機動六課・ライトニングの騎士

週6~7本(つまりは1日1作品)のアニメ感想。
他には、ゲーム感想、イベント感想なども書いている。
基本的に毎日1つ(時々複数ってこともあり)をメドに更新中!

 いろいろな宣伝項目です。



 Twitter


 http://twitter.com/#!/reidy_harlaown

 何か適当に呟いてます。



 SNS「リリカルなのはSNS


 http://lyricalnanoha.mysns.tv/

 私が参加している、アニメ「魔法少女リリカルなのは」のSNSサイトです(5年ほど全くINしてませんが)


 ブログはある程度細かくアニメ感想を区分け作業中です。



【今後のイベント参加予定(アニメ・ゲーム・声優関連)】(○決定、●予定 随時追記)


TVアニメ「だがしかし」スペシャルイベント『オッティモフェスタ』(夜の部) 5月28日(土) 山野ホール


テイルズオブフェスティバル2016 7月9日(土) 横浜アリーナ


C3TOKYO 8月27日(土)・8月28日(日) 幕張メッセ


東京ゲームショウ2016 9月17日(土)・9月18日(日) 幕張メッセ


 随時追記

NEW !
テーマ:

 「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン」03「高等士官学校の騎士団」の感想など。


 高等士官学校の訓練。

 イクタの周回遅れはサボりたいからなのか、マジでスタミナないのかどっちだ(汗)

 まあこういう編入の人って大体嫌がらせを受けることが多いのだが、それを上回るイクタの応用力(爆)

 マシュー完全にオチ要員だな扱いが(汗)


 で、授業もやる気ね~イクタの隣にシャミーユが。

 筆談で状況確認かよ。

 って愛人連れ込めないとか何書いてる(爆)


 しかしイクタの恐ろしいところは、授業聞いてないフリして今どこをやっているか把握できているところだな。

 シャミーユが筆談に気を取られていたのとは対照的に。

 で、教師はイクタが質問を出したけど、それをスイスイ答えちゃうにとどまらず、その先のことまで見通した回答されるもんだから焦ってる(笑)

 ヤトリだけだね、このイクタの対応に全く驚いてないのは。


 一方、トルウェイは兄のサリハスラグの登場に嫌~な表情してるねぇ。

 性格悪いこと確定だなこれ。トルウェイがダメ人間と決めつけているもんな。

 ただ、トルウェイが敵との距離が近いほど命中精度が落ちるってことは間違ってないんだけどね。


 出たぁ、イクタの物怖じしない行動(爆)

 ムカデ顔面に投げつけられて悲鳴上げるサリハスラグかっこ悪(笑)

 この後、フルボッコ食らっちゃうイクタだけどさ、ちょうどヤトリやシャミーユが来たのでうまいこと交代しおった。

 ヤトリ、1対5なのにサリハスラグとスシュラフ以外の取り巻き3人を軽くいなしちゃった!

 サリハスラグはこの場はマズイと思い、イクタに捨て台詞を残して去っていく。


 イクタは、ヤトリとシャミーユが通りかかるのを見越してのあの行動だったらしい。

 ハロ、年長者としてのありがたいお言葉(爆)


 言わぬが花♪


 トルウェイが持久戦の定義を分かっているならそれでいい、とイクタ。

 あの兄貴よりは戦場で死ぬ可能性は低いかもね。


 あっという間に3ヶ月経ったそうで、ヤトリとトルウェイ、イクタ達は小隊長を任されることに。

 で、イクタの隊の副官スーヤは、かつてイクタと何かあったらしいがイクタ忘れてたんかい!

 言われて気づいたが、スーヤの母親をイクタ口説いてたんかい(汗)

 まあ自業自得だもんで、誰も言うこと聞いてくれない小隊長・イクタ誕生って幕開けだ。

 同情の余地は1ミリもないよ。


 で、イクタは隊員が誰も言うこと聞いてくれないってことでまずは状況観察からだな。

 そんなイクタに例のサリハスラグが仕返しとばかりに模擬戦を仕掛けるのである。

 その組み合わせが作為的すぎ。


 一方が俺(マシュー)とイクタとトルウェイの部隊。もう一方が、ヤトリとサリハスラグ大尉とスシュラフ中尉の部隊なんだよ!


 トルウェイは自分の責任だと言うが、どう考えてもイクタへの復讐だよなこれ。

 マシュー、巻き添えご愁傷さま。

 ただ打てる手は打っておきたいと、イクタはスーヤの元へ向かい、次の模擬戦で勝ったら指揮に従ってもらう、負けたらデスクワークに専念するという条件を持ち出した。


 そして模擬戦。

 イクタに指揮権で納得しているのはトルウェイとマシューだけだな。

 そのイクタの指示、最初は不可解に思っていたスーヤであるが、本当に日暮れ前に到着したことや、マニュアルにとらわれない発想にちょっとずつ評価が変わりつつある?

 で、ヤトリもイクタと同じ発想であったがサリハスラグはそうではなかったね。

 単純だから、全軍に南へ進軍の命令を慌てて出したところで、すでに半分くらい勝負が決しているような気がする。


 これが、イクタ・ソロークが名将たる才覚の片鱗を見せた模擬戦だと言われるらしい。





 「天鏡のアルデラミン」<通常盤>/岸田教団&THE明星ロケッツ

¥1,296
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 本日公開!

 「アクセル・ワールド-INFINITE∞BURST-」観てきました。


 早期来場者特典の短編小説。

 本編のオリジナル部分が描かれた序盤までの内容が収録されていました。



 アクセル・ワールド


 ネタバレしてたらごめんのいつもの気になるポイント



 前半はアニメダイジェスト


 領土戦、フーコとウタイの躍動


 領土戦途中のフィールド異変、グローバルネットワーク切断の異常事態


 夏祭りでのひと時


 新生ネガ・ネビュラス+ニコ・パド・アクアだけで挑む


 グリーン・グランデしゃべった(爆)


 女神ニュクスの復活!?


 グランデの要請で駆けつけた他のレギオンマスターとまさかの共闘


 メタトロン、キレながらハルユキにおぱーい押しつけ何かヤケ(爆)


 ハルユキと黒雪姫の説得に、リサは…



 とまあ、オリジナルキャラクターの月折リサに関しては、正直なところそんなに出番がなかったな。

 やっぱりアニメダイジェストを挟んでいたために本編も1時間なかったと思うので、その中で結構キャラつぎ込みすぎかなという感も否めなかったな。

 別に作品が悪かったわけじゃないけど、前後編に分けてやってもよかったかもしれない。

 もしくは、今回のを前編としてリサにもうちょい出番が回ってくるのを後編とかでもよかったかも。


 アッシュ・ローラーは相変わらずいいキャラ立ち位置でしたな~兄貴(笑)

 メタトロン、最初茅原さんかと思ったらゆかなさんだったのねCV。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 しかしまあ、約1ヶ月ほどの間に大型連勝のチームが2球団出てくるなんてね。

 しかも私のファンチームである、広島日本ハムだってことで今年は妙な当たり年すぎて来年以降が怖いよ(汗)


 先日の広島に続き、今回は日本ハムを振り返ってみる。

 まず、連勝期間は以下の期間。


 6/19(日)対中日ドラゴンズ戦~7/11(月)対オリックスバファローズ戦 15連勝


 その間の先発投手が以下の通り。


 6/19 大谷

 6/20 バース

 6/25 有原

 6/26 大谷

 6/27 メンドーサ

 6/28 吉川

 6/29 斎藤佑樹

  7/1 高梨

  7/2 有原

  7/3 大谷

  7/5 メンドーサ

  7/8 高梨

  7/9 有原

 7/10 大谷

 7/11 吉川


 もちろんこの15連勝には運も絡んでいることは否定しないが、運も実力のうちと言うし、広島みたく劇的な展開で勝ってきた試合もあります。

 正直15連勝して首位にいないのがおかしいけど、それはソフトバンクとかいうそれ以上におかしい球団がいる不幸であって通常なら広島みたく首位にいてもおかしくないはずなんですよね。



 簡単にターニングポイントなどを振り返ります(全試合じゃないよ)


 6/19 対ドラゴンズ

 最終回にクローザー増井が打たれ、マーティン緊急リリーフでの勝利。

 この試合を最後に増井は2軍落ち。

 結果論だけど、増井が不在になって勝ち試合のブルペン陣が安定感増し、15連勝に繋がったことに。


 6/20 対DeNA

 私も仕事帰りに観戦に行った試合。

 1軍昇格即結果出し、ここから岡出場効果で14連勝。


 6/25 対オリックス

 来週のソフトバンク3連戦に高梨・有原・大谷をぶつけるためのローテ再編。

 ぶっちゃけ最強の裏ローテ結成。


 6/27 対西武

 15連勝の中のターニングポイントその1。

 メンドーサが7失点し、相手先発がということでこりゃ厳しいと思ってたらまさかの岸から8点取っての逆転勝利。

 大嶋の歴史的プロ初打点もあったが、この試合に関しては投手継投を西武側がミスった感も否めないな。

 岸、投げさせられすぎだろ…

 そして栗山監督、4番中田に代打を出す采配も話題に。後々腰の張りの影響だと判明。


 6/29 対西武

 ローテ谷間の斎藤佑樹今季初先発。キャッチャーも大嶋の早稲田バッテリー。

 白星はつかないものの、試合を壊さなかったことは評価。


 7/1 対ソフトバンク

 高梨、和田に投げ勝つ好投。

 9回に鍵谷中村晃に2ラン浴びなければまさかの3試合連続完封も狙えたんだよね~


 7/3 対ソフトバンク

 1番、ピッチャー・大谷

 これだけでも衝撃なのに、先頭打者初球HRで2桁HR到達し、投手でも8回無失点と好投!


 7/5 対楽天

 メンドーサ久々好投もあったが、大きかったのは次の日が雨天中止となったのも隠れたファインプレー。

 吉川・コボスタ・連勝か連敗の法則は負けの確率が濃厚だったからね(汗)


 7/9 対ロッテ

 有原・石川の防御率1・2位対決。

 この勝負を制したことが大きかった。苦手な五右衛門相手だったしね。


 7/10 対ロッテ

 15連勝の中のターニングポイントその2。

 大谷アクシデント降板に7回表終了時に5点ビハインドと苦しい展開から、田中賢の起死回生同点HRに最後はレアードのサヨナラ弾。

 この勝利が、球団記録タイの14連勝と札幌移転ホーム500勝というメモリアルになったんです!


 7/11 対オリックス

 まさか球団新記録を吉川に託すという大博打ながら、何か運よく無失点で切り抜けて勝っちゃった(笑)



 もちろん、記載していない試合でもドラマはありましたよ。

 でもこの15連勝の間に6ゲーム近く差を縮めたのは、パ・リーグの灯を消さない上でとても重要。

 ってかこれで首位に立てないのも異常ではあるが。

 優勝争いは面白くなりつつあるも、AクラスとBクラスの差が開いたのでこっちはちょっと冷めつつあるわ~


 シーズンが終わった時に、これを書いたことを笑って思い返せるよう、頑張れファイターズ!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。