1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-04-18 12:59:42

人間より体温の高い動物の肉は血を汚す

テーマ:雑学
とり過ぎはダメだけど、お肉よりもまだ魚の方がまし...

こうした腸相の違いはどこからくるのでしょう。
これは肉と魚、それぞれがもつ
「脂肪」の質の違いではないかと、
私は考えています。

肉と魚の脂肪の違い、それは飽和脂肪酸は体に悪く、不飽和脂肪酸は
コレステロールを下げるなど体にいいと言われているものですが、
もっと解りやすい考え方があります。

それは
人間の体温を基準にして、それよりも体温の高い動物の脂は悪く、
体温の低い動物の脂はよい
という考え方です。

牛や豚や鳥の体温は、人間より高い38.5~40℃、鶏の体温はされよりも
さらに高い41.5℃
です。

こうした人間より高い体温の動物の脂は、
その温度でもっとも安定な
状態にある
ということです。

つまり、
それよりも体温の低い人間の体内に入ったときには
ベタッと固まってしまう


この脂のベタツキが、血液をドロドロにしてしまうのです。

ドロドロになった血液は、流れが悪くなり血管の中で停滞したり
詰まったりします。

これを私は「
血が汚れる」と称しています。

一方
魚は変温動物ですから、通常の状態であれば、人間より遥かに低い
体温
をしています。

その脂が体温の高い人間の体内に入るとどうなるでしょう。

フライパンなどで脂を熱すると、溶けてサラサラの液体になります。
それと同じことが起こるということです。

魚がもつ脂が血液をサラサラにし、悪玉コレステロールを下げると
言われているのはこのためです。

ですから、同じ動物性タンパク質でも、「肉」でとるよりも「魚」で
とった方が、人間の体にははるかによいのです。

【出典】「病気にならない生き方」新谷 弘美著


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-04-04 12:10:16

市販 ノンシリコン シャンプーって・・・ 

テーマ:実験


<a href="http://clickhair.blog69.fc2.com/blog-entry-216.html" target="_blank" title="市販 ノンシリコン シャンプーって・・・">市販 ノンシリコン シャンプーって・・・</a> 
...
<a href="http://clickhair.blog69.fc2.com/blog-entry-580.html" target="_blank" title="シャンプー解析サイトでは解らない 美容師たちの現場の声  ">シャンプー解析サイトでは解らない 美容師たちの現場の声</a> 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-12 13:20:00

前還元L5VS酸性チオ

テーマ:実験
 


こんな素材です
毛先は結構濡らすとテロです



太めのロットでワインディング

左側酸性チオで前還元

右側L5で前還元

 
仕上がりです
酸性チオ側です(向かって左側)
L5側です

毛先は両方だれ気味ですが酸性チオのほうがかかりがいいようです
ブリーチ毛には酸性チオのほうがよさそうです
ちなみにセカンドはL8です
ダメージもさほど気になりませんでした


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-10-02 14:32:09

中間処理は有効か?

テーマ:実験
 



中間処理の実験
左半分は前処理あり 右半分は前処理なし

薬剤はL8タイムは7分 しつこいくらい水洗してクリープ7分
ここで中間処理ケラチン塗布
酸化は7分7分の2度つけ

左側のあがり



右側のあがりです
顕著に差がでました
やっぱり前処理は減力に働きます
中間処理は有効のようです
この時点では
 
左側シャンプー10回後



右側シャンプー10回後
うん?
左側そんなにだれず
右側かなりだれました

ん?ちょっと予想と違います

もう一度やってみます



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-26 09:53:08

GMTをPH6程度でびびり修正してみた

テーマ:実験
 
 
修正前

です




 
 
修正後

なかなか良い感じです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-23 07:59:07

酸性チオをワインデングローションとして使ってみる

テーマ:実験



今度は左側に酸性チオ着け巻き
先日と時間 ロッド などすべて同条件で実験です


ロットアウト後です

 
ドライ後です


 
左右での比較です

酸性チオでファースト還元した方のがやっぱりカールが出ますね

写真では解りにくいですが艶感 質感もいいです

これはすごくいいです



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-21 08:33:01

ドS印のパーマ剤の実験

テーマ:実験
 
 
 
まずパワーから見ていきます

前髪部分の上から

DOSクリープL9 PH8.8

DOSクリープL8 PH8

DOSクリープL7 PH7

還元剤濃度とアルカリ度はそれぞれ違います
真ん中の写真

ロットアウト後です
上からPHどうりにゆるくなっていきます
非常に計算しやすいですね

一番上がドライ後です
シンプルでかなり使いやすい感じです
なんといっても質感がかなり軽いです
前処理なしでもパサツキが感じません
よいものに出会いました



<a href="http://beauty.blogmura.com/beautysalon/"><img src="http://beauty.blogmura.com/beautysalon/img/beautysalon88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt=""にほんブログ村" 美容ブログ 美容室・サロンへ" /></a><br /><a href="http://beauty.blogmura.com/beautysalon/">にほんブログ村</a>
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-20 09:21:56

シャンプー10回後

テーマ:実験
 



昨日のウイッグをもう5回ほどシャンプーしてみました
前処理した方は見事に毛先がだれました
してない方はウエーブキープしてます
これは毎日シャンプーしたとして10日後にはこのようになってしまうということですね
質感も処理ありは重いですね
処理なしは軽やかです
どSさんの言うとおり無駄な前処理は邪魔になってしまうようです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-19 09:35:53

パーマの前処理について2

テーマ:実験
 
 
 
 
 
 

前処理について検証しました

一番下はワインデング状態

その上は右側ウエット状態でのかかりあがり(ケラチンで前処理)

その上は左側ウエット状態でのかかりあがり(処理なし)

その上2枚はドライ状態

その上2枚はシャンプーを5回ほどしたあとの仕上がりです

かかりあがり質感の軽さは前処理なしの方がよいです

まとまり感は処理剤を使った方がよいですね 手触りなんかも

パーマのかかりだけを考えた場合処理しないほがいいと思われます

しかし質感を考えた場合処理剤があった方がよいかなと今の段階では思います

あと5回くらいシャンプーしてみてもう一度検証します

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-09-16 10:05:26

びびり修正3

テーマ:実験
 
 
 



今回はGMT濃度を若干上げてやってみました
一番上の写真が仕上がりの状態です
2番目はアイロン前
下二枚は施術前に状態

やっぱり完全に治すのは無理ですね
だいぶましにはなりましたがやはりよく見るとビビリの残りはありますね
この辺くらいまでの修正は可能のようです


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。