アメブロさん江

テーマ:

 私が復活する前の2006年にはまだこんなに機能がありませんでした。ペタもなかったチェックもなかったメッセージもなかったアメンバーなんてのもなかった。

 復活してみると機能が増えていて使い切れないこともあるけれど、それよりスパム系のあれやこれやにアメブロさんが頑張って闘ってきた様子が分かる。昔はあんまり実力がなかったから、不満も多かったのだけれど、よくやってるじゃないですか。ありがたいですよ。


 で、ですね。敵はコメントやらメッセージやらだと通報されるってことがわかったもんだから手を変えてきたんじゃないか、と思われるアメンバー申請が来ました。記事内容から私の「足元を見た」つもりらしい。そのアイサツにいわく:


 「スポンサーを探してみませんか? http://aho-x.net/sukatan18/ 今すぐお金が必要な方は是非ご利用ください 男性無料」


 だ、そうですよ(上記URLはもちろんウソです)。私にアメンバー申請なんかしても仕方ないです。だってメンバー限定の記事を書かないから。まあいままでは「オフィシャルブログ」でも「アフィリエイト」でも笑って承認してきてあげましたけどね。正直、あほらし。


 闇金の事務所でステキな女若頭(ヅラの)とトキメキの熱い語らいができそうなお誘いがほかの皆様にも行っているものと思われますですよ!


 対処方、よろしく。みんなにメッセージを送るのがいいんじゃないですかね?


 正確な情報はメッセージをいただければ応じます。

AD

二番煎じ

テーマ:

 今度はこういうのが来た。無論、アメブロメッセージです。


==========begin cut==========

突然ごめんなさい
覗いちゃって、気になったのでメッセージ送っちゃいました

できればメールとか普段遊んだりとか、プライベートでも仲良くしてほしいので、もしよかったら連絡もらえたら嬉しいです≧(´▽`)≦
一応連絡先載せておきますので!

ahoahoahoのあとに携帯のauです

もし迷惑だったら無視してもらっていいんですが、ちょこっとだけ期待して待ってます

==========end cut==========


 通報済み。皆さんのとこは来ましたか?

AD

新手

テーマ:

 こういうメッセージがきた↓:


==========begin cut==========

突然のお願いで申し訳ありません。
某有名タレントのマネージャーです。
突然のメールですみませんが‥本人の希望であなたとどうしてもお話したいと‥。
もし宜しければ少しお時間いただけませんか?
最近まではテレビや取材、雑誌の特集などで忙しく、私から見ても精神的に疲れてるようで・・
お恥ずかしい話、私では本人をケアできなくて…ここまで心を閉ざすのは初めてなんです。

急なお願いになりますが、助けてあげてはくれませんか?
実は一緒に本人が求める方を探していたんです。
あなたに何か感じる所があったらしく、メールしておいてくれ、と言われました。

http://ahoahoaho

ここに登録をしてもらってもいいですか?本人からメールをさせます。

私はマネージャーとしてどうにか支えたいと思い、
事務所に内緒で要望に答えてあげようと思ったのですが、
結局は事務所にばれてしまいました。
今、私が出来ることはこれぐらいしかないのです。
このプチメに返信くださっても返せない場合が多いと思います・・・
決して甘くない世界です、ご理解願います。


もちろん、これは私と本人からの一方的なあなたへのお願いになりますので、
色々なご事情で連絡を取って頂くことがご無理であれば仕方ありません。

このままメッセージを削除して頂ければこちらから二度とメッセージを送ることもありませんし、連絡等一切行いません。

もし可能でしたら本人を助けてください。

http://ahoahoaho

突然の長文で失礼致しました。

よろしくお願い致します。
==========end cut==========

 タレントのマネージャーってずいぶんヒマなんだな。
 皆さんのところはどうです。来てますか?
AD

忠告

テーマ:

 まあとにかくあれです。件の放送局の番組は、今後未来永劫、一切信用しちゃダメです。

 連中が何を言おうと、こちらはとにかく自分で確実なウラが取れない限り絶対信用しない。


 私は社会的制裁を加えるべきだと言っているんじゃないですよ。誤解なきよう。私はそんなことは興味ないです。

 番組を見てもかまわないが、だまされたくなかったら、絶対に信用すべきじゃないってだけです。

 不渡り手形を乱発したも同然なんだからね。


 例の、アポロ11号の月面着陸がでっちあげだのなんだのとくだらないことを言っていた評論家と同断。

 精神的な資本(つまりサイエンスの基礎的な素養)なしに手形を振り出すも同然なことをしているわけなので、だまされる人は馬鹿です。


 また、ほんとうに斯学を専攻している研究者の皆さん、ご自分の専門の学問がこういう形で貶められ、信用を傷つけられているというのに、黙っていてはダメですよ。「大人気ないといわれるのではないか」、「長いものには巻かれろ」ではインチキの片棒を担いでいるのと同じ。真理愛への裏切りです。あなたがたがそれでは大衆が浮かばれない。ネイチャー誌を見習って、大いにゴキブリを退治しましょう。


 それにしてもこういう、ハードサイエンスがらみのインチキは見破りやすいだけまだよい。それなのに簡単にだまされてしまう人が沢山いるんだからなあ。もっとソフトな分野で他者に対する憎しみや Schadenfreude をあおるようなプロパガンダでもやられたら・・・と考えると身の毛がよだつ。だからこそ、一度信用失墜するようなことをしでかしたメディアは憶えておいて監視し、もう二度と信用しない、ということが肝心なのです。

備忘

テーマ:

 昨夜はなにやらひどくカラフルな夢を見た。大学のサークル会館みたいなところにいて、若者の歌声に聞き入っていた。

 イマドキあんな風景は想像の世界以外、どこにもないよなあ、と呟いて目が覚めた。そしてとても憂鬱な気分になっているのに気がついた。

 タバコを買いに外に出るとよいお天気。風も心地よい。


 皇国の詐欺番組はついに専門学術雑誌の注意を惹くに到ったと↓。


http://www.asahi.com/science/news/TKY200702230288.html


 いささか遅きに失したる感、漠きにしもあらず・・・。

それ見たことか

テーマ:

 「脳」を持ち出す reification にヨワイ日本人が多いのを知っていて、それを悪用するチンピラ詐欺師のなんと多いことか↓。


http://www.asahi.com/national/update/0207/TKY200702070367.html


 「2万ヘルツ以上のハイパーソニック音を聞くと脳にα波が生じる」

 「α波が出ると集中力が高まり、その結果、記憶力も高まる」


 なるほど。風が吹けば当然、桶屋は儲かるわけだ。


 「ハイパーソニック音はオルゴールの音やコオロギの声などに含まれるとし、小学生の女児にオルゴール、別の女性にはコオロギの鳴き声を聞きながら算数などの勉強をしてもらい、1週間後のテストで点数が上がった」


 そんな変なもの聞かなけりゃもっと点数が上がったんじゃないのか?

 悲惨な話だなあ。


 ・・・「悲惨」と言えば、「子供を産む機械扱いされた女」 と「ゲーム脳扱いされた青少年」と較べて、前者の方がより悲惨だと思っている人が多いんじゃないだろうか。

 それもそうかも知れないが、いくつかの点では後者の方がひどい。だって青少年は言葉がまだ未熟でうまく抗議できないし、彼らの代わりに弁じてくれる大学教授もいないし、国会に代表を送ってもいないんだからね。

reification

テーマ:

 たぶん、この人↓はものすごく要領が悪いだけなんである。あ、頭もね。


http://www.asahi.com/politics/update/0128/009.html


 「機械や装置」という言われようをされてはそりゃあたまらない。うん。しかしですよ、おそらく別に女性を蔑視したかったとか、そういうことじゃない。たとえば彼が婦人科のお医者さんで、言い方も「女性は生まれながらにして身体の中に子どもを産むためのカラクリを備えています」とでも言ったとすると、別にどうってことはないでしょ?なんだかあんまりあたりまえすぎてつまらん話だけどね。問題は蔑視とか何とか言うことよりも、もっと微妙な「物の見方」の方なんだよね。

 そしてその、物の見方、考え方の問題点は、実はわれわれの日常生活の中にごくフツーに存在しているのだ。

 だから、「あたし達は機械じゃない!」とか「閣僚としての立場を心得ておるのか!」ウヮーギャー、とかいう原始的な感情を爆発させる方向ではなく、その微妙な問題の方を考えた方がためになるだろうと思う。


 件の大臣の発言と婦人科のお医者さんの違いの核心は何かというと、機械、装置、カラクリに言及しているか否かではないのであって、大臣の発言の方がそういうものと「女性」とを同一視しているように聞こえてしまうところにあるのである。機械、装置、カラクリはしょせん「モノ」である。「女性」はただの「モノ」とかではない。こういう錯誤を reification fallacy というのだ。


 これが単なる言葉遣いの問題にとどまっているかぎりはたいした害はないだろう。しかし実はわれわれは、「物の見方、考え方」にかかわってしまう危険な reification をわりと頻繁にやっているのだ。それも、うれしそうに。

 たとえば問題行動をしてしまう青少年をつかまえて、「ゲーム脳」とかいうでしょう?「男脳」「女脳」とか「右脳」「左脳」とか言ってませんか?こういう reification まみれの変な本を書いてカネを稼いでいる人たち、ああいうのは実はたいがいオカシイのである。阿呆なのか、ワルなのか、その両方なのか。邪教、もののけの類と観てまずまちがいない。


 読者諸賢よ、私は今、諸賢に読んでもらうためにこれを書いている。そこで今、私が読んでいただいているのはあなたなのだろうか?それともあなたの脳なのだろうか?

 「ゲーム脳」とか「男脳」「女脳」とか「右脳」「左脳」とか言っている人の大半はこの手の質問にまともに答えることができない。絶句したりシドロモドロになったりする。だからね、そういうのに出会ったら相手がこういう質問にどう答えるかを想像してみるのは、インチキ人間を見破るいい試金石なのだ。ここのところがわかっていないようなのは、有名な医者だろうが有名な弁護士だろうが有名な学者だろうが有名な評論家だろうが一切信用してはいけない。


 私がTVを見て、超くだらないワイドショーに辟易したとする。そこで私が電気店にTVを持っていってワイドショーが映らないように直してくださいと頼んだとすると、私は変な奴でしょう?

 同じことだ。