年中アウトドア

20余年前 ふとしたことで長野県・木曾・御嶽山麓に小さな山小屋を自分で建て、アウトドア志向になったオジンの日記。

2010年 リタイアして、大阪より ここ木曽に転居してきました。
尚、別ブログはこちら→「いろいろ【まっち】んぐ」 plaza.rakuten.co.jp/machi2406/

テーマ:

熊本地震から2年、福岡・大分豪雨災害から9か月、復興は進んではいますが、まだまだです。 やはり年月が経つにつれ、人々の記憶から薄れてゆき、しかたないことかもしれませんが、支援なども減ってきています。

しかし、いまだに現地でボラ活動しているボラ団体などもいます。 今回、ボラ友の呼びかけに応えて、ちょっと熊本・南阿蘇と大分・日田市に応援に行ってきました。

4/8 土曜日、朝6時半に起きて、着替え・道具などを積込み7時半出発。..(本当は7時までに出るつもりだった)

.

今回は高速料金も自前なので、節約するため、各務ヶ原まで下道、そこから高速。 途中、大阪へ寄って墓参り。 そこから中国道・吹田まで走り、午後1時過ぎ中国道へ。
 

途中、広島・安佐あたりで雪。 吹雪になってきました。
ヤバ!
 

いつもは4月中旬までスタッドレスを履いたままなのですが、タイヤ溝も減ってきてたので、今回の九州行きが急遽決まり、中古ノーマルを購入してはめ換え、履き替えしたところ。
 

幸い、路面に積もることはありませんでしたが、周囲の山の木には若干積もってました。 1時間ちょっとで、雪の地域は脱出。 山口に来ると雨になり、ホッと一息。
 

関門橋、一昨年から何回のこ橋を渡っただろう。 トイレ休憩以外はほとんど止まらず、午後11時頃に北熊本SAに到着。 ここで仮眠。 15時間半の運転、やはり疲れました。


車の累積走行距離が18万km超えました。 なぜかいつもボラに行くときに大台を超えています。 15万kmは常総のちょっと上、築西市玉船行きボラ。 16万kmは岩手・岩泉ボラ、17万kmは熊本地震ボラ。

 

さて、翌早朝7時前に出発して、宿泊施設「ロハス南阿蘇」に7時40分頃、無事到着。




 

今日 4/8(日)は被災した地元企業の荷物出し(移転)班と草刈班に分かれて作業。 私は前者のほう。 ボラ友氏は今日だけ応援の人と前日からの続きで草刈班。
 

地震で建物が大きく損壊し、本体はとっくに解体されたが、倉庫に荷物を残してあるので、倉庫などは解体しないで残してある。


地震で裏山もかなり崩れた。

この度、新しい施設を作るメドが立ったので、その荷物を仮置き倉庫に移し換えするためのボラ。 けっこういろんなものが残されています。 2t車3台で3往復して、まだ若干残りました。

4/9(月)のボラ作業は日田市・大鶴駅からの荷物出しと、その横の畑の泥出し。

ボラ団体「ロハス南阿蘇たすけあい」がここ大鶴地区の活動拠点としてJRさんから無償で借りていた大鶴駅の駅舎をお返しするため、活動資材を置かせていただいた拠点の引越作業。 引越先も、大鶴駅から数100mの空家。 ここも自治会長さんの了解を得て無償で貸ししていただける。

午後からは、「ロハス南阿蘇たすけあい」が大鶴地区でお世話になった方のご自宅横の畑の泥出し。 去年の水害から約9ヵ月たってもいまだに数cmの泥が積もったまま。 お世話になった方のお父さんが90歳というご高齢なのに、ひとりであと片付けをされていたのだそう。

残念ながら午後からの半日の活動だったため、完了せず、一部は翌日に持越しとなった。 尚、熊本地震の時に真っ先に駆けつけてくれたのが、ここ日田市大鶴地区の方々なのだそう。

4/10(火) ロハス南阿蘇でボラ友氏を見送り、私は東峰村へ。 今回は以前通行止めになっていた川沿いの道路が通行可能になっていたので、そちらを通っていきました。

ただ今復旧真っ最中の様子。 川自体は小さな川です。 だから一気に降った雨で溢れかえったのでしょうね。 被害の写真、撮り忘れた。
 
熊レスで昨年活動した方には懐かしい風景だと思います。 今はこんな風になっています。





 

宝珠山きのこ生産組合も建屋の移転新築など、再建工事が始まっていました。 川村さま、「おいしいたけせんべい」などのお土産も頂き、また多忙な中、お時間をさいて頂いてありがとうございました。


東峰村を後にして、一路九州とお別れ。 関門橋、何度も通ってますが、お昼間通るのは初めて。 いつも夜ばかりだった。




以前 ボラで長期滞在していた広島で途中下車。 懐かしいボラ友と再会しました。

今回の総走行距離 2330km、ひとりでの運転はやはり疲れる。


テーマ:

2011年(平成23年)3月11日14時46分に発生した東北地方太平洋沖地震による災害で、震源域は広大で、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200kmのおよそ10万km2に及びました。

また、これに伴う福島第一原子力発電所事故(メルトダウン)が起き、今現在も収束が見通せない状況が続いています。

7年経ったのですね。 ついこの前のような気もしますし、かなり経ったような気もします。

当時のブログはこちら

 

気仙沼・小泉浜より帰ってきました
 

気仙沼・小泉浜 Part 2
 

「2度目の東北から帰ってきました

2018年(平成30年)3月9日時点で、震災による死者・行方不明者は1万8,434人、そのうち警察に届け出が出ている行方不明者は、合わせて2539人。 そして、避難生活者は、今も7万3千人もいます。


今年も全国各地で発生時刻の午後2時46分に合わせ、鎮魂の祈りが犠牲者にささげられるものと思われます。 

 

犠牲者のご冥福を祈りつつ、この教訓を後世に活かさなければならないと思います。

合掌


テーマ:

2/7 今年2回目の極寒寒波で日本海側で大雪になっています。 特に福井県は、1981年の「56豪雪」以来、37年ぶりの大雪で、国道8号で車1500台が立ち往生し、自衛隊に災害派遣を要請するなど、大混乱。

ここ木曽でも大雪ではありませんが、昨夜から雪が降ったりやんだりしています。 天気予報も今週末までは雪マークです。 大雪にならなければ良いのですが・・・

 

さて、お正月を過ぎてからの木曽の様子。


1/13 今朝は今季一番の冷え込み。
プレハブ室内で-12℃。(午前9時) おそらく外は-15℃くらいになっているだろう。

パソコンの電源も気温が低すぎて、すぐ落ちる。. 何度か繰り返して、やっと立ち上がった。
 

ちなみに、開田高原では最低気温-18.4℃。(開田高原の標高は1100~1300m)

積雪は例年並みですが、今季は気温が低い。

ここ数日、夜はファンヒーターを点けっぱなしでも、室温が13℃以上あがりません。 設定は20℃にしてるんだけど・・・
 

さて、これから一昨日降った雪で、通路に積もった雪の雪かきします。 できるときにしておかないと、また降ったらどんどん積もるからね。


 

午後4時、
通路だけは確保。 今日はお日様が全然出ないので、寒い。
表の道路は、昨日 ブルさんがかいてくれたらしく、そこそこきれいなので、仕上げはまた明日に。




1/20 ここ数日の暖気で雪もすっかり融けました。

しかし、明後日からの超寒波でどうなるかな? 怖い、怖い。


1/22 今日は東京都心でもけっこうな積雪になっているようです。(15~6cm)

ここ木曽では、午後からもなかなか降らず、午後3時過ぎから降りはじめ、あっと言う間に10cmほど積もり、その後もどんどん積もってます。
 

帰り道、夕方から積もりはじめたので、除雪も間に合わず、道路は積もりっぱなし。(10cmほど)

...

家に近ずくに従って、交通量も少なくなってくるので、積雪量も多く、家の前はおそらく15cm以上。 家に入るにも、短靴がすっぽり埋まるほど積もってました。

1/23 朝 起きて外を見たら、やはり予想どうり、かなり積もってました。(約30cmほど) このくらいなら車で走れますが、40cmを超えると雪に乗り上げて動けなくなります。 以前、1度ありました。

 

7時からとりあえず雪かき2時間。 車まわりと、家から道路までの通路の最低限。 あとはブルさんにやってもらおう。




 

小康状態ですが、まだ降っているので、これからも積もります。

...

午前11時半、小康状態だった降雪が本降りになってきました
せっかく朝に雪かきしたけど、また積もりはじめてます。
いつまで降るんだろ?
 

午後2時から1時間半、2回目の雪かき。
今日のブルの雪かきは荒かった。 と思ったら、常勤の兄ちゃんじゃなく、バイトの兄ちゃんがやってた。 どおりで・・・
 

車まわりも今1度きれいにして、通路ももう1度雪かき。 そして家の庇も雪おろし完了! でも、まだ降り続けてるから、明日の朝には元の木阿弥だろうな。

1/25 今日はチョー寒い。
朝、携帯の充電プラグを差し込んだら、「電池の温度が低すぎて充電できません」だと。

仕事中も洗車していると、すぐ凍りついてしまう。

...

帰ってきて、ログの中の温度が-1℃。 プレハブは氷点下10℃なんてのはザラだが、ログ内が氷点下になるのは滅多にない。
 

ファンヒーターを1時間以上つけているが、まだ3℃。

 

午後11時
3時間経過、室温が5℃以上あがりません。

 

2/2 昨日夕方からの降雪でけっこう積もりました。(約30cm) ゆえに、朝は長靴出勤。

出勤後、社員総出で店の雪かき。 朝から良い運動になりました。
 

松本もかなり降ったらしく、松本の検査場も除雪した雪の山。 道路周辺もごらんのとおり。

.


.

来週はまた強烈な寒波が来るそうで、暦の上ではもうすぐ立春ですが、まだまだ冬真最中。


2/3 2時間半かかって雪かき終了! 家の庇も雪落とししました。 今日は暖かいから助かった。(とはいっても外気温は約3℃くらい) 来週の寒波で、またすぐ積もるけどね。
 

1枚目 さて、これから開始。 全体が白だから、よく見えないが、足跡はくるぶしが埋まるほどの深さ。 重い湿った雪なので、雪かきも重かった。

 

2枚目、3枚目 ブルさんがかいたあとの雪の壁。 一気にガーとかいてくれるが、端っこはどうしても雪の壁ができます。


.大阪在住時、木曽に来たときにこの壁が50cm以上になってたこともありました。 まず、雪の壁を壊さないと家に入れない。
 

4枚目、雪かき終了です。

 


テーマ:

今年の冬の積雪は「平年並み」との予報ですが、天候の上下が激しすぎますね。 暖かい日が続いたと思えば、急に寒くなる。 また、特定の地域で豪雪になったり、と、ここ数年、こういう天候が続いています。

日本の天候が今までと違い、予測不能なことが多くあります。 世界的にもそうです、 地球温暖化の影響もあるのでしょう。

 

1/8

今日は成人式。
成人のみなさん、「おめでとー!」

天候の荒れているところも多いようですが、無事に成人式がおえますよう。

...

ここ 木曽も天候は荒れています。
朝は雨交じりのあられでしたが、今はボタ雪が降り続いています。

昼過ぎからは雨。 温泉に行きましたが、雪が解けて路面はズルズルで滑る滑る。
怖かった~!
 

今週後半は寒気が入ってきて、もっと雪が降りそうです。
あまり降らないでほしいな。

 

12/27

今日は仕事納め。 1/3まで7日間のお休みです。
店は3日から営業ですが、例年通り、私は1日余分に休みです。

 

昨夜から雪で、今朝はこの通り。
今日も降ったりやんだりで、終日雪模様。... 夕方からはずっと降り続けています。
明日はどうなっていることやら・・・

 

12/28

どうやら昨夜は、あまり雪は降らなかったようで、朝 見ると、そんなに積もってませんでした。(積雪 約7~8cm) 

 

 

しかし、2日間放置したので、大ざっぱな雪かきにも1時間半かかりました。 細かくすれば、あと1時間はかかります。

手足が冷えてきたので、とりあえず本日はこれで終了。 残りはまた明日に。(やるつもり)

.


..

県北部では、かなりの大雪になっているそうです。
大変だろうな

 

 

12/31

午後から雪が降ってきました。
どうやら年末年始は雪模様。 ま、どこへも出かけないからいいか。


年内最後の温泉 入ってきました。.. いつものところだけどね。

 



昨年は暖冬で、ほとんど積雪がなかった。(下記画像) なので、お正月は穏やかな天候でしたが、今年は例年並みのようです。

 

 

1/1
年があけました。
昨日午後から降り始めた雪は、かなり積もったようです。 まだ外へ出てないのでわかりませんが・・・...

 

 

1/3

昨夜はかなり降ったらしく、車が埋まりそうになってました。

 

とりあえず、車まわりだけ、と思って雪かきしましたが、ついつい通路もやってしまい、結局1時間半かかって雪かき完了!

今はもうやんでますが、夕方からはまだ雪の予報。...
明日から出勤だから、あまり降らないでほしいな。

 

 

1/4

初出勤。 まだお休みの会社も多いようで、道路は空いてました。 検査場の職員も通常の半分以下で、検査受け車もガラガラ。

 

国産車系ディーラーのほとんど(LEXUSを除く)が営業していましたが、外車系ディーラーはすべてまだお休み。 やはり、高級車系はあくせくしないのか。

ところで、出ました!-11℃!..

.


1か月ほど前に、「ここは真冬になると-10℃くらいになります」と書きましたが、とうとう-11℃に。

でも、まだ真冬じゃないんだけど・・・

 


テーマ:

今年の夏は猛暑の予想でしたが、残念ながら夏らしい日はほとんどなく、冷夏でした。
では、この冬の気象はどうなのでしょうか?
ちなみに、昨シーズンは暖冬で、降雪量はかなり少なかった。

 

気象庁の1カ月予報では(12月21日発表)、12月下旬(12/23~29)は北日本が平年よりかなり寒く、年末年始(12/30~1/5)は北日本は平年より暖かく、西日本は平年より低温になる予想です。 東日本は平年並み。

 

1月は(1/6~1/20)、平年より低い地域は西日本から東日本に広がります。

雪の量としては(12月23日~1カ月)、これから1カ月の降雪量は平年並みか平年より多い見込み。

 

また、12月から2月までの3カ月予報では(11月24日発表)、1月・2月とも、

 北日本:平年並みか高い
 東日本:ほぼ平年並み
 西日本:ほぼ平年並み

 

とのこと。 全国的に、ほぼ平年並みだそうです。

 

さて、ここ木曽では、11/18に初雪でした。

お昼間は雨になりましたが・・・
 

こんなこともあろうかと、車のスタッドレスタイヤ交換は、11月はじめに行った「熊野古道支障木伐採」から帰ってきたあとに即交換済み。

 

昨日のお昼間は雨でしたが、夕方になると、また雪。
結局、1~2cmですが、積もりました。
 

プレハブ室内もとうとう氷点下に・・・


.
.例年、氷点下になるのは12月にはいってからなんですがね。

下界では、まだ11月で「秋」のはずなんですが・・・

今日も夕方から雪が降ってきました。 また、明日も積もるんでしょうか?


12/2 毎年恒例の屋根上の落ち葉掃除。
だいたい、落ち葉が完全に落ち切った、11月末~12月始めにやってます。

 

これをやっておかないと、積雪の度合が違います。 ただでさえ、ログ屋根には苔が生えており、雪が付着しやすく、その上 落ち葉があれば断熱効果で雪が積もりやすくなります。

 

.





しかし、最近は屋根上の作業が辛くなってきてます。 昔は立ってヒョイヒョイ歩いたものですが、ここ数年は屋根の上に座り込んで作業してます。

足のふんばりが効かなくなってるんですねぇ~

 

道路に設置された表示板にも、いよいよマイナス気温が表示される時期になってきました。

真冬はここは(藪原手前の谷筋)マイナス10℃くらいになります。
 

 

12/9 一昨日の夜から降り続いた雪で、今日はブルさん今季初出動でした。

積雪は約5~6cmで、たいしたことはありません。 今日はもうやんでいます。
 

...
 

これからは、休みの日は雪かきが日課になりそう。
ヤだなぁ~ (! ──__──)

12/12 北海道や東北および日本海側では大荒れの天気で、大雪になっています。 この荒天、今後しばらく続くようです。 大きな被害が出なければよいのですが・・・
 

昨日はここ木曽でもかなり雪が降りました。...
おかげで、このとおり。 


ブルが雪かきした壁もできました。


雪かき完了!




 

積雪は前回より少し多い7~8cm。 それでもまだ10cm未満なので、たいしたことはありません。(都会だったらおおごとなんだろうけど)
 

今回は少し多かったので、雪かきに要した時間は約1時間弱。 真冬の10cmを超える積雪になると、2時間ちかくかかります。
 

1時間程度ならまだ余裕ですが、1時間を超えると、手足がかなり冷えます。 これが辛い。

あまり積もらないでほしいな。

これから本格的な冬の季節。 と、同時に積雪の季節です。
予想では「平年並み」とのことですので、予想どうりになることを願ってます。

しかし、25日(月)から27日(水)頃にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置となるため、北日本では雪を伴った非常に強い風が吹き、海は大しけになるおそれがあり、気象庁は暴風雪や高波への警戒と、大雪やなだれへの注意を呼びかけているそうです。

くれぐれもご注意を・・・
 

 

 


テーマ:

11月初旬の3連休、台風21号で熊野古道に支障木(通路倒れて通行に支障がある木や、倒れそうな木)が多くでたので、その片付けの手伝いに・・・


その前の台風18号では私の家の周囲でも倒木が多く、処理に大変でした。(前記事参照)
 

私の所属団体「熊野レストレーション」は普段から熊野古道の景観整備を請け負っています。

 

熊野古道はやはりけっこう荒れていました。 山自体もさることながら、道もあまり補修されておらず、敷石が浮いているものも多くあり、これからの整備は、まだまだ必要と思われます。


初日 11/4(会の作業としては2日目)、逢神坂峠までの作業。 片道約1.6kmの古道。 チェンソーやその他の小道具、飲料・食料を携行して登りながらの作業。

通路上の斜面にはかなりの倒木





とりあえず邪魔な木をチェンソーで切断


完全に通路に倒れこんでいるものも・・・










短くなったものを通路下に投げ、とりあえず通路を確保






 

足腰ヘロヘロになりました。 ジジイにはかなりキツイ。

 
2日目 11/5は大吹峠までの作業。 ここは片道約500mと、かなり短いので助かった。





幹の途中が裂けて、今にも折れそう




伐採後、掛かり木になったものはロープをかけて引き倒す

 

古道なので、石が敷かれた山道。 かなり歩にくいので、ただ昇り降りするだけでもけっこうキツイ。 昔の人はよくこんな道を歩いていたものだ。

 

作業中も数は少ないが、何組かのハイカーが通りすぎていきました。 そういう人たちが安全に通ってもらうための整備作業です。

 

熊野までは中途半端に遠い(高速利用で6時間半)ので、なかなか行けてませんが、今回 長期連休を取れたので、行ってきました。
 

帰りはすべて一般道を走ったので、9時間もかかり、疲れマスタ。

 

 


テーマ:

ここのところ朝夕かなり冷えます。 9/29などは、4℃でした。(am7時、プレハブ室内で)  まだ9月なのに、何じゃ、この寒さは!



ここでは冬の季節が一番長く(11月~3月まで5か月)、春、夏、秋はそれぞれ2か月ほど。 このごろ春、秋の季節が短くなってる上に、今年は夏もほとんどなかった。

最近の気候はどうなってるんでしょうかね?

ところで、去る 9/17に九州に上陸した台風18号。 九州から四国、本州と北海道まで日本列島を縦断しました。

特に大分県で大きな被害が出て、県中部から県南部の川が多数氾濫し、臼杵市では市街地も冠水。

九州は一昨年の熊本地震、今年の福岡・朝倉市の豪雨災害 と、連続して大きな自然災害に襲われています。 被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。

 

さて、この台風18号、ここでも倒木被害がありました。 とはいっても、たいした被害ではありませんでしたが・・・

9/18

台風もどうやら過ぎ去りました。 昨夜はすごい風でした。

朝 起きて、庭を見渡すと、とんでもない光景が・・・


敷地の通路に倒木。 車を置いてる横の木も倒木。...
電線に引っかかってますが、電線が無ければ、車のボンネット直撃でした。


 

車の横の倒木。
これはチトやっかい。


 

とりあえず、通路の倒木処理。
切断だけは済みました。

...

車横の倒木は下から徐々に切って、短くなったところで引きずり出します。 このとき、気をつけないと、倒れてくる木に巻き込まれるので、退避のタイミングが大切。 あとは寝かせてから短く切断。

 

 


 

こちらも切断だけは完了!

こういう電線に引っかかった倒木は、本来なら電力会社へ連絡して、後述のように専門業者にやってもらわなくてはいけません。(ここは管理事務所があるので、そこから電力会社へ連絡がいく)

電線を切ってしまう恐れもあるし、感電の危険もある。 むろん、電線を切らないように慎重に作業しましたし、ゴム手袋を二重にはめて作業しました。

しかし、どのみち敷地内の倒木処理は自前でしなくてはならないし、電線にかかった倒木も先っちょがかかっているだけのようなので、ついでにやりました。

でも、これも本当はひとりでやってはいけません。 少なくとも監視にもうひとり居ないと、もしものときに危険。 といっても、ひとりしか居ないんだもんね~。
 

庭のあちこちに折れてきた枝が散乱してます。 これでもポリ屋根などに直撃すれば、割れてしまいます。

 

午後からは切断した木の整理。
使えそうなものを、エッチラオッチラと材木置き場に運びます。(約30m)

1本 30~40kgほどあるので、ひとりで運ぶのは大変。

 

...

やっと運び終えて、車置き場まわりの掃除をして、完了!


台風の倒木のせいで、ずいぶん力仕事をさせられてしまった。
敬老の日 だというのに・・・
 

台風での倒木、近くでもありました。

 

9/19 午後、風呂(温泉)へ行って帰ってきたら、高所作業車が前を走っていて、家のすぐそばで止りました。 その先にはクレーン付き作業車が・・・


何事?と思って、その先を見ると倒木が電線に引っかかっています。

 


 

先日 私が処理した木より幹径も大きく背も高い、 それに、木の真ん中くらいに電線があります。 これは素人では無理。...
私ン家の斜め向かいのお宅の敷地の端っこあたり。 今まで気がつきませんでした、
 

高所作業車で電線の上部分を切断、その後、クレーンで反対側へ引き倒し、所有者の敷地内へ倒し、作業完了! ま、木の所有権はその敷地の所有者ですからね。

 

作業開始から約1時間。 さすがプロです。

 

 

ところで、自分の敷地内に立っている木が倒れて、他所の建物や車などを損傷した場合、損害賠償を負わなければならないのか?という疑問が浮かびました。
 

今までの訴訟例や判例などをググって見ると、

 

きちんとした手入れをしないで、つまり放置していて、倒木で第3者の建物などの設備を損傷した場合は、損害賠償責任がある。 とのこと。 ちなみに、自然災害で倒木した場合も同様である。
 

ただし、予見不可能な自然現象(すなわち何10年に1度の大きな台風や大雨など)は、賠償責任が免除されることもある。

ただ、これも普段の手入れを怠っていた場合は無効。
 

つまり、倒れそうな木の事前処分など、木の手入れをきちんとしていない限り、倒木被害の損害賠償責任は免れないことになる。

みなさん、ご注意を・・・

今年は6/25に震度5強の地震があり、デッキ基礎などが壊れた被害もあったし、台風18号被害にもあいました。 どちらもたいした被害ではなかったものの、一応 私も被災者。

このように、いつどこで自分が被災するかわかりません。 もしも のときのため、減災・防災の事前準備は大事ですよ。

 


テーマ:

8/19 固まらなかったデッキ基礎。(ひとつは固まりました)
結局、取り壊して打ち直し。

表面はそこそこ固まっていましたが、取り壊すと、中は生。

...

8/27 やはり、古いセメントを使ったのがダメだったんでしょうね。 むろん、セメントは新しく買ってきました。

 

丸太橋横の小さな橋の改修、夏休みの間にやりたかったのですが、なにせ今年はほとんど雨ばかり。

 

やっと手をつけました。 午後から半日くらいでここまでできました。(まだ仮止めですが) 裏面はあとで塗装できないので、取付け前に塗装してあります。

 

あと、本付けして、塗装すれば完成。 手前側にあと1~2本 ほしいな。 ま、それは後日追加 ということで・・・

...

ついでに、丸太橋も塗装し直して、キレイになりました。

 

9/2 やり残した小さい橋の追加工事。
手前側に踏板を2本追加して、全て本止め後、塗装して完成。

 

やり直した基礎も完全に固まっていて、これも完成。 側面が濡れているように見えるのは、表面の凸凹を上塗り補修したもの。.

..

この画像は、固まらなくて、取り壊した基礎の残骸。 一部は少し固まっていたが、未だに半生; やはりセメントが悪かったのだろう。


9/6

今日は月1の連休定休日。 曇ってて、上に1枚羽織らないと半袖では寒い。 15時半現在、プレハブ室内で16℃。

風呂(温泉)へ行って、帰ってきたら、いつも通る道で倒木。 通れませ~ん。


素手で除こうとしたが、根っこから倒れているようで、ビクともしません。

...

家から遠ければ、迂回するが、家まで数10mなので、チェンソーを持ち出して処理。 この程度の倒木はここではよくあります。

 

9/9 この頃、朝夕はけっこう寒い(10~12℃)ので、こたつ布団を出しました。

 

寝具も夏布団から冬布団に・・・でも、さすがにまだ毛布は敷いてません。 寝具に毛布を使うのは、例年だと、10月中旬以降。

 


テーマ:

お盆も終わり、休暇をここで過ごしていた方もほとんどがお帰りになり、静かになりました。

例年なら避暑に訪れる方たちですが、今年の夏はまったく夏らしい日はほとんどなく、朝夕 肌寒い日々です。 梅雨明け宣言があってから」は雨の日が多く、太陽の姿を見かけません。

確か長期予報では、今年の夏は猛暑だったはず。 梅雨明け直後にいっときあっただけで、あとは梅雨に逆戻りしたかのよう、 いったいどうなってるんでしょうか?

さて、6/25に震度5強に地震があって、壊れてしまったデッキ基礎の修理など、やろうと思っていましたが、前述のとおり、休みの度に雨ばかりでまったくできません。

8/5 やっと晴れたので、作業開始。
周りの土をどかし、損傷した基礎を大ハンマーで壊します。 そして柱足元を塗装。..









.

型枠を作って柱周りに据え、セメントを練り練り。 そのセメントを型枠に流し入れ、最後に、ちょっと柔らかめに練ったセメントを流し入れて完成。 後は乾くのを待つばかり。




 

とりあえず、基礎の修理はできました。 後、庇の修理と、その下の階段土止めの修理。
 

そして、以前から放置してた、デッキ面の上板補修と同階段踏板の補修。 それに、壊れてしまった、小川を渡る小さい橋の修理(というより、作り直し) と、やることいっぱい。

午後からはついでに、ログ横の壊れた階段土止めの修理も1時間ほどで完了。


 

8/13 久しぶりに朝から日がさして、良いお天気。 でも、また 夜には雨の予報。 ここのところ お天気はあまり良くありませんね。

曇りや雨の日が多く、晴れたと思っても、にわか雨や、夜に本格的に雨が降ります。
 

おかげで、先週 やっと修理したデッキ基礎がなかなか乾きません。 今日、型枠をはずしましたが、まだ一部は固まっていないようです。


 

こちらは固まってます。


この原因は、どうやら古いセメントを使ったのが原因のようです。 もうひとつの基礎は、そこそこ固まってます。(こちらは新しいセメントを使った)

ということで、手前側の基礎は打ち直したほうが良さそうです。(またやることが増えた)

...

ところで、丸太橋の横に元からある小さい橋。 メインの梁が腐っていて、昨年からは使用していませんでしたが、GWに点検したとき、完全に壊れました。(真ん中から折れた)





危ないので、壊れた残骸の釘抜きをしておきます。

ま、今は丸太橋があるので、特に必要なわけではないですが、一応修理(というか、作り直し)しておこうか と・・・ 梁に使う手頃な丸太はストックしてありますし、なければ そこいらへんの立木を寝かせればいいですしね。(丸太橋を作ったときは、幹径30cmの立木を寝かせました)

 


 

とりあえず梁をわたしておきます。 あとはこの上に踏板を取り付けるだけ。(踏板の材はすでに買ってあります)

 

残った作業をこの夏休み期間中にやってしまおう と、思ったものの、これまた雨続きで、まったくできず。 いったいいつになったらできるのやら・・・


テーマ:

先月 6/25 の震度5強の地震で路面に亀裂が入った道路がようやく補修されつつあります。 通勤にいつもここを通りますが、片側通行で信号機があり、障害になってました。


そして、我が家の地震被害の修理をこの4連休にやろう と思ってましたが・・・ この通り (|| ゚Д゚)

...

ま、たいした被害ではないので、そのうちにやります。 大きな被害のところへほんの少々お手伝い。

 

7/15 朝7時に木曽出発。 福岡・朝倉市に就いたのは午後9時半。 移動だけで丸1日かかります。 木曽から13時間。 走りっぱなしで・・・(途中17万km突破。 確か16万kmは昨年 岩泉へ行く途中でした)


むろん、そんなことはできませんので、休憩・食事タイムを含めて、結局16時間程。 夜9時半に福岡・道の駅「うきは」に到着。 疲れるぅ~ (´Д`ヽ) まあ、昨年の熊本よりはちょっとだけ近いですけど・・・


7/18 無事に帰ってきました。 翌日から通常業務。 疲れたび~ 

 

翌日からの3日間、仕事がいつもよりキツかった。 別に普段通りで、特別にキツイ仕事はありませんでしたが、やはり歳を感じますな。
(! ──__──)...

 

道の駅「うきは」 ここは多くの人のボラベースになってます。 私もここで2泊しました。




 

翌 7/16 一般家庭の泥出し。 川のすぐ横のお宅です。 これだけの量の泥が出ました。(でも、まだ半分くらい) 水量はやや多かったものの、この川があふれたとは思えません。

一昨年の常総市、昨年の岩泉町といい、最近は異常気象による豪雨災害が多く起こっています。 この異常気象による豪雨はいつ・どこで起こるかわかりません。 あなたの居るところでも起こり得るのです。

他人事と思わず、関心を持っていてほしいですね。

被災者宅のにゃんこ。 発災時から2日間 行方不明で3日目に帰ってきたそうです。 怖かっただろうな?


溢れた川の水がここまできました。


家の中から出した泥。 これでもまだ半分くらい。 向こうでは自衛隊が捜索活動をしています。

 

 

7/17 東峰村へ移動。


裏山が崩れ、家屋を押し倒しています。 母屋には今にも倒れそうな木が・・・これは怖い。

 



ワイヤーかけのための道糸をドローンで木にかけます。 道糸を引っ張り、ワイヤーをかけます。


チルホール(ウインチのようなもの)を使い、芯抜きをして、慎重に寝かせました。(私は見ていただけですが・・・) 


 



跳ねもなく、無事 倒れました。

 

このような難しい処理を何なくやってのけるのが、私の所属している「熊野レストレーション」

崩れた裏山。 倒れそうな木やすでに倒れた木の処理もしました。

 

主にチェンソーなどを使い、倒木処理などを得意とする、セミプロの多く居るボラ集団です。 むろん、行政と連携をとり、安全を第一に作業します。 行政未公認の勝手ボラ集団とは違います。
 

しかし、最近は醜い自然災害が多いですね。 被災地の1日も早い復興を切に願います。
 

さて、我が家も地震で壊れたところの補修をしなきゃ・・・
地震被害詳細は前の記事を参照。
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。