Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2008-06-25 22:15:46

252.6月の妖精

テーマ:動植物
June 25 2008

クモマツマキチョウに出遭いました♪

6月、梅雨の合間を縫うようにひっそりと出現し消えます。

kumoma3

チョウ好きの友人に電話で自慢しました。

大変大変珍しいチョウで、毎年このチョウを求めて大阪方面からマニアが信州にやってきます。

若いとき、戸隠山の難所中の難所”蟻の塔渡り(ナイフリッヂ)”を這うようにして渡っていたら
遥か崖下で捕虫網を振り回しているグループがいて彼らも大阪から採集にきたと。

たかがチョウのために、こちらが息を呑むような崖を下って数人がかりで1匹捕獲して満足して帰るのですから
マニア垂涎中の垂涎のチョウです。

kumomatumaki 山菜採りをしているときには身軽にしたいので一眼レフのカメラはもたず、ちゃちなデジカメでしたがそれでも感激でした。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-06-21 19:49:09

251.大人の川柳

テーマ:エロス

ネットサーフィンして拾い集めた面白い川柳を忘れないよう、書きとどめておきましょう。


人生は単純な方がいいと思いますが、読んでいて思わず笑ってしまう可笑しさがありますね。


こんなのがありました。


☆頼むから 別れてくれと 上司云い
あらあら(笑)

☆この橋を 渡れば君の 町だけど・・・・
デートの見送りで名残惜しい別れよりは、恋人の両親に挨拶するのは今一歩踏み出せないというような雰囲気の紹介のされかたでした。

☆石橋を 叩いて渡らず 妻戻る
だいぶ含みのある句なので、あれこれと笑いのイメージが広がります。
素直に読み取ると、理性で踏みとどまったということなのでしょうか?
「ちょっと・・・ここは、知り合いにばったり出会うかも・・・」とかあんなことやこんなことなど(爆)

☆元彼の ワラ人形が 並ぶ壁
(こわいな~)


☆夫にも 素顔見せずに 半世紀
(これもありそうで怖いです)

☆熟睡の 妻に末期の 水ごっこ
(たぶん旦那の寝ているときに同じことをされているでしょう。)

☆いいわけの 難所で妻が 上げた眉
(プレゼンテーションは、よ~っく練習しないと♪)

☆信号を 守る夫が した浮気
(根は悪い人じゃないのですね)

☆9回裏 サヨナラ負けを した理性
(この方は、泣いて撤退できなかったのですね)

☆離婚まで これでマジック 1と妻
(いったいそれまで、なにをしたのでしょう?)

☆ラブホテル 隣の声に 負けている

☆抱きしめて あげたら折れた 彼の骨

☆プロポーズ したらもらった 整理券
(これはないでしょう)

☆のぞくたび 郵便受けに からかわれ
(これは実感としてわかります。涙と笑いの川柳ですね)

☆プロポーズ してみることに 意義がある
(間髪を入れずにあいてからKYと言われそうですね)

☆蚊の針も 妻の地肌に 届かない

☆人前は マナーモードで 黙る妻
(これは大変実感として分かります)
☆妻よりも 前を歩いた ことがない

☆浮気ばれ 妻と母とが手をむすぶ
(多分その母も親父殿に泣かされたことをおもいだしたのでしょう)


こんなのもありました。
☆ネコかぶり 嫁に来たのに ブタになり

☆そのままに 撮れた写真が 気に入らぬ
(ご無体な、撮れた写真がそのままあなたの容姿です)

☆紅を濃く 付けた昼間は 亭主留守
(どういう意味でしょう?)

☆地球には やさしく亭主に きつい妻
(これは、大変大変実感していることです。)

☆子の夜泣き ゆるせて夫の いびき蹴り
(かたくりはいびきをしないので良かった~)

☆子を挟み ガードして寝る 夫かな
(久しぶりに早く帰って来たのでイソイソと一杯付けて、
子供を早々と寝かしつけて、「待っててね」と目配せしたのに、お風呂から上がってきたら、まぁ・・・・・)

☆愛誓う キャンドル今では 台風用
(結婚式で使ったキャンドルどこかにあったっかけかなぁ・・・)

☆グラマーも 乳離れすれば ペッチャンコ
(実感です!!! 母乳マッサージをうけて次女三女と母乳で育てましたが、いまでは長女に負けています。)


コミュニティで知り合いの方から教えてもらった作品や作った作品

★お取り寄せ 唯一利かぬ 旦那さま


★締め付ける  あなたでなくて  コルセット


★温泉で  見られたくない  スッピンを


★口数が  やたら多い日  午前様


★かたわらに  眠るあなたの  憎らしさ

June 21 2008

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2008-06-19 19:08:35

250.妄想 金の斧

テーマ:エロス

ネマガリダケのハンティングについては書き続けると失敗談やら反省などいろいろあってきりがありません。記事の締めはこれ

今年もネマガリダケを採っている最中にいろいろ落としましたが探し出すことはできませんでした。


追記 2012-06-xx

先日ネマガリダケを採っている最中にうっかり愛用の長柄の鎌をなくしてしまいました。

ぎっくり腰をやった時には杖がわりに、キノコ狩りで急斜面を転げ落ちそうになった時にとっさに鎌で傍の木にひっかけて難を逃れたりいろいろ思い出深い山の友でした。

何度か探してみていますが、まだみつかりません。

というわけで、以前別の場所で「根堀り」を落とした時に創作した妄想ストーリーを思い出しました。


<<オリジナル 2008-06-19 19:08:35>>

6月15日に妙高高原杉の原スキー場にタケノコ取りに行きました。

密集したネマガリダケの藪の中から出て山菜リックにタケノコを詰めていると、愛用の根堀りがない!

お守りに手をあて見つかるように念じながら、もう一度タケノコを採った藪の中を繰り返しさがしまわりました。

nehori gokubuto
3箇所を2回ずつ探して見つけ出しました!!!

うれしかったぁ~♪

一人で山歩きや山菜取りをしているときにいろんなことを思索するのですが、今回は一気に妄想モードにスイッチが入りました(笑)。


艶話”根堀り”の舞台を少し紹介します。


かたくりのつれづれのままに-myoukou

妙高2446m, 南に黒姫山2053m, 飯縄山1917mと三山ならぶ火山の中で最も高く麓に自衛隊の演習場あるほど裾野が広い山である。

舞台となる杉の沢スキー場あたりでは、午後には霧につつまれやすく、雲海が一面に広がることがある。


このへんは今がタケノコ採りの一番いい時期です。

❤  ❤  ❤  ❤  ❤  ❤  ❤  ❤ ❤  ❤  ❤  ❤ 

親指ぐらいの太さで背丈を越えるほどのチシマザサの中を這うようにして藪の中に入りタケノコを採るのですが、藪から出てリックにタケノコを詰めているときに、前掛けの中にいれていた根堀りが見当たらない。

以前、タケノコ採りで失くして懲りたので、ヒモを通して前掛けと繋げていたが、どこかの藪に引っ掛けて結び目が解けて落としてしまったらしい。


最後に使った場所から、這い回った藪の中をもう一度タケノコをとりながら探し始めた。

いつの間にかあたりに霧がでてきてきたようだ。


未練は残るが、愛用の根堀りのことを諦めて帰り支度を始めていると


こちらを呼び止める女性の声がする。


振り返ると、透き通るような薄衣をまとった女神が立っていた。

若く、色白の若くて美しい女形であった。

柳眉でふっくらとした頬、切れ長でまつげが長く口に差した紅がまぶしい。


「そなたはここで何を探していたのです?」

「タケノコを採りに来ましたが落し物をして探していました。」


「そなたの落し物とはこれのことですか?」

女神がそこにはタケノコがぎっしりとつまったリックを示した。

「違います」

「なれば、これのことですか?」
もろ刃のサバイバルナイフを示した。

首をふった。

「では、これのことですか?」

今度は、かたくり愛用の根堀りを示した。

答える前に、うれしさに笑みがこぼれた。


「探し物は、これですね?」

「はい」


「他の落し物はいらぬのですか?」

「はい」


「タケノコを取りにきたのに、タケノコはいらぬのですか?」

「探し物がみつかればそれでいいのです。」


女神が微笑み根堀りを手渡たすと、風が吹き女神の薄衣がゆれた。


風は、女神の衣をなでるように腹・胸と順に巻き上げて吹き去った。

薄衣と肌が密着し一瞬透けて垣間見た肌がなまめかしい。

形の良い乳房だった。


「どこをみているのですか?」

こちらの心を見透かしたように云った。

「べ、べつにどこも見ていませぬ。」


「先ほどは正直者と思ったが、今嘘をつきましたね。」

「そなたの腹の下にもタケノコがふくらみ始めましたよ」

女神にそういわれ、顔を赤らめた。


「失礼しました。女神様の肌に一瞬みとれていました。」

「落したものは根堀りだけでなく理性も落としてしまったようです。」

「それは、そなたが自分で探して拾いなさい」

女神は微笑んだ。頬にほんのりと赤味がさした。


女神に丁重に礼を述べ引きさがった。


遠ざかる男を見送るといつの間にかかたわらに立ったもう一人の女神に云った。

容姿が鏡に写した様に瓜二つの女神であった。

「先ほどの風は、姉上のいたずらですね。」

「赤倉、気づいていたか」


「あのものがあまりに馬鹿正直ゆえ、からかってみたくなった。」

「今度は私が逢いたいものじゃな。」
~~~~~~~~~~~~~


注:赤倉山 2141m、妙高岳の外輪山 

=>250.2 妄想 金の斧 ❤続編❤

June 19 2008

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。