テーマ:
MSN産経ニュース[【放射能漏れ】米非公式に原発管理全面支援を打診 官邸は返答せず“主導権”に警戒感? 2011.3.30 23:59 (1/2ページ)(2/2ページ)] 

([1/2ページ]URL:http://sankei.jp.msn.com/world/news/110331/amr11033100040000-n1.htm [2/2ページ]URL:http://sankei.jp.msn.com/world/news/110331/amr11033100040000-n2.htm )より引用しました。(2011年3月30日のニュース報道です)



[引用部分1]

(以下、引用部分1)
―――――――――

【放射能漏れ】
米非公式に原発管理全面支援を打診 官邸は返答せず“主導権”に警戒感?
2011.3.30 23:59 (1/2ページ)

 〔中略〕 福島第1原発の事故発生からまもなく、米政府が非公式に、原子炉冷却を含む原発の制御に全面的に協力すると日本政府に申し入れていたことが日米外交筋の話で分かった。日本政府と東京電力の初期対応に対する不信から、原発の被害封じ込めを米側が主導しようという事実上の意思表示となったが、日本側からの返事はなかったという。
 〔中略〕 3月中旬、複数の米政府関係者が、原子炉の冷却と事故後の福島第1原発の被害管理に関する全面的な支援を非公式に日本側に申し入れてきた。
 申し入れは外交ルートを通じて日本政府に伝えられたが、首相官邸から米政府への返事はなかったという。その背景について同筋は「原発事故管理の“主導権”が米側に移ることに日本政府が抱いた警戒感があった」と指摘している。

―――――――――
(以上、引用部分1)




[引用部分2]

(以下、引用部分2)
―――――――――

【放射能漏れ】
米非公式に原発管理全面支援を打診 官邸は返答せず“主導権”に警戒感?
2011.3.30 23:59 (2/2ページ)

 原子炉の冷却をめぐっては実際、 〔中略〕 公の席で「日本に冷却剤を空輸した」と発言し、その後国務省が否定した経緯がある。
 枝野幸男官房長官は18日、「米政府が原子炉冷却に関する技術的支援を申し入れたのを日本政府が断った」という一部報道に「少なくとも政府、官邸としてそうした事実は全く認識していない」と否定した。

―――――――――
(以上、引用部分2)




日本政府は、何故アメリカの打診を受け入れないのだろうか。尖閣諸島 北方四島 竹島の領有権問題・・・・・「日本は共産圏に100%組み込まれない」と、現在の日本は断言できる立場ではないはずです。

http://plaza.rakuten.co.jp/idaten30/diary/201103310004/
(Yahoo!ニュース[天皇陛下に見舞いの手紙=「日本人の勇気たたえる」―米大統領 時事通信 3月31日(木)18時4分配信]より引用)


http://plaza.rakuten.co.jp/idaten30/diary/201103300001/
(Yahoo!ニュース[福島原発、32キロ離れれば安全=日本政府を全面支援―米原子力委員長 時事通信 3月31日(木)1時30分配信]より引用)








(下記黄色テキストリンクをクリックすると、関連記事のあるWebページのウィンドウが開きます。宜しかったらご覧下さい。)

 2012年4月2日に、東芝、日立製作所、ソニー(3社の子会社)は中小型液晶事業を統合して「ジャパンディスプレイ」を発足した。という旨のニュース報道があった[読売新聞2012年4月4日号(朝刊)経済面9頁を参照]。

 「ジャパンディスプレイ」は、中小型液晶事業における世界市場でのシュア(占有率)が20%となり、首位に立つらしい。

 液晶事業の低迷が見受けられる、シャープの筆頭株主は、台湾の鴻海グループ[鴻海精密工業・鴻準精密工業・FOXCONN(FAR EAST)・Q-Run Holdings]に変わった[3月27日報道]。(以前は、日本生命が筆頭株主)

 このシャープの子会社であり、液晶パネルとモジュール等を生産する「シャープディスプレイプロダクト(SDP)」(堺市)をめぐり、ソニー(SDP株を7%所有)とシャープは、ソニーの追加出資の交渉期限を3月末から半年程度延長することで検討に入った。という旨のニュース報道が3月23日にあった[読売新聞2012年3月23日号(朝刊)を参照]。

 ソニー以外のSDPの出資比率は、シャープ約46.5%、鴻海精密工業(シャープの筆頭株主になった、鴻海グループの一つ)の郭台銘氏が約46.5%である。

 ソニーは、もしかすると、生産液晶パネルのサイズは異なるが「ジャパンディスプレイ」に比重をおくことを視野に入れ、SDPやシャープ、及び台湾進出を失敗したエルピーダメモリ等と関連(関係)した社員を解雇するのだろうと私は考察した。

 (その考察の背景には、このような所感が現存する)

 電子書籍端末販売展開等を米国で成功させたソニーだけに、未だ為替において管理フロート制であり、(世界貿易機関[WTO]において)レアアースの輸出規制を、日・米・欧に提訴されている中国の世界規模の経済的台頭を、けん制したい米国政府及び一部の米企業の気持ちを(ソニーは)蓋然的に受け取っているに違いない。

 中国と台湾は、1992年合意や日本の領土である尖閣諸島の領有権を同様に訴えていること等から、通謀していることは間違いなく、台湾の羅賢哲少将がスパイ容疑で逮捕された事件[2011年2月]や、米国は台湾への新型F16戦闘機の売却を断念したこと[2011年9月(11月には米下院で売却法案可決)]等から、台湾の中国や北朝鮮との関係を一層深めることに対して、欧米をはじめ日本(移譲論派・東アジア共同体構想派は除く)・韓国等は懸念を抱いているのではないかと推測する。

 台湾=中国=変化する脅威・・・・=台湾進出企業及び提携企業=東アジア共同体構想派 ・移譲論派(違法登記予定の日本国内外不動産を担保とした、中国・台湾からの融資を、ASEAN諸国・中東の石油産出国にチャージしていると推測される、資産家及び政治家後援企業等)となることは、民主主義(議会制)を冒涜することであり、刹那主義的な人口削減を生む結果になるのだろう。

 東アジア共同体構想派・移譲論派は、2011年6月の日米安全保障協議委員会(2プラス2)の合意等を理解しないことで、2010年11月に中国メディアが「日本政府に米国のスパイが潜入した」との誤謬を喧伝したこと[2010年11月]における混乱や、東日本大震災直後に、米の非公式原発管理全面支援の打診に対し、首相官邸の迅速な返答、対応を行わず(または何者かが行わせず)、「米主導の震災対応に対し警戒感を示していた」 (上記ニュース記事引用部分を参照して下さい)という疑心暗鬼(被害妄想)による社会主義国家体質及び形成傾向の露呈を招いたということを、深く考えないといけないと思惟する。 




(下記、URLリンクをクリックの上、ご覧下さい)

帰ってくるな中国人![YouTube -日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】-「十年以内に日本を核攻撃」と中国軍トップが発言-民主党の正体[動画2分23秒から「民主党 憲法提言中間報告」]

【-覚醒剤-】蓮舫氏の問責を切望する真相とは?-覚醒剤取締法違反で逮捕されたN氏(元会社経営者)と密会-香港・台湾の「世界華人保釣連盟」が尖閣占領を画策?

【変化する脅威に注意】 仙台で「中国領事館」建設計画-新潟が中国へ5千坪の土地売却

【領土問題】-ロシア「北方領土領有は合法」 ヤルタ協定、国連憲章など論拠に-

【APEC閉幕】-菅首相インタビュー 「(尖閣諸島は)わが国固有の領土であり・・・」

【疑惑】韓国政府の捏造?[楽天トラベル ソウル便あります]part2




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
【リビア空爆】 米英仏、カナダ、イタリアが参加

(ニュース詳細は、下記URLをクリックの上、ご覧下さい。Webページの表示に、時間がかかる場合も御座います。ご了承下さい)

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1300594622/
(2ちゃんねる スレッド名 : 【リビア空爆】作戦名は「オデッセイの夜明け」米英仏、カナダと伊も参加[11/03/20] よりリンク)








にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース[ 【放射能漏れ】枝野氏「5、6号機の冷却、進める努力始めている」 2011.3.16 12:20 ](URL: http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031612220040-n1.htm  )より引用しました。(2011年3月16日のニュース報道です)



(以下、引用部分)
――

【放射能漏れ】
枝野氏「5、6号機の冷却、進める努力始めている」
2011.3.16 12:20

 〔中略〕 、東京電力福島第1原発で停止中の5号機と6号機について「4号機のような状況を生じさせないように冷却を進める努力を始めている」と述べた。

――
(以上、引用部分)




 東北地方太平洋沖地震は、2011年3月11日14時46分に発生しました。私の居住する日本海側も、私の記憶する中で、阪神大震災の時以来の揺れでした。過去、2007年3月25日9時41分(JST)に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した能登半島地震もありましたが、その時は余り揺れを感じなかったような気もします。

 私は、2011年3月11日14時46分の後、パソコンに向かいブログを更新しながら、テレビを見ておりました。津波が名取川近くを飲み込んでゆく映像を見て、非常につらい思いに暮れたのを今になり、思い出します。

 11日の夜は、FMラジオの地震情報や、JRや私鉄などの交通手段が停止したために、首都圏の帰宅困難者向け避難所情報等を聴きながら、ブログを更新したことを思い出します。

 そして、福島第一原子力発電所の緊急停止や、建屋の水素爆発などから、放射能及び放射性物質等の流出の危険性がある。というニュースも、頻繁に報道される中で、外国人の方々の日本脱出、退避のニュースがありました。

 (東北地方太平洋沖地震から2ヶ月が過ぎて)

 福島第一原子力発電所のメルトダウンの最中である2011年5月、[2011年5月21日22時27分頃から発生した、福島第一原発4号機の大量白煙、大量黒煙画像]というWebサイト[NAVER]のユーザーが作成したスクープ記事 (URL: http://matome.naver.jp/odai/2130598485020550601) の公開から始まり、6月3日には[東京電力福島第一原発から約6キロ離れた地区で、3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質も検出されていた]という旨のニュース報道。6月4日には[東京電力福島第一原発の1号機の原子炉建屋1階南東部から湯気が発生し、湯気周囲の放射線量は最高で毎時4000ミリ・シーベルトと測定される]という旨のニュース報道があった。そして、6月12日には[東京電力は、福島原発の1、2号機周辺の地下水から、放射性物質のストロンチウム89、90が検出されたと発表した]という旨のニュース報道があり、記事中には「ストロンチウム90は、体内に入ると骨に蓄積しやすく、内部被曝(ひばく)の恐れがある。」という旨も掲載されていた。  

 私は、放射性物質であるストロンチウム90に限らず、各種放射性物質から放出される放射線の健康影響について、少しだけ調べてみた。(間違ってたらごめんなさい)





放射線の健康影響というのは、「確定的影響」と「確率的影響」に分類されるそうだ。

「確定的影響」とは、比較的高い線量を短時間に受けた場合に、ある線量(閾値)を超えると身体等に現れる現象(影響)であり、100ミリ・シーベルト(mSv)以下の放射線量を受けての身体等への影響は除外される(確定的影響には含まれない)。

確定的影響として挙げられるのは、男性の一時不妊[造精機能障害・特発性造精機能障害等:閾値は0.15グレイ(Gy)、ガンマ線で150ミリ・シーベルト(mSv)相当]や、リンパ球の減少[閾値は0.5グレイ(Gy)、ガンマ線で500ミリ・シーベルト(mSv)相当]等があるそうだ。

「確率的影響」とは、被ばくから一定の期間を経た後に、身体に影響の現れる確率が高くなる、「固形がん」や、「白血病」などを発症することを指すのだそうだ。

(被ばく者が)「がん」等になる確率については、(疫学的手法によるものを基礎とした上、広島や長崎へ投下された原爆による放射線被ばく者の追跡調査の結果も包含されたものとして考察に至った学説として)100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を被ばく者が受けた場合、受けた放射線量(被ばく量)と、確率的影響(固形がん、白血病等)の発生率との間に比例性があると認められている。簡単に述べるならば、100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を受けると、「がん」等になる確率が高くなるということだ。

[記載されているのは、上記、引用ニュース記事報道当時の閾値・放射線量の数値です。今後各種機関等で変更されるかもしれません。ご了承ください]





 もし、何某かの理由で、日本国に放射線を多く流出する事態が起こったとしたら・・・男性の不妊により人口が減少傾向になり、がんや白血病により夭逝する者も増える。結果的に、日本国の主権は脅かされる。まるで、外国人参政権法案可決や中国への移譲、日本への侵攻、日本の売国・麻薬市場化のための、在日、在外外国人等における、工作活動遂行・完了は、債務消滅(中国と関係するテロ組織等からの工作費が、政治家及び後援会等の借入金として計上されていること等を、巷間の主権者等には隠蔽し、工作活動遂行・完了後の報奨金により、隠蔽された債務[借入金]を相殺すること等)の条件として、中国等の「変化する脅威」関係国から提示されている民主党(日本)新興宗教団体のために、何者か(仮定として両団体崇拝者)が放射性物質をばら撒いている。という推測も可能だ。

2011年3月16日、東京電力福島第1原発の5号機と6号(共に停止中)についてのニュース報道があった。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース[【放射能漏れ】 福島第1原発から白煙が噴きあがる 早朝には4号機で火災 2011.3.16 10:45](URL : http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031610220030-n1.htm )より引用しました。(2011年3月16日のニュースです)



(以下、引用部分)


【放射能漏れ】
福島第1原発から白煙が噴きあがる 早朝には4号機で火災
2011.3.16 10:45

 NHKの映像によると、16日午前10時ごろから、東京電力福島第1原発付近で白煙が上がっている。煙は断続的に噴き出している。

 〔中略〕 、白煙は3号機からあがっているとみられ、水蒸気の可能性があるといい、「現場に近づくことができないため、確認できないが、情報収集を急いでいる」と話している。
 福島原発では、この日午前5時45分ごろ、第1原発4号機から炎があがっていることを東電社員が確認。その後、東電は「炎がみえなくなった」としていた。


(以上、引用部分)



 東北地方太平洋沖地震は、2011年3月11日14時46分に発生しました。私の居住する日本海側も、私の記憶する中で、阪神大震災の時以来の揺れでした。過去、2007年3月25日9時41分(JST)に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した能登半島地震もありましたが、その時は余り揺れを感じなかったような気もします。

 私は、2011年3月11日14時46分の後、パソコンに向かいブログを更新しながら、テレビを見ておりました。津波が名取川近くを飲み込んでゆく映像を見て、非常につらい思いに暮れたのを今になり、思い出します。

 11日の夜は、FMラジオの地震情報や、JRや私鉄などの交通手段が停止したために、首都圏の帰宅困難者向け避難所情報等を聴きながら、ブログを更新したことを思い出します。

 そして、福島第一原子力発電所の緊急停止や、建屋の水素爆発などから、放射能及び放射性物質等の流出の危険性がある。というニュースも、頻繁に報道される中で、外国人の方々の日本脱出、退避のニュースがありました。

 (東北地方太平洋沖地震から2ヶ月が過ぎて)

 福島第一原子力発電所のメルトダウンの最中である2011年5月、[2011年5月21日22時27分頃から発生した、福島第一原発4号機の大量白煙、大量黒煙画像]というWebサイト[NAVER]のユーザーが作成したスクープ記事 (URL: http://matome.naver.jp/odai/2130598485020550601) の公開から始まり、6月3日には[東京電力福島第一原発から約6キロ離れた地区で、3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質も検出されていた]という旨のニュース報道。6月4日には[東京電力福島第一原発の1号機の原子炉建屋1階南東部から湯気が発生し、湯気周囲の放射線量は最高で毎時4000ミリ・シーベルトと測定される]という旨のニュース報道があった。そして、6月12日には[東京電力は、福島原発の1、2号機周辺の地下水から、放射性物質のストロンチウム89、90が検出されたと発表した]という旨のニュース報道があり、記事中には「ストロンチウム90は、体内に入ると骨に蓄積しやすく、内部被曝(ひばく)の恐れがある。」という旨も掲載されていた。  

 私は、放射性物質であるストロンチウム90に限らず、各種放射性物質から放出される放射線の健康影響について、少しだけ調べてみた。(間違ってたらごめんなさい)





放射線の健康影響というのは、「確定的影響」と「確率的影響」に分類されるそうだ。

「確定的影響」とは、比較的高い線量を短時間に受けた場合に、ある線量(閾値)を超えると身体等に現れる現象(影響)であり、100ミリ・シーベルト(mSv)以下の放射線量を受けての身体等への影響は除外される(確定的影響には含まれない)。

確定的影響として挙げられるのは、男性の一時不妊[造精機能障害・特発性造精機能障害等:閾値は0.15グレイ(Gy)、ガンマ線で150ミリ・シーベルト(mSv)相当]や、リンパ球の減少[閾値は0.5グレイ(Gy)、ガンマ線で500ミリ・シーベルト(mSv)相当]等があるそうだ。

「確率的影響」とは、被ばくから一定の期間を経た後に、身体に影響の現れる確率が高くなる、「固形がん」や、「白血病」などを発症することを指すのだそうだ。

(被ばく者が)「がん」等になる確率については、(疫学的手法によるものを基礎とした上、広島や長崎へ投下された原爆による放射線被ばく者の追跡調査の結果も包含されたものとして考察に至った学説として)100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を被ばく者が受けた場合、受けた放射線量(被ばく量)と、確率的影響(固形がん、白血病等)の発生率との間に比例性があると認められている。簡単に述べるならば、100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を受けると、「がん」等になる確率が高くなるということだ。

[記載されているのは、上記、引用ニュース記事報道当時の閾値・放射線量の数値です。今後各種機関等で変更されるかもしれません。ご了承ください]





 もし、何某かの理由で、日本国に放射線を多く流出する事態が起こったとしたら・・・男性の不妊により人口が減少傾向になり、がんや白血病により夭逝する者も増える。結果的に、日本国の主権は脅かされる。まるで、外国人参政権法案可決や中国への移譲、日本への侵攻、日本の売国・麻薬市場化のための、在日、在外外国人等における、工作活動遂行・完了は、債務消滅(中国と関係するテロ組織等からの工作費が、政治家及び後援会等の借入金として計上されていること等を、巷間の主権者等には隠蔽し、工作活動遂行・完了後の報奨金により、隠蔽された債務[借入金]を相殺すること等)の条件として、中国等の「変化する脅威」関係国から提示されている民主党(日本)新興宗教団体のために、何者か(仮定として両団体崇拝者)が放射性物質をばら撒いている。という推測も可能だ。

今日(2011年3月16日)、福島第1原発から白煙は噴きあがり、早朝には4号機で火災の発生したことを東電社員が確認した。という旨のニュース報道があった。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)


東北地方太平洋沖地震・地震・津波災害に関する新たな情報等



にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース[【放射能漏れ】 枝野氏会見冒頭発言「ガソリン買い占めに走らないように」(16日午前11時15分~)2011.3.16 12:16 (1/2ページ)](URL : http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110316/plc11031612170010-n1.htm )を[引用部分1]とする、[【放射能漏れ】 枝野氏会見冒頭発言「ガソリン買い占めに走らないように」(16日午前11時15分~)2011.3.16 12:16 (2/2ページ)](URL :http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110316/plc11031612170010-n2.htm )を[引用部分2]とする。(2011年3月16日のニュースです)



[引用部分1]

(以下、引用部分)


【放射能漏れ】
枝野氏会見冒頭発言「ガソリン買い占めに走らないように」(16日午前11時15分~)
2011.3.16 12:16 (1/2ページ)

 枝野幸男官房長官が16日午前11時15分から、首相官邸で東日本大震災に関する記者会見を行った。冒頭発言は以下の通り
 私から2点報告します。うち一つは国民の皆様へのお願いです。被災地はガソリン、軽油、重油など燃料の状況が大変悪化している。この間、燃料を確保して現地に届けるべく最善の努力をしているが、今、最終的な輸送ラインが必ずしもうまくいっていない 〔中略〕 プロセスがあるので、燃料についての買いだめがないようにお願い申し上げます。


(以上、引用部分)



[引用部分2]

(以下、引用部分)


【放射能漏れ】
枝野氏会見冒頭発言「ガソリン買い占めに走らないように」(16日午前11時15分~)
2011.3.16 12:16 (2/2ページ)

 原発については、すでに報道の通り、本日午前8時半前後から福島第1原子力発電所3号機の白煙が認識されている。 〔中略〕 、昨夜の一時期、1000ミリシーベルト(後にマイクロシーベルトと訂正)単位の数値を計測したが、今朝ほどは800~600の数値に落ち着いている。
 正門付近の放射線量が本日の午前10時すぎから急激に上がり、ミリシーベルトの単位に上がった。 〔中略〕 2号機で生じたように格納容器の一部から水蒸気が放出されて、煙があがっている。


(以上、引用部分)




 東北地方太平洋沖地震は、2011年3月11日14時46分に発生しました。私の居住する日本海側も、私の記憶する中で、阪神大震災の時以来の揺れでした。過去、2007年3月25日9時41分(JST)に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した能登半島地震もありましたが、その時は余り揺れを感じなかったような気もします。

 私は、2011年3月11日14時46分の後、パソコンに向かいブログを更新しながら、テレビを見ておりました。津波が名取川近くを飲み込んでゆく映像を見て、非常につらい思いに暮れたのを今になり、思い出します。

 11日の夜は、FMラジオの地震情報や、JRや私鉄などの交通手段が停止したために、首都圏の帰宅困難者向け避難所情報等を聴きながら、ブログを更新したことを思い出します。

 そして、福島第一原子力発電所の緊急停止や、建屋の水素爆発などから、放射能及び放射性物質等の流出の危険性がある。というニュースも、頻繁に報道される中で、外国人の方々の日本脱出、退避のニュースがありました。

 (東北地方太平洋沖地震から2ヶ月が過ぎて)

 福島第一原子力発電所のメルトダウンの最中である2011年5月、[2011年5月21日22時27分頃から発生した、福島第一原発4号機の大量白煙、大量黒煙画像]というWebサイト[NAVER]のユーザーが作成したスクープ記事 (URL: http://matome.naver.jp/odai/2130598485020550601) の公開から始まり、6月3日には[東京電力福島第一原発から約6キロ離れた地区で、3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質も検出されていた]という旨のニュース報道。6月4日には[東京電力福島第一原発の1号機の原子炉建屋1階南東部から湯気が発生し、湯気周囲の放射線量は最高で毎時4000ミリ・シーベルトと測定される]という旨のニュース報道があった。そして、6月12日には[東京電力は、福島原発の1、2号機周辺の地下水から、放射性物質のストロンチウム89、90が検出されたと発表した]という旨のニュース報道があり、記事中には「ストロンチウム90は、体内に入ると骨に蓄積しやすく、内部被曝(ひばく)の恐れがある。」という旨も掲載されていた。  

 私は、放射性物質であるストロンチウム90に限らず、各種放射性物質から放出される放射線の健康影響について、少しだけ調べてみた。(間違ってたらごめんなさい)





放射線の健康影響というのは、「確定的影響」と「確率的影響」に分類されるそうだ。

「確定的影響」とは、比較的高い線量を短時間に受けた場合に、ある線量(閾値)を超えると身体等に現れる現象(影響)であり、100ミリ・シーベルト(mSv)以下の放射線量を受けての身体等への影響は除外される(確定的影響には含まれない)。

確定的影響として挙げられるのは、男性の一時不妊[造精機能障害・特発性造精機能障害等:閾値は0.15グレイ(Gy)、ガンマ線で150ミリ・シーベルト(mSv)相当]や、リンパ球の減少[閾値は0.5グレイ(Gy)、ガンマ線で500ミリ・シーベルト(mSv)相当]等があるそうだ。

「確率的影響」とは、被ばくから一定の期間を経た後に、身体に影響の現れる確率が高くなる、「固形がん」や、「白血病」などを発症することを指すのだそうだ。

(被ばく者が)「がん」等になる確率については、(疫学的手法によるものを基礎とした上、広島や長崎へ投下された原爆による放射線被ばく者の追跡調査の結果も包含されたものとして考察に至った学説として)100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を被ばく者が受けた場合、受けた放射線量(被ばく量)と、確率的影響(固形がん、白血病等)の発生率との間に比例性があると認められている。簡単に述べるならば、100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を受けると、「がん」等になる確率が高くなるということだ。

[記載されているのは、上記、引用ニュース記事報道当時の閾値・放射線量の数値です。今後各種機関等で変更されるかもしれません。ご了承ください]





 もし、何某かの理由で、日本国に放射線を多く流出する事態が起こったとしたら・・・男性の不妊により人口が減少傾向になり、がんや白血病により夭逝する者も増える。結果的に、日本国の主権は脅かされる。まるで、外国人参政権法案可決や中国への移譲、日本への侵攻、日本の売国・麻薬市場化のための、在日、在外外国人等における、工作活動遂行・完了は、債務消滅(中国と関係するテロ組織等からの工作費が、政治家及び後援会等の借入金として計上されていること等を、巷間の主権者等には隠蔽し、工作活動遂行・完了後の報奨金により、隠蔽された債務[借入金]を相殺すること等)の条件として、中国等の「変化する脅威」関係国から提示されている民主党(日本)新興宗教団体のために、何者か(仮定として両団体崇拝者)が放射性物質をばら撒いている。という推測も可能だ。

今日(2011年3月16日)、官房長官が午前11時15分から、首相官邸で東日本大震災に関する記者会見を行った。という旨のニュース報道があった。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)


東北地方太平洋沖地震・地震・津波災害に関する新たな情報等




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース[【放射能漏れ】枝野氏、福島原発3号機「格納容器から水蒸気」 格納容器損傷か 2011.3.16 11:33](URL:http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110316/dst11031611330033-n1.htm )より引用しました。(2011年3月16日のニュースです)



(以下、引用部分)


【放射能漏れ】
枝野氏、福島原発3号機「格納容器から水蒸気」 格納容器損傷か
2011.3.16 11:33

 16日午前8時半ごろ、 〔中略〕 福島第1発電所で、白い煙のようなものが上がっているのが見つかった。 〔中略〕 官房長官は同日11時すぎから会見し、「午前10時すぎから周辺の放射線量が急上昇している。3号機の格納容器の一部から水蒸気が出ているというのが最も可能性が高い」と述べた。同原発の正門付近では同日午前10時10分、1時間あたりの放射線量908マイクロシーベルト(0.908ミリシーベルト)を記録している。

 同原発では15日朝、2号機の格納容器に接続している圧力抑制室付近で爆発があり、一部が破損しているとみられている。


(以上、引用部分)




 東北地方太平洋沖地震は、2011年3月11日14時46分に発生しました。私の居住する日本海側も、私の記憶する中で、阪神大震災の時以来の揺れでした。過去、2007年3月25日9時41分(JST)に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した能登半島地震もありましたが、その時は余り揺れを感じなかったような気もします。

 私は、2011年3月11日14時46分の後、パソコンに向かいブログを更新しながら、テレビを見ておりました。津波が名取川近くを飲み込んでゆく映像を見て、非常につらい思いに暮れたのを今になり、思い出します。

 11日の夜は、FMラジオの地震情報や、JRや私鉄などの交通手段が停止したために、首都圏の帰宅困難者向け避難所情報等を聴きながら、ブログを更新したことを思い出します。

 そして、福島第一原子力発電所の緊急停止や、建屋の水素爆発などから、放射能及び放射性物質等の流出の危険性がある。というニュースも、頻繁に報道される中で、外国人の方々の日本脱出、退避のニュースがありました。

 (東北地方太平洋沖地震から2ヶ月が過ぎて)

 福島第一原子力発電所のメルトダウンの最中である2011年5月、[2011年5月21日22時27分頃から発生した、福島第一原発4号機の大量白煙、大量黒煙画像]というWebサイト[NAVER]のユーザーが作成したスクープ記事 (URL: http://matome.naver.jp/odai/2130598485020550601) の公開から始まり、6月3日には[東京電力福島第一原発から約6キロ離れた地区で、3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質も検出されていた]という旨のニュース報道。6月4日には[東京電力福島第一原発の1号機の原子炉建屋1階南東部から湯気が発生し、湯気周囲の放射線量は最高で毎時4000ミリ・シーベルトと測定される]という旨のニュース報道があった。そして、6月12日には[東京電力は、福島原発の1、2号機周辺の地下水から、放射性物質のストロンチウム89、90が検出されたと発表した]という旨のニュース報道があり、記事中には「ストロンチウム90は、体内に入ると骨に蓄積しやすく、内部被曝(ひばく)の恐れがある。」という旨も掲載されていた。  

 私は、放射性物質であるストロンチウム90に限らず、各種放射性物質から放出される放射線の健康影響について、少しだけ調べてみた。(間違ってたらごめんなさい)





放射線の健康影響というのは、「確定的影響」と「確率的影響」に分類されるそうだ。

「確定的影響」とは、比較的高い線量を短時間に受けた場合に、ある線量(閾値)を超えると身体等に現れる現象(影響)であり、100ミリ・シーベルト(mSv)以下の放射線量を受けての身体等への影響は除外される(確定的影響には含まれない)。

確定的影響として挙げられるのは、男性の一時不妊[造精機能障害・特発性造精機能障害等:閾値は0.15グレイ(Gy)、ガンマ線で150ミリ・シーベルト(mSv)相当]や、リンパ球の減少[閾値は0.5グレイ(Gy)、ガンマ線で500ミリ・シーベルト(mSv)相当]等があるそうだ。

「確率的影響」とは、被ばくから一定の期間を経た後に、身体に影響の現れる確率が高くなる、「固形がん」や、「白血病」などを発症することを指すのだそうだ。

(被ばく者が)「がん」等になる確率については、(疫学的手法によるものを基礎とした上、広島や長崎へ投下された原爆による放射線被ばく者の追跡調査の結果も包含されたものとして考察に至った学説として)100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を被ばく者が受けた場合、受けた放射線量(被ばく量)と、確率的影響(固形がん、白血病等)の発生率との間に比例性があると認められている。簡単に述べるならば、100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を受けると、「がん」等になる確率が高くなるということだ。

[記載されているのは、上記、引用ニュース記事報道当時の閾値・放射線量の数値です。今後各種機関等で変更されるかもしれません。ご了承ください]





 もし、何某かの理由で、日本国に放射線を多く流出する事態が起こったとしたら・・・男性の不妊により人口が減少傾向になり、がんや白血病により夭逝する者も増える。結果的に、日本国の主権は脅かされる。まるで、外国人参政権法案可決や中国への移譲、日本への侵攻、日本の売国・麻薬市場化のための、在日、在外外国人等における、工作活動遂行・完了は、債務消滅(中国と関係するテロ組織等からの工作費が、政治家及び後援会等の借入金として計上されていること等を、巷間の主権者等には隠蔽し、工作活動遂行・完了後の報奨金により、隠蔽された債務[借入金]を相殺すること等)の条件として、中国等の「変化する脅威」関係国から提示されている民主党(日本)新興宗教団体のために、何者か(仮定として両団体崇拝者)が放射性物質をばら撒いている。という推測も可能だ。

[2011年3月16日午前8時半ごろ、東日本大震災で被災した東京電力福島第1発電所で、白い煙のようなものの上昇を確認した。]という旨のニュース報道があった。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース[【放射能漏れ】首相会見全文「放射性物質の漏洩の危険」(15日午前11時頃)2011.3.15 11:35 (1/2ページ) ](URL: http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110315/plc11031511370024-n1.htm  )を引用の上、[引用部分1]とする。[【放射能漏れ】首相会見全文「放射性物質の漏洩の危険」(15日午前11時頃)2011.3.15 11:35 (2/2ページ) ](URL: http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110315/plc11031511370024-n2.htm  )を引用の上、[引用部分2]とする。(2011年3月15日のニュース報道です)




[引用部分1]

(以下、引用部分)
――

【放射能漏れ】
首相会見全文「放射性物質の漏洩の危険」(15日午前11時頃)
2011.3.15 11:35 (1/2ページ)

 菅直人首相が15日午前11時に首相官邸で開いた記者会見 〔中略〕 。
 「 〔中略〕 。福島原発については 〔中略〕 、あらゆる手立てを使って原子炉の冷却に努めてまいりました。しかし1号機、3号機の水素の発生による水素爆発に続き、4号機においても火災が発生し、周囲に漏洩(ろうえい)している放射能、この濃度がかなり高くなっております」
 「今後、さらなる放射性物質の漏洩の危険が高まっております。 〔中略〕 20キロメートル以上、30キロメートルの範囲のみなさんには、今後の原子炉の状況を勘案しますと、外出をしないで自宅や事務所など屋内に待機するようにしていただきたい」

――
(以上、引用部分)



[引用部分2]

(以下、引用部分)
――

【放射能漏れ】
首相会見全文「放射性物質の漏洩の危険」(15日午前11時頃)
2011.3.15 11:35 (2/2ページ)

 「そして、福島第2原子力発電所については、すでに10キロ圏内の避難はほぼ終わっておりますけれども、 〔中略〕 国民の皆様には大変ご心配はおかけいたしますけれども、冷静に行動をしていただくよう心からお願いを申し上げます。 〔中略〕 」

――
(以上、引用部分)




 東北地方太平洋沖地震は、2011年3月11日14時46分に発生しました。私の居住する日本海側も、私の記憶する中で、阪神大震災の時以来の揺れでした。過去、2007年3月25日9時41分(JST)に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した能登半島地震もありましたが、その時は余り揺れを感じなかったような気もします。

 私は、2011年3月11日14時46分の後、パソコンに向かいブログを更新しながら、テレビを見ておりました。津波が名取川近くを飲み込んでゆく映像を見て、非常につらい思いに暮れたのを今になり、思い出します。

 11日の夜は、FMラジオの地震情報や、JRや私鉄などの交通手段が停止したために、首都圏の帰宅困難者向け避難所情報等を聴きながら、ブログを更新したことを思い出します。

 そして、福島第一原子力発電所の緊急停止や、建屋の水素爆発などから、放射能及び放射性物質等の流出の危険性がある。というニュースも、頻繁に報道される中で、外国人の方々の日本脱出、退避のニュースがありました。

 (東北地方太平洋沖地震から2ヶ月が過ぎて)

 福島第一原子力発電所のメルトダウンの最中である2011年5月、[2011年5月21日22時27分頃から発生した、福島第一原発4号機の大量白煙、大量黒煙画像]というWebサイト[NAVER]のユーザーが作成したスクープ記事 (URL: http://matome.naver.jp/odai/2130598485020550601) の公開から始まり、6月3日には[東京電力福島第一原発から約6キロ離れた地区で、3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質も検出されていた]という旨のニュース報道。6月4日には[東京電力福島第一原発の1号機の原子炉建屋1階南東部から湯気が発生し、湯気周囲の放射線量は最高で毎時4000ミリ・シーベルトと測定される]という旨のニュース報道があった。そして、6月12日には[東京電力は、福島原発の1、2号機周辺の地下水から、放射性物質のストロンチウム89、90が検出されたと発表した]という旨のニュース報道があり、記事中には「ストロンチウム90は、体内に入ると骨に蓄積しやすく、内部被曝(ひばく)の恐れがある。」という旨も掲載されていた。  

 私は、放射性物質であるストロンチウム90に限らず、各種放射性物質から放出される放射線の健康影響について、少しだけ調べてみた。(間違ってたらごめんなさい)





放射線の健康影響というのは、「確定的影響」と「確率的影響」に分類されるそうだ。

「確定的影響」とは、比較的高い線量を短時間に受けた場合に、ある線量(閾値)を超えると身体等に現れる現象(影響)であり、100ミリ・シーベルト(mSv)以下の放射線量を受けての身体等への影響は除外される(確定的影響には含まれない)。

確定的影響として挙げられるのは、男性の一時不妊[造精機能障害・特発性造精機能障害等:閾値は0.15グレイ(Gy)、ガンマ線で150ミリ・シーベルト(mSv)相当]や、リンパ球の減少[閾値は0.5グレイ(Gy)、ガンマ線で500ミリ・シーベルト(mSv)相当]等があるそうだ。

「確率的影響」とは、被ばくから一定の期間を経た後に、身体に影響の現れる確率が高くなる、「固形がん」や、「白血病」などを発症することを指すのだそうだ。

(被ばく者が)「がん」等になる確率については、(疫学的手法によるものを基礎とした上、広島や長崎へ投下された原爆による放射線被ばく者の追跡調査の結果も包含されたものとして考察に至った学説として)100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を被ばく者が受けた場合、受けた放射線量(被ばく量)と、確率的影響(固形がん、白血病等)の発生率との間に比例性があると認められている。簡単に述べるならば、100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を受けると、「がん」等になる確率が高くなるということだ。

[記載されているのは、上記、引用ニュース記事報道当時の閾値・放射線量の数値です。今後各種機関等で変更されるかもしれません。ご了承ください]




 もし、何某かの理由で、日本国に放射線を多く流出する事態が起こったとしたら・・・男性の不妊により人口が減少傾向になり、がんや白血病により夭逝する者も増える。結果的に、日本国の主権は脅かされる。まるで、外国人参政権法案可決や中国への移譲、日本への侵攻、日本の売国・麻薬市場化のための、在日、在外外国人等における、工作活動遂行・完了は、債務消滅(中国と関係するテロ組織等からの工作費が、政治家及び後援会等の借入金として計上されていること等を、巷間の主権者等には隠蔽し、工作活動遂行・完了後の報奨金により、隠蔽された債務[借入金]を相殺すること等)の条件として、中国等の「変化する脅威」関係国から提示されている民主党(日本)新興宗教団体のために、何者か(仮定として両団体崇拝者)が放射性物質をばら撒いている。という推測も可能だ。

2011年3月15日午前11時に首相官邸で開いた、首相の記者会見についての、ニュース報道があった。「放射性物質の漏洩の危険」についての言述だった。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
MSN産経ニュース[【放射能漏れ】枝野氏「放射能濃度400ミリシーベルト観測。身体への影響ある」 2011.3.15 11:26 ](URL: http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110315/plc11031511270023-n1.htm )より引用しました。(2011年3月15日のニュース報道です)



(以下、引用部分)
――

【放射能漏れ】
枝野氏「放射能濃度400ミリシーベルト観測。身体への影響ある」
2011.3.15 11:26

 〔中略〕 官房長官は15日午前の記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所での放射能濃度について、午前10時22分時点で、2号機と3号機の間で30ミリシーベルト、3号機周辺で400ミリシーベルト、4号機周辺で100ミリシーベルトが計測されたと発表、「身体に影響を及ぼす可能性のある数値だ」と述べた。
 1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルト。400ミリシーベルトは、1時間で一般人の年間被ばく線量限度の400倍になる。
 財団法人エネルギー総合工学研究所によると、500ミリシーベルトで、末梢血中のリンパ球が減少、1000ミリシーベルトで、10%の人が嘔吐を催す

――
(以上、引用部分)




 東北地方太平洋沖地震は、2011年3月11日14時46分に発生しました。私の居住する日本海側も、私の記憶する中で、阪神大震災の時以来の揺れでした。過去、2007年3月25日9時41分(JST)に石川県輪島市西南西沖40kmの日本海で発生した能登半島地震もありましたが、その時は余り揺れを感じなかったような気もします。

 私は、2011年3月11日14時46分の後、パソコンに向かいブログを更新しながら、テレビを見ておりました。津波が名取川近くを飲み込んでゆく映像を見て、非常につらい思いに暮れたのを今になり、思い出します。

 11日の夜は、FMラジオの地震情報や、JRや私鉄などの交通手段が停止したために、首都圏の帰宅困難者向け避難所情報等を聴きながら、ブログを更新したことを思い出します。

 そして、福島第一原子力発電所の緊急停止や、建屋の水素爆発などから、放射能及び放射性物質等の流出の危険性がある。というニュースも、頻繁に報道される中で、外国人の方々の日本脱出、退避のニュースがありました。

 (東北地方太平洋沖地震から2ヶ月が過ぎて)

 福島第一原子力発電所のメルトダウンの最中である2011年5月、[2011年5月21日22時27分頃から発生した、福島第一原発4号機の大量白煙、大量黒煙画像]というWebサイト[NAVER]のユーザーが作成したスクープ記事 (URL: http://matome.naver.jp/odai/2130598485020550601) の公開から始まり、6月3日には[東京電力福島第一原発から約6キロ離れた地区で、3月12日朝、核燃料が1000度以上の高温になったことを示す放射性物質も検出されていた]という旨のニュース報道。6月4日には[東京電力福島第一原発の1号機の原子炉建屋1階南東部から湯気が発生し、湯気周囲の放射線量は最高で毎時4000ミリ・シーベルトと測定される]という旨のニュース報道があった。そして、6月12日には[東京電力は、福島原発の1、2号機周辺の地下水から、放射性物質のストロンチウム89、90が検出されたと発表した]という旨のニュース報道があり、記事中には「ストロンチウム90は、体内に入ると骨に蓄積しやすく、内部被曝(ひばく)の恐れがある。」という旨も掲載されていた。  

 私は、放射性物質であるストロンチウム90に限らず、各種放射性物質から放出される放射線の健康影響について、少しだけ調べてみた。(間違ってたらごめんなさい)





放射線の健康影響というのは、「確定的影響」と「確率的影響」に分類されるそうだ。

「確定的影響」とは、比較的高い線量を短時間に受けた場合に、ある線量(閾値)を超えると身体等に現れる現象(影響)であり、100ミリ・シーベルト(mSv)以下の放射線量を受けての身体等への影響は除外される(確定的影響には含まれない)。

確定的影響として挙げられるのは、男性の一時不妊[造精機能障害・特発性造精機能障害等:閾値は0.15グレイ(Gy)、ガンマ線で150ミリ・シーベルト(mSv)相当]や、リンパ球の減少[閾値は0.5グレイ(Gy)、ガンマ線で500ミリ・シーベルト(mSv)相当]等があるそうだ。

「確率的影響」とは、被ばくから一定の期間を経た後に、身体に影響の現れる確率が高くなる、「固形がん」や、「白血病」などを発症することを指すのだそうだ。

(被ばく者が)「がん」等になる確率については、(疫学的手法によるものを基礎とした上、広島や長崎へ投下された原爆による放射線被ばく者の追跡調査の結果も包含されたものとして考察に至った学説として)100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を被ばく者が受けた場合、受けた放射線量(被ばく量)と、確率的影響(固形がん、白血病等)の発生率との間に比例性があると認められている。簡単に述べるならば、100ミリ・シーベルト(mSv)を超える放射線量を受けると、「がん」等になる確率が高くなるということだ。

[記載されているのは、上記、引用ニュース記事報道当時の閾値・放射線量の数値です。今後各種機関等で変更されるかもしれません。ご了承ください]





 もし、何某かの理由で、日本国に放射線を多く流出する事態が起こったとしたら・・・男性の不妊により人口が減少傾向になり、がんや白血病により夭逝する者も増える。結果的に、日本国の主権は脅かされる。まるで、外国人参政権法案可決や中国への移譲、日本への侵攻、日本の売国・麻薬市場化のための、在日、在外外国人等における、工作活動遂行・完了は、債務消滅(中国と関係するテロ組織等からの工作費が、政治家及び後援会等の借入金として計上されていること等を、巷間の主権者等には隠蔽し、工作活動遂行・完了後の報奨金により、隠蔽された債務[借入金]を相殺すること等)の条件として、中国等の「変化する脅威」関係国から提示されている民主党(日本)新興宗教団体のために、何者か(仮定として両団体崇拝者)が放射性物質をばら撒いている。という推測も可能だ。

2011年3月15日、東京電力福島第1原発の3号機周辺の放射能濃度観測において、400ミリシーベルトを計測した。という旨のニュース報道があった。(ニュース詳細は、上記ニュース記事引用部分を参照してください)




にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ← ランキング参加中。 「ポチッ」 と宜しく。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

盛岡の百貨店で爆発、男性1人死亡 11人けが[2011年3月14日報道]


(ニュース詳細は、下記URLをクリックの上、ご覧下さい)


http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/morningcoffee/1300062821/

(ログ速:スレッド名[盛岡の百貨店がガス爆発]よりリンク)



「放射性物質漏洩の危険・放射能濃度400ミリシーベルト観測」-首相・官房長官の福島原子力発電所等に対しての会見  ←Click





にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ ←ランキング参加中です。「ポチッ」とヨロシク。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。