2005年04月21日

炭水化物が人体におよぼす影響

テーマ:食事療法

ランニングの終わりでついつい、「ゴール」とひとりくちづさむ。
の、あいでぃ~るがダイエット最新情報を御贈りします。


炭水化物が人体に及ぼす影響です。


炭水化物は・・・

糖分として吸収されエネルギーになり、

脳や体をパワフルに動かしたり、

あまると脂肪にかわったり、

常にあまりすぎると糖尿病になったりと、

薬にも毒にもなるような、人体に大きな影響力をもってます。

今回注目したいキーワードは「インスリン」!

インスリンは脂肪細胞を支配、コントロールしているホルモンです。

炭水化物を食べるとインスリンが出て、脂肪を蓄えろというサインがでます。
そうすると血中の糖分を脂肪に変えて蓄えようとします。

インスリンは、体内の余剰エネルギーを監視しているということですね。

ちなみに、インスリンが反応するのは炭水化物だけで、脂肪をとっても反応せず、
たんぱく質をとってもほとんど反応しません。

と、いうことは炭水化物さえ摂らなければ脂肪を蓄えることはないってことになります。

実際問題とすると、食べていてインスリンが全くでないと言うのはありえないので、
そうはいかないとおもいますが・・・。

そこで考えられたのが、
「低インスリンダイエット」や「リセットダイエット」、「低炭水化物ダイエット」。
というダイエット法なわけですね。

恐らく、食事制限のダイエットの世界では主流中、主流ですよね?
全部インスリンが深く関係している類似品みたいなものだったのです!

全部やっていて、なんとなく気付いていた人も多いのでは?


次回は、「インスリンをコントロールする」をお話します!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

メロメロパーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。