252 -生存者あり-

テーマ:

252 -生存者あり-


STORY
東京に震度5強の地震があった数日後、海水温度の急激な上昇によって太平洋上に発生した史上最大規模の巨大台風。
予測をはるかに上回る自然の猛威が、首都・東京を直撃しようとしていた――。
始まりは、雹の急襲だった。人々でにぎわう銀座の街に、突然、巨大な雹が降りそそぎ、さらに東京湾に押し寄せた高潮が、ビルも、橋も、街路樹も押し流し、都心に向かってなだれ込む。
元ハイパーレスキュー隊員の篠原祐司(伊藤英明)は、その日、7歳になった娘しおり(大森絢音)の誕生日を祝うため、妻の由美(桜井幸子)と銀座で待ち合わせをしていたが、途中の地下鉄新橋駅で逃げ惑う人々のパニックに巻き込まれた由美は、耳の聞こえないしおりとはぐれてしまう。
由美からの電話で新橋に向かった祐司だが、その直後、地下へ流れ込んだ大量の水が鉄砲水となって地下鉄を襲い、新橋駅は轟音とともに崩落した――!
土砂に埋もれた地下のホームで祐司はようやくしおりを見つけるが、地上への出口は完全にふさがれていた。
ときおり瓦礫が崩れ落ちてくる閉ざされた空間に、行き場もなく取り残されたのは5人――祐司としおり、研修医の重村(山田孝之)、大阪で中小企業を営む藤井(木村祐一)と、銀座で働く韓国人ホステスのスミン(MINJI)だった。
妊娠中の妻と9人の子供のために絶対に死ぬわけにはいかないという藤井、祖国に母を残してきたスミン、投げやりな態度で何かと周囲につっかかる重村も、生きたいという思いに変わりはない。祐司は、しおりを助けるため、そして、ここにいる全員を生きて地上に還すため、救助を求めて行動を起こす。
2回、5回、2回……と、壁を叩き続ける祐司。それは、ハイパーレスキューで使われる「252=生存者あり」の信号だった。
1年前、救出現場でのある出来事をきっかけに、祐司は隊を辞めて転職したが、兄の静馬(内野聖陽)は今もハイパーレスキューの隊長を務めている。
合図を送り続ければ、救助は必ずやってくる。今はそれを信じるしかなかった。
しかし、助けを待つ間にも地下の状況は悪化する。腹部に傷を負い、緊急輸血の必要に迫られるスミン。
さらに、新たな崩落が起こり、瓦礫の中へと飲み込まれていくしおり……。
一方、地上では、静馬率いるハイパーレスキューが懸命の救助捜索活動を続けていた。
絶望的ともいえる崩落現場。地下への進入口はすべて土砂で埋め尽くされ、瓦礫を掻き分けての危険な捜索にも生存者は一向に見つからない。
そこへ追い討ちをかけるように上陸した巨大台風。すさまじい暴風雨が緩みきった地盤を直撃し、いつ二次災害が起きてもおかしくない状況に、捜索の打ち切りが決定される。
退避の命令を受け、若い隊員たちは「何のためのレスキューなのか」と反発するが、隊長の静馬にも、副隊長の宮内(山本太郎)にも、忘れることのできない苦い記憶があった。部下の命も守らなければならない、彼らにも帰りを待つ家族がいるのだ。
祐司としおりを見捨てるのか、と静馬に詰め寄る由美も、かつては命がけで救助活動に向かう夫を不安な思いで見守った妻のひとりだ。
それでも、救助を待つ者はレスキューを信じるしかない、と泣き崩れる由美を前に、静馬は言うべき言葉をなくす。
そのとき、音響探査機が捉えた地下からの打音。2、5、2……ハイパーレスキューの信号を使って助けを求めている者がいる! 
色めきたつ現場に、静馬の声が響き渡った――「252、生存者あり!」
暴風雨をついて決死の救出作戦が始まった。計画遂行のために許された時間は、台風の目に入る18分間のみ。
命がけの救出作戦は成功するのか? そして奇跡の生還は叶うのか?

( http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/252/index.html )

252 -生存者あり-

「252 -生存者あり-」 試写会

日時:11月26日(火) 18:00開場/18:30開映

場所:渋谷C.C.Lemonホール         



テレビですごい宣伝してて気になってたから見れてよかったです。

全体的にスローモーションが多い上に、そのシーンが ダサいウザい、安っぽいたらーっ(汗)
どうにか子供使って泣かせようとする演出のせいで、作品のテンポが悪くなって 長~く 感じました。。

途中までそこそこ感動できてよかったのに、しおりが助かって母親と再会するシーンは本当にウザいぐらいのスローで逆に泣けません考えてる顔そんなシーンが観たいんじゃなくて、救出シーンをもっと観たいんですexclamation ×2

さらにラストで祐司がこれ見よがしに肩に担いで這い出てくるシーンは、会場中失笑…むふっ 演出が下手すぎて、感動のラストが感動できません涙
周りで見てるレスキューの人早く手助けしてあげて・・・・

劇場で観るなら新橋駅付近の映画館で観たら、よりリアルに感じると思います。映画館に行くときに新橋駅を見れば映画の舞台を感じられ、帰りに新橋駅を利用すればここであんなことがと想像できていいと思います。

でかいスクリーンで観ないとかなり安っぽく見えちゃうと思います。
AD

ブラインドネス BLINDNESS

テーマ:
             ブラインドネス BLINDNESS

◆ STORY ◆

 始まりは一人の日本人男性だった。突然目の前が真っ白に完全に失明する謎の伝染病は、彼の発症を皮切りに爆発的な勢いで拡がっていく。有効な治療法のない中、政府がとった政策は感染者の強制隔離だった。次々と収容所に集められていく人々。その中にただ一人“見えている女”がいた―。極限化におかれた人間たちの心理と行動、見えない世界で見えてくる恐怖とは?生き残るのは誰なのか?
第61回カンヌ国際映画祭のオープニングを衝撃で飾った本作。謎の伝染病により視力を奪われた人類の壮絶な闘いを描く心理パニック・サスペンスだ。原作は、ノーベル文学賞作家ジョゼ・サラマーゴの小説「白の闇」。この文学史に輝く傑作を『シティ・オブ・ゴッド』でアカデミー賞監督賞にノミネートされたフェルナンド・メイレレス監督が超一級のエンタテインメントに仕立て上げた。主演は『ハンニバル』のジュリアン・ムーア。日本からは伊勢谷友介、木村佳乃が参加。『ゾディアック』のマーク・ラファロや『バベル』のガエル・ガルシア・ベルナル、『リーサル・ウェポン』シリーズのダニー・グローヴァーなどの個性派俳優が存在感ある演技を見せ、物語に奥行きを与えている。
               (http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/blindness/index.html?moid=ci_pickup)
     blindness Pictures, Images and Photos
 
                     「ブライドネス」 試写会

                  日時:11月10日(月) 18:00開場/18:30開映
                  場所:全電通労働会館 全電通ホール

 初めての会場でした。行かれる方は試写状に書かれている時間以上に駅からかかるので気を付けてくださいダッシュ

 ほとんど予備知識無しで観ました。なんとなく23日後とかアイ・アム・レジェンド(両方観たことないけど)みたいな感じの映画なのかと思ってたけど、大違いでした汗

 ストーリーはほぼ収容所で進行し、健常者の助けのない収容所での視覚を失った人々の生活を通して、極限状態での人間性や人間の社会を描いていて、観ている間も考えさせられました。
 所々に観客にも目が見えない感覚を視覚的に見せるシーンがあったりしましたが、あの収容所での人間的でない、野生化した生活に衝撃を受けました。

 人間は視覚によって文明を獲得してきたんだなと思わされました。顕微鏡の発明により肉眼では見えない世界を見えるようにすることで科学が発達したように、人間の得る情報の大半を占める視覚情報のありがたさを改めて感じました。

 そして、収容所に入ってからも良心、道徳観を失わない
医者(マーク・ラファロ)は人間の鑑だと思いました。そしてこの人が医者という奇跡。医者がみんなこういう人間だったら素晴らしいのに…
      
 劇中では感染経路や原因、なぜ医者の妻(ジュリアン・ムーア)だけ発症しないのかは不明のままだったと思いますが、なんとなく感じたのは感染した後に話したとき、少しでもその人に対して悪意(苛立ち)を持ったら感染していたように思います。
 例えば、最初の感染者(伊勢谷友介)は、自分を家まで送ってそのまま車を盗んだ男しかり、帰ってきた家での対応で妻(木村佳乃)に対しても苛立ちを抱いていたと思います。医者や病院の受付の対応に対しても、恐らく既に感染していたはずの妻が苛立ちを感じていました。 そんな中、ジュリアン・ムーアは夫が感染したとき「触るな!」と怒鳴られたが、あれは苛立ちからではなく感染させたくないという愛から出た言葉でした。
 でも収容所内では悪意を持たれていたと思うので、この推測は間違っていると思いますが、なんとなくそう思えてなりません。

 医者の夫が見えることを言ったら何されるかわからないと言っていたが、ジュリアン・ムーアは感染しない遺伝子を持っていたおそらく唯一の人だったのだから、治療法の研究に協力していればよかったのでは
 なぜ第3病棟の人達が容易にガエル・ガルシア・ベルナルをキングと認めたのか(拳銃のためだけとは思えない)
 ジュリアン・ムーアが見えることを生かしてクイーンになり収容所を統治していればあんな悲劇は起こらなかったんじゃないか
 西洋人にとって東洋人の神秘さを表しているのかもしれませんが、日本人夫婦の思い出話に、外国人が最もわかりにくそうな初詣でのお焚き上げの話をしても全く伝わらないのでは
 女性3人で体を洗っているシーンで、ジュリアン・ムーアを含む2人は胸も見せてたのに木村佳乃だけ見せなかったのは、少し不自然だったしあそこまでやったジュリアン・ムーアに対してなんか失礼なんじゃないか
と気になる点もありました。     bpp Pictures, Images and Photos
でもでもでも
 ラストシーンで最初の感染者が視力を取り戻した瞬間は、視力を失ってからの苛酷さをまざまざと見せつけられた後だったから、感動し鳥肌が立ちましたきらきら

 意味深な「私の番だ」という語りからのラストカットがそのままホワイトアウトで終わっていたら、ジュリアン・ムーアも発症したんだなと確信を持てたんですが、街の風景で終わり最後どうなったのかよくわかりませんでした。
 これは観客に判断を委ねたと取っていいのだろうか。。。

 というように、久しぶりにこんなに考えさせられる映画に出会いました。観終わった後「よくわかんなかった」って言ってた人もいたけど、今年観た映画の中で今のところ(今年もあと1ヶ月ちょっとしかないけど)1番です!!

 観ていて1番気になったのは、事故シーンの映像。リアルだったけど本物のニュース映像とかを使ってたたんでしょうか?

 今日の『英語でしゃべらナイト』に伊勢谷友介が出てたんだけど、あのくらいでいいから英語話せるようになりたいです。
 以前「スカイクロラ」の宣伝番組で、アメリカでやった試写会の舞台挨拶での加瀬亮の英語が上手くてビックリしましたえ゛!

AD

7/25 忍-SHINOBI

テーマ:

 学校終わって、今日はメールで届いたモニター試写会( ̄▽+ ̄*) 地下鉄を使って学校から銀座へ。モニター試写会はいつも当選通知がメールでくるんだけど、どこで応募したのか全く覚えてない。。当選メールはこんな感じ↓↓



┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐
『0725モニター試写会』ご招待状
┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐┐

────────────────────────────────────
当日はこのメールをプリントアウトしたものとお名前を確認させて
いただきます。あらかじめご了承下さい。
────────────────────────────────────

日時:7月25日(月) 18:30開場/19:00開演(予定)
※当日は18:30までに会場にお越しくださるようお願い致します。

場所:銀座ガスホール
   ※地下鉄日比谷線・銀座線 銀座駅下車 A3出口徒歩5分)
http://www.tgud.co.jp/ginza_gashall/access.html

上映作品:観てのお楽しみ

上映時間:1時間40分程度

※映画の上映前後にアンケートにお答え頂きます。
 上映後にアンケートにご記入頂きますと、終了は21時頃になります。



 会場の銀座ガスホールに入ると、前回行ったモニター試写会同様入り口で印刷した当選メールと交換でアンケートを受け取った。席に座ると、上映が始まる前に記入しなきゃいけないアンケートの項目を書いて、ぱらぱらアンケートを見ると、今回のモニター試写会は SHINOBI かもしれないことがわかった 上映の時間が近づいてるのに今回は意外と会場は空いてた。せっかくのモニター試写会なのに…もったいない。


 上映が始まるとやっぱり『 忍-SHINOBI 』だった。いきなり綺麗な日本的な自然の風景から始まった。作品全体を通して、美しい景色がところどころに入って写真集を見ているようだった。


      SHINOBI_001      SHINOBI_004


 邦画にあまり興味ないから『 忍-SHINOBI 』について全くと言っていいほど知識がなかった。ただ、子供向けで大人は楽しめないんだろうなぁと勝手に思ってたけど。でも実際観てみると、それぞれのキャラクターが邦画にありがちな子供向けの安っぽい感じではなくて、ハリウッド映画化されるアメコミのキャラクターみたいにしっかりしていて、むしろ大人向けって感じだった。薬師寺天勝、陽炎、室賀豹馬、夜叉丸、筑摩小四郎、蓑念鬼、如月左衛門といった人物も、この時代にこんな格好でこんな化粧はないだろうって言いたくなるけど、その外見もすっと慣れて気にならなくなるしそれを演じている俳優もそのキャラクターの外見に負けてないッ!! なんせ演じてるのが、椎名桔平、黒谷友香、升毅、坂口拓、虎牙光輝、伊藤俊l、木下ほうか といった実力派・アクション派俳優ばっかり☆
 内容的には結局里同士の5対5の戦いの会場に着く前に決着ついちゃうし、里が潰し合うようにするっていうのはわかったけど、いまいち南海坊天海の策略が理解できなかった。それに、それぞれの里から降りて最終的に行き着いたのが砂漠っていうか砂丘みたいな、周り砂だけで隠れる場所も何もない忍びとか1番いたらヤバイんじゃないのって場所なのが意味わかんなかった(*_*;
 エンドロールで流れた浜崎あゆみの『HEAVEN』が映画の余韻に浸らせてくれてグッときた(/_;)浜崎あゆみってたまにいいバラード歌うんだよね!


 上映終わって、観終わったあと記入しなきゃいけないアンケートの項目書いて、有楽町駅からJR使って帰宅。やっぱりモニター試写会はいいね(^^♪ 普通の試写会が始まるより前に観れるし、自分の書いたアンケートが映画の宣伝方法の参考になってたら嬉しいし(^-^)でも、早すぎて映画好きな人じゃないと全く知らない作品観ることになっちゃいそう…。


      SHINOBI_003

                                     SHINOBI_002


AD

7/15 Herbie: Fully Loaded

テーマ:
     

         Herbie          Herbie


 今日は1限目休講で昼から学校へ。試写会場の九段会館が学校から近いから学校の図書館で勉強してから歩いて行ってみた。

 会場に着くと入り口で映画のチラシと一緒に香水( Sexy Girl)の試供品がもらえた。でも女性モノだったから自分で使ってもね…(^_^;)


 『 ハービー~機械じかけのキューピッド~ 』 はディズニーが子供向けに創ったんだろうなと思ってたけど、大人も子供もみんなが楽しめる感じだった!ディズニーらしくストーリーはライバルあり、困難あり、恋愛あり(ハービーにも)でハッピーエンドはわかってるけど、最後まで飽きずに楽しく観れた☆

 ハービーはかなり現実離れしている動きだったけど、他の車はちゃんとしててレースシーンは子供騙しっぽくなくて良かった!


 帰りにアンケートに答えたらハービーのシールがもらえた(*^-゚)vィ こういうプレゼントがあると試写会って感じがしていぃ(^_^)

 

 映画のエンドロールで流れたリンジー・ローハンの曲は、リンジーが劇中で使われると思って体調崩してたにもかかわらずレコーディングしたのに結局劇中では使われなくて、かなりガッカリしたそう。。←かわいそう(>_<) あと…リンジーの胸がデカくて観客の目が胸にいくのを製作側が心配して、劇中では小さく見えるように処理したそうな…

7/14 THE ISLAND

テーマ:

  THE ISLAND         THE ISLAND


 7/14 に東京国際フォーラムで座席指定制のかなり大きい試写会だったと思う。『 アイランド 』すっごい観たかったけど、13:30 開映で学校の授業(実験)とカブって行けなかったから”~思う”としか言えない(T_T) 

 平日の13:30からなんて普通の人行けないって!実験じゃなかったら授業サボって行ったんだけどなぁ(^_^;) 20:00開映の方にあったてたらな…

 もったいないけど自分が行けないから姉にあげた。。


 『 アイランド 』 はまだアメリカでも公開されてないけど、たぶんかなりイイ興行成績残すんじゃないかな。 でも自分でお金払ってまで映画館では観ないかな。。