機動六課・ライトニングの騎士

都合により、アニメ感想のブログは新規投稿を完全停止します。
劇場版アニメ感想、イベント感想、野球観戦感想を中心に、ゲーム感想をたまに、というラインナップで書いていきます。


テーマ:

 「スーパーロボット大戦OG ディバイン・ウォーズ」第16話「ビアンの遺言」の感想など。


 ちなみに、前回の次回予告がビアンの遺言ではないですよ。分かってると思うけど、一応言っておかんと心配だから…(何が!?)

 さて、アイドネウス島へのトロニウム・バスターキャノンが外れたが、舞台はアイドネウス島へ移ってオペレーション・ブレイクアウトもいよいよ最終段階に入る。

 前回、テンザンは撃墜されたので今回は出撃せず。

 ただし、撤退したテンペストや、マサキにやられたと思ったトーマスとかは出撃してきました。

 そして、クロガネに搭乗していたエルザムも、ガーリオン・トロンベに乗って出撃。


 ここでは、様々な因縁みたいな戦いが繰り広げられました。

 まず、テンペストはラトゥーニビルトラプターと戦いを繰り広げる。テンザンから聞いていたのだと思うが、彼もラトがスクール出身であると気付く。まあ大人なのは、テンザンと違って欠陥品という低レベルな口撃をしないことかな。ちゃんと実力で、ラトを追いつめていくところ、さすが元教導隊一員なだけあります。

 追いつめられたラトだけど、そこへイルムが現れたため、助かりました。そして、テンペストは多分イルムの攻撃を受けてここで撃墜されました。ちょっと確認不足ですんません…


 さらに、リョウトがトーマスに向かっていく。あのような目にあわされたんだから当然だろうけど、リオンにゲシュペンストはちょっと分が悪いかな。じわじわと追いつめられていくリョウト。


 そして、エルザムはライと1対1の戦い。エルザムは、この戦いでお前達が地球圏を守れる資質があるかを見極めると言い、兄弟の戦いが始まる!


 そんな中、ダイテツは味方が不利な状況であってもずっと機を待っていた。ハガネも被弾を受け、いよいよ危なくなってきたところだが…実はイングラムの作戦で、敵をどんどん外に出すのを待っていたのだ。

 そして、機は熟したと見るやいなや、温存していたサイバスターをついに出撃させる。


 では問題。このタイミングでサイバスターを出すということは、ダイテツの狙いが何なのか分かるよね


 何?分かんないって?じゃあ最大のヒントだ。

 サイバスターの攻撃で、敵全体を一掃する技は何か?うわ、もうこれ以上は言えない!


 そう、サイフラッシュで敵を一掃してしまいました!ちゃっかり、リョウトにとどめを刺そうとしていたトーマスは、その場を離れていたけどね。

 さあ、最後の仕上げに向かうハガネの部隊。だが、最後に立ちはだかるのは、ビアンのヴァルシオン

 デカイ上に、フィールド張ってて防御も堅く、並の攻撃は全く通じない。さらに、一撃も強烈だから、ブリットアヤが戦線離脱せざるを得なかった。


 しかし…リュウセイがT-LINKナックルで突撃したのを見た時、イングラムは可能性がゼロではないことを悟る。もちろん、それは相当リスクのある作戦だけど…

 まず、リュウセイと自分が突撃してフィールドを破ろうとする。もちろんこれだけでは無理だと思うけど。

 で、その前進をサポートすべく、エクセレンとラトが後方より支援。

 で、前線へはさらにキョウスケがたたみかけ、最後の仕上げはイルムという作戦だ。もちろん、これはフィールドを破るための第1段階にすぎず、フィールドが破れたところを、サイバスターのアカシックバスターで一撃で決めるということだ。


 そして、その作戦は見事決まり、ついにビアンの最後が。

 ここで、ビアンが地球圏に対する思いを含めた遺言を残していたのだ。何を言っていたかはオンエア見てくれ。


 一方、ビアンが倒れたことでエルザムは地球圏のこれからは連邦軍に委ねられたと告げ、来るべきにまた会おうと言ってその場から立ち去っていく。

 まあ、DCはまだアードラーがいるから完全に壊滅したわけではないんだけどね。


 そして最後に。シュウグランゾンが現れる。

 実は、シュウはビアンに言われた通り、この戦いの行く末を見守っていたのだ。いきり立つマサキに対し、宇宙でエアロゲイターの動きが見られるということだけを言い残し、立ち去っていったのだった。

 地球圏を巡る本当の戦いは、これで終わりではない。これから始まるのだ…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

レイディ・T・ハラオウン@ファイターズ最高!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。