもしょうがないのです。



だから何を渡しているのかを簡単に説明しながら渡すようにすると明らかに反応が違ってきているのです。



ここでチラシやティッシュを受け取ってもらうための工夫をまとめると
「自分が何を渡しているか声を掛けながら渡す」
ということです。



例えば
 「~~のお知らせです」型
   得体の知れないものではなくする。
   「新規店舗オープンのお知らせです」


 「お得な~~です」型   一歩踏み込んでより多くの人にお得なものとして受け取ってもらうための一声。
    マクドナルドの「お得なクーポン券です」


 「イメージ喚起」型
   ただチラシを渡すだけでは効果が低いものに対してイメージを喚起して受け取ってもらう。
    「暑い夏にカットして涼しく過ごしてみませんか?」



この簡単な誰でもできる方法で受け取ってもらえない人(もひとつくん)より、受け取ってもらえる人(ヤリテさん)を多く作り出し、あなたの会社の広告をより効率的に活かしてみませんか?



今回は私の観察結果をまとめましたがあなたもチラシ配りで何故か受け取ってしまう人の行動に気付ていたら情報を下さいね!
質問など何でも気軽にこちらのフォームから!
(↑以前に紹介した無料サービスで作ってみました →FC2フォームレンタル
←カチッ)




これをホームページに当てはめて考えたら新しい行動が出てくるかもしれませんね。

では!

さて、ちょっと間が空きましたが現在実験室となるホームページのネタを作成中です。
とは言えまだ会社概要やサービス内容をまとめたところです。
これはあくまでも「どんな会社だろう」という人向けの情報。基本情報です。
ここはタンタンと整理をすればいいので比較的問題などない部分だと思います。
基本情報を書いた後がいよいよ重要な部分に入ります。


と、その前に、
今回は私のちょっとした気付きを書きたいと思います。

私は以前、こんなことを書きました。
「私達システム屋の勝手な思い込みで作られたホームページは、必然的に放ったらかしになるようなホームページなのでは?と言う事に気が付いたのです。」

それは何かひとことで言うと

そのページはシナリオがあるか?」ということです。

いくら画像を多用し、スマートなページを作ったとしても、または多くの便利機能をページに追加してもお客さんは売る側(ホームページ作成者)がどうして欲しいかは汲んでくれないのです。


例えば商品を販売するページならお客さんが商品を買うようにする。
買うようにすると言うより買いたくなるようにする。


資料請求や会員を募集するページの場合には、お客さんをいかに集めるか。
いかに入りたくなるようにするか、という事です。


それは端的に言うと、そのページが「営業をしているか?」と言う事になります。

ホームページで営業をするときには次の3点が重要になると感じました。それは
誰に」「何を」提供するのか。そしてお客さんに「どうしてほしいのか」を明確にすることです。

あなたはきっと「当たり前じゃないか」と思ったのではないですか?
でも一見当たり前に思えるこの3点が明確になっていないホームページが驚くほど多いのです。


これを明確にしたシナリオがあるホームページは、見る人を引き込みより高い可能性のお客さんをつれてくるのです。

現在、実験ホームページはその「誰に」「何を」「どうしてほしいのか」を改めて洗い出しシナリオを作成しているところです。

あなたのホームページも一度チェックをしてみてはいかがですか?

シナリオ」がきちんとあるかを。