テーマ:
2011年7月18日午前 東京・新宿区歌舞伎町さくら通りで火災が発生。

(下記テキストリンクをクリックの上、ご覧下さい)

2ちゃんねる : スレッド名 [ 【社会】 ホストや若い男女が早朝から騒然 東京・歌舞伎町の火災]







上記映像の火災発生場所付近と思われる場所


大きな地図で見る





生活便利情報満載のお買い物サイトより

[楽天市場] 各種 「タイムセール」 をご紹介します。

東南アジアを旅行するなら ご予約は 【楽天トラベル】より

[楽天] ‐ 住宅関係 カプセル 金庫 ガレージ

[楽天市場] 消火器・発電機




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:





にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
七夕の短冊、3枚もらったら何を書く? ブログネタ:七夕の短冊、3枚もらったら何を書く? 参加中

「宝くじを購入しないで、宝くじの賞金ぐらいのお金が当たりますように」

「私のブログの楽天アフィリエイト成果報酬ポイントが、もし着服横領されているのなら、必ず正当に(着服・横領された分が迅速に)私に付与されますように」

「ブログが常にランキング上位になるくらいに、閲覧されたい」


【速報】江沢民前国家主席の死亡報道は「誤り」(7月7日夜のニュース)
http://plaza.rakuten.co.jp/idaten30/diary/201107080006/



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

MSN産経ニュース[江沢民前国家主席が死去 今後の日中関係にも影響か
2011.7.7 09:43 ](URLhttp://sankei.jp.msn.com/world/news/110707/chn11070709430005-n1.htm  )

より引用しました。(2011年7月7日のニュースです)




(以下、引用部分)

――


江沢民前国家主席が死去 今後の日中関係にも影響か
2011.7.7 09:43

中国の江沢民前国家主席が6日夕、北京で死去したことが7日分かった。日中関係筋が明らかにした。84歳だった。遺体は北京市内 〔中略〕 に安置されていると見られる。関係者は「脳死」と話している。


――

(以上、引用部分)





 尖閣諸島について、私は下記のような事実を学び、また、推測を記す。

 尖閣諸島は、日本政府(当時の明治政府)が1895年(明治28年)、正式に「尖閣諸島は日本固有の領土」として、日本国が領有し、日本国の領土に編入した。


 明治政府が、尖閣諸島を日本国の領土に編入する前に、尖閣諸島は「清朝(中国)の支配下には含まれない」「無人島である」ということを確認し、当時の内閣において、閣議決定したそうだ。


 戦後1951年のサンフランシスコ講和条約によって、尖閣諸島は一時的に沖縄の一部として米国の施政下に入るが、1971年6月に沖縄返還協定(1971年6月17日 調印、1972年5月15日 発効)により、沖縄と共に返還される。


 尖閣諸島が米国から日本に返還される前の1971年4月、台湾は公式に尖閣諸島の領有権を主張している。しかし、1971年10月25日に、中華人民共和国の友好国である、アルバニアが「アルバニア決議案」(中国を常任理事国にし、中華民国は国連から追放したいという案。23カ国の共同提案であった)を国連に提出したことにより、台湾(中華民国)は国連の常任理事国を中国に譲る結果となる。そして、1971年12月に、中国(中華人民共和国)が尖閣諸島の領有権を主張する。(当時の両国[中国・台湾]の領有権主張は現在も変わらず行われているが、常任理事国の入れ替え当時における両国の領有権主張において、領有権問題の平和的な解決を難解にし、日本と世界各国を欺くような談合も中国と台湾にあった。台湾は資本主義国[民主主義国]であるのに、中国と同様に欧米・民主主義[過去の列強国]を蔑む思想が未だあるのかもしれない。)


 台湾が尖閣諸島の領有権を主張したことは、「アルバニア決議案」を招き寄せたとする学説もあるらしい。その学説の一部を推測すると、日本国は「ポツダム宣言」において、米国の属国(同盟国)である。その同盟国である日本国の領土(尖閣諸島)に対し、領有権を主張するのは心外だ。と、(1971年当時)米国は思ったに違いない。


 同盟国である日本国の領土を自国の領土と主張する台湾に対し、米国は勿論のこと、ロシア(当時のソ連)、イギリス、フランスを含めた4つの常任理事国が疑念を持ったのかもしれない。その疑念の中に、「台湾が、国連を崩壊することを目的として行動する国、または団体と交流していた。」という事実がある。という情報もあっただろうと思う。


 もし、その情報が真実であった場合、台湾の交流していた、国連を崩壊することを目的として行動する国、団体とは何処だろうか。


 私の推測に似た、インスピレーションを述べるとしたら、その団体は・・・・三合会である。


 三合会とは、18世紀の清(中国)において、反清朝運動を行った秘密結社であり、入会者等へ請求する金銭の額に、天文学的なこと(歳差運動)を意識させる数値等をあてはめたりするような暗号を用いながら、活動を行っていた団体だという。


 そして、その三合会の後身団体としては、19世紀に、清朝と対立するために形成されたグループ「太平天国」の教組であった、洪秀全の「上帝会」が有名。(グラハム・ハンコック 著/大地舜 訳 『神々の指紋(上)』参照)


 中国や台湾に、未だ「三合会」の教義を受け継ぐ団体も現存し、その団体員等が、最終目標である「日本占領」から「世界征服」を達成するために、日本国等の銀行系保証会社等の取締役に就任した上、経営に従事しているとしたら・・・その三合会の活躍は、日本に領有権のある「尖閣諸島」「竹島」、今後領有権の確実化することが期待される「北方四島」に対する(中国、韓国、ロシアの)不法占拠(実効支配及び、領有権主張に伴う威嚇的な行動)にまで発展したのだろうか。


 「尖閣諸島は日本固有の領土です」

 「竹島は日本固有の領土です」

 「北方四島は(将来的に)日本固有(または、日本国と韓国の共有)の領土です」


 この三つの事実を、三合会は、関連する人員(特別永住者や帰化人、債権・債務者等)に唱えるように強制しながら、日本占領を目論むようなテクニックを持っているのかもしれない。


 三合会という秘密結社と、それを援用していると思われる中国に、暫し脅威を感じていた今日 (2011年7月7日) 、中国の江沢民前国家主席は6日夕、北京で死去したことが7日分かった。という旨のニュースがありました。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)





[注目]

江沢民氏死去は誤報でした。


http://logsoku.com/thread/yuzuru.2ch.net/liveplus/1323074816/

(ログ速 ニュース実況+スレッド名:江沢民氏死去誤報で香港TV局に制裁金30万香港ドル(約300万円) [12/05] よりリンク)









中国旅行(帰国)便利サイト-(北京・上海・香港・・・etc.)



[国際電話カード]-[レート計算機能付・電卓]




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。