テーマ:
MSN産経ニュース [IMFが低所得国支援拡大、金の売却益で 2012.9.29 09:40] (URL: http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120929/fnc12092909430004-n1.htm) より引用しました。(2012年9月29日のニュース報道です)



(以下、引用部分)


IMFが低所得国支援拡大、金の売却益で
2012.9.29 09:40

 〔中略〕 国際通貨基金(IMF)は28日の理事会で、保有する金の売却益を活用して低所得国向け支援を拡充する方針を決めた。世界的な景気低迷や食糧価格の高騰に苦しむ低所得国の経済運営を下支えする。

 金相場が高騰した2009~10年に処分した金の売却益から、27億ドル(約2100億円)を充当する。これまでにも11億ドルを支援に振り向けることを決定済みだが、財源の拡充を図る。IMFは10月に東京で開催する年次総会で、加盟国の承認を求める考えだ。


(以上、引用部分)




上記のニュース報道を拝見した上、私は思いました。

よく、「IMFや世界銀行(IDA、IBRD)には、不正は存在しない。」と言われます。

しかし、IMFや世界銀行が寄付を受け入れている場合。

他人への返済しなくてはならない現金(または、現金を金や不動産等へ資産化したもの等)を、寄付と称してIMFや世界銀行へ送金(郵送、権利移動)してしまう方々も現存するのでしょうか?


もし、前記のような場合が現実に存在するならば、(自称・無断で名義を借用された方を含む)債権者らは、IMF等やその寄付元に対して

「戦う!」ではなく、「不当利得!」と、叫ぶのが得策なのだろうか?・・・いや(打ち消し)・・得策なのだろうと思う。



(「不当利得」といえば・・・・・)


「日本国は敗戦国だ。」と日本人として承知している方々が、太平洋戦争における日本の敗戦によって、死刑になってもおかしくはない存在(戦犯)であったT皇一族による、故意・過失を伴う詐欺にあっていたとしたら・・・・。(有栖川宮詐欺事件ってありましたよね)

T皇一族(関係者及び代理も含む)が、不当利得及び無権代理行為により派生する金銭等、または脱税金、着服横領金、地面師等の詐欺や違法的な担保運用における利益、詐欺隠蔽工作の報奨金や不法原因給付等を受領した上、供与した者(企業・金取引業者)の意見により、IMFや世界銀行等へ「貧しい国の方々に寄付(融資)してあげて下さい。そして知り合いの金取引業者(三菱系)を利用して下さい。」などと条件を付けて寄付を行っているとしたら・・・・これは国民主権を謳う「日本国憲法(GHQが草案作成)」「民法」「商法」等の法律にそぐわないことだと思います・・・・このそぐわない事実や関係周囲のことを、2012年8月15日、A新総裁は「権威」と言及しているのかもしれない。粗放な憶測です。(A新総裁の発言の詳細は、下記、ニュース記事引用部分を参照して下さい)

注意:A新総裁は、2012年9月26日に選出されている。よって、2012年8月15日当時は総裁ではない。2012年9月12日に総裁選の立候補を正式表明している。




Yahoo!ニュース[首相、韓国大統領を批判 正式抗議 週内にもICJ提訴決定 産経新聞 8月15日(水)18時54分配信]( http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120815-00000557-san-pol )より引用しました。(2012年8月15日のニュースです)


(以下、引用部分)
――

首相、韓国大統領を批判 正式抗議 週内にもICJ提訴決定
産経新聞 8月15日(水)18時54分配信

野田佳彦首相は15日〔中略〕

李氏の発言に対しては野党からも批判の声が相次いだ。自民党の安倍晋三元首相は「天皇陛下の権威は日本国の権威だ。それを汚すような発言は許すことができない」と痛烈に批判した

――
(以上、引用部分)






にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。 「ポチッ」 とヨロシク。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:











「グローバルホットライン」元社長ら3人逮捕=シティカードの顧客情報を不正に売却[2012年9月25日報道]

【雑記】 「銀河鈍行鉄道イダテン号」等-ブログ記事ピックアップ





にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース | 【尖閣国有化】 野田首相、尖閣「妥協あり得ない」 2012.9.27 09:47 [野田首相] | (URL: http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120927/plc12092709510005-n1.htm ) より引用しました。 (2012年9月27日のニュースです)





(以下、引用部分)
―――――――――

【尖閣国有化】
野田首相、尖閣「妥協あり得ない」
2012.9.27 09:47 [野田首相]

 〔中略〕 野田佳彦首相は26日午後(日本時間27日未明)、米ニューヨークで記者会見し、沖縄県・尖閣諸島の国有化に中国が反発していることについて「歴史上も国際法上もわが国固有の領土であることは明々白々だ。領有権の問題は存在しないのが基本で、そこから後退する妥協はあり得ない」と述べた。

 その上で「もともと日本国民が持っていたものを国が買うことにしたわけで、あくまで所有権の移転の問題だ。再三中国に説明してきたが残念ながら理解されていない」と語った。


―――――――――
(以上、引用部分)




 尖閣諸島について、私は下記のような事実を学び、また、推測を記す。

 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国は領有し、日本国の領土に編入した。

 明治政府が、尖閣諸島を日本国の領土に編入する前に、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。

 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時的に沖縄の一部として米国の施政下に入るが、1971年6月に沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)により、沖縄と共に返還される。

 尖閣諸島が米国から日本に返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日に、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連に提出したことにより、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月に、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する。(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は現在も変わらず行われているが、常任理事国の入れ替え当時における両国の領有権主張において、領有権問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も中国と台湾にあった。台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様に欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない。)

 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の属国(同盟国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と、(1971年当時)米国は思ったに違いない。

 同盟国である日本国の領土を自国の領土と主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持ったのかもしれない。その疑念の中に、「台湾が、国連を崩壊することを目的として行動する国、または団体と交流していた。」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。

 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的として行動する国、団体とは何処だろうか。

 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。

 三合会とは、18世紀の清(中国)において、反清朝運動を行った秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値等をあてはめたりするような暗号を用いながら、活動を行っていた団体だという。

 そして、その三合会の後身団体としては、19世紀に、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)

 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その団体員等が、最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するために、日本国等の銀行系保証会社等の取締役に就任した上、経営に従事しているとしたら・・・その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、今後領有権の確実化することが期待される「北方四島」に対する(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配及び、領有権主張に伴う威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」
 「竹島は日本固有の領土です」
 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を、三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)に唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。

 今日(2012年9月27日)、野田佳彦首相はニューヨークで記者会見し、尖閣諸島の国有化に中国が反発していることについて、「妥協あり得ない」等と言述した。という旨のニュース報道がありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




中国国防相が、尖閣への日米安保適用反対を表明 [2012年9月18日報道]

中国海軍元少将が、「日本の海保・海自は、中国海軍より優れている」と認める旨を言述 [2012年7月21日報道]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

MSN産経ニュース | トヨタ、「環境対応車」で他社を圧倒へ HV、EV、FCVのフルライン戦略を披露 2012.9.24 19:36 (1/2ページ) [自動車産業] | (URL: http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120924/biz12092419370029-n1.htm ) より引用しました。 (2012年9月24日のニュースです)




(以下、引用部分)
―――――――

トヨタ、「環境対応車」で他社を圧倒へ HV、EV、FCVのフルライン戦略を披露
2012.9.24 19:36 (1/2ページ)[自動車産業]

 トヨタ自動車が24日に次世代環境対応車戦略をフルラインで発表したのは、他社に先駆けてハイブリッド車(HV)を商用化した“パイオニア”が、改めて強化の姿勢を示すことで、世界規模での普及を加速することにある。HVの21車種大量投入、年内の電気自動車(EV)の国内発売、燃料電池車(FCV)の2015年商品化と、「エコカー全方位戦略」で他社を圧倒する構えだ。

■ HV-すでに国内は45%に

 トヨタは1997年、世界で初めてHV「プリウス」を量産販売した。8月末時点で累計販売は440万台に達し、 〔中略〕 。

 現在、乗用車ではプリウスや小型HV「アクア」など19車種にHVを搭載。13年には新開発のエンジンを採用し、15年末までに新型車種14車種を含めた21車種を追加する。

 内山田副会長は、「今年前半は(国内販売の)45%がHVで、海外では新興国も含め、10%強がHVだ」と説明。

―――――――
(以上、引用部分)

MSN産経ニュース | トヨタ、「環境対応車」で他社を圧倒へ HV、EV、FCVのフルライン戦略を披露 2012.9.24 19:36 (2/2ページ)





(当方ブログ記事[引用文掲載ブログ記事含む]における注意点 : 国会議員等の名前等に関しては、ニュース報道当時の、役職名、通称名等が掲載されております。ご了承下さい。)


 2011年6月初旬、菅内閣に対する不信任決議案の否決、菅首相の自発的辞任の話題が、ニュースサイトの多くを占める中、「トヨタ・プリウスリコール」のニュースも注目されました。 ( トヨタ、初代「プリウス」10万6000台をリコール [2011年6月2日報道] [Ameba] ニュース詳細は、前記テキストリンクをクリック) 

 中華人民共和国の宇宙開発が、米国議会で論議を呼んでいるというニュースもあり、中国の自動車製造メーカー「一汽」と、EV(電気自動車)における相互供与、及び提携を行っている「トヨタ自動車」は、アメリカにおける評価も下がり、注視されているのではないかと推測します。

 そして、アメリカ合衆国のカリフォルニア州においては、燃料電池自動車向けの「水素ステーション」などを「トヨタ自動車」が稼動したというニュース(MSNニュース 2011.5.11)や、米自動車大手「ゼネラルモーターズ社(GM)」は、ロシアの自動車大手「GAZ」と、2012年半ばから小型車の共同生産を行うというニュース報道(MSNニュース 2011.2.2) などを拝見し考慮すると、

 アメリカ合衆国は、日本の海外進出大手企業を代弁及び利用しようと目論む、鳩山前首相と小沢グループの唱える「東アジア共同体構想」に対し、計画性はなく、脆弱な上、共産主義に似た利己性を含むイデオロギーから派生する構想であり、(中華人民共和国と日本が通謀し)第三次世界大戦を巻き起こそうという、軍国主義者等の思想の現れた構想なのではないか。と評価した上、疑心を抱いているのではないかと思います。そして、輸出する車が悉くアメリカ合衆国にリコールされるたびに、同国に不信感を抱くと思われる「トヨタ自動車」の経営陣と、中国(「一汽」)。中国への日本国主権移譲論まであがった民主党の、鳩山前首相以前の執行部及び反小沢グループまでもが「東アジア共同体構想」に同調しているのならば、(その構想は)中国の宇宙開発と同様に、危険性はあり、世界各地における紛争拡大に利用されるのではないか。と考える有識者も現存するかもしれません。

 資金管理団体「友愛政経懇話会」偽装献金事件で元公設秘書は逮捕され、親族や本人も批判された (←黄色文字Click)、鳩山前首相と、資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件において、強制起訴され、党員資格を失っている小沢元代表が、一部イニシアチブを握り行った、今回の「内閣不信任決議案への党内造反」や、首相に対して脅迫や強迫をもって、ひねり出させた「自発的辞任表明」等は、首相の人間性や指導力、判断力の低さを疎外したとしても、与党(民主党・日本)という枠の中で行われてはいけないことであり、日本国全体に動揺と確執を派生させ、特別永住者や領土問題に関連する来日外国人工作員、及びそれらの指令及び工作費送金元(タリバン・アルカーイダ・北朝鮮・韓国・三合会等、及びダミーも含む)を刺激、巻き込むことになり、日本国、及び主権者ら全体の混乱、最悪は内乱を蜂起させることになるかもしれません。


 2012年9月24日、トヨタ自動車は次世代環境対応車戦略を発表した。という旨のニュース報道がありました。 (ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照して下さい)




(関連ブログ記事等は、下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

成田空港で10月から無料実験 EV充電 [2012年9月4日報道]と、トヨタ車体1人乗りEV「コムス」

【再失望】またですね・・・[TOYOTA] トヨタ自動車等、リコール関連ニュース(一部)

ポーランドからスーパーカー、HUSSARYA…MAX340km/h [Google+]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

MSN産経ニュース | トヨタ、「環境対応車」で他社を圧倒へ HV、EV、FCVのフルライン戦略を披露 2012.9.24 19:36 (2/2ページ) [自動車産業] | (URL: http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120924/biz12092419370029-n2.htm ) より引用しました。 (2012年9月24日のニュースです)



(以下、引用部分)
―――――――

トヨタ、「環境対応車」で他社を圧倒へ HV、EV、FCVのフルライン戦略を披露
2012.9.24 19:36 (2/2ページ)[自動車産業]

■ EV-12月、いよいよ国内販売

 日産自動車や三菱自動車に比べて出遅れていたEVは、12月に「eQ(イーキュー)」を日米で限定100台程度で発売する。パナソニック製の12キロワット時のリチウムイオン電池を搭載し、ガソリン車の燃費に相当する「電費」は、1キロ走るのに104ワット時。ホンダ「フィットEV」の106キロを上回って世界最高を達成した。1充電当たりの走行距離は100キロで、「都市部での短距離走行を想定している」(内山田副会長)。価格は360万円で、法人向けのリース販売のみとする。

 ■ FCV-3年後の商品化照準

 FCVは15年ごろに日米欧の水素供給インフラが整備されると見込める地域でセダンタイプを導入する方針だ。国内では首都圏、中京圏、関西圏、福岡圏の4大都市での導入が想定される。価格は 〔中略〕 、1000万円を切る水準となる見込みだ。

―――――――
(以上、引用部分)

MSN産経ニュース | トヨタ、「環境対応車」で他社を圧倒へ HV、EV、FCVのフルライン戦略を披露 2012.9.24 19:36 (1/2ページ)





(当方ブログ記事[引用文掲載ブログ記事含む]における注意点 : 国会議員等の名前等に関しては、ニュース報道当時の、役職名、通称名等が掲載されております。ご了承下さい。)


 2011年6月初旬、菅内閣に対する不信任決議案の否決、菅首相の自発的辞任の話題が、ニュースサイトの多くを占める中、「トヨタ・プリウスリコール」のニュースも注目されました。 ( トヨタ、初代「プリウス」10万6000台をリコール [2011年6月2日報道] [Ameba] ニュース詳細は、前記テキストリンクをクリック) 

 中華人民共和国の宇宙開発が、米国議会で論議を呼んでいるというニュースもあり、中国の自動車製造メーカー「一汽」と、EV(電気自動車)における相互供与、及び提携を行っている「トヨタ自動車」は、アメリカにおける評価も下がり、注視されているのではないかと推測します。

 そして、アメリカ合衆国のカリフォルニア州においては、燃料電池自動車向けの「水素ステーション」などを「トヨタ自動車」が稼動したというニュース(MSNニュース 2011.5.11)や、米自動車大手「ゼネラルモーターズ社(GM)」は、ロシアの自動車大手「GAZ」と、2012年半ばから小型車の共同生産を行うというニュース報道(MSNニュース 2011.2.2) などを拝見し考慮すると、

 アメリカ合衆国は、日本の海外進出大手企業を代弁及び利用しようと目論む、鳩山前首相と小沢グループの唱える「東アジア共同体構想」に対し、計画性はなく、脆弱な上、共産主義に似た利己性を含むイデオロギーから派生する構想であり、(中華人民共和国と日本が通謀し)第三次世界大戦を巻き起こそうという、軍国主義者等の思想の現れた構想なのではないか。と評価した上、疑心を抱いているのではないかと思います。そして、輸出する車が悉くアメリカ合衆国にリコールされるたびに、同国に不信感を抱くと思われる「トヨタ自動車」の経営陣と、中国(「一汽」)。中国への日本国主権移譲論まであがった民主党の、鳩山前首相以前の執行部及び反小沢グループまでもが「東アジア共同体構想」に同調しているのならば、(その構想は)中国の宇宙開発と同様に、危険性はあり、世界各地における紛争拡大に利用されるのではないか。と考える有識者も現存するかもしれません。

 資金管理団体「友愛政経懇話会」偽装献金事件で元公設秘書は逮捕され、親族や本人も批判された (←黄色文字Click)、鳩山前首相と、資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件において、強制起訴され、党員資格を失っている小沢元代表が、一部イニシアチブを握り行った、今回の「内閣不信任決議案への党内造反」や、首相に対して脅迫や強迫をもって、ひねり出させた「自発的辞任表明」等は、首相の人間性や指導力、判断力の低さを疎外したとしても、与党(民主党・日本)という枠の中で行われてはいけないことであり、日本国全体に動揺と確執を派生させ、特別永住者や領土問題に関連する来日外国人工作員、及びそれらの指令及び工作費送金元(タリバン・アルカーイダ・北朝鮮・韓国・三合会等、及びダミーも含む)を刺激、巻き込むことになり、日本国、及び主権者ら全体の混乱、最悪は内乱を蜂起させることになるかもしれません。


 2012年9月24日、トヨタ自動車は次世代環境対応車戦略を発表した。という旨のニュース報道がありました。 (ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照して下さい)




(関連ブログ記事等は、下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

成田空港で10月から無料実験 EV充電 [2012年9月4日報道]と、トヨタ車体1人乗りEV「コムス」

【再失望】またですね・・・[TOYOTA] トヨタ自動車等、リコール関連ニュース(一部)

ポーランドからスーパーカー、HUSSARYA…MAX340km/h [Google+]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
[尖閣問題] 「尖閣へ中国漁船1000隻」報道を考察 [2012年9月22日報道]

(ニュース詳細は、下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

MONOSEPIA  - 【コピペ】「尖閣へ中国漁船1000隻」報道は何だったのか [Google+]





(関連ブログ記事等は、下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

中国国防相が、尖閣への日米安保適用反対を表明 [2012年9月18日報道]

中国海軍元少将が、「日本の海保・海自は、中国海軍より優れている」と認める旨を言述 [2012年7月21日報道]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース | 【尖閣国有化】 接続水域に台湾の巡視船 2012.9.21 22:20 [尖閣諸島問題] | (URL: http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120921/crm12092122210030-n1.htm ) より引用しました。 (2012年9月21日のニュースです)



(以下、引用部分)
―――――――――

【尖閣国有化】
接続水域に台湾の巡視船
2012.9.21 22:20 [尖閣諸島問題]

 21日午後8時20分ごろ、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島の西約44キロの日本の接続水域で、台湾の海岸巡防署(海上保安庁に相当)の巡視船「和星101」が航行しているのを第11管区海上保安本部(那覇市)の巡視船が確認した。領海内に入らないよう巡視船が無線で警告している

―――――――――
(以上、引用部分)




 尖閣諸島について、私は下記のような事実を学び、また、推測を記す。

 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国は領有し、日本国の領土に編入した。

 明治政府が、尖閣諸島を日本国の領土に編入する前に、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。

 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時的に沖縄の一部として米国の施政下に入るが、1971年6月に沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)により、沖縄と共に返還される。

 尖閣諸島が米国から日本に返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日に、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連に提出したことにより、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月に、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する。(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は現在も変わらず行われているが、常任理事国の入れ替え当時における両国の領有権主張において、領有権問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も中国と台湾にあった。台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様に欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない。)

 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の属国(同盟国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と、(1971年当時)米国は思ったに違いない。

 同盟国である日本国の領土を自国の領土と主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持ったのかもしれない。その疑念の中に、「台湾が、国連を崩壊することを目的として行動する国、または団体と交流していた。」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。

 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的として行動する国、団体とは何処だろうか。

 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。

 三合会とは、18世紀の清(中国)において、反清朝運動を行った秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値等をあてはめたりするような暗号を用いながら、活動を行っていた団体だという。

 そして、その三合会の後身団体としては、19世紀に、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)

 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その団体員等が、最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するために、日本国等の銀行系保証会社等の取締役に就任した上、経営に従事しているとしたら・・・その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、今後領有権の確実化することが期待される「北方四島」に対する(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配及び、領有権主張に伴う威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」
 「竹島は日本固有の領土です」
 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を、三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)に唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。

 今日(2012年9月21日)、尖閣諸島沖の日本国の接続水域で、台湾の巡視船の航行しているところを海上保安本部の巡視船が確認した。という旨のニュース報道がありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




中国国防相が、尖閣への日米安保適用反対を表明 [2012年9月18日報道]

中国海軍元少将が、「日本の海保・海自は、中国海軍より優れている」と認める旨を言述 [2012年7月21日報道]

尖閣に台湾・香港・中国が迫る・「保釣」・・台湾企業「鴻海(ホンハイ)」と資本・業務提携している某企業とは?-シャープ、通期赤字は2500億円に拡大 4-6月期の赤字は1384億円 [2012年8月2日報道]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース | 【尖閣国有化】 軍艦2隻展開に関し「中国の立場は明確」 2012.9.20 17:54 [中国] | (URL: http://sankei.jp.msn.com/world/news/120920/chn12092017560015-n1.htm ) より引用しました。 (2012年9月20日のニュースです)




(以下、引用部分)
―――――――――

【尖閣国有化】
軍艦2隻展開に関し「中国の立場は明確」 
2012.9.20 17:54 [中国]

 〔中略〕 中国外務省の洪磊(こう・らい)報道官は20日の定例記者会見で、中国海軍のフリゲート艦2隻が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)の北方海域の公海上に展開していることについて、「中国側の釣魚島問題に関する立場は十分に明確だ」と述べるにとどめ、関係部門に問い合わせるよう求めた。中国国防部の談話などは発表されていない。

―――――――――
(以上、引用部分)




 尖閣諸島について、私は下記のような事実を学び、また、推測を記す。

 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国は領有し、日本国の領土に編入した。

 明治政府が、尖閣諸島を日本国の領土に編入する前に、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。

 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時的に沖縄の一部として米国の施政下に入るが、1971年6月に沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)により、沖縄と共に返還される。

 尖閣諸島が米国から日本に返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日に、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連に提出したことにより、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月に、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する。(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は現在も変わらず行われているが、常任理事国の入れ替え当時における両国の領有権主張において、領有権問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も中国と台湾にあった。台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様に欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない。)

 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の属国(同盟国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と、(1971年当時)米国は思ったに違いない。

 同盟国である日本国の領土を自国の領土と主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持ったのかもしれない。その疑念の中に、「台湾が、国連を崩壊することを目的として行動する国、または団体と交流していた。」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。

 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的として行動する国、団体とは何処だろうか。

 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。

 三合会とは、18世紀の清(中国)において、反清朝運動を行った秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値等をあてはめたりするような暗号を用いながら、活動を行っていた団体だという。

 そして、その三合会の後身団体としては、19世紀に、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)

 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その団体員等が、最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するために、日本国等の銀行系保証会社等の取締役に就任した上、経営に従事しているとしたら・・・その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、今後領有権の確実化することが期待される「北方四島」に対する(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配及び、領有権主張に伴う威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」
 「竹島は日本固有の領土です」
 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を、三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)に唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。

 今日(2012年9月20日)、中国外務省の報道官による定例記者会見において、尖閣諸島近くの公海における軍艦2隻の展開に関する発言があった。という旨のニュース報道がありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




「尖閣諸島は日本固有の領土です」

中国国防相が、尖閣への日米安保適用反対を表明 [2012年9月18日報道]

中国海軍元少将が、「日本の海保・海自は、中国海軍より優れている」と認める旨を言述 [2012年7月21日報道]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
国立感染症研究所 (東京) ‐ 24億円分の備品、行方不明 [2012年9月14日]

(ニュース詳細は、下記URLリンクをクリックの上、ご覧下さい)

http://www.logsoku.com/r/dqnplus/1347805839/
(ログ速 スレッド名 : [ 【国立感染症研究所】台帳の備品1千点超、実物なし] よりリンク)




上記リンクのニュース記事を閲覧の上で、私は思いました。

 映画のストーリー (フィクション) などだと、 「故意に捨てた備品の箱等の中に、細菌や毒物が入っている。それを何者かが ラブホテル街 等で、闇ブローカーを相手に取引する・・・・なんて・・・。これはよくある映画のストーリーですが、現実は如何なんでしょうか?


「銀河鈍行鉄道イダテン号」 等 ‐ ブログ記事ピックアップ



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。




いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース | 【尖閣国有化】 反日デモ20都市超、一部暴徒化 2012.9.15 11:39 [中国] | (URL: http://sankei.jp.msn.com/world/news/120915/chn12091511300002-n1.htm ) より引用しました。 (2012年9月15日のニュースです)



(以下、引用部分)
―――――――――

【尖閣国有化】
反日デモ20都市超、一部暴徒化
2012.9.15 11:39 [中国]

 〔中略〕 日本政府による沖縄・尖閣諸島(中国語名、釣魚島)の国有化に抗議するため、15日早朝から中国の北京、西安など各地で大規模な反日デモが始まった。

 この日は国有化後の初の週末で、中国当局は事前に、今回のデモを容認する方針を示したため、北京の日本大使館前のデモの参加人数はいつもの10倍以上、学生らを中心に数千人規模に膨らんだ。大勢の警察官が警戒するなか、デモ隊は「小日本(日本人の蔑称)は釣魚島から出ていけ」などと叫び大使館前の大通りを繰り返し行進し、道路をほぼ占拠。大使館侵入を防ごうとバリケードを設置した武装警察隊ともみ合う場面もあった。大使館近くを通過する自動車のなかに「車は日本製だが、心は中国人」といった貼り紙を張った日本製車もあり、デモ隊に壊されることを警戒したためとみられる。

 反日デモは陝西省西安、湖南省長沙などでも確認され、全国で20以上の都市に波及し、日の丸を焼く一部暴徒化する場所もあるとの情報がある。

 インターネットでは16日以降も反日デモの呼びかけがあり、北京の日本大使館は在中邦人に身の安全の注意を喚起している。北京の日本人学校は、不測の事態に備えて、満州事変の発端となった柳条湖事件から81周年記念日の18日に休校にすることを決めた。

 同時、中国政府の支持を受けた日本製品のボイコット運動も全国で展開された。国営中央テレビは16~18日、日本企業のテレビCMを流さないことを決めている。

―――――――――
(以上、引用部分)




 尖閣諸島について、私は下記のような事実を学び、また、推測を記す。

 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国は領有し、日本国の領土に編入した。

 明治政府が、尖閣諸島を日本国の領土に編入する前に、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。

 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時的に沖縄の一部として米国の施政下に入るが、1971年6月に沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)により、沖縄と共に返還される。

 尖閣諸島が米国から日本に返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日に、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連に提出したことにより、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月に、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する。(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は現在も変わらず行われているが、常任理事国の入れ替え当時における両国の領有権主張において、領有権問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も中国と台湾にあった。台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様に欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない。)

 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の属国(同盟国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と、(1971年当時)米国は思ったに違いない。

 同盟国である日本国の領土を自国の領土と主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持ったのかもしれない。その疑念の中に、「台湾が、国連を崩壊することを目的として行動する国、または団体と交流していた。」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。

 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的として行動する国、団体とは何処だろうか。

 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。

 三合会とは、18世紀の清(中国)において、反清朝運動を行った秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値等をあてはめたりするような暗号を用いながら、活動を行っていた団体だという。

 そして、その三合会の後身団体としては、19世紀に、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)

 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その団体員等が、最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するために、日本国等の銀行系保証会社等の取締役に就任した上、経営に従事しているとしたら・・・その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、今後領有権の確実化することが期待される「北方四島」に対する(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配及び、領有権主張に伴う威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」
 「竹島は日本固有の領土です」
 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を、三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)に唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。

 今日(2012年9月15日)、日本政府による尖閣諸島の国有化に抗議するため、中国の北京、西安など各地で大規模な反日デモが始まった。という旨のニュース報道がありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




中国海軍元少将が、「日本の海保・海自は、中国海軍より優れている」と認める旨を言述 [2012年7月21日報道]

言著中国海军原少将,认为是「日本的海保·海自,比中国海军出色」的意思

明の上奏文に「尖閣は琉球」と明記 中国主張の根拠崩れる [2012年7月17日報道]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。