2005年02月13日 09時14分37秒

生命線

テーマ:音楽
★生命線★

ぬるいですねぇ~。まだまだ優しい!!って曲です(どんなんょ)

「最終列車に近づく」

安易ですから、解釈はだれにでもわかりそうなんで
あえてスルーします。
(でも重要な場面ですね)

「軋む車輪の音 誰かの悲鳴」

相当ダークな気分なんでしょうね
ブレーキの音が断末魔のようです。

「時代はメリーゴーランド 振り落とされそうなスピード」
「泣かないで 見る暇は無い」

メリーゴーランド!!??
メルヘンな単語がきましたけど、バックホーンらしいですね。
めまぐるしく過ぎる日々に必死って感じです。

「線路の冷たさに触れて初めて自分の体温を感じた」
「必死で燃えている赤い命が 「生きていたい」と確かに告げた」

ぐっときますね・・・。
この曲の登場人物が一番乗り越える瞬間です。
どうやらこの人は死にたかったみたいです。というより、死んでもいい
とか思っている(生きることに退屈している)とき、(冒頭に「どうにでもなればいい」ときているから)なんらかの形で死に直面した。
自分が自殺しようとしていたのかもしれないし、
列車が事故を起こしたのかもしれない。
隣の誰かが飛び込み自殺したのかも。
それだと誰かの悲鳴とかけられているからつじつまがあうし。
《死》というものに遇って初めて《生》というものの存在を知った。
バクンバクン・・と鳴る心臓の音が自分が生きているんだってことに
自覚させられた・・・。
・・・好きです。

「素晴しい明日が広がってゆく夜明け」

心が寛大になっていく様が感じ取れます。

「最悪の日常を愛せるのなら」

最悪の日常は、最悪だと思っているからこそ最悪の日常なのであって
最悪の日常を認めれる自分がいれば、最悪の日常は次第に変貌を遂げる・・

ややこしい!!
もしかしたら、最悪の日常は今日までの過去のことであって、過去を愛せれば明日からはきっと日常は素晴しいものに感じられるだろう・・・
ってことなのかも。難しいですね・・・。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月13日 09時13分47秒

惑星メランコリー

テーマ:音楽
★惑星メランコリー★

あ~もぅ。初っぱなからこんなのがきました。
「人類の誕生は終わりまでの始まりだから」

人間そのものを見下しているのがわかります。

「方舟ノアに選ばれし者は 傲慢な権力者」

ここにでてくる方舟とは、聖書の{ノアの方舟}のことだと思います。
           ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
神様は、自分で作った人間があまりにも増大し、収集がつかなくなってきた。
困った神様は思い切って、地球を丸々綺麗にしようと決心します。
しかし、人間ノアはとても信仰が強く、惜しいと思った神様は方舟にノアと、その家族だけを方舟に乗せて助けた。そして地球は滅んだ。

というお話です。
神様の勝手さと宗教くささががあふれる神話ですね。
「傲慢な権力者」は、イメージ的にも金で生き延びていくものがありますし
「まるでゴミを片付ける様な仕草で 爆弾を投下した」
ときます。私はこのとき安易にリストラ宣告されたサラリーマンの気分になりました。まぁ・・・似た様ななもんですね。

「地上は業火に焼かれて地獄だよ」
「肥えた人間の脂肪はよく燃えた」

業火ですか・・・。バックホーンは一体どうやって詞を選んでるんでしょうか。かっこいいですね・・・。

「宇宙空間に点在する星その中でどれだけが
自分の産み落とした子供の手で消滅したのだろう」

キター!!すごいです。しびれます!!
かみ締める言葉ですね。社会のベースでもあり、輪廻転生。
精神学でいうところの自己疎外。もぅナイフのようです。

「愛が地球を救うなんて誰がいう」
「笑っちまうような絶望の底で」

・・・・。(悶えてる)サービー・・・。(なんとか言えた)笑
どこかの県でやってる愛・地球博も真っ青です(笑)
そうですよね。愛じゃ地球を救うなんてできないですよね。
そんなものは偽善にすぎない。・・・偽善?偽善っていうより、逃げ?
愛という言葉に頼った逃げ道だと思う。
《地球を愛する心がある》と思いこみ安心して、表もった表面上の理屈にしかありえないよ。敬う気持ちはエネルギーにならない(行動に移しにくい)と思う。そういった意味では偽善って言葉はあってるのかな?
そういうものを否定した詞ですね。
人間が本当に愛せるのは人間だけなんだから。
誰ってのは一般的な人間(市民?)みたいな。私たちって意味じゃなくて
きっと精神てきななにかよね。多分。神の域とか・・・神聖な何か。
悟りを持った人ともいう。

《なんで絶望の底で笑っちゃうの?》
っておもったのなら、きっと自分は幸せな人生を送ってきたんだなぁ
とおもってもいいと思います。(ぇ 
その逆も然り。本当に精神的に追い込まれたら狂ってしまいますもんね。
精神崩壊すると、人間は笑ってしまうものです。
「笑っちまうような」=「狂っちまうような」みたいな。

これはラブソングなんですか。
知りませんでした(汗)人類に捧ぐ。むぅ~。これはもしかして・・・

「俺たちは害虫 燃え尽きて死んじまえ さあ!」

バックホーンだ!!
と叫ぶところでしょう?ココは。(笑)
さっきの「愛が~」
の相比と答えですかね。
何あまったるいこといってやがる!人類俺たちがいなくなりゃ地球なんて簡単に救われるさ!!できなんだろ?自分がかわいいんだろ?地球に感染した俺たちウィルスが無くなれば救われるさ。偽善のかわいこぶったもんがお前たちの愛なんだよ。本当に愛してんなら燃え尽きて死んじまえよ! さあ!!
って感じですかね。正論のような気もします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月13日 05時33分26秒

the back hone~イキルサイノウ~

テーマ:音楽
■the back hone■

~イキルサイノウ~

バックホーンのアルバムを借りました。
何分まだ学生なもんでお金が無いんです(汗

今回のアルバムは少しぬるいです。
バックホーンとしてはなんだか純な・・・
テンポも長調が多く、べつにバックホーンが歌わなくても
他のアーティストの方が歌ってくれそうです。
まぁ・・・それに心打たれた私がいうのもなんなのですがね。
ここからは解釈なので、先入観にとらわれそうな方はバックです。
・・・はい、それでわ歌詞カード片手にどうぞw












http://www.speedstarmusic.co.jp/backhorn/http://www.speedstarmusic.co.jp/backhorn/http://www.speedstarmusic.co.jp/backhorn/
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。