252 -生存者あり-

テーマ:

252 -生存者あり-


STORY
東京に震度5強の地震があった数日後、海水温度の急激な上昇によって太平洋上に発生した史上最大規模の巨大台風。
予測をはるかに上回る自然の猛威が、首都・東京を直撃しようとしていた――。
始まりは、雹の急襲だった。人々でにぎわう銀座の街に、突然、巨大な雹が降りそそぎ、さらに東京湾に押し寄せた高潮が、ビルも、橋も、街路樹も押し流し、都心に向かってなだれ込む。
元ハイパーレスキュー隊員の篠原祐司(伊藤英明)は、その日、7歳になった娘しおり(大森絢音)の誕生日を祝うため、妻の由美(桜井幸子)と銀座で待ち合わせをしていたが、途中の地下鉄新橋駅で逃げ惑う人々のパニックに巻き込まれた由美は、耳の聞こえないしおりとはぐれてしまう。
由美からの電話で新橋に向かった祐司だが、その直後、地下へ流れ込んだ大量の水が鉄砲水となって地下鉄を襲い、新橋駅は轟音とともに崩落した――!
土砂に埋もれた地下のホームで祐司はようやくしおりを見つけるが、地上への出口は完全にふさがれていた。
ときおり瓦礫が崩れ落ちてくる閉ざされた空間に、行き場もなく取り残されたのは5人――祐司としおり、研修医の重村(山田孝之)、大阪で中小企業を営む藤井(木村祐一)と、銀座で働く韓国人ホステスのスミン(MINJI)だった。
妊娠中の妻と9人の子供のために絶対に死ぬわけにはいかないという藤井、祖国に母を残してきたスミン、投げやりな態度で何かと周囲につっかかる重村も、生きたいという思いに変わりはない。祐司は、しおりを助けるため、そして、ここにいる全員を生きて地上に還すため、救助を求めて行動を起こす。
2回、5回、2回……と、壁を叩き続ける祐司。それは、ハイパーレスキューで使われる「252=生存者あり」の信号だった。
1年前、救出現場でのある出来事をきっかけに、祐司は隊を辞めて転職したが、兄の静馬(内野聖陽)は今もハイパーレスキューの隊長を務めている。
合図を送り続ければ、救助は必ずやってくる。今はそれを信じるしかなかった。
しかし、助けを待つ間にも地下の状況は悪化する。腹部に傷を負い、緊急輸血の必要に迫られるスミン。
さらに、新たな崩落が起こり、瓦礫の中へと飲み込まれていくしおり……。
一方、地上では、静馬率いるハイパーレスキューが懸命の救助捜索活動を続けていた。
絶望的ともいえる崩落現場。地下への進入口はすべて土砂で埋め尽くされ、瓦礫を掻き分けての危険な捜索にも生存者は一向に見つからない。
そこへ追い討ちをかけるように上陸した巨大台風。すさまじい暴風雨が緩みきった地盤を直撃し、いつ二次災害が起きてもおかしくない状況に、捜索の打ち切りが決定される。
退避の命令を受け、若い隊員たちは「何のためのレスキューなのか」と反発するが、隊長の静馬にも、副隊長の宮内(山本太郎)にも、忘れることのできない苦い記憶があった。部下の命も守らなければならない、彼らにも帰りを待つ家族がいるのだ。
祐司としおりを見捨てるのか、と静馬に詰め寄る由美も、かつては命がけで救助活動に向かう夫を不安な思いで見守った妻のひとりだ。
それでも、救助を待つ者はレスキューを信じるしかない、と泣き崩れる由美を前に、静馬は言うべき言葉をなくす。
そのとき、音響探査機が捉えた地下からの打音。2、5、2……ハイパーレスキューの信号を使って助けを求めている者がいる! 
色めきたつ現場に、静馬の声が響き渡った――「252、生存者あり!」
暴風雨をついて決死の救出作戦が始まった。計画遂行のために許された時間は、台風の目に入る18分間のみ。
命がけの救出作戦は成功するのか? そして奇跡の生還は叶うのか?

( http://www.tsutaya.co.jp/cinema/sp/252/index.html )

252 -生存者あり-

「252 -生存者あり-」 試写会

日時:11月26日(火) 18:00開場/18:30開映

場所:渋谷C.C.Lemonホール         



テレビですごい宣伝してて気になってたから見れてよかったです。

全体的にスローモーションが多い上に、そのシーンが ダサいウザい、安っぽいたらーっ(汗)
どうにか子供使って泣かせようとする演出のせいで、作品のテンポが悪くなって 長~く 感じました。。

途中までそこそこ感動できてよかったのに、しおりが助かって母親と再会するシーンは本当にウザいぐらいのスローで逆に泣けません考えてる顔そんなシーンが観たいんじゃなくて、救出シーンをもっと観たいんですexclamation ×2

さらにラストで祐司がこれ見よがしに肩に担いで這い出てくるシーンは、会場中失笑…むふっ 演出が下手すぎて、感動のラストが感動できません涙
周りで見てるレスキューの人早く手助けしてあげて・・・・

劇場で観るなら新橋駅付近の映画館で観たら、よりリアルに感じると思います。映画館に行くときに新橋駅を見れば映画の舞台を感じられ、帰りに新橋駅を利用すればここであんなことがと想像できていいと思います。

でかいスクリーンで観ないとかなり安っぽく見えちゃうと思います。
AD