テーマ:
MSN産経ニュース : 【社説検証】 都の尖閣「購入」構想 2012.4.30 10:37 (2/2ページ)[尖閣諸島問題] : (URL: http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120430/plc12043010380002-n2.htm ) より引用しました。 (2012年4月30日のニュースです)





(以下、引用部分)
―――――――――

【社説検証】
都の尖閣「購入」構想
2012.4.30 10:37 (2/2ページ)[尖閣諸島問題]

 産経は「本当は国が買い上げたらいいが、外務省がびくびくしている」との石原氏の発言を引用しつつ、「これを機に、野田政権は尖閣諸島の国有化を真剣に検討すべきだ」「国であれ、自治体であれ、尖閣諸島が公有化されることは、そこに日本の主権が及んでいることをより明確にする重要な意義がある」などと説く。

 結局、各紙の論調に投影されているのは、中国との向き合い方についての見解の違いだ。

 日経は「中国と領有権争いを抱えている印象を世界に広めるのは得策ではない」との判断に立ち、朝日、毎日、東京の論調には「無用な摩擦は互いの国益を害する」(毎日)といった考えがにじむ。

 これに対し産経は「中国が尖閣奪取を狙っていることは明白」との認識を示したうえで、「中国との事なかれ主義外交を続けてきた歴代自民党政権の責任も大きい」と直言した。

 さらに尖閣の公有化に加えて有人化も急務だとし、漁業中継基地の設置や海底資源調査の研究所設立と自衛隊常駐などの具体的対応が「主権国家として当たり前」だと強調
                  
―――――――――
(以上、引用部分)



Ameba : MSN産経ニュース [ 【社説検証】 都の尖閣「購入」構想 2012.4.30 10:37 (1/2ページ)[尖閣諸島問題] ]




 尖閣諸島について、私は下記のような事実を学び、また、推測を記す。

 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国が領有し、日本国の領土に編入した。

 明治政府が、尖閣諸島を日本国の領土に編入する前に、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。

 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時的に沖縄の一部として米国の施政下に入るが、1971年6月に沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)により、沖縄と共に返還される。

 尖閣諸島が米国から日本に返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日に、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連に提出したことにより、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月に、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する。(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は現在も変わらず行われているが、常任理事国の入れ替え当時における両国の領有権主張において、領有権問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も中国と台湾にあった。台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様に欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない。)

 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の属国(同盟国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と、(1971年当時)米国は思ったに違いない。

 同盟国である日本国の領土を自国の領土と主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持ったのかもしれない。その疑念の中に、「台湾が、国連を崩壊することを目的として行動する国、または団体と交流していた。」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。

 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的として行動する国、団体とは何処だろうか。

 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。

 三合会とは、18世紀の清(中国)において、反清朝運動を行った秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値等をあてはめたりするような暗号を用いながら、活動を行っていた団体だという。

 そして、その三合会の後身団体としては、19世紀に、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)

 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その団体員等が、最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するために、日本国等の銀行系保証会社等の取締役に就任した上、経営に従事しているとしたら・・・その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、今後領有権の確実化することが期待される「北方四島」に対する(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配及び、領有権主張に伴う威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」
 「竹島は日本固有の領土です」
 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を、三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)に唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。

 今日(2012年4月30日)、石原都知事の「尖閣諸島を東京都が購入する構想」に対しての、新聞各社の捉え方を記述する、ニュース記事がありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)





(当方ブログ記事[引用文掲載ブログ記事含む]における注意点:国会議員等の名前等に関しては、ニュース報道当時の、役職名、通称名等が掲載されております。ご了承下さい。)




 2011年6月30日のニュースで、同年6月29日午前6時45分頃、台湾の漁船「大發(だいはつ)268」(「世界華人保釣連盟」の活動家[尖閣諸島における、台湾の領有権を主張]二人が乗船)は、尖閣諸島沖である日本の接続水域を航行した。という記事がありました。( ←Click ニュース参照 )

 この、「世界華人保釣連盟」の活動家が、台湾漁船に乗船した上、尖閣諸島の領有権を主張しようと試みる様相の推測されるニュース報道記事を読み、「尖閣諸島問題」について考察してみた。その考察の過程に、(現在与党の)民主党所属の参院議員である蓮舫首相補佐官の経歴等が包含される。その考察(推測)は、こうである。

 蓮舫首相補佐官は、中国国民党の地下工作員(漢奸)を祖母[父方]にもつこと等から推測すると、台湾系テロリスト(麻薬密売取引による収益から、工作費用を捻出)と親密な交流があるのかもしれない(民主党[日本]の票田育成に帰化人及び帰化予定者の後援は欠かせないはずだ)。そして、2011年3月3日に週刊誌の記事より発覚した、蓮舫首相補佐官(の政治団体)は覚せい剤所持者(有罪判決:会社経営者)から献金を受領していたという情報や、2010年4月24日に、台湾国籍の覚せい剤所持者二人が、富山空港で逮捕されている事件(2010年5月14日報道)等からも、蓮舫首相補佐官及び後援会は、(元中国国民党員の流れを組む)台湾マフィア、中国マフィア、韓国マフィア、不法占有華僑(公序良俗に反する代物弁済を主張する華僑)等と、「一蓮托生」を伴う関係であるのではないかという疑いも、微塵に派生するのではないか。また、尖閣諸島に侵攻しようと試みた「世界華人保釣連盟」(台湾漁船に乗船していた活動家が所属)と、蓮舫首相補佐官だけでなく、民主党(日本)までも各種収支報告書に計上されない債権債務において親密な関係であるとしたら・・・内乱予備計画(帰化人・特別永住者・海外テロ集団合同の内乱により主権者削減)・・・これは考えすぎかもしれないが・・・








にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

MSN産経ニュース : 【社説検証】 都の尖閣「購入」構想 2012.4.30 10:37 (1/2ページ)[尖閣諸島問題] : (URL: http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120430/plc12043010380002-n1.htm  ) より引用しました。 (2012年4月30日のニュースです)



(以下、引用部分)

―――――――――


【社説検証】
都の尖閣「購入」構想
2012.4.30 10:37 (1/2ページ)[尖閣諸島問題]


 〔中略〕 石原慎太郎知事が米国での講演で、日本固有の領土なのに中国公船の領海侵犯などが続く沖縄・尖閣諸島を都が購入する構想を明らかにした。 〔中略〕 。


 産経は唯一「尖閣諸島を守り、実効統治を強化していくための有効な提案だ。国を挙げて支持したい」と明快に賛同した。読売も「石原氏が、国の領土保全のあり方に重要な一石を投じた」と肯定評価する。

 〔中略〕 。


 石原構想の背景について、産経は「中国に対する危機意識と、日本政府の腰の引けた対中姿勢への憤りといらだちがうかがえる」とし、読売は「領土問題への関心が薄い民主党政権に意識改革を促す意図もあるのだろう」と論評している。


 これに対し他の4紙は、都が前面に出るのは「筋違い」(毎日、日経)ととらえ、「都民の税金は暮らしのために使ってほしい」(東京)と論じた。


 同様に税金を使うことを批判した朝日は「そもそもこれは東京都の仕事ではない」と指摘し、「自治体の長の石原氏に、領土が絡む問題を解決する手だてはない。政府の外交に悪影響を与えることを承知で大風呂敷を広げるのは、無責任としかいいようがない」と辛辣(しんらつ)だ。


 個人の所有は望ましくないが都が保有すればすむ問題でもない-と論ずる日経は「主権を脅かされないよう国が尖閣諸島を所有し、責任を持って守るのが筋である」と主張する。毎日は「東京都が島を買って『独自外交』を進めることは、自治体ののりを越える」と石原氏の手法に苦言を呈した。


 本来は国が担うべき問題との認識は産経も共有している。

―――――――――
(以上、引用部分)


Ameba : MSN産経ニュース [ 【社説検証】 都の尖閣「購入」構想 2012.4.30 10:37 (2/2ページ)[尖閣諸島問題] ]





 尖閣諸島について、私は下記のような事実を学び、また、推測を記す。


 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国が領有し、日本国の領土に編入した。


 明治政府が、尖閣諸島を日本国の領土に編入する前に、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。


 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時的に沖縄の一部として米国の施政下に入るが、1971年6月に沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)により、沖縄と共に返還される。


 尖閣諸島が米国から日本に返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日に、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連に提出したことにより、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月に、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する。(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は現在も変わらず行われているが、常任理事国の入れ替え当時における両国の領有権主張において、領有権問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も中国と台湾にあった。台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様に欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない。)


 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の属国(同盟国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と、(1971年当時)米国は思ったに違いない。


 同盟国である日本国の領土を自国の領土と主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持ったのかもしれない。その疑念の中に、「台湾が、国連を崩壊することを目的として行動する国、または団体と交流していた。」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。


 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的として行動する国、団体とは何処だろうか。


 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。


 三合会とは、18世紀の清(中国)において、反清朝運動を行った秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値等をあてはめたりするような暗号を用いながら、活動を行っていた団体だという。


 そして、その三合会の後身団体としては、19世紀に、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)


 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その団体員等が、最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するために、日本国等の銀行系保証会社等の取締役に就任した上、経営に従事しているとしたら・・・その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、今後領有権の確実化することが期待される「北方四島」に対する(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配及び、領有権主張に伴う威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」
 「竹島は日本固有の領土です」
 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を、三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)に唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。


 今日(2012年4月30日)、石原都知事の「尖閣諸島を東京都が購入する構想」に対しての、新聞各社の捉え方を記述する、ニュース記事がありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)






(当方ブログ記事[引用文掲載ブログ記事含む]における注意点:国会議員等の名前等に関しては、ニュース報道当時の、役職名、通称名等が掲載されております。ご了承下さい。)



 2011年6月30日のニュースで、同年6月29日午前6時45分頃、台湾の漁船「大發(だいはつ)268」(「世界華人保釣連盟」の活動家[尖閣諸島における、台湾の領有権を主張]二人が乗船)は、尖閣諸島沖である日本の接続水域を航行した。という記事がありました。 ( ←Click ニュース参照 )


 この、「世界華人保釣連盟」の活動家が、台湾漁船に乗船した上、尖閣諸島の領有権を主張しようと試みる様相の推測されるニュース報道記事を読み、「尖閣諸島問題」について考察してみた。その考察の過程に、(現在与党の)民主党所属の参院議員である蓮舫首相補佐官の経歴等が包含される。その考察(推測)は、こうである。


 蓮舫首相補佐官は、中国国民党の地下工作員(漢奸)を祖母[父方]にもつこと等から推測すると、台湾系テロリスト(麻薬密売取引による収益から、工作費用を捻出)と親密な交流があるのかもしれない(民主党[日本]の票田育成に帰化人及び帰化予定者の後援は欠かせないはずだ)。そして、2011年3月3日に週刊誌の記事より発覚した、蓮舫首相補佐官(の政治団体)は覚せい剤所持者(有罪判決:会社経営者)から献金を受領していたという情報 や、2010年4月24日に、台湾国籍の覚せい剤所持者二人が、富山空港で逮捕されている事件(2010年5月14日報道)等からも、蓮舫首相補佐官及び後援会は、(元中国国民党員の流れを組む)台湾マフィア、中国マフィア、韓国マフィア、不法占有華僑(公序良俗に反する代物弁済を主張する華僑)等と、「一蓮托生」を伴う関係であるのではないかという疑いも、微塵に派生するのではないか。また、尖閣諸島に侵攻しようと試みた「世界華人保釣連盟」(台湾漁船に乗船していた活動家が所属)と、蓮舫首相補佐官だけでなく、民主党(日本)までも各種収支報告書に計上されない債権債務において親密な関係であるとしたら・・・内乱予備計画(帰化人・特別永住者・海外テロ集団合同の内乱により主権者削減)・・・これは考えすぎかもしれないが・・・







(下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)


【領有権問題】-東京都-台湾-中国・・・そして、与党民主党(日本)-原因は「焦げ付かせて、マネーロンダリング」





にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

GWに一気見したいドラマや漫画
ブログネタ:GWに一気見したいドラマや漫画 参加中


GW中に、 「北の国から」 は・・・・見たくないです。








北海道・札幌市東区北35条東6丁目の設備会社等から出火

(下記URLアドレスをアドレスバーに、コピー&ペーストの上、移動した後、ご覧下さい)

http://www.bousai-news.jp/another_news/13731.html
(防災ニュース [3時間で火事5件、連続放火か 札幌市東区 (北海道) – 日テレNEWS24
2012年04月25日19:23 【その他の情報 , 火災】 ] より)




[GoogleMAP] ストリートビュー [札幌市東区北35条東6丁目 「株式会社 伊藤設備工業」 付近]

http://g.co/maps/bhyws









[楽天市場] 消火器

【北海道】 - 主要駅周辺のホテル - (札幌・旭川・釧路・帯広・函館)




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
UCC、欧州大手コーヒー会社を500億円で買収 欧州市場参入 [2012年4月23日報道]

http://www.logsoku.com/r/poverty/1335193566/
(ログ速 : スレッド名 [ 【コーヒー】UCC、欧州大手コーヒー会社を買収し世界第3位に] よりリンク)









コーヒーで思い出したのですが、多くの企業内に設置されている、

ユニマットのカップコーヒー自販機。

この 「ユニマット」 という企業は、債権回収業と関係がある。という噂を過去に聞いたことがあります。

(今、wikiで調べてみると、 「ユニマットHD」 は、オーナー及び親族 (親類) が株式を保有する持株会社 (資産管理会社) であり、 「ユニマットライフ」 は、オフィスコーヒーサービス事業を手がけている。という旨が掲載されていました)

そして、UCCの買収する、 「ユナイテッドコーヒー」 の本社が所在するスイスは、UNHCR (国際連合難民高等弁務官事務所) の所在する国ですよね。永世中立国でもあります。

そして、北朝鮮の事実上の最高指導者が長期滞在していたところでもあります・・・スイスは。



「朝鮮総連」 は破壊活動防止法に基づく調査対象団体です。注意しましょう。

[楽天市場] 「コーヒー」 検索結果一覧




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
パキスタン機、住宅地に墜落 約130人全員死亡か [2012年4月21日報道]

(ニュース詳細は、下記URLリンクをクリックの上、ご覧下さい)

http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news/1334941530/l50
(2ちゃんねる スレッド名 [ 「火の玉が向かってきた」 パキスタン機、住宅地に墜落 約130人全員死亡か] よりリンク)




アメリカとパキスタンの首脳会談が3月27日にソウルで行われた際、アメリカ側は 「互いの主権を尊重するように両国関係のバランスを確立していきたいと強調した。」 という報道も2012年3月29日にあった。

もし、この首脳会談の開催されたソウル (韓国) に、中国、北朝鮮や中東及び 「東アジア共同体構想」 を誤謬して捉えている団体員等が現存した場合、彼らは、アメリカとパキスタンの歩み寄りに嫌悪感を抱くだろうと推測する。

こんなニュースもあった。 (下記、ニュース記事引用部分を参照ください)





Yahoo!ニュース [旅客機内で首つり自殺 中国人男性、台北発マカオ行き便で 毎日中国経済 4月5日(木)11時11分配信] (URL:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120405-00000002-xinhua-int) より引用しました。 (2012年4月5日のニュースです)



(以下引用部分)
――――――――

【新華社】中国マカオの司法当局によると、4月4日早朝、マカオ航空の台北発マカオ行き旅客機内のトイレで、中国人男性(51歳)が首をつっているのが見つかり、病院に運ばれたものの死亡が確認された。

同局によると、男性はマカオ空港に着陸後、掃除のためトイレを開けた清掃員により発見された。遺書はなかった。同局では自殺とみて調べている。

――――――――
(以上引用部分)




マカオといえば、北朝鮮の国防委員会第一委員長の実兄が○○の芸能人ファングループと接見したという噂もある。上記ニュース記事の、自殺を行った中国人男性が、(もしも)金賢姫元死刑囚 (1987年11月29日大韓航空機爆破事件の実行犯、もう一人は金勝一:死去) のように航空機爆破、または、航空機を制御不能にする行動 (ハイジャック等) を何者かに命令されていたとしたら・・・今回のパキスタン機墜落は、 「大韓航空機爆破等を計画した団体と関係するのではないか。」 と疑う方々も現存するだろう。




-


(関連ブログ記事等は、下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

金賢姫元死刑囚 鳩山由紀夫前首相の別荘で2泊 来日経費約1938万円




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

MSN産経ニュース : 南シナ海にロシアが“進出” 中国にらみベトナムが接近 2012.4.20 20:27 (1/2ページ) [中国] (URL: http://sankei.jp.msn.com/world/news/120420/asi12042020280001-n1.htm )より引用しました。(2012年4月20日のニュースです)



(以下、引用部分)
―――

ベトナムが、歴史的につながりが深いロシアを“盾”に中国に対抗している。政府はロシア国営ガス会社と、南シナ海の2鉱区を共同開発する。潜水艦の乗組員を訓練のためにロシアに送り込み、軍事技術協力も進めている。中国は共同開発に反発 〔中略〕 。

 共同開発は4月初め、ベトナム国営石油会社ペトロベトナムと、ロシア国営ガス会社ガスプロムの間で合意された。2鉱区は南シナ海の大陸棚にあり、総埋蔵量は天然ガス556億立方メートル、原油2510万トンとみられている。

 ベトナムはすでに、インド国営石油天然ガス公社とカムラン湾沖の鉱区の共同開発を進めている。これと同様に、ロシアとの新たな共同開発は、逼迫(ひっぱく)する電力事情に対応するのみならず、南シナ海の領有権を既成事実化して中国を強く牽制(けんせい)する動きである。

 現に、共同開発の中止を求める中国に対し、ベトナム外務省報道官は 「 〔中略〕 共同開発は、ベトナム領内でのものであり、国際法にも合致している」と正当化した。

―――
(以上、引用部分)

MSN産経ニュース : 南シナ海にロシアが“進出” 中国にらみベトナムが接近 2012.4.20 20:27 (2/2ページ) [Ameba]




・ 私は、2011年のYahoo!ニュース [インド艦船 中国軍から警告か 産経新聞 9月2日(金)7時56分配信] のニュース記事を拝見した上で、以下のように思った。

(当該ニュース詳細は、前記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)



 インドとベトナムは、軍事協力を進めているという旨も掲載されているけれども、中国の反米 (反日、反韓、反ASEANも含む) 感情も影響し、ベトナムは戦争当時 (特に1965年2月7日の北爆を開戦とする、米国と北ベトナムの戦争 WIKI 「ベトナム戦争」 参照) からの、米国との因縁が再発するのではないか。という見方もできるのではないだろうか (ベトナムが、中国の武力行使の伴う領有権主張の圧力や、大きな技術提供と出資を伴う経済的提携への誘惑に負ける可能性もある) 。また、反中デモを拡大させるベトナム国民の心情 (信条) とは裏腹に、ベトナム政府は中国へ懐柔され、インドとの軍事協力や欧米、ASEAN内での関係において不安定となるかもしれない。という憶測も生じる。

‐ (以上)

 

 


・ 私は、上記のニュース記事を拝見したうえで、以下のように思った (詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照して下さい) 。



 ベトナムは、2011年6月の日米安全保障協議委員会 (2プラス2) 開催前の日本より揺れるんじゃないかな・・・世論等が・・・。

 ロシアとアメリカを両天秤にかけながら、中国をけん制する・・・。

 この態度にベトナムが、中国と水面下で通謀及び取引しているような気もする。間違っていたらごめんなさい。

 ベトナム政府はTPPの既存交渉国でしたよね。失礼しました。


 1009年から1028年にかけて、ベトナム李朝の初代皇帝として在位した、 「李公蘊」 (リー・コン・ウァン、廟号:李太祖、諡号:神武皇帝 | 974年3月8日 ‐ 1028年3月31日まで生存) のウィキペディアのページを閲覧。すると、李公蘊の廟号である、李太祖 (リ・タイト) とベトナム李朝の前々王朝であるベトナム丁朝の建国者、 「丁部領」 (ディン・ボ・リン) の諡号である、丁先皇 (ディン・ティエン・ホアン) をベトナムがロシアから購入したミサイル駆逐艦の名称として、2011年8月に命名。という旨も掲載されていました。

 私は、現在のロシアとフランスの国旗は似ている事実と、ベトナムがラオス、カンボジアと共に、過去 「フランス領インドシナ」 (フランス領インドシナには、南シナ海の南海諸島も含まれていた) だったことなども含めて考えると、ベトナムとロシアの接近は、 「フランスの太平洋政策」 の一部を反映したものなのではないだろうか。と思いました。

‐(以上)
 

 


・ こちらも、フランスの事などについて記載した日記です。宜しかったら、ご覧下さい。

高速バス8月の新基準 - 貸し切りバス事業者 撤退相次ぐ [2013年6月30日報道]-Ameba-








(関連ブログ記事等は、下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

[南シナ海] 中国の埋め立て 「深刻な懸念」 = ASEAN首脳会議声明 [2015年4月28日報道] 注目

「尖閣諸島は日本固有の領土です」

「北方領土 (北方四島) 」 について

[楽天トラベル] 東南アジア




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース : 南シナ海にロシアが“進出” 中国にらみベトナムが接近 2012.4.20 20:27 (2/2ページ) [中国] (URL: http://sankei.jp.msn.com/world/news/120420/asi12042020280001-n2.htm )より引用しました。(2012年4月20日のニュースです)



(以下、引用部分)
―――

 ベトナムとロシアとの協力は、装備調達や技術協力など軍事面でも著しい。海洋での覇権を拡大する中国に対処するためキロ級潜水艦636MVを6隻、ロシアから購入する計画のベトナム政府は今月17日、国営メディアを通じ、多数の潜水艦乗組員をロシアに派遣、 〔中略〕 。

 こうした事実をベトナム政府が公表することは極めて異例で、それ自体に中国を牽制する狙いがあるものとみられる。

 また、沖合に南沙(英語名スプラトリー)諸島を望む中部ニャチャンでは、ベトナムとロシアの国防当局者の協議が17~20日まで開かれ、 〔中略〕 。

 中国に対抗し、安全保障分野で「全方位政策」を強化しているベトナムは、23日から中部ダナンで米海軍との合同軍事演習を実施、米第7艦隊の旗艦であるUSSブルー・リッジ(揚陸指揮艦)も参加する。中露も22~27日、米国などをにらみ、黄海で合同軍事演習を実施する予定

―――
(以上、引用部分)

MSN産経ニュース : 南シナ海にロシアが“進出” 中国にらみベトナムが接近 2012.4.20 20:27 (1/2ページ) [Ameba]




・ 私は、2011年のYahoo!ニュース [インド艦船 中国軍から警告か 産経新聞 9月2日(金)7時56分配信] のニュース記事を拝見した上で、以下のように思った。

(当該ニュース詳細は、前記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)



 インドとベトナムは、軍事協力を進めているという旨も掲載されているけれども、中国の反米 (反日、反韓、反ASEANも含む) 感情も影響し、ベトナムは戦争当時 (特に1965年2月7日の北爆を開戦とする、米国と北ベトナムの戦争 WIKI 「ベトナム戦争」 参照) からの、米国との因縁が再発するのではないか。という見方もできるのではないだろうか (ベトナムが、中国の武力行使の伴う領有権主張の圧力や、大きな技術提供と出資を伴う経済的提携への誘惑に負ける可能性もある) 。また、反中デモを拡大させるベトナム国民の心情 (信条) とは裏腹に、ベトナム政府は中国へ懐柔され、インドとの軍事協力や欧米、ASEAN内での関係において不安定となるかもしれない。という憶測も生じる。

‐ (以上)




・ 私は、上記のニュース記事を拝見したうえで、以下のように思った (詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照して下さい) 。




 ベトナムは、2011年6月の日米安全保障協議委員会 (2プラス2) 開催前の日本より揺れるんじゃないかな・・・世論等が・・・。

 ロシアとアメリカを両天秤にかけながら、中国をけん制する・・・。

 この態度にベトナムが、中国と水面下で通謀及び取引しているような気もする。間違っていたらごめんなさい。

 ベトナム政府はTPPの既存交渉国でしたよね。失礼しました。


 1009年から1028年にかけて、ベトナム李朝の初代皇帝として在位した、 「李公蘊」 (リー・コン・ウァン、廟号:李太祖、諡号:神武皇帝 | 974年3月8日 ‐ 1028年3月31日まで生存) のウィキペディアのページを閲覧。すると、李公蘊の廟号である、李太祖 (リ・タイト) とベトナム李朝の前々王朝であるベトナム丁朝の建国者、 「丁部領」 (ディン・ボ・リン) の諡号である、丁先皇 (ディン・ティエン・ホアン) をベトナムがロシアから購入したミサイル駆逐艦の名称として、2011年8月に命名。という旨も掲載されていました。

 私は、現在のロシアとフランスの国旗は似ている事実と、ベトナムがラオス、カンボジアと共に、過去 「フランス領インドシナ」 (フランス領インドシナには、南シナ海の南海諸島も含まれていた) だったことなども含めて考えると、ベトナムとロシアの接近は、 「フランスの太平洋政策」 の一部を反映したものなのではないだろうか。と思いました。

‐(以上)




・ こちらも、フランスの事などについて記載した日記です。宜しかったら、ご覧下さい。

高速バス8月の新基準 - 貸し切りバス事業者 撤退相次ぐ [2013年6月30日報道] -Ameba-









「尖閣諸島は日本固有の領土です」

「北方領土 (北方四島) 」 について

[楽天トラベル] 東南アジア




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ウソつくの上手?下手? ブログネタ:ウソつくの上手?下手? 参加中





私は、うそをつくことが・・・下手だと思います。



このニュースは事実だそうです。


(下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)



[韓国]-北朝鮮全域を射程に収める新型巡航ミサイルを実戦配備 [2012年4月19日]



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース : 北朝鮮攻撃も 「すべての範疇の方策講じている」米太平洋軍司令官

2012.4.17 20:12 [米国] (URL : http://sankei.jp.msn.com/world/news/120417/kor12041720130005-n1.htm )より引用しました。 (2012年4月17日のニュースです)



(以下、引用部分)


北朝鮮攻撃も 「すべての範疇の方策講じている」米太平洋軍司令官
2012.4.17 20:12 [米国]

 【ソウル=加藤達也】日本を含む東アジアなどの米軍を統括する米太平洋軍のロックリア司令官が17日、ソウルの米韓連合司軍令部で記者会見し、北朝鮮が核実験を強行する場合、「(精密攻撃を含む)すべての範疇(はんちゆう)の対応方策を講じている」と述べた。韓国のYTNテレビが報じた。
 北朝鮮の長距離弾道ミサイル発射を受け米政府は、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会に北朝鮮企業の資産凍結を提案するなど厳しい姿勢を見せており、北朝鮮有事への対応に責任を持つ米軍指揮官として軍事的選択肢を排除しないことで北朝鮮を牽制(けんせい)したものとみられる。
 司令官はまた「核実験を含む北朝鮮の追加挑発の可能性に注目し、準備している」とし、15日の軍事パレードで初公開した、新型とみられるミサイルについても実戦配備の可能性を監視する考えを示した。


(以上、引用部分)




 朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は、アメリカ合衆国大統領ジョージ・W・ブッシュが、2002年1月20日の一般教書演説における、「悪の枢軸発言」において名指しされた国である(他はイラン、イラク)。過去にはアメリカ合衆国国務省が毎年発表している年次報告書「Patterns of Global Terrorism」で指定される、「State-sponsored Terrorism(国家が支援するテロ)」を行っているとされる国として、テロ支援国家に選ばれていた。(2008年10月11日[ET]に解除された)

 私は、2009年に幻冬舎発行の「朝鮮半島 最後の陰謀」(李鍾植[イ・ジョンシク]著)という本を読んだ。核保有国及びテロ支援国家の疑いのある、朝鮮民主主義人民共和国(以後、“北朝鮮”と略す)の、テロ支援国家指定解除後のことである。

 この「朝鮮半島 最後の陰謀」という本は、「北朝鮮の脅威」がいくつも記述されていた。

 その中でも「北朝鮮工作員が、日本崩壊のためにオウム真理教を利用し、地下鉄サリン事件を決行した。」という著者の推測を読み、工作資金などの流れにおいては、「朝鮮総連(在日本朝鮮人総聯合会)」から「創価学会」に経由して「北朝鮮工作員」に渡っていた(マネーロンダリングされていた)のではないか。と、私も推測した。

 そして、パチンコ、パチスロ等関連企業の利益剰余金及び所得隠し等により派生する裏金(水増し発注し、買掛金支払い後、発注を修正の上、[発注会社の]ダミー会社へ修正のために過剰とされた買掛金の一部を受注会社に送金させ、それを担保にした借入金等)を北朝鮮工作員等に貸付たり、または、性風俗関連特殊営業として申請しなければならない形態の営業店舗を、無届で営んでいる者(管理売春斡旋)や従業員に、諜報活動を伴う違法行為(詐欺、振り込め詐欺、保険金詐欺、個人情報売却、美人局、リストラ工作、融資詐欺)などを行わせるための資金を提供していたのではないか。それも、「不法原因給付」として。公正証書における親族以外の第三者受取保険金の相殺金であると偽って留保、担保、受取人以外への送金(政治団体への献金、及び総連・民団[在日本大韓民国民団]等関係者経由での献金等)を行っていた場合も考えられる。

 諜報活動を伴う違法行為により派生した利益を、中国・韓国・台湾経由で「北朝鮮」に送金していた。送金は「北朝鮮」の「軍備拡大」「麻薬密売」「(中国との相互運用における)対米・対韓・対日テロ」等の資金になっているのかもしれない。そしてもう一つ考察が可能だ。それは、諜報活動を伴う違法行為により派生した利益を、「創価学会」などの在日新興宗教団体に「お布施」として送金していた。または、違法行為の際に収集した個人情報等を在日新興宗教団体の一部の幹部に知らせていたのではないだろうか。その収集された個人情報を受け入れることは、政治団体や新興宗教団体が個人情報保護法における罰則の適用外であることを認識した上で、未だ気付いていない被害者等を対象に(死に至らしめる確立が大きくなるような)、集団(地方公共団体も含む)による嫌がらせを新興宗教団体等は行った。

 たとえば、利害関係人以外(新興宗教団体信者集団)により施される、遺言執行人や処分権が喪失している相続人に対する、談合強要における保険金執行遅延要請等の経済的困窮状態を強いる圧力や、制限行為能力者等を援用したプライバシーの侵害等の精神的圧迫を保険金受取予定者等に強いる圧力、または、就職妨害、就労妨害を保険金受取予定者等に行い、経済的困窮状態を継続させた後、融資を行う傍ら、法律軽視の促進や融資元の思想や主義主張(新興宗教団体教義)の強要及び洗脳(たとえば、「私達からお金を借りたら、民法における過失責任の原則はない。この融資は連帯債務である。多く保険金を受領するものは悪であり、レーニン・マルクス主義者らに暗殺される。」等)を施した上、圧力を掛けるのかもしれない。これらの問題を大きく蓋然的に利用しようとして、パナマのノリエガ将軍と麻薬取引における利益を運用した宗教家や政治家が現存したという噂さえある。

 もし、前記した推測は真実に近いのならば、非核三大原則が国是(方針)である日本国において、核保有国(他国)の核ミサイル等を自己(政治団体、新興宗教団体、民団、総連、赤軍、民主党[日本]サポーター等の在日グループ、企業等集合体及びその主宰等)の優越感を伴う総体的生活を持続させる道具として、または、自己の何某かの違法行為を隠蔽するために、違法行為により裁かれ公表された事実を払拭した上、皆無及び(生存者全てに)忘却させる為に、何某を援用する。または何某から援用される方々が、日本国を民主主義から遠ざけ、国民主権や倫理を破壊し、日本国に限らず世界の「過去、現在、未来」という時間、空間、肉体的な目では認識できない巷間における非科学的な事象から派生する真理から哲学まで、全てを掌握可能な「神」と銘打つ「独裁者」になろうとしているのかもしれない。


 そして、「独裁者」の道具であり、多くの人間を死に至らしめることは万人において常識的認識に至っている「核ミサイル、核兵器」を保有する北朝鮮。その北朝鮮が核実験を強行した場合に際して、米太平洋軍司令官が「すべての範疇の対応方策を講じている」と言及した。という旨のニュース報道が今日(2012年4月17日)ありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照下さい)









(私のニュース記事拝読後のひとこと)


アメリカは北朝鮮に対する、軍事的選択肢を排除しないそうだ。




「朝鮮総連」は破壊活動防止法に基づく調査対象団体です。注意しましょう。




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
民主・仙谷氏 原発全部停止なら 「集団自殺するようなことになる」 [2012年4月16日報道]

(ニュース詳細は、下記URLをクリックの上、ご覧下さい)

http://b.hatena.ne.jp/entry/sankei.jp.msn.com/politics/news/120416/stt12041616170003-n1.htm
(はてなブックマーク [民主・仙谷氏 原発全部停止なら「集団自殺するようなことになる」 - MSN産経ニュース] よりリンク)





今年の夏は猛暑になるのでしょうか・・・



上記リンクニュース記事を読み、私はこう思った。



中国に日本国主権を奪われたなら、10年後に 「日本国民は集団自殺するようになるかもしれない。」 ・・・結果的に、特別永住者と帰化人だけが生き残るのだろうか。







(関連ブログ記事等は、下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

【危険に変化する脅威・・・中国】 -日本人女子学生、男に殴られけが…上海・人民広場付近で [2012年2月26日報道]

民主党 (日本) & 生活の党 (元民主党:日本) 不祥事リスト 「Japan's crisis」

[楽天ブックス厳選集] 「中国の脅威」 に関する書籍




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。